FP3級の実技試験はどっちが良い?選ぶポイントを解説

FP3級の実技試験は、きんざいと日本FP協会のどっちが良いのか悩む人も多いはずです。FP3級の実技試験はどっちが良いのかや、どっちを選ぶかのポイントについて詳しく解説します。

FP3級の実技試験はどっちが良い?

FP3級の資格試験は、学科試験と実技試験に分かれており、さらに実技試験も実施する団体により内容が異なります。そのため、FP3級の実技試験はどっちを選べば良いかわからない、という人も多いのではないでしょうか。そもそも、FP3級の実技試験は、試験を実施している「一般社団法人金融財政事情研究会(きんざい)」と「特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)」の2つの団体で異なり、3つの種類から自分で選択しなければいけません。

しかし、FP3級の実技試験の内容を先に確認しなければ、どっちの団体が実施している資格試験を選ぶのか、どの実技試験を選んで良いのかもわからないでしょう。このように、FP3級の資格試験を受ける場合には、実施団体および実技試験の内容までを先に確認しておく必要があります。FP3級の実技試験は、きんざいには「個人資産相談業務」と「保険顧客資産相談業務」の2つの種類が、日本FP協会には「資産設計提案業務」の1つがあり、合わせて3種類の実技試験があります。

この3つの実技試験は、それぞれで試験内容が異なるため、まずはこの3種類の違いについてを確認しておかなければいけません。FP3級の実技試験は、きんざいの「個人資産相談業務」では、「ライフプランニングと資金計画」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業継承」の5科目が出題範囲となっており、FP3級の出題範囲に設定されている6つの分野のうち「リスク管理」が出題範囲外になります。

同じく、きんざいのFP3級の実技試験である「保険顧客資産相談業務」は、「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」「タックスプランニング」「相続・事業継承」の4科目が試験の出題範囲になっており、6分野中「金融資産運用」と「不動産」の2科目が出題範囲外になります。このように、FP3級の実技試験は、きんざいを選んだ場合、6分野中1〜2科目ほど出題範囲が少なくなります。

また、FP3級の実技試験は、日本FP協会の「資産設計提案業務」は、「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業継承設」のすべてが出題範囲となっているため、きんざいよりも学習範囲が広いのが特徴です。このように、FP3級の実技試験において、日本FP協会ときんざいでは出題範囲が違うため、この点をふまえてどっちを選ぶか検討する材料にするのも良いでしょう。

しかし、実際には、FP3級の実技試験の受験者数の比率は、きんざいの保険顧客資産相談業務が一番低い比率ではあるものの、きんざいの個人資産相談業務と日本FP協会の資産設計提案業務とでは、ほぼ変わりはありません。このようなことから、FP3級の実技試は、きんざいと日本FP協会のどっちを選ぶのかは、個人的な好みの問題が一番大きな基準になると言えるでしょう。

FP3級の実技試験はどっちも同じ!

FP3級の実技試験の内容は、きんざいと日本FP協会の3科目でそれぞれに異なりますが、実技試験のレベル的にはどっちの団体も変わりはないと言われています。そのため、FP3級の実技試験は、どっちの団体を選んでもとくに影響はないと言えるでしょう。また、FP3級の資格試験は、どっちの団体で受験をして取得しても、資格の価値自体は変わりません。そのため、FP3級はどっちの実施団体で選ぶかは、やはり実技試験の内容の好みの問題となってくるでしょう。

また、FP3級を個人で申し込む場合には、きんざいと日本FP協会とでどっちにするか悩む人も多いと思いますが、会社などで申し込みをする場合には、ほとんどの場合、すでに会社で申し込む団体が決まっています。そのため、会社にてFP3級の資格試験の申し込みをする人の場合には、きんざいと日本FP協会のどっちかで悩む必要はないでしょう。まずはFP3級の試験をどっちの団体で申し込むのかを会社に確認し、日本FP協会であった場合には、実技試験は1種類しかないため、必然的に資産設計提案業務を受験することになります。

もしも、FP3級の試験を会社できんざいに申し込んでいた場合には、実技試験は個人資産相談業務と保険顧客資産相談業務のどっちかを選ぶ必要があります。このように、FP3級は実技試験の内容を確認すると、それぞれに違いがあることから、どっちが良いのかを悩んでしまいがちです。しかし、基本的には、FP3級の実技試験は、きんざいも日本FP協会も大きな違いはありません。

FP3級においては、きんざいも日本FP協会も学科試験・実技試験ともに、費用も同じで各試験3,000円です。FP3級の行われる試験日程も、学科試験・実技試験ともにきんざいも日本FP協会も同じで時間割もすべて同じになります。このようなことから、FP3級の実技試験は、内容は違えどもほとんどの条件は同じであるため、どっちを選んでも同じであると言えるでしょう。

FP3級の実技試験はどっちを選ぶかのポイント

FP3級の実技試験は、どっちも同じであるとはいえ、まずはじめの段階でどの団体・どの実技試験にするかを決めなければ、受験申し込みも試験勉強も開始することができません。そのため、どっちを選んだら良いのか、どういった部分を選ぶポイントとすれば良いのかを解説していきます。

まず、FP3級のきんざいの実技試験である「保険顧客資産相談業務」は、おもに「保険に特化した」試験内容です。そのため、FP3級の実技試験の保険顧客資産相談業務は、「保険の仕事をしている人」「保険に関わる職種に就きたいと思っている人」「個人的に保険の分野に詳しくなりたい人」が選ぶのに適した実技試験であると言えるでしょう。反対に、「保険にまったく興味がない人」の場合には、保険顧客資産相談業務は適していないため、おすすめできません。

FP3級の実技試験の残りの2種類である、きんざいの「個人資産相談業務」と日本FP協会の「資産設計提案業務」は、どっちもほぼ同じ受験者数の比率であり、試験内容もほぼ同じです。そのため、FP3級の実技試験でどっちを選ぶかは、「過去問を解いて解きやすかった方」が良いと言えるでしょう。とはいえ、このどっちかで悩む人が大多数なはずです。

そのため、きんざいの個人資産相談業務と日本FP協会の資産設計提案業務を選ぶポイントをもう少し掘り下げると、「きんざいの方が問題がやや難しい傾向」「日本FP協会の方が圧倒的に合格率が高い」と言ったポイントがあげられます。このようなことから、FP3級の実技試験の総体的な難易度は、きんざいよりも日本FP協会の方が若干低いと言えるでしょう。そのため、少しでも問題の難易度が低いほうが良いという人の場合には、日本FP協会の資産設計提案業務をおすすめします。

FP3級の実技試験は結論どっちがおすすめか

FP3級の実技試験は、どっちも変わりはないものの、結論としては迷ったら「日本FP協会の資産設計提案業務」をおすすめします。FP3級の実技試験は、きんざいの個人資産相談業務と日本FP協会の資産設計提案業務は、どっちも試験内容に大きな違いはありません。しかし、日本FP協会よりもきんざいの方が「ひねりのあるひっかけ問題」が出る傾向があるのと、出題範囲が日本FP協会の6分野よりもしぼられているため、やや専門性が高くなります。

そのため、きんざいのFP3級の実技試験の方が、日本FP協会の実技試験よりも、問題の難易度が高い傾向があります。また、FP3級の実技試験のそれぞれの合格率は、きんざいがおよそ44%であるのに対し、日本FP協会はおよそ80%となっています。このような合格率の差からも、きんざいよりも日本FP協会の方が問題の難易度が低いということがわかります。

FP3級の実技試験のそれぞれのデータから、きんざいの実技試験は「範囲が狭い分深い知識が求められ、難易度がやや高い傾向」で、日本FP協会の実技試験は「出題範囲が広い分浅い基本的な知識があれば合格できる」ということになります。したがって、FP3級の実技試験はどっちがおすすめかというと「日本FP協会」であると言えるでしょう。もしも、FP3級の実技試験でどっちを選んだら良いかわからないという場合には、日本FP協会を選択することをおすすめします。

まとめ

FP3級には学科試験と実技試験があり、FPの資格試験を実施している団体によって、それぞれ試験の内容が異なります。そのため、FP3級の試験勉強を開始する段階で、どっちの団体の実技試験にするかを決める必要があります。FP3級は、「一般社団法人金融財政事情研究会(きんざい)」と「特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)」の2つの団体が実施をしており、実技試験においては3つの種類に分けられます。

FP3級の実技試験は、きんざいの「個人資産相談業務」と「保険顧客資産相談業務」、日本FP協会の「資産設計提案業務」の3種類で、一般的にはきんざいの個人資産相談業務か、日本FP協会の資産設計提案業務を選ぶことがほとんどです。FP3級の実技試験は、どっちでも同じレベルではありますが、若干日本FP協会の資産設計提案業務の方が、きんざいの資産設計提案業務よりも難易度が低めです。そのため、FP3級の実技試験をどっちにするか悩んでいる人の場合には、日本FP協会の資産設計提案業務を選択することをおすすめします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。