中小企業診断士で役立つ!過去問の解説

中小企業診断士の試験対策として、過去問の解説が大変役立ちます。
様々な勉強法が考えられてきた中で、過去問を使うことは基礎中の基礎とも言えますが、それ以上に解説を利用しなければいけません。


中小企業診断士は、非常に難易度の高い国家資格であるからこそ、勉強の効率化ができる方法を模索しなければいけないでしょう。
そのための答えが過去問の解説にはあるのです。

中小企業診断士で過去問が役立つか解説

中小企業診断士の試験で、過去問が役に立つ理由は色々とあります。
7科目の試験を受けなければいけませんが、それぞれに関連性が薄く、対応しにくいところが中小企業診断士試験の問題点です。
中小企業診断士1次試験が大きな壁になりますが、 ばらばらの知識を身につけていかなければいけません。


当然効率よく勉強を進めなければ、いつまでたっても合格レベルに達しない可能性が出てきます。

過去問を使う理由として、これまで出題された形式を理解するという意味が挙げられます。
どのような出題形式なのかを理解することで、実際の試験に対応できる知識を身につけることができるのです。
これはとても重要なことで、いくら知識を身につけたところで、試験で答えられなければ点数を取ることはできません。
もちろん、合格することもなくなってしまいます。
実際の本試験の形式に合わせて答えが出せるようにすることが、中小企業診断士試験に合格する第一条件と言ってもいいでしょう。

過去問を利用することで、 頻出問題に対する理解度を高めるというのも大事なポイントです。
過去問を何度も解いていると、一体どんな問題が出やすいのか、自然に見えてくるようになります。


意識的に分析する必要もありますが、体感的にここは何度も見かけたという問題があれば、過去問を解いているうちに積極的に覚えていくことにつながるのです。
中小企業診断士試験問題には、科目によっても違いますがある程度の法則性があります。
これが頻出問題ですが、暗記しなければいけない中小企業経営・政策などでも通用する方法です。

他の資格試験でも同じことが言えますが、過去問を利用しなければ合格の道は見えてきません。
本試験の予想問題だけでは、中小企業診断士の試験範囲は到底カバーできないので、書かれている解説も含め、過去問をうまく利用していくことが必要なのです。

過去問の解説を読んで中小企業診断士試験に役立てる

中小企業診断士の過去問を利用する勉強法が有効なのは、何もこれまで出題された問題というだけではありません。
中小企業診断士として知識を深めるということも必要になりますが、その情報が過去問に詰まっているからです。
どこにあるのかと考えてしまってもいるかもしれませんが、それが答えに書かれている解説になります。

過去問の解説をよく読んでみると、どのように答えを導き出したのかだけではなく、どのような内容なのか、類似性のあるものはなどと書かれているはずです。
企業法務の解説を読めば、法律に関する知識をどんどん深めることができるのはその良い例です。
他にも様々な問題がありますが、過去問の解説を読むだけでかなりの情報が入ってきます。
この情報を有効に活用することが、中小企業診断士試験において重要なポイントになるのです。

過去問の解説は、最新のものを用意する必要があります。
過去問も古い書籍になると、その当時の情報のまま掲載されているからです。
例えば法改正があった場合、最新の情報で読みとかなければ、答えにつながることはありません。
間違った知識を身につけてしまうため、本試験の時に間違った答えを導き出す可能性があるのです。

最新の過去問の場合は、現在の状況に合わせて解説を作り書いてあります。
この解説を利用することにより、過去問も現在の問題と同じように知識を得られるのです。

仮に現在の状況に対応できないような問題であれば、その問題は出題されないことが分かるでしょう。
頻出問題を見つけるためにも、解説文が重要な意味を成してくるのがわかります。
注目するべき内容であれば、これから先に品質問題になる可能性もあるでしょう。
その見極めをしていくためにも、解説を読みながら理解度を高めなければいけません。

過去問の出版社によっては、頻出問題かどうかを解説で書いている場合もあります。
解説の内容を読み進めていくと、過去に出題があったかどうか理解できるのです。
出版社がどのように問題をとらえ、対策しているのかも見えてきます。
いくつかの過去問を繰り返している間に、解説文の違いにも気がつくはずです。
このポイントも押さえておけば、中小企業診断士試験にプラスにすることができるのは間違いありません。

中小企業診断士の過去問の解説に隠れた2次試験のポイント

中小企業診断士には、2次試験が存在します。
1次試験に合格した後に2顔次試験を受験することになりますが、これが大きな障害になるのは中小企業診断士試験を受けている人であればよく知られていることです。
2次試験には、記述式と口述式があります。
問題になるのは記述式の方で、口述式は合格率99%とそこまで対策を打つ必要はありません。

中小企業診断士試験が非常に難易度が高いという割れる原因の一つが、この記述式のないようにあります。
設問に対して文章を書き答えていきますが、何が答えなのかはっきりしないところに問題があります。
試験後に解答が返ってくるわけではなく、評価判定しか分かりません。
つまり、自分の答えがどの程度正しかったのか、判断する方法がないのです。

これは、これから受験する人にも大きな影響を与えます。
過去問などを解いていても、実は正式な答えが分からないからです。
自分の答えを採点してくれる人がいたとしても、これは本試験の採点とは違います。
本試験の時にどのように判定されるのか、誰も分からないのです。
そのため、ただ過去問を使っていても、全く勉強になりません。

重要なポイントになるのが解説文です。
いったいどのような論点で答えを作らなければいけなかったのか、注目しなければいけないキーワードはどれだったのかが書かれています。
その中で文章を構成できたかどうか、これが点数につながるのです。

過去問も色々な種類がありますが、再現解答が書かれているものであれば、かなり精度が高くなります。
再現解答は実際に受験した人が、その時の状況を思い出し書いた答えです。
時間も本試験と同じような内容の中で書かれて行きます。
模範解答のように時間に余裕がある中で調べながら作るものとは異なるのです。

再現解答を書いた人が合格したのであれば、その答えは点数が取れたと判断できるでしょう。
点数が取れたのですから、その構成や内容を理解することにより、合格できる解答が作れるようになるのです。
これが大きな分かれ目になります。

本当に点数が取れた解答を知ることにより、自分の答えの導き出し方が変わってきます。
さらに解説を読むことにより、どのような着眼点であったのか、問題の難易度なども見えてくるのです。
非常に重要な意味を持つ過去問となりますので、中小企業診断士2次試験を受験する際には必須の問題集となるでしょう。

中小企業診断士試験の解説のついた過去問はこれ

第1次試験 解答解説集 LEC東京リーガルマインド

資格の学校として有名なLEC東京リーガルマインドが販売している解答解説集です。
科目ごとに販売されており、自分に必要な科目を選ぶことができます。
科目間で毎年に難易度がぱらつく中小企業診断士1次試験の解説が細かく記載されており、重要ポイントもわかるようになっているのが特徴です。
正答率も乗せられており、優先順位の解説も書かれているため、かなり有効な過去問となるでしょう。
特に苦手科目がある場合には、解説をうまく利用することがポイントです。

LEC東京リーガルマインドの場合には年度別も販売されています。
年度別の解説を読むと、横に広く理解することができるのです。
通しながら勉強したいということであれば、科目別よりも年度別を利用した方が確実です。
最短合格を目指すLEC東京リーガルマインドラッシー作り方になっています。

中小企業診断士第1次試験 模範解答解説集 日本マンパワー

通信教育で有名な日本マンパワーが出版している過去問題集で、 その年度に合わせて編集されています。
ベテラン講師の多い日本マンパワーの書籍であり、図表などを持ちながら細かく解説が作られているのが特徴です。
合格するために解説が必要なのかがよくわかる一冊になっています。

同様に2次試験の模範解答解説集も販売されています。
模範解答ですので、あくまでも参考資料となりますが、日本マンパワーが徹底的に分析し導き出した解説が重要です。
この解説を読むだけでも2次試験対策として大きな意味を持つでしょう。
再現解答などとともに活用していけば、本当に必要なポイントはどこだったのかが見えてきます。

ふぞろいな再現解答 同友館

中小企業診断士2次試験では絶対に欠かすことができない過去問題集です。
再現解答を集めた一冊でこれだけでも、本当に何が点数に来なかったのか知るための情報になります。
解説を読むと一体どのような状況で答えを導き出したのか、取り組みがわかるように作られているのです。
実際の解答と解説を読むことにより、自分がどのような考え方で進めていかなければいけないのか、方法も見えてくるのです。

まとめ

中小企業診断士試験において、過去問は絶対に欠かすことができない資料です。
勉強時間の効率化にもつながりますし、何よりも出題の情報が詰まっています。
その内容を解説してくれているのですから、うまく活用していかなければもったいないでしょう。
自分の中の理解度の効率化という面でも、解説が後押ししてくれるからです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。