管理業務主任者は宅建とのW受験がおすすめな理由を解説

管理業務主任者と宅建は、W受験がおすすめです。管理業務主任者と宅建のダブルライセンスを取得することにより、さまざまなメリットがあるからです。管理業務主任者と宅建のW受験がおすすめな理由や、管理業務主任者と宅建のダブルライセンスのメリットを解説します。

管理業務主任者は宅建で習得した知識がいかせる

管理業務主任者とは、マンションの管理業者が管理組合などに対し、管理委託契約に関する重要事項の説明や、管理事務報告を行う際に必要な国家資格です。現在日本の都市部での新規供給物件のほとんどはマンションであるため、不動産業界で活躍したいと考えている方の場合には、管理業務主任者の資格取得はとても有効であると言えるでしょう。なぜなら、このような現状であるため、不動会社の多くが「管理業務主任者の資格取得を社員に推奨」しているからです。

管理業務主任者になるには、管理業務主任者試験の国家試験に合格し、その後管理業務主任者として登録をする必要があります。管理業務主任者は、マンション管理の専門的知識を持った専門家であるということを認める国家資格で、宅建士と同様に「独占業務」を行うことが可能な資格です。そのため、管理業務主任者は現在不動産業界における需要が多いことから、転職や就職にもとても有利な資格なのです。

そして、なぜ管理業務主任者は宅建で習得した知識がいかせるのかというと、管理業務主任者の試験は、じつは「宅建の試験内容と出題形式が同じ」であるからです。管理業務主任者の試験は、宅建の資格勉強で行った問題演習、模擬試験、本試験で出題される「四肢択一問題」であるため、学んだ知識をそのままいかすことができます。また、毎年管理業務主任者の資格試験よりも、宅建の資格試験の方が先に実施されます。

そのため、必然的に宅建の資格取得勉強を、管理業務主任者の資格勉強よりも先に開始する必要があるのです。管理業務主任者の資格試験は、毎年12月に実施されますが、宅建の資格試験は毎年10月に実施されます。そのため、管理業務主任者の資格試験を受験するよりも、先に宅建の資格を取得し同じ試験内容の知識を習得してからの方が、効率的かつ最短でダブルライセンスを取得することも可能になります。このようなことが、管理業務主任者は宅建で習得した知識がいかせる理由です。

管理業務主任者と宅建は同一年度受験がおすすめ

管理業務主任者と宅建のダブルライセンスを取得する場合には、「同一年度受験」がおすすめです。なぜなら、宅建試験は「毎年10月の第3日曜日」に実施され、管理業務主任者の試験は「毎年12月の第1日曜日」に実施されるからです。つまり、管理業務主任者の資格試験よりも、宅建の資格試験の方が先に行われるかつ、試験の間隔が1ヶ月半ほどしかないため、一度に受けてしまったほうが効率的に資格を取得することができるからです。

宅建の資格勉強をした十分な知識が残っているうちに、管理業務主任者の試験を受けた方が合格する確率も必然的に高くなります。このようなことから、管理業務主任者と宅建のダブルライセンスの取得を狙っている方の場合には、同一年度受験がおすすめであると言えるでしょう。また、管理業務主任者の試験科目と宅建の試験科目は、共通しているものが多くあります。管理業務主任者の試験科目は「民法」「宅建業法」「区分所有法」「不動産登記法」「建築基準法」「土地・建物」であるのに対し、宅建は管理業務主任者の試験科目よりも1科目多く「都市計画法」までが試験科目範囲になっています。

このように、管理業務主任者よりも宅建の試験科目の方が多く、ほぼ8〜9割型試験科目は同じです。また、管理業務主任者の試験の合格率は23.2%なのに対し、宅建の試験のの合格率は17%です。そのため、管理業務主任者よりも宅建の方が難易度が高いということがわかります。このようなことから、難易度の高い宅建を先に受験し合格すれば、宅建よりも難易度の低い管理業務主任者の資格は間違いなく合格すると言えるでしょう。

管理業務主任者と宅建のW受験のためのスケジュール

管理業務主任者と宅建は試験実施日が近いため、ダブルライセンスを目指す人は、各試験の受験申込期間などにも注意が必要です。管理業務主任者は例年9月初旬から9月末が受験申込期間で、宅建は例年7月初旬から7月末となっています。このように、管理業務主任者と宅建は、試験実施日が近いことから各試験の受験申込期間にも微差があります。そのため、一度に受験申込をすることができないため、管理業務主任者と宅建のそれぞれの受験申込期間を必ずチェックし、忘れずに受験申込をするようにしましょう。

管理業務主任者と宅建のW受験をするにあたり、まずは受験日の早い宅建の資格勉強を開始する必要があります。宅建の資格試験は毎年10月中旬であるため、遅くとも8月には勉強を開始するようにしましょう。また、そもそも管理業務主任者と宅建の試験科目はほぼ同じであるのと、難易度も宅建の方が管理業務主任者よりも高いことから、宅建の試験勉強を先に開始することにより、管理業務主任者の資格試験は格段に合格しやすくなります。そのため、管理業務主任者の資格よりも先に宅建の資格取得をすることは、理にかなっていると言えるでしょう。

宅建業の勉強のポイントとしては、出題数の多い「宅建業」と「民法」をおさえておくことです。民法は管理業務主任者の資格試験においても、宅建と同じくらいの出題数であるため、しっかりと知識を蓄えておく必要があるでしょう。また、管理業務主任者の資格試験では、宅建の資格試験よりも「区分所有法」の出題数が多いです。そのため、宅建資格試験後の管理業務主任者の資格試験勉強において、もっとも注力すべき科目は区分所有法であると言えるでしょう。

また、管理業務主任者と宅建の資格取得に必要な学習時間は、管理業務主任者が200〜300時間、宅建は300時間であると言われています。このように、管理業務主任者も宅建も、それぞれ資格取得に必要な学習時間がほぼ同じなのです。このようなことから、管理業務主任者と宅建は、資格試験の内容から試験時期、資格取得に必要な学習時間まで似通っている部分が多い資格です。そのため、管理業務主任者と宅建はW受験し、ダブルライセンスを取得することが、もっとも効率的かつおすすめなルートなのです。

管理業務主任者と宅建のダブルライセンスはメリットが多い

管理業務主任者と宅建のダブルライセンスを取得することは、メリットが多いことから、このルートで資格取得をする人は多いです。まず、管理業務主任者と宅建を同時取得することは、試験内容が同じであるため学習時間を凝縮できることがメリットであると言えます。次に、宅建業者はマンション管理業を兼任していたり、マンション管理の関連会社も行っている場合が多いため、管理業務主任者と宅建のダブルライセンスを必要とするケースも年々増えています。そのため、管理業務主任者と宅建のダブルライセンスを取得している人は、今後転職や就職に有利になる場合が多いことも、ダブルライセンスを取得することのメリットの1つであると言えるでしょう。

また、管理業務主任者と宅建の資格をそれぞれ単体で取得するよりも、ダブルライセンスの方が、「不動産の知識が増える」こともメリットであると言えます。管理業務主任者の資格取得で得られる知識は、マンションの専門知識、会計知識、マンション管理知識で、宅建の取得で得られる知識は、不動産知識、管理知識、法務知識、コンサルティング知識などになります。このように、どちらか1つの資格取得よりも、管理業務主任者と宅建のダブルライセンスを取得しておくことによって、不動産に関する知識の幅や深さが広がることもメリットであると言えます。

また、管理業務主任者と宅建のダブルライセンスは、独立や開業する場合にもメリットになります。宅建の資格だけでも独立開業をすることは可能です。しかし、独立開業をするとなると、顧客を増やすことがもっとも重要です。そのため、顧客をより多く増やすためには、1つの資格よりも管理業務主任者と宅建のダブルライセンスを取得することが、業務の幅も広がるので効率的かつ有効であると言えます。このように、独立開業という将来を見据えた人の場合には、管理業務主任者と宅建のダブルライセンスは、非常にメリットが高いのでおすすめです。

まとめ

管理業務主任者は、宅建と同じ不動産に関する国家資格の1つです。管理業務主任者は、不動産の中でもおもにマンション管理に特化しているのに対し、宅建はおもに不動産の売買や取引に特化した資格です。管理業務主任者と宅建は、特化しているものは異なりますが、試験内容はほぼ同じです。さらに、管理業務主任者と宅建は資格試験日も近いことから、同時に取得することが多い資格でもあります。

また、管理業務主任者と宅建のダブルライセンスを取得する大きな理由は、転職や就職に有利になることや、不動産に関する知識がより広がること、独立開業をする際に顧客を増やしやすいといった、多くのメリットがあるからです。ただし、管理業務主任者と宅建のW受験を目指す際には、宅建の方が受験時期が早いため先に勉強を開始する必要があります。

さらに、管理業務主任者よりも宅建の方が、資格の難易度が高いため、まずは先に宅建試験の勉強に注力することが重要なポイントです。しかし、先に難易度が高く、試験内容がほぼ同じである宅建を取得しておくことにより、管理業務主任者の資格取得が合格しやすくなるというメリットがあります。このようなことから、管理業務主任者の資格取得を目指すのであれば、先に宅建の資格を取得し、ダブルライセンス合格を目指すことをおすすめします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。