中小企業診断士に合格したいなら資格学校で!

中小企業診断士の試験は、非常に難易度が高いことで知られています。
色々な知識が必要となるため、資格学校で勉強するというのは大事な方法です。
経験がある人であれば内容もすぐにわかりますが、ほとんどの人は資格学校がどのようなところかは分からないこともでてきます。
どんなことをしているのか、どんな勉強ができるのかその一端を掴むところからスタートすると良いでしょう。

中小企業診断士試験と資格学校

中小企業診断士試験に合格するためには、資格学校を利用する方法が一番確実なのは間違いありません。
資格学校は、資格に関する指導を生業にしており、様々な手法を使い指導していきます。

中小企業診断士一次試験は、7科目で行われるのが特徴です。
この7科目は、内容にそれぞれの関連性が薄く、独立している科目と考えなければいけません。
つまり、全てバラバラに勉強することになります。
大学受験の勉強に似てるとも称されることがありますが、それほど多くのことを学ばなければいけないと考えることもできるでしょう。
それぞれ専門的な知識を身につけなければならず、簡単に覚えることができません。
得意不得意が出てきてしまうのも、中小企業診断士試験の特徴です。

ここで問題なのは、得意科目で不得意科目をカバーできるとは限らない点にになります。
中小企業診断士1次試験には、足切りという問題があるからです。
40%以下の得点となると、総得点が60%以上超えていたとしても不合格となります。
苦手科目を作ってしまうと、合格できない可能性が出てくるのです。

中小企業診断士試験の特徴から考え、すべての科目で一定以上、得点しなければいけません。
だからこそ、資格学校で基礎からしっかりと学ぶ必要が出てきます。
資格学校であれば、教え方という部分でも研究が進んでいます。
どのように教えれば、受講生が理解できるのか、そこも考え講義が進められていくのです。
仮に苦手な科目があっても、解消する方法も考えていきます。
どのように勉強すればいいのか、方法が見えない科目であっても、スムーズに進められるようになるため、中小企業診断士試験の勉強には資格学校を利用する価値が高いのです。

資格学校で学べる中小企業診断士のポイント

資格学校で学べる中小企業診断士の内容は多岐にわたります。
合格できるようになるまで、しっかりと学ぶことができるカリキュラムを作り上げているからです。
どのような講義で展開するか、資格学校によっても違いがあります。
それぞれの資格学校が持つ性格と言い換えてもいいでしょう。

資格学校の基本は、講義を受けて勉強するところにあります。
予備校と呼ばれることもあるのは、近い雰囲気を持っているからです。
講師が教卓で講義を展開していますが、中小企業診断士の講座事態はそこまで大きいわけではありません。
もっと距離が近い状態で教わると思っていいでしょう。
もちろん、都市部の資格学校は多くの人数が集まることがあります。

疑問点があれば、すぐにでも解決できる環境なのも資格学校の特徴です。
講師が付いているため、すぐに聞いてしまえば疑問点は残さずに済みます。
疑問点が残ったまま勉強をしていても理解度は深まっていきません。
これではいくら時間をかけたとしても、効率的に進むことがなくなるのです。

中小企業診断士試験の勉強を効率的に進められる理由は、それだけ多くの実績を積んできたということが挙げられます。
多くの受講生を集めるためには、多くの受講生を合格させなければいけません。
つまり、それだけの実績を上げていかなければいけないのです。
そのために多くの受験テクニックなども作り出し、効率よく勉強できるように作り上げてきました。
この情報を利用できるところが資格学校を使う大きなポイントです。

様々なところで情報を発信していきますが、受講生として外部にはなかなか出てこない情報をも資格学校で見つけることができます。
内部で勉強しているからこそ教えてもらえるような、中小企業診断士試験に関する最新の情報もあります。
受講しているメリットとも言えますが、非常に大きな価値を持っているのです。

資格学校に通っていると、様々な刺激を受けるのも重要です。
周りには同じように中小企業診断士を受験しようとしてる人が集まります。
それぞれ様々な想いをもって受験に臨んでいることでしょう。
自分もその一人として、多くの人とコンタクトを取れる機械になるのです。
将来的に大きな財産に繋がるのは間違いありません。

経営コンサルタントとして独立開業していくと、お客様は増えていっても、横のつながりはなかなかできるものではありません。
資格学校の中で同じように中小企業診断士を目指した仲間がれる可能性があるのですから、これだけでも通う価値が出てくるでしょ。

通信もある中小企業診断士に対応した学校

資格学校を利用する方法は、資格学校へ通学するだけではありません。
実際に近くに資格学校があれば通学することも難しくありませんが、遠方となってしまえばそうは簡単に利用できないでしょう。
費用がかかるというだけではなく、貴重な時間を通学に費やさなければならなくなるからです。
ある程度我慢することはできるかもしれませんが、時間を作り出すということは、生活に対して様々な犠牲が伴います。
大きな負担になることは確かなのです。

遠方でも中小企業診断士の勉強をするために活用できるのが、資格学校が行なっている通信教育です。
通信教育を利用すれば、距離は関係ありません。
必要な資料を受け取り、活用していけば済むからです。

以前の通信教育は、単なる資料を購入するだけの方法でした。
中小企業診断士試験の勉強のように、高度な知識を有する場合にはあまり効果があったとは言えません。
現在の近く学校などは行なっている通信教育は、単に教材を購入するだけではなく、様々な方法でサポートしてくれるようになりました。
インターネットを活用し、リアルタイムで質問できるのは、一つの答えと言います。
Web講座などを解説し、実際に講義を受けているような状況で勉強できる通信教育も増えました。

Web講座を活用することにより、自分の好きな時間に勉強できるように変わっていきます。
資格学校に通学することの大きなデメリットは、口座の時間に合わせて行動しなければいけない点です。
中小企業診断士の勉強をするとしても、誰でも時間に余裕があるわけではありません。
自分の時間に合わせて勉強できる通信教育は、大きなメリットをもたらしてくれます。
それも資格学校が、これまで培ってきた経験と情報で構成する通信教育ですので、高いレベルを期待することができるのです。

さらに通信教育を利用しながら、一般の講座を受験できるようなコースもできてきました。
時間に余裕がある時には講座を受講し、忙しい時には通信教育でカバーすることができれば、中小企業診断士の勉強時間を大幅に確保できるでしょう。
勉強の効率も高めていけるため、合格を目指す上で有効な方法といえるのです。
そのぶんの費用はかかりますが、取り返してくだけのモチベーションを維持できる点も大きな違いとなります。

こんな資格学校で中小企業診断士を学ぶ

資格の学校TAC

日本の資格学校の中でも、屈指の規模を誇るのが資格の学校TACです。
全国に展開しており、非常に多くの校舎を持っています。
様々な地域で活用することができる資格学校です。
中小企業診断士講座も人気で、多くの人がTACで学びます。

TACの特徴は、しっかりした知識が身につくところです。
中小企業診断士に短期で合格することは当然ですが、そのための知識もしっかり身につけられます。
最短で合格するという考え方ではなく、必要な知識は身に付けられるようなカリキュラムが特徴です。
中小企業診断士試験として考えると一長一短はありますが、2次試験の内容まで踏まえればTACの方針も見えてくるでしょう。

LEC東京リーガルマインド

日本の資格学校としては、TACと双璧と呼ばれるのがLEC東京リーガルマインドです。
規模も非常に大きく、至る所で校舎を見かけることができます。
TACと比較されますが、違いは最短距離で合格を目指すところです。
これはテキストを読んでもその違いが出てきます。
余計な遠回りはせず、一直線に合格を狙うのがLEC東京リーガルマインドの特徴です。

抑えるところは抑え、省くところは省く考え方があっているかどうかは人それぞれです。
学校の方針や講師によって教え方も異なるため、講義を覗く機会があればどのようなものか感じ取ってみる必要もあります。
解答速報などを見ると、違いの一部がわかるでしょう。

資格の大原

日本の資格学校として大きな規模をもつのが、資格の大原です。
元々は簿記学校としてスタートした資格学校で、中小企業診断士の講座としても名前が知られています。
色々な講座が展開されていますが、TACやLEC東京リーガルマインドより、費用が安上がりなところが特徴です。

元々が簿記学校ですので、細かなところまで丁寧に指導してくれます。
その反面、専門学校として卒業生がそのまま講師になるといったケースも目立つことから、自分に合ってるかどうかしっかり判断しなければいけません。
中小企業診断士の場合、長い時間をかけて高いレベルの知識を学ばなければいけないことからも、講座や講師との相性が大切です。

まとめ

中小企業診断士にとって、資格学校の存在は切っても切り離すことができません。
テキストを一つをとっても、資格学校が出版しているものを利用することになるでしょう。
資格学校に通学して学ぶことができれば、中小企業診断士試験の合格へ一直線に向かいます。
しかし、費用もかかることから誰もができる選択ではありませんので、通信講座も含め自分に合っているコースを見つけるのが大切です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。