女性も数多く活躍!中小企業診断士の活動

中小企業診断士には、女性も数多く活躍しています。
数は決して多くありませんが、年々増えてきているのは間違いありません。
発動すればそうにも違いが出てくるのが中小企業診断士であり、自分の特徴を生かしていく必要が出てきます。
女性が活躍しやすい場所もありますので、どのような活動をしているのか見てみる必要があるでしょう。

中小企業診断士と女性の割合

中小企業診断士の大半は男性です。
これは登録してある人数を見るだけではなく、試験を受けている男女比から逆算できます。
多くの情報が公開されていますので、それらを参考に女性がどれくらい活躍してるのかを分かるのです。

中小企業診断士の1次試験を見ると、合格者の男女比は9対1です。
つまり、大半が男性であると示しています。
ところが、2次試験に合格した男女比をみると、女性の方が多いのです。
もちろん、分母に大きな開きがあるため、女性が圧倒的に多くなったとは言えない部分もありますが、それでも男性より高い合格率を示しているのは注目しなければいけません。
1次試験と2次試験の特徴の違いが表れていると考えられますが、 いざ企業の大問題解決をしなければいけない時に、女性のもつ思考能力が発揮されていると言えるでしょう。

現在中小企業診断士に登録している人の男女比をみると、女性は3%しかいません。
経営コンサルタントの世界は、圧倒的男性社会なのです。
しかし、3%存在しているという事実を忘れてはいけません。
すべて男性で構成されているわけではなく、女性も大活躍しているのです。

他の士業も見てみる必要があるでしょう。
社会保険労務士になると、実は男女比は6対4になります。
中小企業診断士とはかなり違いが出てくる数字です。
この違いは何かを認識しなければいけません。

社会保険労務士は独占業務を持っており、他の資格ではできないように保護されています。
ところが、中小企業診断士は独占業務がありません。
これが女性には大きなネックになってしまいます。
未経験の業績はなかなか使えることができず、営業するにも難しい面が出てしまいます。

しかし、現実3%の女性は中小企業診断士として活躍しているのです。
女性でも経営コンサルタントの中小企業診断士として活躍できる場所はいくらでもあります。

中小企業診断士には女性でも大丈夫

中小企業診断士の資格を活かして活動していくことは、女性でも不可能ではありません。
十分に活躍できる世界が待っています。
現実的に3%しかいない状況を踏まえると、なかなか難しい面があるのは間違いありません。
しかし、女性の中小企業診断士を待っている中小企業もあるのです。
そのような企業がどういったところにあるのか、再確認しておく必要があります。

女性の経営者が、どのように考えるか判断してみなければいけません。
現在、中小企業でも女性の経営者が増えてきました。
それだけのニーズが存在するからこそ、多くの女性が経営に進出してきたのです。
経営に進出してくれば、そのぶんだけ経営に関する悩みが生まれてきます。
その悩みに対応できるのは、中小企業診断士でも女性の方が適しているのは間違いありません。

女性の気持ちを分かるのは、男性よりも女性です。
男性の経営者が男性の中小企業診断士を好むのは、やはり女性よりも相談がしやすいと考えるからです。
これは考えのベクトルが近いのも要因の一つとなるでしょう。
女性の経営者で見れば、男性よりも女性に話を聞いてもらいたい、解決できる糸口を見つけてもらいたいと思うのも当然です。
特に女性に販売するような商品を扱っているような企業では、女性の中小企業診断士の方が適しているのは間違いありません。

もう少し別の視点で見てみる必要があります。
中小企業診断士の大半が男性であれば、女性のニーズが生まれた時に対応できるのはわずかにでも存在する女性の中小企業診断士です。
つまり、全体から見て数が少ないからこそ、ニーズを活かして活躍できると言えるでしょう。

女性目線のコンサルティングにより、成長戦略が描ける企業もたくさん存在します。
その企業に対して、女性の中小企業診断士である経営コンサルタントは、日本ではあまりにも数が少ないのです。
このような状況を考えれば、将来的に見ても女性の中小企業診断士が活躍できる場面はいくらでも存在します。
女性が少ないという状況を活かせれば、男性よりも多くの仕事を見つけられるでしょう。

女性中小企業診断士として得意科目は何か

中小企業診断士として、一体何が得意なのか、これを明確にするのが大切です。
様々な企業に対応する中小企業診断士ですが、必ず得意な科目があります。
なんでもできると言っても、必ず方向性が存在し、その得意科目を生かすことにより、クライアントに対してさらなる利益を提供できるのです。
女性の中小企業診断士として、一体何が得意科目なのか、自分自身で把握しなければいけません。
そこから展開を広げる必要があるからです。

例えば、ケーキやお菓子などを食べるものが好きと言うのであれば、こうしたショップの運営企業をターゲットにするのが基本です。
ケーキやお菓子などは専門的な知識が必要になります。
どういったものが世の中のニーズに合っているのか、経営的な的な判断で仕入れなどの調整も出来るでしょう。
効率的な運用方法なども出てくるはずです。
工場やショップの効率化といった部分も、好きで知識があってこそ見えてくる物が大きな意味をなします。

美容などの分野が得意というのであれば、エステサロンやネイルサロンといった企業がいいでしょう。
こういった分野電話、男性が得意というところではあまりありません。
女性だからこそ理解できる内容も出てきます。
男性に対して大きな差をつけるチャンスが眠っているのです。

他にもアパレルメーカーもあるでしょう。
こちらは男性も活躍している分野ではありますが、女性だからこそできる目線も存在します。
女性被服の分野は、男性デザイナーも数多いものの女性が中心です。
さらに下着メーカーなどになれば、男性は激減します。
経営者も女性が多く、どのような対応をするべきか女性の中小企業診断士だからこそ見えてくることが多いでしょう。

いかに自分が得意とする科目や分野を伸ばしていくかが大切です。
苦手なものはどのように展開しても、つまずきやすいところを持ちます。
特異なものであれば、乗り越えられるところも出てくるものです。
好きこそものの上手なれということわざがありますが、好きなものに対する知識や経験は、女性中小企業診断士の大きな財産となります。

得意な科目や分野ががはっきりすれば、営業展開は楽になります。
集中的に自分の能力を利用できるようになり、無駄な時間も作らずに済むのです。
実際に得意なものであれば、性別などは関係ありません。
その能力をいかんなく発揮することができれば、中小企業診断士としての仕事の内容も濃くなるのです。

さらに後押しするために、関連する資格などを取得するのも良いでしょう。
いかに厚くしていくのか、ここに女性中小企業診断士が活躍できるポイントがあるのです。

女性中小企業診断士だからのニーズもある

女性中小企業診断士だからこそできる内容は、世の中にたくさん存在します。
女性中小企業診断士の中には、女性だからこそと考えるのが嫌だという人もいるでしょう。
しかし、中小企業診断士の役割を考えてみるとわかりますが、自分の強みを最大限、前面に出すのは経営手法として当然です。
強みを発揮できれば、チャンスはさらに大きなものへと変わるからです。
中小企業診断士としては絶対に生かしていかなければいけないポイントで、自分で出来なければクライアントにも勧められないでしょう。

世の中には様々なニーズが存在し、女性だからこそ見えてくる細やかなサービスもたくさんあります。
女性の目線を生かすことは、企業にとって大きなメリットです。
女性をターゲットに展開しているのであれば、当然女性の目線を生かさなければいけません。
そこに女性中小企業診断士の活躍のポイントが間違いなく存在しています。

景気が後退し、なんでも売れる世の中ではなくなります。
ニーズを明確にし、適切な商品を適切な相手に効率よく販売することが、今後さらに求められていくのです。
女性中小企業診断士も、何も変わりません。
ニーズに対し、適切なサービスを展開すればいいだけだからです。

もう一歩進めて考えれば、女性であるから中小企業診断士として仕事がないわけではありません。
そもそも性別などよりも、自分が何を生かせるのか前面に出すことのほうがよほど重要なのです。
信頼関係が築けるのであれば、性別がどちらであっても変わりはありません。
仕事の内容も理解できるものであれば、男性中小企業診断士でなければいけないというわけでもないからです。

中小企業診断士として、自分自信を判断し、どのような方向を打ち出していくのか考えてみることが必要でしょう。
その結果、中小企業診断士としての方向性が見えてきます。
セルフプロデュースとなりますが、これができなければクライアントのニーズに応えるのも不可能です。
クライアントは自分以上に多くの悩みを抱えており、解決の道を模索するために中小企業診断士に相談しています。
その能力を発揮するためにも、まずは自分の分析から始めていけばいいだけです。

まとめ

女性中小企業診断士の数が少ないのは間違いありません。
経営コンサルタントの世界が男性中心に回ってきたことも確かです。
しかし、それに嘆く必要は何もありません。
女性だからこそ必要とされている場面も出てきます。
自分自身が活躍できるかどうか、その判断を中小企業診断士としてすればいいのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。