FP3級は人生に役立つ国家資格!資格内容やメリットを解説

FP3級は、国が認めるファイナンシャル・プランナーの資格のうちの1つです。FP3級を取得することにより、得られるメリットとはどんなものなのでしょうか。FP3級の資格内容や取得することのメリットについて解説します。

FP3級は自分の人生に役立つ国家資格

FP3級とは「ファイナンシャル・プランニング技能士3級」のことであり、FP技能検定試験(ファイナンシャル・プランニング技能検定試験)を受験し、合格することによって取得することができる日本の国家資格です。しかし、FP3級は、もともとは国家資格ではなく、「民間資格」の1つでした。

FP技能士は、「一般社団法人金融財政事情研究会(きんざい)」と「特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)」の2つの団体が実施する民間資格でしたが、2002年に「FP技能士」という名称として職業能力開発促進法に基づき、国家資格として認定されました。「職業能力開発促進法」とは、「職業に必要な労働者の能力開発および向上を促進することを主たる目的とする法律」です。

一定の基準により、働く人々の能力を検定することによって、技能力を有していることを国として認めるための国家検定制度になります。FP3級もこのような国が認める国家資格の1つであるため、FP3級の資格を取得することにより「FPの能力を保持している者」として国から認められることになります。また、FP3級は「名称独占資格」の国家資格でもあるため、FP技能検定試験の合格者でなければ肩書を名乗ることができません。

そのため、FPの資格を資格保持していない人が名乗ってしまうと、法律で罰せられることになります。ただし、FP3級は名称独占資格ではあるものの、「業務独占資格」ではないため、「FP技能士」という名前ではなく「ファイナンシャル・プランナー」という肩書で活動をすることは可能です。また、FPの資格には、FP3級のような国家資格だけではなく、民間資格のものもあります。FP3級とはレベルが異なる「FP1級・FP2級」の場合は、同じくFP技能士の国家資格となりますが、「AFP」や「CFP」といった日本FP協会が実施しているFP資格は、国家資格ではなく民間資格となっています。

FP3級は、FPの入門的レベルの内容で、自分の生活の中で必要となる税金や保険、資産、相続などお金に関する知識を幅広く学べる資格です。そのため、FP3級の資格を取得することにより、自分の生活や人生において、得た知識をすぐに活用することができます。このようなことから、FP3級は国家資格としてだけでなく、自分の人生にも大いに役立つ資格であると言えるでしょう。

FP3級の国家資格のレベル

FP3級は国家資格ではあるものの、FP技能士においてはもっとも難易度が低いため、一番下のランクになります。FP技能士においては、FP3級、FP2級、FP1級の順に難易度・レベルが上がっていきます。また、一般的には、国家資格よりも民間資格の方が「レベルが低い」と思われがちですが、じつはファイナンシャル・プランナーの資格においては、国家資格だからといって、民間資格よりもレベルが上であるとは限りません。

FP資格をレベルごとに格付けをするならば、もっとも上位の資格が「FP1級」と「CFP」、次に「FP2級」と「AFP」、最後に入門者レベルである「FP3級」という順になっています。FP3級は、このようにもっとも難易度が低いレベルの国家資格であるため、受験資格がないのも特徴です。FP3級以外のFP2級、FP1級、CFP、AFPなどにおいては、受験資格があることから、誰もが資格試験を受検することができるわけではありません。

そのため、FP3級以外のFP資格を取得する場合には、それぞれの受検資格に必要な条件をまず先に満たさなければなりません。このように、受験資格があるというのも、国家資格や民間資格などのレベルを見分ける際に、重要なポイントになります。このようなことから、FP3級は国家資格ではありますが、FP資格の中ではもっとも低いレベルに属している、ということがわかります。

また、FP3級やFP2級、FP1級のような国家資格という点を重要視するのではなく、知識の深さや実務において役立つことを重要視するのであれば、AFCやCFPがおすすめです。AFPやCFPは、FP3級のような国家資格ではなく民間資格です。しかし、AFPやCFPはFP3級よりもレベルが高く、2年ごとに更新が必要な資格でもあることから、つねに最新の知識を持ち、時代のニーズに合う提案をすることができるお金のコンサルタントです。そのため、実務においては、FP3級を取得するよりも実用的な資格になるからです。

FP3級を取得するメリット国家資格

FP3級は、他のFP資格に比べ、受験資格がないことから、誰でも挑戦することができる国家資格です。そのため、FP3級は受検ハードルが低いというのも、取得する前の段階ではメリットであると言えます。また、FP3級は、FP資格の中でも一番ランクが低い資格ではありますが、それでも「国家資格」であるということは、資格取得においてとても大きなメリットであると言えるでしょう。

FP3級は、FPにおいて専門的な知識はあまり深い部分までは学びませんが、出題範囲である6つの分野「ライフプランニングと資金計画」「金融資産運用」「タックスプランニング」「リスク管理」「不動産」「相続・事業継承」を幅広く学びます。そのため、FP3級は国家資格というだけでなく、自分の生活に関わるさまざまなお金の知識を幅広く学ぶことができるのが、最大のメリットであると言えるでしょう。

FP3級で学ぶようなお金の知識は、普通の生活を送っているだけでは、なかなか身につけることができないものです。なぜなら、人間は自分がその問題に直面しない限り、わざわざ面倒な知識を新たに学ぼうと思うことは少ないからです。このようなことから、FP3級の資格取得のために得られるお金の知識は、自分の人生にとってとても役立つものであるということがメリットであると言えます。

FP3級の国家資格は仕事に役立つ?

FP3級は国家資格であるため、就職や転職など仕事に役立つと思う人も多いのではないでしょうか。しかし、FP3級はFPの入門的な資格であるため、知識としては初心者レベルです。そのため、FP3級の国家資格を取得したからといっても、じつは就職や転職において有利になることはないと言えるでしょう。FP3級は履歴書にすら、あまり書かない方が良いと言われるほど、就職や転職には役立つことは少ないと言われているからです。

ただし、もともと保険や金融など、お金に関わる仕事をしている方が、自分の知識を増やすために取得するのであれば、実務内で活用することができる場合があります。それ以外でFPの資格を仕事に役立たせたいと思う方の場合には、FP3級よりも上位の国家資格であるFP2級もしくはFP1級を取得することをおすすめします。FP2級やFP1級のレベルになると、就職や転職にも有利になることが多いからです。

しかし、FP2級やFP1級には、FP3級とは異なりそれぞれに受験資格があります。FP2級の場合には、「FP3級の取得またはAFP認定研修終了」もしくは「2年以上のFP業務の実務経験」のいずれか1つの条件を満たすことが必要です。FP1級の場合には、「FP2級の資格取得と1年以上のFP業務の実務経験」もしくは「5年以上のFP業務の実務経験」のいずれかの条件を満たす必要があります。

このように、FP3級以外の国家資格であるFP2級やFP1級は、資格試験を受ける前の段階で、初学者にとってはすでにハードルが高い傾向があります。FP3級よりも上位のFP2級やFP1級の国家資格取得を目指す場合には、FP3級から順に取得した方が合格しやすいと言えます。また、FP2級やFP1級の受験資格は、「FP業務の実務経験者」の場合には、すでに受験資格を満たしているため、そこまでハードルが高い国家資格ではありません。

そのため、金融機関などで仕事に従事している人の場合には、比較的取得しやすい国家資格であると言えるでしょう。また、FP技能士の資格試験の合格率は、他の国家資格と比べると高い傾向があります。とくにFP3級においては、合格率は70〜80%とかなり高めです。そのため、、FP3級は国家資格の中でも難易度が低く、取得しやすい資格であると言われています。このようなことから、国家資格の取得を目指している人の場合には、FP3級が狙い目の資格であると言えるでしょう。

まとめ

FP3級は、FPとしての資格レベルは低いものの、取得しやすい国家資格です。そのため、FP3級は、国家資格の取得を目指している人に、とてもおすすめな資格であると言えます。しかし、FP3級は国家資格ですが、難易度が低く、取得しやすい資格であるために、仕事においてはあまり有利になることはありません。そのため、仕事においてFP資格を活用したいのであれば、FP3級よりも上位のFP2級、FP1級のどちらかか、もしくは、国家資格ではなく民間資格のAFP・CFPの取得をおすすすめします。

FP3級は、資格としての価値は国家資格の中でもやや低めですが、取得することによって幅広いお金の知識を得ることが可能です。そのため、FP3級は仕事ではなく、自分の人生におけるお金の知識として活用したいと思う人のとっては、最適な国家資格であると言えるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。