一発合格を狙う!FP3級の勉強サイト

FP(ファイナンシャルプランナー)という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?今回はFP3級の勉強におすすめのサイトをご紹介します。

FP3級の対策おすすめの勉強サイト

FP3級の試験対策におすすめな勉強サイトをご紹介します。
FP3級の試験は、得点率6割で合格できる難易度が低めの試験ですが、金融系資格ということもあり、聞き慣れなかったり難しい言葉も出てきます。

また、試験範囲が広いことから挫折してしまう人も少なくありません。このような継続して学習を進めることが難しいものは、サイトを利用して効率的に学習を進めていきましょう。

・お金の寺子屋
FP3級の講座動画を無料で提供しているスマートフォンアプリです。(アプリですが、ブラウザ上で利用することができます)

大事な部分だけを詳しく解説した勉強動画で、効率的な学習が可能です。また、毎年変わる法令についてもしっかりとブラッシュアップしてあるため、心配がいりません。
(FP試験は法令の変化を把握しておかないと、古い法令では解答が間違ってしまうことがあります。)

・3級FP過去問解説

FP3級の過去問と解説を掲載したサイトです。過去問解説集はPDF・スマートフォンアプリで無料で手に入れられますし、有料ですがテキスト版もあります。
運営されている方はFP1級技能士の方で、計算過程などもの細かい部分についても丁寧に解説がしてあります。

・FP3級ドットコム

FP過去問の無料アプリです。こちらもアプリですがブラウザ上での閲覧が可能です。解答・解説も無料で公開されており、使いやすい仕様にっています。
こちらのサイトはログインし直すと続きから再開できるのがポイントで、中断しやすくスキマ時間や仕事や家事の片手間にも使いやすいでしょう。

また、法令改正された問題は除外する機能がついているので、こちらも安心です。しかし、あくまで除外のみの機能になるので、新しく改正された法令についての問題は自分で調べたり確認する必要があります。
運営会社は通信講座で有名なスタディです。

・IQ 過去問クイズ

様々な資格の過去問をクイズ形式で提供しています。FP3級の過去問も含まれており、リアルタイムで正誤判定をするので緊張感を持ちながら学習ができます。
また、間違えた問題だけを復習できる機能もついており、苦手克服に特化しています。
テンポ良くスピーディーな過去問演習をできるのは嬉しいポイントですね。

・きんざい

FP試験の実施団体の1つであるきんざいの公式ホームページです。情報の信憑性で言えば、やはり公式に勝るものはないでしょう。また、模範解答もしっかり提供されています。

・日本FP協会

こちらもFP試験の実施団体の日本FP協会の公式ホームページです。実技試験の科目が「資産設計提案業務」の方はきんざいではなく、こちらを利用するのがおすすめです。

FP3級の勉強サイトを利用する時の注意点

FP3級の試験対策には、ご紹介したように魅力的なサイトがありますが、法令改正の反映など、注意しなければならないこともあります。サイト利用時の注意点についてご紹介します。

・法令改正
FP試験は民法などといった法律も含めた分野が試験範囲になります。そのため、法令関係の問題も出題されますが、過去の知識で対応出来ない場合があります。法令改正がされていると、改正前の法令では正しい解答ができないのです。

そのため、法令改正を反映した情報を提供しているサイトを選ぶ必要があります。
もしくは、提供されている情報が古い情報ではないか自分で確認しなければなりません。自分で確認するのも一つの方法ですが、やはり古い情報を提供しているサイトよりも、運営側で正しい情報に改定されてあるサイトの方が安心でしょう。

・過去問の年数が少ない
収録している過去問が去年や一昨年のもののみというサイトも中にはあります。このようなサイトも十分役には立ちますが、少なくとも3年分は提供しているものを選びましょう。

FP試験では過去問とよく似た問題が出ることが多いです。そのため、過去問対策が非常に重要ですが、十分な年数分遡れないとなると問題です。10年分遡った方がいいというわけではありませんが、少な過ぎないようにしましょう。

FP3級の勉強サイトの選び方

様々なFP3級の試験対策のサイトをご紹介しましたが、その中からどれを選んだら良いのでしょうか?サイトを選ぶ際に注意して見るべきポイントについてご紹介します。

・情報の新しさ
前述しましたが、FP試験は毎年の法令改正の影響を受ける試験です。そのため、新しく更新された情報を提供しているサイトを選びましょう。自分で確認するのも1つの方法ですが、やはり手間がかかります。また、正しい情報を提供しているサイトの方が解答・解説の面においても不信感がなく安心できるでしょう。

・利便性
ログイン機能があるなど、便利なサイトを選びましょう。ログインし直すと続きから再開できる、分野別に過去問演習ができるなどといった機能は使い勝手がよくおすすめです。

反対に、読み込みに時間がかかったり会員登録が必要なものは学習意欲を削いでしまう可能性があります。些細なことですが毎日そのサイトを使うとなるとストレスになってきます。できるだけ妥協しないで選びましょう。

・色合い、文字の大きさ
色合いや文字の大きさも意外に重要な部分です。極端に文字が小さかったり、目が疲れるような色の配色だとサイトを開く気もなくなってしまいます。便利に使えるということも大事ですが、何より毎日そのサイトを開こうという気がなければ勉強は続きません。

色合いや文字の大きさといったデザイン部分も重要視しながら選ぶのをおすすめします。

・サイトが重い、見づらい
過去問を提供するようなサイトには、サイトの読み込みに時間がかかったり、文字ばかりで見づらかったり目が疲れてしまうようなものも中にはあります。

こちらもデザインなどと同じように些細なことに思われますが、毎日そのサイトを開くとなるとやはりストレスになります。

こういった些細なことが積み重なると、急にサイトを開く気がなくなったり、挫折してしまうことも考えられます。テキストやノートを選ぶ時などにも同じことが言えますが、自分が続けて使いたいと思えるようなものを使うのが学習を継続するには一番の方法です。

以上4点に着目しながらサイトを選ぶのがベストな方法でしょう。デザインなど、些細なことに思われるかもしれませんが、毎日使うつもりのものはそういった些細なことがきっかけで挫折してしまうことがあります。できるだけ自分の希望に合ったサイトを選びましょう。

FP3級の勉強サイトが続かない時

ご紹介したように、FP3級の試験対策には便利な勉強サイトがたくさんあります。しかし、サイトが見づらい、好みじゃない、使いにくいなどといった理由でサイトを利用した学習が続けられないこともあるかと思います。そんな時には専用のアプリを使ってみてはいかがでしょうか?

アプリならば、サイトと同じように気軽に勉強できますし、フォントやデザインも白黒の細かい文字がびっしりといったものも少ないでしょう。

最後にFP3級の試験対策に便利なアプリをご紹介します。中には有料のものや、月額制で課金が必要なものもありますので、ご注文ください。

・オンスク jp
資格の学校「TAC」が提供する累計20万DLを誇る人気アプリです。TACの合格のための知識を十分に詰め込んであります。

徹底的な過去問分析や、一度間違えた問題のみを選択してもう一度解くというサービスも非常に魅力的です。さらに、プロの講師陣による講座動画も閲覧することができます。

月額980円でFP試験以外にも宅建などといった人気資格の対策ができます。

・FP3級学科一問一答問題集
一問一答形式で過去問演習ができるアプリです。一問一答形式なのでスピーディーにテンポ良く過去問演習ができ、スキマ時間の学習にもおすすめです。
一問一答形式ですが、全ての問題に丁寧な解説がついているのがポイントです。

・FP3級 最重要過去問集
FP3級の試験範囲から厳選した問題を提供しています。重要な部分を効率的に学習することができるのがポイントです。
解説もついていますが、問題数が少ないのがネックです。

・どこトレ FP3級
資格対策アプリである「どこトレ」のシリーズの1つ、 FP3級の過去問題集です。
5年分の過去問を収録しており、その問題集は約900問です。もちろん解説付きでしっかりと学習を進めることができます。

また、出題方法は分野ごとに分かれており、成績表示や実力テストなどのサービスもついているは魅力的です。

・FP3級問題集 スキルアップ200問
過去問だけでなく、予想問題や実力問題などといったスキルアップのための問題が収録されています。過去問のみを収録したアプリが多い中で、予想問題などを解くことができるのは嬉しいポイントですね。

このように数多くのFP3級の対策のためのアプリがあります。もしも自分好みのサイトが見つからない、サイトではなかなか勉強が続かない、と挫折してしまいそうになった人はアプリを使ってみるのも良いでしょう。スキマ時間の学習にもぴったりです。

まとめ

FP3級の試験対策に便利なサイトをご紹介しました。解答・解説の丁寧なサイトもあるので、通勤時間などのスキマ時間にぜひ有効活用してみてはいかがでしょうか。
FP3級の試験分野の学習は、今後の生活にも役立つような学習です。

難しい単語などを目にすると挫折してしまいそうになることもあるかもしれませんが、使えるものを使って合格につながる学習を続けていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。