中小企業診断士の将来性は!?自分で道を切り開く!

中小企業診断士の将来性は、決して低いものではありません、
知名度は高くありませんが、その高い能力を活かして活躍できるからです。
特に現在の景気の動向を見た時に、中小企業診断士の活躍できる将来性はいくらでも切り開いていけるでしょう。
そのポイントを押さえていく必要があるのです。

現在の中小企業診断士の将来性

中小企業診断士の需要は、年々高まってきています。
中小企業を主に対象とする経営コンサルタントの資格であり、経済状況が伸び悩む現在では、大事な資格となってきました。
将来性は十分に高い資格ではありますが、問題点も幾つか存在します。
その一つが知名度の低さです。

中小企業診断士が日本で唯一の経営コンサルタントの国家資格であることを、経営者以外で理解している人はそう多くはないでしょう。
行政書士と司法書士を混同するよりも、はるかに中小企業診断士の存在を理解していない人の方が多いはずです。
それほど知られていない資格のひとつではありますが、経営者にとっては欠かせない存在になって来ています。

日本では様々な士業があり、多くの人が活躍しています。
これらの仕事もAI化を進める動きが活発化してきました。
人と接触せずにコンピューターに作業させれば、ヒューマンエラーは発生しなくなります。
工賃としても抑えられるのは、利用者にとってもメリットが生まれるのです。
もちろん、これまで作業をしてきた士業にはマイナスでしかありません。

中小企業診断士の仕事は、AIが代わってできるようなものではありません。
顧客である企業のニーズを聞き取り、細やかな対応を考えていく必要があります。
日本には様々な企業がありますが、その大半は中小企業であり、多くの業種がひしめいている状態です。
これらの中小企業を相手にコンサルティングをしていくのが中小企業診断士となるため、自動化されて職がなくなるような状況は考えられません。

評価が変わってきたところも追い風です。
知名度が低く知られていないと言われてきた中小企業診断士ですが、ビジネスマンが取得したい資格の第1位に挙げられるほど理解されるようになりました。
ビジネスマンを中心に理解が進んでいるため、一般的な人々からは理解されにくい立場にはあるものの、クライアントの大半は中小企業です。
この中小企業で働く人たちが、中小企業診断士という資格を理解していれば、今度はもっと理解されやすくなり、将来性も豊かに変わっていくでしょう。

中小企業診断士の将来性を広げるダブルライセンス

中小企業診断士の現在の状況を考えると、決して順風な状態ではありません。
非常に必要性の高い資格とはいえ、知名度の低さはいかんともし難い部分があるからです。
しかし、利用を必要と考えるクライアントにとっては、欠かせない存在なのは間違いありません。
そこで、中小企業診断士として、自らの価値を高め将来性を広げるために、ワンストップで利用できるようなダブルライセンスの取得が重要です。
利便性を高められるだけではなく、ダブルライセンスにより集客も期待できるでしょう。

中小企業診断士の将来性を広げるダブルライセンスは、色々と考えられます。
中小企業診断士の弱点でもある独占業務を生かした方法は、確実に仕事の量を増やせるでしょう。

その代表ともいえるのが、税理士です。
経理のスペシャリストである税理士は、税に関する相談のほか、代行などを独占業務を持っています。
他の資格で対応できるのは弁護士しかいないのです。
このメリットを活かし、企業の税に関する相談とともに経営コンサルタントの力を活かせれば、中小企業診断士の価値はさらに上がります。
同様の考え方として会計士などをも活用できるでしょう。

相性の良さで考えた場合、中小企業診断士の将来性を高めてくれるのが、社会保険労務士や行政書士です。
どちらも企業を相手に仕事ができるだけではなく、独占業務を持ちます。
書類に関しては行政書士が有利ですし、労務に関する内容であれば社会保険労務士が確実です。
中小企業診断士の業務内容を広げてくれるという意味でも、この二つの資格は確実な選択になります。
資格の取得という面でも、行政書士や社会保険労務士は、近い部分を保つため相性のいい存在になるのです。

ダブルライセンスとして、国家資格ではなく民間の資格を利用する方法もあります。
自分の力を高めるという意味では、簿記の資格を取るのも良いでしょう。
簿記1級まで取得できれば、税理士の受験資格になるからです。
同様に販売士などの資格を取り、コンサルティングに活かしつつ、セミナーを開いたりするのも活用方法になるでしょう。
販売士1級ともなれば、経営コンサルタントとしても、店舗販売などに対して強い力を発揮できるからです。

中小企業診断士の将来性と活動

中小企業診断士の将来性を考える上で、どのような活動をしていくべきかが重要です。
中小企業診断士の働き方としては、独立して経営コンサルタントの道を歩むか、企業の中で資格を活かすのか選択していきます。
この二つの活動の仕方は、中小企業診断士の仕事内容としても違いがあり、将来性の考え方も異なります。

中小企業診断士の将来性を考える上で、企業の中で勤めているのは、その企業の体力が影響する状態です。
企業の中で中小企業診断士の資格の立場が有効に働く限り、将来性に不安を覚える必要はありません。
例えば経営コンサルタント事務所などで働いているなら、仕事と資格が共通しているため、将来性もリンクしていきます。
関係がなく取得した場合には、部署的な問題で利用できるかどうかを考えていかなければいけません。
活動自体が関係なくなると、維持するだけでも相当な労力が必要となり、将来性も不透明になるでしょう。

独立開業の場合には、将来性を考えた活動をしなければいけません。
企業という傘はなく、自分の活動で将来性を高めていけないからです。
実際に中小企業診断士の将来性を考えた時に、現在の状況は景気の先行きが分からず、経営コンサルタントに依頼したいという企業も多くなりました。
融資を受けるために事業計画書を作成しますが、こうした書類の作成にも中小企業診断士が関わってきます。
商工会議所などからも、中小企業相談士に相談するように言われることは珍しくありません。

これから先、景気が回復するのであれば、それに密航した相談が出てきます。
先行きが不安のままであれば、どのように乗り越えるべきか相談されることになるでしょう。
中小企業診断士の役割は、将来に向けてかなり大きなものとなってきているのです。

問題はこうした将来性に対して行動ができるかどうかにかかっています。
行動力のない中小企業診断士に関して言えば、将来性はかなり暗いものとなるでしょう。
逆に様々なアクションを起こせるような中小企業診断士であれば、多くのチャンスが巡ってくるかもしれません。

中小企業の多くは不安を抱え経営を進めている状況です。
明日どうなるかわからない不安を解消するために、中小企業診断士を活用する人も増えてきます。
こうしたクライアントをしっかり捕まえられるかどうか、中小企業診断士の将来性はここにかかっていると言えるでしょう。
すなわち営業力のない中小企業診断士は、淘汰される可能性が高いのです。

中小企業診断士の特徴を生かし将来性を高める

中小企業診断士には、経営コンサルタントという強い力があります。
様々な企業に対応し、問題を解決していく力を持っているのです。
この特長を生かせるかどうか、将来性と大きな関係があるでしょう。

経営コンサルタントという能力を活かし、セミナーなどを開催する方法もあります。
商工会議所などから相談を受け、セミナーを開催するようなケースが増えていきました。
他にも様々な企業から問い合わせがあり、セミナーを開く中小企業診断士は数多くいます。
それだけ現在の中小企業は先行きが不安なのです。
多くの情報を得て、少しでも有利な状況を作り出したい、そういった考えがあるからこそセミナーに参加する企業が増えています。

中小企業診断士の特徴は色々な部分がありますが、飲食などの接客業にも強みが発揮できます。
経営というだけではなく、マーケティングを含め市場調査をしどのような解決方法をとるべきか考えていくの中小企業診断士の仕事です。
飲食業などは、ソーシャルディスタンスの考え方が浸透していくにつれ、 大きな変革を求められます。
この時にどのような経営をするべきなのか、中小企業診断士に相談する店舗は増えていくでしょう。

中小企業診断士の特徴を活かすためには、その時代にあった知識を身につけなければいけません。
数年前にはソーシャルディスタンスなどという考え方はありませんでした。
現在は、当たり前のように使われ浸透してきています。
こうした新しい時代の変化に対して対応できるだけの力を身につけていかなければいけません。
身につけていない中小企業診断士の将来性は、暗いものになってしまうでしょう。

様々な企業に対応できるところが特徴なのですから、時代の流れには敏感になり、情報を掴む必要があります。
毎日のように新しい言葉が生まれ、経営の手法なども生まれてきます。
業種にも変化が出てくるのですから、常に時代に沿った考え方をする必要が将来性を高めるポイントになるでしょう。

まとめ

中小企業診断士の将来性は、決して暗いものではありません。
後は中小企業診断士自信が、新たな未来に対する対応能力を身につけていくことが必要です。
時代が変われば考え方も変わります。
顧客のニーズにも変化が生まれてくるのですから、数多くの情報を吸収し、中小企業診断士として様々な知識と経営権を身につけていかなければいけません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。