ユーキャンの宅建士講座の内容や費用は?詳しく解説

ユーキャンの宅建士講座は、初学者でも合格することができるように、効率的な勉強カリキュラムを組んでいる通信講座です。これから宅建合格を目指し勉強を始めるという人には、ユーキャンの宅建士講座がおすすめです。

ユーキャンの宅建士講座の特徴

宅建とは「宅地建物取引士」の略称で、不動産業界では非常に需要のある国家資格です。なぜなら、不動産取引では宅建の資格を保持していないと行えない業務があるからです。そのため、毎年20万人前後もの人が宅建試験を受験しています。ユーキャンの宅建士講座は、テレビCMなどでも宣伝されているため、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

ユーキャンの宅建士講座は、30年以上の開講実績がある、信頼できる通信講座です。ユーキャンの宅建士講座は、82%が仕事と学習を両立しながら受講している人になります。なぜユーキャンの宅建士講座が社会人に人気かというと、忙しくても効率よく学習できるカリキュラムになっているからです。とくに、ユーキャンの宅建士講座のテキストは、少ない時間でも効率よく学習できるように、宅建試験に出やすい部分にポイントをしぼって作成されています。

このように、ユーキャンの宅建士講座には、無駄なく合格に必要なポイントだけを学習できるような工夫がされているため、仕事と学習を両立することができるのです。また、ユーキャンの宅建士講座には、常時20名以上の講師が在籍しています。そのため、質問もスムーズに行うことができ、解答の解説やアドバイスもとてもわかりやすいと多くの人から高い評価を得ています。

他にも、ユーキャンの宅建士講座の中には、全7回の添削指導が含まれているため、自分では気付かない弱点や得点アップのコツなどを講師から詳しく指導してもらうことができます。さらに、自分で強化したい部分がある場合には、有料オプションの中から好きなものをセレクトすることも可能です。このように、ユーキャンの宅建士講座には、合格に必要なさまざまなサポートが揃っていることから、平成30年度の宅建試験ではなんと1,309名もの合格者を輩出しています。

ユーキャンの宅建士講座の合格までのスケジュール

宅建試験は、年に1回毎年10月に実施されるため、願書締切は7月までとなっています。ユーキャンの宅建士講座の標準学習期間は、6ヶ月に設定されているため、学習を開始する目安としては、3〜4月頃までに受講申し込みを済ませておいた方が良いでしょう。もしも、標準学習期間に間に合わず途中から学習を始めた場合には、翌年の10月まで学習サポートを受けることが可能です。

宅建試験の合格の鍵は、「重要過去問」であると言われています。例年宅建試験では、問題の7〜8割が過去問題の「焼き直し」であることから、過去問題を徹底的に攻略することが合格への近道になります。とはいえ、試験勉強開始直後に過去問を解くのは難しいため、ユーキャンの宅建士講座では、まずは基礎から全体像を学んでいく勉強カリキュラムになっています。ユーキャンの宅建士講座では、重要項目のみにしぼった「基礎テキスト」から学習を開始します。

ざっくりと基礎テキストを進めることができたら、次は出題頻度の高い過去問だけを選んで作成した、ユーキャンの宅建士講座の「過去問で鍛える!実践テキスト」を使用し、過去問を解いていきます。過去問を繰り返し解くことにより、試験での実践力を養います。さらに、ユーキャンの宅建士講座には、全7回の添削課題があるため、すべての添削を終える頃には十分に合格できる実力をつけることができます。

また、わからないところがあれば、いつでもメールや郵送で講師に質問をすることが可能です。ユーキャンの宅建士講座では、質問は1日3回までと決まっているものの、期間内での質問回数は無制限になります。他の通信講座の場合には、質問回数には制限があることが多く、追加で質問をする場合には有料です。このようなことから、ユーキャンの宅建士講座は、他社よりも良心的な通信講座であると言えるでしょう。

そして、最終的には実際の宅建試験のシミュレーションとして、「模擬試験」の添削課題を行います。模擬試験を受けることにより、自分の実力や弱点を再確認することができます。このように、ユーキャンの宅建士講座は、最短かつ効率的に学べる独自の勉強カリキュラムが組まれていることから、仕事と学習を両立しながら合格をすることができるのです。

ユーキャンの宅建士講座の教材や費用

ユーキャンの宅建講座の教材は、「基礎テキスト」3冊、「過去問で鍛える!実践テキスト」3冊の合計6冊がメインテキストになります。その他に、副教材として「ガイドブック」「”みんぽう”って何?」「最新過去問題と解答・解説」「添削書類」がセットになっています。また、もしもユーキャンの宅建講座の受講期間中に、法改正や試験に関する情報の変更があった場合には、追補教材が提供されるので安心して受講することができます。

ユーキャンの宅建講座のメインテキストである、基礎と実践の2種類のテキストは、要点を無駄なく徹底的に絞り込んであるため、驚くほど薄いのが特徴です。また、記憶に残りやすいように、イラストや図表を多く盛り込んであることもポイントになります。しかし、ユーキャンの宅建講座のテキストはあまりにも薄いため、本当に合格できるのか不安になる人も多いようですが心配する必要はありません。

なぜなら、宅建試験は全体の7割の問題を正解し、合格基準を満たしさえすれば合格することができるからです。ユーキャンの宅建講座のテキストは、宅建試験で満点を目指すのではなく、合格基準を満たすことを目標として作成されています。そのため、重要箇所のみを学習できるように組み立ててあることから、効率的に学習をすることができるのです。このような理由から、ユーキャンの宅建講座のテキストは、他社のテキストに比べて薄い仕様になっています。

ユーキャンの宅建講座の費用は、送料税込みで一括払いが63,000円、分割払いの場合は3,980円の16回(16ヶ月)払いで総額63,680円になります。標準学習期間は6ヶ月に設定されていますが、受講開始日から試験月までが標準学習期間に満たない場合には、翌年の試験月まで延長指導サービス対象になります。ユーキャンの宅建士講座の支払いは、郵便局・ゆうちょ銀行、コンビニエンスストア払い、クレジットカード払いを選択することが可能です。

また、ユーキャンの宅建士講座は、一般教育訓練給付制度の対象講座になります。一般教育訓練給付制度とは、厚生労働大臣が指定する教育講座のみが対象となる国の支給制度です。一般教育訓練給付制度の対象講座を受講し修了した場合、給付条件を満たしていれば受講料の20%が支給されます。ユーキャンの宅建士講座は、一般教育訓練給付制度の対象講座であるため、給付条件を満たしていれば20%の受講料を支給してもらうことが可能です。

ユーキャンの宅建士講座はこんな人におすすめ!

ユーキャンの宅建士講座は、法律を1から学びたいという人や他の国家資格取得を目標としている人、不動産業界に就職や転職を考えている人、再就職や独立・開業を目指す人などにおすすめです。なぜなら、宅建は国家資格の中でも比較的取得しやすい資格であることや、宅建の資格取得で学ぶ法律の知識は、他の国家資格を取得する際にも非常に役立つからです。

宅建は不動産業界においては、保持していなければ行うことができない業務があるために、とても重宝される資格です。そのため、不動産業界に就職や転職を考えている人の場合には、必ず取得しておいた方が良い資格であると言えるでしょう。宅建は独立開業を目指す人にもおすすめの資格です。宅建が独立開業志向の人に最適な理由は、宅建業は開業の際にかかる費用が比較的少ないからです。

また、宅建は銀行や保険会社、証券会社などの金融業界においても、需要のある資格です。銀行や保険会社、証券会社などでは、融資の際に担保として不動産を扱うことが多いからです。他にも、金融業界では担保融資だけに限らず、顧客の資産運用や設計などの業務の中で、宅建の知識を活用することができます。

このように、宅建は資格を取得しておけば、さまざまな場面で活用することが可能です。また、現代では男性だけでなく、女性もキャリアアップを目指す人が増えていることから、ユーキャンの宅建士講座の受講生の45%は女性です。このように、宅建は現代では男性だけでなく、女性からも人気のある国家資格の1つとなっています。

まとめ

ユーキャンの宅建士講座は、30年以上の開業実績と多くの合格者を輩出していることから、とても信頼ができる通信講座です。ユーキャンの宅建士講座は、仕事と学習を両立できる独自の勉強カリキュラムなので、仕事が忙しい人でも自分のペースで学習を進めることができます。とくに、ユーキャンの宅建士講座のテキストは、宅建合格を目標として作成されているため、試験に必要な要点のみにしぼられています。

また、ユーキャンの宅建士講座のテキストは、覚えやすいようにイラストや図表が多いのも特徴です。他にも、ユーキャンの宅建士講座には、回数無制限の質問サポートや添削課題など、充実した学習サポートが揃っています。このように、ユーキャンの宅建士講座は、合格のためのさまざまなサポートが充実しているため、初学者でも合格することができると高い評価を得ている通信講座です。初学者で宅建合格を目指しており、通信講座の選択に迷っている人の場合には、ユーキャンの宅建士講座をおすすめします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。