中小企業診断士を目指すなら!講座をうまく活用しよう

中小企業診断士の合格を目指すのであれば、資格学校が来なっている口座をうまく利用することが大切です。
自分の知識だけでは理解できないことも多数ある中、それをカバーできる講座は利用価値が高い存在といってもいいでしょう。
中小企業診断士という資格試験の内容と共に、講座の利用価値の高さを理解していかなければいけません。

中小企業診断士の難易度と講座

中小企業診断士の難易度は、国家資格としてみた場合にも低いものではありません。
一発合格できる合格率は、1次試験・2次試験と突破した場合、わずか4%しかない状況です。
1次試験は絶対評価試験なので、総得点の60%以上の得点を取れれば、足切り条件に該当していない限り合格できます。

実際に難易度を引き上げているのは足切りの条件です。
中小企業診断士試験の1次試験での足切りは得点の40%で、これを下回った場合は、総得点が条件を満たしていても不合格となります。
苦手科目があると、足切りにかかる可能性が高まるのです。

苦手科目の問題は、中小企業診断士試験の大きなポイントになります。
中小企業診断士試験では、1次試験で7教科受けなければいけません。
この7教科がそれぞれバラバラであり、ほとんど関連性が無いのが問題です。
関連性がないため、個別に勉強していかなければならないだけではなく、それぞれが専門レベルの知識を要求されます。

さらに、7教科ということで、膨大な時間がかかるのです。
かなり計画的に勉強していなければ、時間とともに忘れてしまうことも増えてきます。
これが厄介なところで、範囲の広さが難易度を引き上げているのです。

中小企業診断士の試験勉強は、相当綿密な計画をしなければいけません。
ところが、独学では簡単に勉強できるわけではなく、気持ちが折れてしまうことも出てきます。
そこで中小企業診断士の勉強方法として利用されてきたのが、資格学校が開いている講座の活用です。
綿密に練られた計画のもとで行われる効率的な方法であり、数多くのメリットがあります。
もちろんデメリットも存在するため、自分に合っているかどうかを考えて選択しなければいけません。

講座を使って中小企業診断士を乗り越える理由

中小企業診断士試験を受験する際に、資格学校の講座を利用するのは色々な理由が存在します。
中小企業診断士講座を利用する理由として、試験の難易度の高さがあるのは基本的な部分です。
覚えなければいけないことが多く、講師の力を借りて勉強する事で、効率的に進めることができます。

もう一つ重要なのは、資格学校の中小企業診断士講座であることです。
資格学校では、様々な対象の講座を行っています。
講座に生徒を集めるためには、結果を出してアピールしなければいけません。
結果とはすなわち合格であり、そのノウハウを作り続け、受講生に授けることで合格できる確率を高めるのです。

合格者が多く出ることにより、次の受講の志望者を数多く募ることができます。
これで経営を成り立たせている以上、効率的な勉強を構築していきました。
この方法を利用できるところが、中小企業診断士講座を利用する大きなメリットです。
非常に高い難易度の試験であっても、乗り越えていくことができるだけの方法があると言えます。

資格学校では、様々な情報を蓄積し、そこから分析を進めています。
その年の試験の分析も進めながら、予想問題も作っていくのです。
これが中小企業診断士のテキストなどとして販売されることもありますが、生で情報を聞くことができるところにもメリットがあります。

試験予想の情報は、試験日から離れれば離れるほど精度は下がります。
常に最新の情報を利用できるようになるため、中小企業診断士講座で勉強している方が、予想としても有名なのです。
中小企業診断士講座を活用し試験を乗り越えられる、大きなポイントと見えます。

試験のテクニックというところでも、中小企業診断士講座は利用価値が出てきます。
独学で勉強していると、テキストなどで得た知識だけで試験に臨まなければいけません。
しかし、中小企業診断士講座では、どのように磨いていくべきなのか、試験問題に合わせたテクニックも教えてもらいます。

60%以上取れば合格できる試験ですので、全ての問題に答えなければいけないわけではありません。
必要とする点数が取れるように、時間の配分も計算しながら受験してく必要があります。
そこには、試験問題に合わせたテクニックが存在し、効率よく応えていくことが必要なのです。
その方法も直接伝授されるため、テキストなどで勉強してるだけでは身に付かない方法が、中小企業診断士講座で学ぶことにより手に入ると言えるでしょう。
試験を乗り越えるためには重要なポイントです。

中小企業診断士の講座の活用法

中小企業診断士講座は、ただ話を聞くだけの場所ではありません。
もっと多くの活用をしていくことにより、さらに合格に近づくことができます。
そのメリットを知っているかどうか、大きな差になっていくので、。

中小企業診断士講座の活用法として、自分の周りに誰がいるのかを確認する必要があるでしょう。
1次試験ということでは、周りにいる人たちは味方になるかもしれません。
自分でも総得点の60%以上の得点を取れば合格できるため、隣の人が難点を取ろうが関係ないからです。
色々なことを教えてもらえるかもしれませんし、将来的なつながりもできるかもしれません。

しかし、2次試験となればそうはいかないのです。
相対評価試験である2次試験では、上位から約20%が合格します。
つまり、隣の人が合格しなければ、自分が合格できる可能性が少しでも高まるわけです。
仲間だった相手が、競争相手に変わってきます。

実際にはそこまで気にする必要はありませんが、常に刺激を受ける相手なのを忘れてはいけません。
様々な勉強をしながら多くの刺激を受けて行きます。
独学ではあり得ない環境の中で勉強する事で、モチベーションを維持できるのです。

お金を払って、中小企業診断士講座を受けることになります。
中小企業診断士講座は、決して安いものではありません。
期間も長いため、相当な金額を支払うのです。
資格試験として考えれば、最もお金がかかる方法と言ってもいいでしょう。

これで合格できなければ、元は取れない状態になってしまいます。
お金をかけた分、効果をあげたいと思うのは、当然のことだからなのです。
これが、受講する上でのモチベーションに繋がります。

やらなければいけないという気持ちが、支払ったお金に対して働くのですから、中小企業診断士講座を活用するメリットです。
特にモチベーションが落ちそうな人には、有効な理由となります。

将来的な財産になるということも確かです。
中小企業診断士という立場を考えた時に、同業間のつながりはなかなか出来上がりません。
当然ですが、ライバルだからです。
そうなる前から仲間が出来れば、普段得にくい情報も共有しながら仕事ができるようになる可能性があります。
事業展開として考えた時にも、大きな財産になるのです。

こんな講座で中小企業診断士の試験対策

資格の学校のTAC

日本の資格学校の中でも巨大企業となってきたのが、資格の学校として知られているTACです。
全国の様々な場所で見かけるほど、大きなネットワークを持つようになりました。
中小企業診断士のテキストとしても、TACはよく知られた存在です。
それだけの実績を積み重ねてきたことを考えると、中小企業診断士講座として真っ先に候補に挙がります。

TACの特徴として、基礎からしっかり学べることが挙げられます。
初学者であまり知識のバックボーンがない場合、TACの講座で勉強していけば、合格にかなり近づくことができるでしょう。
2次試験の講座でも定評があり、合格まで強力にバックアップしてくれます。
予想模試に関しても、TACを利用することでさらに合格に近づけるのです。

ネックとなるのは、費用の高さです。
他の資格学校と比べてもかなり高額になるため注意しなければいけません。
それだけのバックアップをしてくれると考えれば、デメリットにならない人も出てきます。

LEC東京リーガルマインド

資格学校として名前が知られているLEC東京リーガルマインドは、TACと双璧をなす存在です。
規模としてはTACよりも少し小さくなりますが、それでも巨大ネットワークを持つ資格学校であるのは間違いありません。
やはりテキストでも名前が知られており、自分に合った方を選択することが大切です。

LEC東京リーガルマインドの特徴は、とにかく短期合格を目指すという姿勢になります。
短い期間で合格出来るようにカリキュラムが作られており、余計な遠回りは最小限にする姿勢がわかるでしょう。
テキストを読んでも、この姿勢がはっきりと出てきます。
中小企業診断士の試験として考えれば、正しい選択になります。
しかし、全ての人が合格だけを目指すとは限らないため、自分に合っているかどうかを判断しなければいけません。

資格の大原

資格学校としてTACやLECに続く存在になるのが、資格の大原です。
やはり様々な場所に校舎を持つ資格学校ですが、元々は簿記学校だったところに違いがあります。
商業系の専門学校として通う人も多いでしょう。
現在では公務員試験なども含め、様々な講座が作られるようになりました。

中小企業診断士の講座としても名前が知られていますが、大きな特徴はTACやLECと比べて受講料が安い点があります。
かなりの違いが出てくるので、比較して検討する必要があるでしょう。

まとめ

中小企業診断士試験を受験するにあたって、資格学校の講座を利用するのは大きなメリットが生まれてきます。
それだけの費用を支払って受講することになるのですから、細かな情報まで比較して自分に合っているところを見つけるのが大切です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。