FP3級のおすすめの参考書ランキング【2020年度版】

FP3級の参考書を買いたいけれど、どれが良いかわからない、という人も多いのではないでしょうか。FP3級の参考書の選び方や、おすすめの参考書を詳しく解説します。

FP3級の参考書はどうやって選ぶ?

FP3級の参考書を買う際には、選ぶポイントがいくつかあります。FP3級の参考書は、もちろんすべて同じ資格合格を目標として作成されていることから、おおまかな内容は同じです。しかし、内容は同じでもテキストによりさまざまな工夫がほどこされているため、人により合うテキストが異なります。そのため、FP3級の参考書を選ぶ際には、自分がどのような学習スタイルが向いているのかを把握した上で、各参考書の特徴を参考にしながら選ぶのがおすすめです。

また、FP3級の参考書は、テキストだけでなく、問題集も必要です。なぜなら、テキストだけでは本試験における実践力を付けることができないからです。あくまでも、テキストはFP3級の試験や問題についての解説であり、本試験で必要になるのは問題を解く実践力です。そのため、FP3級の問題集で過去問を解くという作業も学習の中に取り入れなければ、本当の意味で実力をつけることができません。

このようなことから、FP3級の参考書は、ほとんどの場合テキストと問題集が対となって販売されています。しかし、同じFP3級であるからといって、テキストと問題集を「別々のシリーズ」で購入してしまっては意味がありません。なぜなら、テキストと問題集は必ずセットで合わせて理解ができるように作成されているからです。そのため、FP3級の参考書を購入する際には、どちらも同じシリーズのものを選び、購入するようにしましょう。

FP3級のおすすめの参考書1位

FP3級のおすすめの参考書1位は、「うかる!FP3級 速攻テキスト」(フィナンシャルバンクインスティチュート 日本経済新聞出版社)価格1,650円(税込)です。うかる!3級速攻テキストは、フルカラーで読みやすく、試験に出題される問題を効率よくまとめてあるため、FP3級合格に必要なポイントが詰まっている参考書です。FP3級の問題解説の要点がおさえられていることや、学習補助用の赤シートが付属しているなど、合格するために必要な要素が簡潔にまとまった1冊になっています。

FP3級の試験内容が理解しやすい構成となっており、「まちがえやすいポイント」や「試験に出やすい問題」などが、本参考書の適切な箇所に記載されています。また、FP3級の参考書と対になっている「うかるシリーズの問題集」は、左ページに問題、右ページに解答と解説が書かれており、問題集として非常に効率的な作りとなっています。そのため、「うかる!FP3級速攻問題集」だけで合格することができた人もおり、テキスト・問題集ともに良質なFP3級の参考書であると言えるでしょう。

FP3級初学者であれば、「うかる!FP3級 速攻テキスト」と「うかる!FP3級速攻問題集」の2つで学習をすすめることをおすすめしますが、すでに実務経験がある人や金融系の知識がある人の場合には「うかる!FP3級速攻問題集」だけでも十分に合格を狙うことができる機能性の高い参考書です。

FP3級のおすすめの参考書2位

FP3級のおすすめの参考書2位は、「みんなが欲しかった!FPの教科書3級(みんなが欲しかったシリーズ)」(滝澤 ななみ TAC出版)価格1,760円(税込)です。FP3級の人気の高い参考書である「みんなが欲しかったシリーズ」は、毎年アマゾンのファイナンシャルプランナーの資格・検定ジャンルにて、売れ筋ランキング・ベストセラーに選ばれています。

FP3級の参考書売り場には、どこにでも置いてあるメジャーなテキストで、FP初学者向けの内容になります。みんなが欲しかった!FPの教科書3級は、大手資格予備校であるTACが出版している参考書です。そのため、信頼できるFP3級の参考書であると、一般的に広く認識されていることから、毎年売上NO.1の実績を誇っています。みんなが欲しかった!FPの教科書3級は、フルカラーで図表も多くため、初学者が取り組みやすいFP3級の参考書であると言えるでしょう。

ただし、初学者用に構成されているため、テキストのボリュームがかなりあることから、人によっては学習スタイルに合わないこともあるようです。とはいえ、初学者向けにかなりわかりやすく内容はまとめられているため、FPの勉強に不安があるという人の場合には、みんなが欲しかったシリーズがおすすめです。

FP3級のおすすめの参考書3位

FP3級のおすすめの参考書3位は、「スッキリわかるわかるFP技能士3級」(TAC出版 TC)価格1,512円(税込)です。スッキリわかるシリーズは、こちらも「みんなが欲しかった!シリーズ」と同じく、資格業界にて安心・信頼度の高いTAC出版のものになります。みんなが欲しかったシリーズとは対象的に、スッキリわかるシリーズは、必要最低限の勉強で合格を目指すためのFP3級の参考書で、他のテキストと比較し、かなり内容がしぼられているのが特徴です。

スッキリわかるシリーズは、とにかく「FP3級合格」に焦点を当てて作成されているため、本試験にて出題頻度の高い問題にのみしぼられています。また、他のFP3級のテキストとは異なり、「テキストと問題集が1冊にまとまっている」ことから、一度にインプットとアウトプットの作業をすることができるため、非常に勉強効率の高い参考書であると言えます。FP3級合格のために不必要な部分はすべて省かれているため、最短で合格を目指す人にとってはもっとも適しているFP3級の参考書です。

ただし、他のテキストに比べ、FPの知識量がかなり少ない内容であるため、生活の中でもFPの知識を活用したいと考えている人にとっては、やや物足りなさを感じてしまう可能性があります。そのため、FP3級合格だけでなく、自分の生活においてもFPの知識を活用していきたいという人の場合には、不向きな参考書になります。

FP3級のおすすめの参考書4位

FP3級のおすすめの参考書4位は、「FPの学校 きほんテキスト」(ユーキャンFP技能士試験研究会)価格1,650円(税込)です。きほんテキストシリーズは、資格業界では最大手のユーキャンから出版されているFP3級の参考書です。フルカラーでイラストも多く、勉強が苦手な人でも学びやすい内容となっています。また、きほんテキストは、初学者が1ヶ月で合格を目指すことを目標として作られていることから、「1ヶ月の学習スケジュール」も付いており、1ヶ月で合格するための勉強スケジュールが明確にわかるのも特徴です。

そのため、初学者かつ勉強スケジュールを自分で組むことに不安があるという人の場合には、このきほんテキストシリーズがおすすめです。きほんテキストシリーズであれば、毎日の勉強量を把握することができるため、FP3級の勉強を効率良く進めることができます。ただし、短期間で合格するために、問題集の内容は出題頻度の高いものにのみ、しぼられています。そのため、FP3級の合格ラインを狙った効率的な学習はできますが、やや問題に偏りがあるため、本試験にて高得点を目指したいという場合には、不向きな参考書であると言えるでしょう。

FP3級を合格するために必要な勉強内容は確実に詰まっているのと、毎日何ページまで進めればよいのかなど、学習スケジュールが管理されているテキストであるため、初学者にとってはかなり使いやすい参考書です。また、ユーキャンという資格業界では最大手が出版しているということもあり、全体的に信頼できる内容のFP3級の参考書であると言えます。

FP3級のおすすめの参考書5位

FP3級のおすすめの参考書5位は、「一発合格!FP技能士3級完全攻略テキスト」(前田信弘 ナツメ社)価格1,650円(税込)です。一発合格!FP技能士3級完全攻略テキストは、マンガやイラストが多めのテキストなので、初学者でも無理なく読み進めることができます。一般的なFPの参考書は、難しい内容・文字が多いため、人によってはなかなか勉強がはかどらないことも多いと思います。

しかし、こちらのテキストであれば、マンガやイラストを使って内容を解説をしてくれるため、文字が多めのテキストよりも脳にインプットされやすい傾向があります。そのため、初学者で文字を読むのがあまり好きではないという人の場合には、一発合格!FP技能士3級完全攻略テキストがおすすめです。

また、一発合格!FP技能士3級完全攻略テキストは、間違えやすい部分には注釈もついているので、重要なポイントをしっかりと記憶することができます。FP3級の参考書としては、内容はスタンダードなものとなっており、最後には過去問もついているため、この1冊でFP3級の試験内容を把握することができるようになっています。とにかく、マンガやイラストが多いテキストの方が覚えやすい、という人にとっては、最適なFP3級の参考書であると言えるでしょう。

まとめ

FP3級の参考書は、いろいろなものが販売されています。FP3級の参考書の多くは、大手資格予備校のものです。大手の予備校が作成しているFP3級の参考書であれば、信頼度も高く、内容もわかりやすくまとめられているため、どれを選んでも外れはないと言えるでしょう。ただし、それぞれの参考書が注力している部分が異なるため、参考書の特徴や内容をチェックしてから、自分に合うものを購入することをおすすめします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。