中小企業診断士合格を目指す!大事な教材選び

中小企業診断士を目指す上で、様々な勉強しなければいけませんが、大事なのは筐体の選択です。
教材の選び方を間違ってしまうと、勉強は上手く進まなくなります。
7科目を勉強しなければいけない中小企業診断士ですので、適切な教材を選ぶことが合格への近道になるのです。

中小企業診断士に欠かせない教材

中小企業診断士試験の勉強をしていると、様々な知識がなければいけないことに気がつきます。
簡単に理解できることもあれば、専門的に落とし込まなければわからないようなものまで出てくるからです。
様々な勉強をする中小企業診断士ですが、テキストを読んでいてもよく分からないことが出てくるのは珍しくありません。
そこで、中小企業診断士の教材だけではなく、別の分野の教材を用意して理解を深めるという方法もとられます。
もちろん、全く寄り道をせず合格だけを目指す人もいますが、経営コンサルタントとして活動するためには、こうした知識も役立つのは間違いありません。

教材の選び方もいろいろな方法があります。
中小企業診断士の科目として出されている教材を複数利用するというのは、基本的な手法です。
例えばA社の教材を使って理解ができない時に、B社の教材が役に立つことがあります。
素材には必ず相性が存在し、どれでもいいというわけではありません。
使い勝手の面もあります、読んでみて理解できるかどうか構成で相性が変わることも珍しくないからです。

問題集に関しても同じです。
どの問題集でもいいわけではなく、解説を読んで理解できるかどうか、質によっても差が出てきます。
出版社によっても違いが色々ありますが、これは講師となる資格学校の差も現れるからです。
ここに相性の違いが出てきますが、方針の違いも覚えておくといいでしょう。

レベルの差もあります。
中小企業診断士を受験する人の背景にあるこれまでの生活や仕事などによって、教材の内容も変わってくるからです。
どんなものでも読みとけるわけではなく、自分に合った教材を見つけ出すことが理解度を高めるポイントになるでしょう。

中小企業診断士の法律の教材

中小企業診断士の経営法務は、法律に慣れてない人にとって非常に厄介な科目です。
基礎的な部分から知識を持たなければ、法律自体を読み解くこともできなくなります。
初学者の場合には、理解を高めるためにも、基礎的な部分からスタートすることが大切です。

中小企業診断士の企業法務のテキストを読んでも、なかなか理解できないことは珍しくありません。
そこで基礎的な知識をつけてために、行政書士の簡単な教材を用意してみるのも方法です。
中小企業診断士は、経営コンサルタントとしての基礎知識が求められますが、法律などもある程度理解していることが前提となります。
科目の一つでしかないことから、あまり基礎的な部分に触れられず本編をスタートすることも珍しくありません。

逆に行政書士の教材は、全く知識のないところからスタートしていきます。
法律の資格であることから、基礎能力が大切になるからです。
その点が中小企業診断士の教材との違いとなります。
初学者ででスタートするのであれば、分かりやすい教材を見つけることが法律では大切です。

逆にある程度知識があるのならば、知識を深めるために必要な教材を用意する必要があります。
法律の教材として図解による法律用語辞典なども使うといいでしょう。
様々なキーワードを検索することができ、自分が疑問に思ったことを解決することができます。
細かな部分でも調べることができるため、大切な教材となるのは間違いありません。

中小企業診断士の教材を見ると、法律に関する用語の索引ができるものはあまり見かけることがないはずです。
読みやすい教材を用意しても、一つ一つの用語がわかるとは限りません。
この用語の理解を深めることは、法律の壁を取り除くために重要なポイントになります。
図解による法律用語辞典は、初学者でも分かりやすく作られているため、用語を検索するときには非常に役立つ教材です。
他の法律の資格だけではなく、実際の業務にも使われることがあるため一冊用意しておくといいでしょう。

法律の勉強する上では、中小企業診断士試験の内容に近い方法をとることが大切です。
その一つとして挙げられるのが、ビジ法と呼ばれるビジネス実務法務検定でしょう。
ビジネス実務法務検定は、 レベル的に中小企業診断士の経営法務に使い内容です。

東京商工会議所が行なっている公的資格であり、民間の資格とは少し意味が異なります。
1級から3級に分かれていますが、中小企業診断士の勉強として考えると2級が適切です。
1級ともなるとかなりの難易度となり法律系国家資格に近い内容示します。
そこまでの勉強は必要とされないため、教材として29をターゲットにしてみるのが良いでしょう。

中小企業診断士の経営関係の教材

中小企業診断士の勉強するための教材としては、経営関係のものも大切です。
経営関係の経験がある人にとっては、難しい内容ではありませんが、全て把握出来る人はそうそういるわけではありません。
例えば店舗のオペレーティングやマーケティングを考えると、一度も経験のない人にはかなり難しい内容につながります。
そこで重要になるのは、販売士の資格です。

販売士もやはり2級がターゲットになりますが、ここまで理解できるようになれば、中小企業診断士の試験勉強としても問題はありません。
教材としても3級から始めれば、全く知識のないレベルから対応しています。
教材としても便利なものになるでしょう。
こちらも1級となるとレベルが高すぎるため、教材としてはあまり便利ではありません。

生産管理に関しては運営管理に関する教材を利用すると良いでしょう。
生産管理に関する手法が載っている教材が色々と出ています。
QCに関する書籍も利用できるため、押さえておくと理解しやすくなるはずです。
実際に身近に感じていなければ、こうした手法が理解しにくいのは間違いありません。
どうしてもわかりにくい部分となるので、教材を用意しておくのが理解しやすくするポイントです。

財務・会計に関しては、簿記2級が使われてきました。
簿記2級の教材は、そのままではわかりやすいものではありません。
元々3級がベースにあり、理解していることが2級の条件です。
特に工業簿記が含まれてくるため、2級を選んでもそのままでは分かりにくいでしょう。
何も知識がないのであれば、3級の教材を用意してくるところからスタートです。

2次試験対策として知識を深めるためには、もっと多くの知識が必要になります。
市販されている教材だけで進めることはできますが、将来的なことまで考えれば、市販されているMBAの教材などを読んでおくのは大切です。
知識を幅広く広げていくことができますし、経営コンサルタントとしての力もつけられます。

中小企業診断士の経営関係の知識は、単純に合格するだけでは意味がありません。
合格した後に活用できるかどうかを考え、勉強のカリキュラムに取り入れていく必要があるでしょう。
そのためには、勉強の家庭でできるだけ多くの書籍は情報・教材に触れる時間を作り、知識を広げていくことが必要です。
中小企業診断士の試験勉強の時間は、将来につながる大事なベースになるからです。

ITの教材もある中小企業診断士

中小企業診断士の経営情報システムに関しては、ITの教材が役立ちます。
理解できる人にとって、これほど簡単な科目はありませんが、利用したことない人にとっては難解な科目になるでしょう。
専門的な用語が多く、データベースなどのプログラムに使われる言語にも波及していきます。
中小企業診断士試験としては、そこまで深い知識が要求されるわけではありません。
それどころかITに関して言えば表面的なレベルで済んでしまいます。

ITの教材として考えると、基礎的なレベルとなるのがITパスポートです。
スキルレベル1の試験であり2007年に新設されました。
ITの入門レベルとして位置づけられている試験で、入り口としては適切な内容を持っています。

初級システムアドミニストレータ試験の後継試験として設定されました。
しかし、現実的な内容はさらに低く設定されているのが特徴です。
実際に初級システムアドミニストレーター試験の内容を強く受け継いだのが基本情報技術者試験の方と言えます。
そのため初学者がITの勉強をするのであれば、教材も分かりやすく作られていると言えるでしょう。
中小企業診断士試験で経営情報システムの勉強するならもってこいの教材です。

経営情報システムの勉強をするためには、用語を暗記してしまうというのは大事な方法になります。
最初のうちは理解しにくい言葉が多いのは、IT系の特徴的な部分です。
どうしても理解不足の中で進めていく可能性も高まるため、間違って理解してしまう場合も出てきます。
これが暗記科目の怖いところです。

ITパスポートでは、初学者を対象にしているところのが大事なポイントです。
用語集などを見つけることが出来れば、初学者でも分かりやすく書かれています。
中小企業診断士の経営情報システムの勉強にも、この用語集が役立つのは間違いありません。
一冊教材を用意してあるだけでも、理解する過程として便利です。

経営情報システムの出題は、かなり特徴的な内容を持ちます。
出題される問題の割合なども過去問を通して理解しておくことが必要です。
それに合わせ、必要なレベルの知識だけを身につけておけば、合格することは難しくありません。
2次試験には出題されないのですから、基礎的な部分をしっかり押さえるのが大切です。

まとめ

中小企業診断士に使われる教材は様々なものがあります。
中小企業診断士試験用に出版されたもの以外でも利用できるものがたくさんありますので、活用できる教材を手元に置くことが勉強の効率化につながります。
自分の知らない範囲を勉強する場合には特に必要となりますので、必要教材の下調べをしておくことが大切です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。