FP1級のおすすめテキストを8冊紹介!

FP1級を目指すとき欠かせない相棒になるのがテキストです。基本的にテキストは参考書と問題集をセットで使います。FP1級は受験者がすくないためテキストの種類が少ない等少し大変なこともありますが今回はFP1級合格に導くおすすめのテキストを紹介します。

FP1級おすすめテキスト①みんなが欲しかった! FPの教科書 1級

みんなが欲しかった! FPの教科書は、FPの試験の対策テキストとして3級から1級まで大変人気です。1級のテキストはモノクロですが、ストレートに脳内に内容が入っていくようにシンプルで分かりやすい構成になっています。開いた瞬間にページのどこに何が書いてあるのかをとらえてその中でも特に重点が目立つレイアウトがとても使いやすいです。

それぞれの項目での重点は「板書」としてまとめられています。この重点のまとめもとても正確で理解を助けてくれます本文を読んだ後だけでなく読む前に目を通してある程度頭の中を整理してから読むと内容が理解しやすくなります。

さらにレイアウトだけでなく表や図など視覚的に理解を助ける内容も充実しています。口調も柔らかく、日常的に使う言葉と同じような話口調での解説が多いためこの読みやすさから若い学生の方から社会人の方まで幅広い年齢層におすすめできます。こちらのテキストは2冊セットでFP1級試験の全科目をカバーできる仕様になっています。

1冊目がライフプランニングと資金計画、金融資産運用 、リスクマネジメントの3つ2冊目はタックスプランニング、相続・事業承継 、不動産、の3つのセットです。さらに1冊にまとまっている中で科目ごとに分けて使うことができます。それぞれ800ページほどあるので分けて使用すると 持ち運びにも便利です。

FP1級おすすめテキスト②みんなが欲しかった! FPの問題集 1級

みんなが欲しかった! FPの問題集 は みんなが欲しかった! FPの 教科書に対応している問題集です。合格のために欠かせない問題だけでなく2回分の本試験の過去問題も入っています。使い方は、テキストを読んで理解した部分の問題を解いて確認とさらなる定着を図る方法がおすすめです。

反対に問題を解いていて分からないことがあったらみんなが欲しかった! FPの 教科書で確認する使い方もできます。このように教科書と問題集を行き来して知識をしっかり自分のものにしていきましょう。収載されている内容は学科試験と面接試験、実技試験の問題と解説です。一冊で学科試験と実技試験両方の対策ができるお得な教材です。

FP1級おすすめテキスト③合格ターゲット 1級FP技能士 特訓テキスト 学科

A5判合格ターゲットの特徴は、株式会社きんざいが行うFP1級受験生向けの対策特訓セミナーや金融機関などで採用されている研修で使われている教材の内容をもとに作られたテキストであることです。そのため、独学で対策している方も講座の教材に触れることができ安心です。文章や言い回しが堅いので好みがわかれる点です。A5判なので毎日大きなバッグを持ち歩く必要はなくファッショナブルです。   

FP1級おすすめテキスト④1級FP技能士(学科)精選問題解説集

精選問題解説集は合格ターゲットと同じ株式会社近在が作成したテキストです。この教材が人気な理由はFPの試験を行っている 団体の一つ、金融財政事情研究会が監修しているためです。試験は運営する団体により難易度や傾向に少し差があります。自分の試験を受ける団体のテキストを使用すると傾向や重視するポイントがつかみやすくなるメリットがあります。

基本的には過去に出題された問題から重要な問題を集めて解説する方法で作られています。最新の出題された問題2年分も収載されています。問題だけでしたらホームページで見ることができます。

FP1級おすすめテキスト⑤試験をあてる TAC直前予想 FP技能士1

こちらのテキストは毎年発売される予想問題集です。FPの実技試験は9月に行われるので6,7月に最新版を手に入れることができます。特にオンラインで購入するときなどは最新版でありことを確認して下さい。

このテキストは3部構成になっています。1部は今までに出題された問題を7種類に分けてそれぞれの重要な問題を紹介しています。FP試験に関わる制度は頻繁に変わるので過去に出題された問題と実際の試験を受けるときの制度が異なる場合があります。このテキストでは過去の問題を最新の制度に基づいて解説しているので制度のずれがなく安心です。

問題数が7種類25問ずつと多めで特に応用問題に関する問題とその解説は分かりやすいと人気があります。柔らかめで読みやすい言葉使いなのですらすらと読み進めることができます。2部は前回の試験の問題、3部でその解説、という構成です。

その年の試験に合った問題の発売が直前なので他のテキストで知識の定着と問題演習を済ませたうえで使用する方法がおすすめです。実技試験の受験が初めての方は 元面接官からのアドバイス、合格者からのメッセージを参考にすると試験内容や雰囲気について具体的なイメージをつかむことができます。これは他のテキストにはない大きな特徴です。

FP1級おすすめテキスト合格テキスト⑥ FP技能士1級

合格テキストの特徴は情報量が多いことです。その分図やイラストは少なく文章が多いです。簡単な表はありますが基本的には文章がメインになるので好みが分かれるテキストでもあります。このテキストを出版しているTACの口座でも教材として使われているため独学の方も講座の内容に触れることができます。

表は暗記向きの作りになっているので表の暗記が得意な方におすすめです。また、こちらは6教科が科目ごとに一冊ずつ分かれているので持ち運びにも便利で、他のテキストが終わってから苦手分野だけ購入して使うこともできます。1冊当たりの値段が2600円と安めなので苦手分野がはっきりしている方は費用を抑えることができます。

FP1級おすすめテキスト⑦FP技能士1級学科 重要過去問スピード攻略重要過去問

スピード攻略は一問一答形式で演習ができる教材です。もとになっているのは過去に実際に出題された問題です。問題数は200問近くあるのでこのテキストをメインに使う方は全ての問題を完璧に、他のテキストで勉強したうえで補足として使う場合は難易度の低いものから取り組む方法がおすすめです。

一問一答は案時間でも中途半端になることなくしっかり演習できます。見開き2ページで問題と解答、解説が配置されているので電車などの移動中にも活用しやすいです。例えば複数の選択肢から1つの正解を選ぶような問題形式の場合、全ての選択肢について詳しい解説があり、一問あたり学べる内容が非常に充実しています。

FP1級おすすめテキスト⑧合格トレーニング FP技能士1級 (よくわかるFPシリーズ)

よくわかるFPシリーズの合格トレーニングの特徴はは問題数がとても多いことです。学科試験は基礎、応用に分類されていますがどちらも問題数が充実しています。そのため、このテキストをじっくりやりこんで身に着ければ合格に大きく近づくことができます。目安としては3周以上がおすすめです。

回数を重ねるごとに回答にかかる時間が少なくなっていき実力がついてくることを日々実感できます。一冊に全ての科目の問題が収まってい重いのです持ち歩きにはあまり適していません。自宅で教科書、参考書も使いながらじっくり解きましょう。

FP級実技試験対策にはテキストの他にメンタル強化もおすすめ

金融財政事情研究会の実技試験は緊張しすぎると直に評価に影響してしまいます。そのため、知識の確認、言葉遣いなどのシミュレーションに加えて精神面でのコントロールも必要になります。緊張自体は悪いことではありませんが緊張しすぎて無言になってしまったり頭の中が真っ白になって勉強したことが反映できなくなってしまったりすると不合格になる可能性もあります。

試験の時の緊張が評価に影響を与えず実力が発揮できるように、緊張をコントロールする方法を見つけておきましょう。その方法は自分に合ったものを見つけるのが1番ですが、いくつか方法を紹介します。

深呼吸

深呼吸は道具を必要とせず最も簡単にできる緊張をコントロールする方法です。深呼吸をすることで自律神経は体をリラックスさせる指令を出すことができます。深呼吸が正しくできていると息を吸ったときにおなかが膨らみ、息を吐いたときにはお腹がへこみます。手を軽くお腹に当てて正しく深呼吸できていることを確認しながら数回行いましょう。深呼吸が合っている方が行うと緊張が和らぐだけでなく集中力が高まより良い結果につながります。

ツボを押す

緊張から焦りを感じている状態では落ち着こう、と思えば思うほど焦りは強くなってしまいます。なかなか内面のコントロールがうまくいかないときは身体を使って気持ちを調整しましょう。その方法としてツボ押しがあります。手のひらのちょうど真ん中にある労宮というツボと手の平の親指の付け根にある合谷というツボがおすすめです。

合谷は全身の血流を改善し、目の疲れや手足の冷えにも効果があり、労宮は精神的な疲労に効くツボで、こちらも血流をよくする作用があります。ツボは押しすぎると体調不良になる可能性があるので自分の指を使って痛くない程度の力で刺激しましょう。

まとめ

FPの試験に無事合格するためにはテキスト選びもとても大切です。参考書と問題集は1つずつお気に入りを決めてじっくりやりこみましょう。ここで紹介下8つのテキスト以外にも発売されているので実際に手に取って使いやすさや情報量を考慮して決めてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。