中小企業診断士だからこそ出てくる関連資格!その先も見据えて

中小企業診断士は、独立して経営できる資格です。
単独で活用することよりも、関連資格も含め展開していくことがクライアントにとってもメリットを生み出します。
どんな関連資格が有効なのか、 中小企業診断士との相性を考えそこを目指す必要があるでしょう。

中小企業診断士試験と関連資格

中小企業診断士には、相性の良い関連資格が色々と存在します。
中小企業診断士は、経営コンサルタントとして、唯一の国家資格です。
他に似たような経営コンサルタントの資格がありますが、それはすべて民間資格になります。
この違いがクライアントに対しても大きな意味をもつでしょう。
関連資格をつければいいにも、この条件をうまく活かしていかなければ行きません。

中小企業診断士の仕事は経営コンサルタントになるため、様々なデータを相手にしなければいけません。
理系資格と思われがちですが、経済状況を分析したりする必要も出てきます。
プランニングや経営計画の立案など文章的なスキルも必要です。
クライアントの言葉からどのような意味が出てくるのか、どんな対策があっているのか傾聴の姿勢も持たなければいけません。

書類という点に注目すると、行政書士社会保険労務士といった資格の相性の良さが見えてきます。
経営コンサルタントとして、さまざまな書類が必要となり提出するとしても、作成するには資格が必要な場合が出てくるからです。
特に労務関係の書類になると、社会保険労務士でなければ手が出せないこともできます。
労務や人事に関するスペシャリストであり、中小企業診断士と相性のいい資格です。
ただし、資格としてのレベルは高く取得するのは簡単ではありません。
そこで出てくるのが行政書士です。

行政書士は、街の法律家と呼ばれることもあったほど、書類や法律に長けた存在です。
中小企業診断士としても行政書士の資格があれば、法人と個人から仕事が受けられるようになるでしょう。
どちらでも仕事が展開できるようになるのも強みです。
さらに、社会保険労務士の受験資格として行政書士の資格が使えます。
社会保険労務士と行政書士が、もともと一つの資格だったこともありますが、うまく利用できれば展開としても大きな違いが出てくるのです。

中小企業診断士のIT系関連資格

中小企業診断士の関連資格として、IT関連の相性の良さも挙げられます。
現在の企業は、様々なIT技術を駆使しながら経営展開しています。
この経営展開方法をサポートできることにより、中小企業診断士の仕事の幅はどんどんと広がりを見せるのです。

IT資格も色々とありますが、相性がいいのはITパスポートが挙げられます。
ITパスポートは、入門用の資格として位置づけられますが、中小企業診断士を受験する際に経営システムと影響のある内容です。
非常に有効な勉強方法であり、取得を目指してみると有効に使えます。

レベルは大幅に上がりますが、情報セキュリティマネジメントも相性がいい内容を持つ資格です。
企業のIT情報を守ることに主眼を置いた資格で、プログラミングなどとは違う面を持ちます。
技術的な面だけではなく、業務フローの問題点などを発見するなど、中小企業診断士に似ている点を持っているからです。
人材育成という面も含め、有効に働くことは間違いありません。

ITの業界が資格よりも技術レベルで支えられている事実も重要でしょう。
実際どの程度の仕事ができるのか、その能力の方が資格よりも重要視されています。
あまり資格を取らないということも出てくる状況です。

そこで役に立つ能力として、ホームページなどの制作に関わる部分が挙げられます。
現在の企業はホームページを持つのが一般化しているからです。
事業戦略を考える上で、ホームページをうまく活用することにより、新たな局面を作り出せます。
これを外注化するのは簡単ですが、中小企業診断士としてカウンセリングをしながら作り上げることができれば、ワンストップサービスとして展開できるでしょう。
クライアントとすれば、利便性の高い相談ができるようになるのです。

そのための能力として挙げられるのが、HTMLやPHP、MySQLなどの知識です。
これらの能力を使うことにより、WordPressなどを使ったホームページの展開ができます。
自社で展開できれば、価格も抑えながらサービスを提供することができるでしょう。
コストも抑えられるため、クライアントに有効な方法として提案や提供することができます。
他の中小企業診断士と差別化を図る意味でも、大きなサービスとなるのは間違いありません。

中小企業診断士として常に引き上げられれば問題ありませんが、こうした資格や知識が自分を支えてくれます。
幅広い知識が求められる中小企業診断士ですが、現在ではITに関する知識があることが重要なのがわかるはずです。

中小企業診断士と経営の関連資格

中小企業診断士が経営コンサルタントである以上、経営と関連性の高い資格を有することは最良の条件ともなります。
経営に関する資格は色々とありますが、基礎的な資格になるのは簿記です。
中小企業診断士試験を受験する際の財務・会計でも勉強してきますが、本格的に資格取得を目指すのはいろいろなメリットが出てきます。

経営的な部分を理解するためには、基礎的なお金の流れをつかむことが大切です。
このお金の流れを掴むために、簿記は役立ちます。
ダブルライセンスとして看板にすることはあまりありませんが、知識レベルを引き上げるという面では簿記が助けてくれるのは間違いありません。

簿記1級になると話が変わってきます。
中小企業診断士の能力としても大切ではありますが、税理士の受験資格になるからです。
経営という面で考えた時に、中小企業診断士にワンストップで税理に関する相談もできるのは大きな意味が出てくるでしょう。
非常に細かな話までできるようになり、それを作成を代行と言ったことも中小企業診断士で受けられるようになります。

会社の内情を教えなければいけない税理に関する問題は、どこでも相談できるというわけではありません。
信頼できる相手に対してのみ公開できる情報になるので、中小企業診断士として価値を引き上げることができるのです。
同じような考え方として、公認会計士もあげられます。
どちらも簡単な資格ではありませんが、中小企業診断士とともに看板として掲げられる点でも役に立つ資格です。

もう少し特化した方向で考えると、宅建なども使い方次第では有効に働きます。
知識として役立つものであり、実際に取引の場で使うことは中小企業診断士として考えるとあまりありません。
しかし、不動産経営などをしている人にとって、自分の仕事を理解してくれていると考えることができるのです。
中小企業診断士プラスル資格としては、非常に有効性の高さを示すことができるでしょう。

クライアントの方向性によっては、販売士の資格を持っているのも有効です。
店舗経営に関する資格として知られている販売士は、1級になると高いレベルを示します。
2級までは中小企業診断士の試験内容と近いものがありますが、1級ともなると簡単に合格することができません。
運営管理と可能性が高いことから受験前に勉強する人も多くいますが、資格として経営に生かすとすれば1級が必要です。
取得することができれば販売マーケティングとして前面に打ち出しつつ、展開することができるでしょう。

関連資格を生かして中小企業診断士として生き抜く

中小企業診断士として生き残るのは、簡単なことではありません。
経営コンサルタントは、企業の数ほど生き残ることができるわけではないからです。
国家資格として高いレベルを示したとしても、中小企業診断士の知名度はそこまで高くありません。
独立して経営をするとしても、そこまで仕事が取れるとは限らないのです。
クライアント側として考えても、信頼関係を築けない間は国家資格の経営コンサルタントだったとしても、なかなか相談できるものではありません。

複数の関連資格を活かし、自分の経営を支えるというのも中小企業診断士として自分をマネジメントする大事な条件です。
クライアントと信頼関係を築けるようになれば長い取引関係が成立していきます。
その入り口としても活用できる関連資格を取得しておくのもいいでしょう。
ファイナンシャルプランナーもそのひとつです。

ファイナンシャルプランナーは個人向けの相談業務が中心となる資格ではあるものの、企業としても保険相談できる相手として重要な役割をもちます。
3級程度では役に立ちませんが、2級異常でAFP、CFPとなれば話は変わります。
保険の仕事を展開しながら、経営コンサルタントしても活動することができるでしょう。

似たようなポイントとして、キャリアコンサルタントも挙げられます。
キャリコンなどと呼ばれますが、キャリア形成をサポートする専門の国家資格であり、厚生労働省の講習を受けなければいけません。
キャリアコンサルタントとだけでも十分に活動できる資格であり、中小企業診断士と合わせて行くことで企業にワンストップで活用できるメリットをもたらします。
コンサルタント生考えた場合にも、自分にプラスになる資格です。
勉強も簡単ではありませんし試験も難しい資格ですが、中小企業診断士として展開を広げていくことを考えると有効性の高い資格になります。

まとめ

中小企業診断士を目指すのであれば、将来の自分の展開も考えていかなければいけません。
経営コンサルタントとして、自分のマネジメントもできなければ意味がないからです。
そのためには色々な資格が助けてくれますので、自分がどのような中小企業診断士になりたいのか、計画をもって取得を考えていくといいでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。