中小企業診断士ってなにする人?実は大切な仕事内容

中小企業診断士とは何をするのか、仕事内容が分かる人はそう多くはありません。
国家資格として重要な立場になりますが、知名度がそこまで高くないからです。
企業にとって欠かすことができない資格であり、士業であることからも、どんな仕事をするのか理解しておくことが必要になります。

中小企業診断士の仕事内容

中小企業診断士は、日本では唯一の国家資格の経営コンサルタントに当たります。
ほかに同様の資格はあっても、経営コンサルタントとして活動するのは中小企業診断士しかありません。
民間の資格や国家資格が持つ独占業務を生かしたコンサルタントは、ほかにも存在します。
しかし、明確に経営コンサルタントとなるのは、中小企業診断士だけなのです。

中小企業診断士は、その名前の通り、中小企業の経営の相談を受け、適切な対処方法を考えるのが役割です。
相談に乗れる分野も広く、様々な内容に対応していきます。
独立開業して働く人もいますし、企業内で資格を活かせる方法も選択できるところが特徴です。
経営コンサルタントとして、年齢などは問わず働くことができますが、豊富な知識と経験がなければ、問題解決をする仕事にはなりません。
ビジネスに関する知識をふんだんに活かしながら活躍できるため、仕事内容は性別なども関係なく、様々な人にチャンスがあるといえます。

日本の企業の構成を考えると、99%以上は中小企業です。
大企業と言われるもうを持つところはほんのわずかしかありません。
非常に目立つような存在ではありますが、日本の経済は中小企業が支えていると言えます。
その中小企業の悩みを解決する仕事内容を持つのが中小企業診断士です。
社会的構造を考えても、その役割は大きなものとなってきているのです。

企業内での仕事内容を持つのも、中小企業診断士の特徴となってきました。
各企業が積極的に資格を取得するのを奨励し、人材育成を進めてきているからです。
それだけ多くの知識を持たなければ、合格ができません。
中小企業診断士が持つ多くの知識を生かせれば、企業内でも様々な分野に対し、仕事内容を広げられるのです。

だんだんと重要性が高まってきた中小企業診断士の仕事内容

中小企業診断士は、コンサルタントとしてその経験と知識を生かしてきます。
様々な相談を受け、解決方法を考えて行くのが仕事内容です。
この仕事内容から判断できることとして、中小企業の需要は景気が大きく作用します。

相談事が増えてくるのは、経営がうまくいかなかったり、これから先の展開を考えなければいけない状況が生まれたりするからです。
何事もなく順調に過ごしているような時期には、中小企業診断士のような経営コンサルタント 必要とはしません。

現在の中小企業を取り巻く状況を見たときに、景気が良いと答えられるところは数少ないでしょう。
業績が悪化し苦しんでいる中小企業の数は非常に多くなっていました。
それだけ長い期間、経営が悪化していくと解決策を講じなければいけません。
多くの中小企業診断士は、こうした中小企業の力になるために活躍しているのです。

身近な商店街などを見てみると、現在の景気による影響がわかります。
経営者が高齢化し、継続的な事業展開が難しくなってきているところも多いでしょう。
事業継承の問題だけではなく、根本的な労働人口の減少により経営が成り立たない場合も出てきています。
さらに世界的な景気の後退により、大きな影響を受けているところも増えてきました。
こうした背景からも、経営コンサルタントとしての中小企業診断士の仕事内容は、重要性が高まってきているのです。

融資を受ける場合にも、様々な書類を提出しなければいけません。
簡単に作れるようなものもありますが、事業計画書のように慣れていなければ作るのが難しい書類もあります。
こうした書類の作成を中小企業診断士は手伝うことが可能です。
さらに中小企業診断士がコンサルティングして、書類の持つ計画の信用性を向上させることもできます。
実際に中小企業診断士のコンサルティングを受けなければ、融資をしないと言ったところもあるほどです。

中小企業診断士の知識と経験は、非常に多くのジャンルに対応できるようになっています。
商店などだけではなくて、工場などの経営に関しても力を発揮可能です。
景気が後退すれば、経営自体をシンプルにし効率化することも必要になります。

ところが、経営者だけではなかなか踏み切れないようにも出てくるでしょう。
判断が難しい場面でも、中小企業診断士と知識と経験が役立つのです。
それだけの仕事内容を持つことからも、中小企業診断士の重要性はどんどんと高まってきています。

中小企業診断士の仕事内容と1日

中小企業診断士の1日の仕事内容は、企業内で活動しているか、独立開業かで違いがあります。
企業内の中小企業診断士の仕事内容は、その企業によって大きく左右されることになるでしょう。

中小企業診断士の1日の仕事内容の基本的な動きは、前半はクライアントを訪問したりしながら連絡を取って進めていきます。
後半はデスクワークが中心となるというのが、パターンとしては多くなります。
ただし、クライアントによっては、午後でなければ折衝できないこともあるため、仕事内容として時間が決まっているわけではありません。
特に商店や飲食業の場合、店を閉めた後に打ち合わせをするということも出てくるからです。

1日の仕事の始まりは、メールのチェックなどから始まります。
遅くまでやっている企業などでは、連絡も遅くなることがあるからです。
その確認からスタートしていかなければいけません。

午前中などにアポイントを取っていることが多く、クライアントに訪問して打ち合わせをしていきます。
様々な相談がありますが、それに合わせて午後の活動も変わるのです。
その場で解決できることもありますが、持ち帰り調べなければいけない場合も多々出てきます。
情報分析も必要となりますので、後日書面にして返すなどといった形が増えるのです。

午後には、セミナーなどを開くことがよくあります。
午前中は折衝がほとんどですので、午前中にセミナーをするケースはほとんどありません。
セミナーは、中小企業診断士の収入源です。
市役所屋商工会議所などから紹介してもらうことが多くなりますが、セミナーを開くことによって、自分でも多くの勉強をしなければいけません。

外で行う仕事が終われば、後はデスクワークのお時間です。
資料を分析しながら、改善点などを見つけます。
財務諸表などを相手にすることもありますし、新しい資料を探して分析する例もも少なくありません。
特に新規事業展開などとなれば、多くの情報を相手に分析を進めていきます。
自分の知っている分野だけではなく、知らない分野にも波及することがあるからです。

自宅とは別に事務所を構えていれば、仕事が終わり次第帰宅します。
しかし、自宅と兼用になっている場合には、業務時間の縛りがほとんどありません。
これは自営業の宿命的な部分ですが、終わるまで続けていることも出てきます。
サラリーマンとは違い、決められた時間があるわけではないので、仕事内容によっては遅くまでかかるときも少なくないのです。

中小企業診断士の仕事内容は資格がないとだめ?

中小企業診断士と名乗る為には、仕事内容がどんなものであれ、試験に合格し登録していなければいけません。
名称独占と呼ばれていますが、他の人が中小企業診断士と名乗ることができないのです。
しかし、経営コンサルタントとして仕事内容を考えた場合には、中小企業診断士でなければできないわけではありません。
これは業務独占と呼ばれる資格ではないからです。

業務の独占とは、法律上他の人が同じ仕事内容をできないように保護していることを意味しています。
必要な資格を所持していない場合は、その仕事をするだけで罰せられるのです。
非常に重要な縛りでもありますが、経営コンサルタントの仕事をする限り、中小企業診断士の資格がなければいけないというわけではありません。
資格がなくても、誰でも経営コンサルタントと名乗り仕事ができるのです。
ここが重要なポイントにつながります。

中小企業診断士の仕事内容は誰でもできることになりますが、誰でもいいわけではありません。
名称の独占だけですので、中小企業診断士とは名乗れませんが経営コンサルタントの仕事内容は可能なのです。
つまり、中小企業診断士であるのを前面に出して仕事をできるメリットがあります。

中小企業診断士は、唯一の経営コンサルタントの国家資格です。
知名度は決して高くありませんが、他の資格と差別化ができるのは間違いありません。
中小企業診断士であることを相手に知らせ、どのような仕事内容ができるのかを明確にしていくことにより、クライアントに安心感を与えられます。
登録してあるため、本当に資格を所持しているのかどうか判別できるのも違いとなるでしょう。
偽物ではないと明確にすることができるからです。

中小企業診断士がどのような仕事内容ができるのか、もっと知ってもらうための活動も必要です。
高い知識と経験を持ち、様々な業種に対応できる能力があるのですから、全面に打ち出していかなければいけません。

まとめ

中小企業診断士の仕事内容は、知られていないことがたくさんあるのは間違いありません。
国家資格ではありますが、他の資格と比較しても知名度が高いとはいえないからです。
それでも、現在の企業の中には、名称がかなり浸透してきました。
中小企業診断士の必要性の高さも理解されるようになりましたので、今後はもっと多くの場面で活躍することになるでしょう。
それほど中小企業には必要な仕事内容を持つからです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。