FP2級の過去問題で試験対策を行おう!いろいろなサイトをご紹介

FP2級の試験勉強を始めようとしている人の中には「過去問題などが見れるサイト」を探している人も多いでしょう。

この記事では、そんな過去問やクイズ形式で問題が解けるいろいろなサイトをご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

FP2級の過去問題はどこで見れる?解答・解説も付いているのは?

まずはFP2級の過去問が見れるサイトをいくつかご紹介します。

公式サイトだけではないですし、他のサイトなら解答に合わせて解説も載せているところがあるので、ぜひそちらも合わせて確認してみてください。
 

日本FP協会

まずは「日本FP協会」です。FP協会などとも言われ、FP試験の公式のサイトの一つです。

日本FP協会のサイトでは、2017年の5月から2020年の1月までの学科試験・実技試験の試験問題と模範解答を閲覧することができます。

ここのページでは、解説や考え方などについては公開されていないので、試験勉強としてはあまり活用できないと言えるでしょう。

ただ、日本FP協会は、公式のサイトになるので、他のサイトなどで解答や解説でミスがある場合は、このサイトに立ち返って確認すると良いでしょう。
 

金融財政事情研究会(きんざい)

続いては「金融財政事情研究会(きんざい)」です。多くの受験生には「きんざい」と呼ばれており、こちらも日本FP協会と同様に、FP試験の公式サイトです。

きんざいでは、試験問題と模範解答のページが分かれており、試験問題は2017年の5月から、2020年の1月まで、模範解答は2018年の5月から2020年の1月までのものを掲載しています。

掲載している年度が違っているのと、こちらも日本FP協会同様、解答しか載せられていないので、試験勉強としての有用性は低めだと言えるでしょう。

ですが、こちらもFP試験の公式サイトなので、他サイトなどで解答に間違いがある場合は、こちらを確認するようにしたほうが良いでしょう。
 

お金の寺子屋

続いては「お金の寺子屋」です。お金の寺子屋は、FP試験の公式サイトではないものの、FP試験の過去問・解答はもちろんのこと、丁寧な解説まで載っているのが魅力のサイトです。

試験勉強を行い際には、お金の寺子屋を活用しながら行う人も多いようで、FP試験の勉強サイトと言えば、お金の寺子屋と言っても過言ではありません。

独自の形式で過去問と解答・解説をまとめており、Web上だけで勉強することができるため、試験勉強に適したサイトだと言えます。

「なぜこの解答なのか」といった、解答に至るまでのプロセスを確認したい方は、ぜひ参照してみてください。
 

過去問ナビ

続いて「過去問ナビ」です。過去問ナビもお金の寺子屋同様に、FP試験の公式サイトではないながらも、過去問と解答・解説を掲載しています。

公式サイトでは、過去の試験問題と解答を一覧にして紹介していましたが、過去問ナビでは、クイズ形式で試験問題と解答・解説を確認することができます。

パソコン以外に、スマホやタブレットでも確認することができるので、通勤・通学中や、スキマ時間に学習・復習を行うことができるのも、特徴の一つです。

また、FP試験以外に、損保一般試験など、他の試験の過去問題、解答・解説も掲載しているので、興味のある方は確認してみると良いでしょう。
 

2級FP過去問解説

続いて「2級FP過去問解説」です。こちらは、1級FP技能士の資格を持つfuriという人が運営しているサイトです。

furiさん自身が調べた各等級の過去問題の解説を掲載しています。

お金の寺子屋や過去問ナビでの解説は、一つ一つの問題に対して、一言解説を添えていますが、2級FP過去問解説では、大問ごとの解答・解説ページが付いています。

大問ごとに問題を解きたい、まとめて解答・解説を確認したいという方には、非常におすすめです。

FP試験ナビ

最後に「FP試験ナビ」です。こちらのサイトでは、田口泰久さんというFP1級・CFP資格保有者の方が解説しています。

FP試験ナビでは、過去問題、解答・解説情報以外に、試験に関する情報やQ&Aなど、FP試験受験者の「知りたい!」が詰まった情報を掲載しています。

FP試験の実施日程等に関する情報もいち早く掲載してくれるので、情報のキャッチアップという点においても、非常におすすめです。

問題の解き方などは、人によって違いますし、好みがあると思います。ぜひいろいろな人の解説を読んで、自分なりの理解・解釈をするようにしましょう。

FP2級の過去問題集を利用した学習法や選び方のポイントは?

では次に、書籍として販売している「過去問題集」についてご紹介します。

FPの資格を取得しようと思い、必要なテキストや過去問を手に入れようと思った時、先程紹介したWebページを参照しようと思う人は少ないはずです。おそらく多くの人が、書店で販売されている本を参照するでしょう。

書店で販売されている過去問題集のメリットは、やはり学習のしやすさ、該当ページの参照のしやすさだと言えます。

問題の種類ごとにまとめられている問題集もありますが、本番の試験のように、一回の試験ごとにまとめられているものもあります。

好みの問題もあるので、ご自分でどちらのほうが取り組みやすいか、選ぶようにしましょう。

また、書籍を購入する際には「いつ出版されたものか」「どのようにまとめられているのか」を必ず確認してから購入するようにしましょう。

より出版された日が新しいもの、そして自分好みのまとめ方(わかりやすさなど)がされているかなどを確認することが大切です。

そして、定評のある参考書を購入したら、基本的には試験当日まで使い倒すのが原則です。

参考書を使った勉強でよくあるので、使いこなす前に違うテキストに移ってしまい、理解が中途半端になってしまうケースです。

問題集と解説が載っているものの2種類を用意したら、試験当日まで暗記するくらいまで使い倒すようにしましょう。

FP2級のおすすめ過去問題集はどれ?解答・解説もついてる?

ここでは、FP2級のおすすめの過去問題集をご紹介します。

中には、解答に加えて、解説もされているものが販売されているので、ぜひチェックしてみてください。
 

金融財政事情研究会(きんざい)

まずご紹介するのは「金融財政事情研究会(きんざい)」が出している問題集です。

FP試験公式の問題集になっているので、基本的にこの問題集を完璧に仕上げれば、余裕で合格することができます。

しかし、実際に購入した人の中には「初めて取り組むにはレベルが高い」と言った声も見られました。

きんざいの過去の試験問題から精選した問題を掲載しているため、少々レベルが高いのでしょう。

FP試験を全く初めて受験する人は、試験の概要が伺えるようなテキストから始めて、最終的にこちらの問題集に取り掛かるのが良いでしょう。
 

日本FP協会

続いて紹介するのは、「日本FP協会」が出している問題集です。

こちらもFP試験の公式問題集となっているので、本番と同じように解く練習をしたい場合におすすめです。

ですが、Amazonや一般の書店では販売されておらず、特定の書店や日本FP協会のHPから購入する形になるので、気軽に手に入る問題集とは言えないでしょう。

最初に購入しておいて、他の問題集を進めていきながら、試験前に解くというのがおすすめです。

FP技能検定試験研究会

続いては「FP技能検定試験研究会」が出している問題集です。

こちらは、過去問題集となっており、過去5回分の過去問題が掲載されています。

スマホやPCでは見づらい、なかなか勉強がはかどらないという方には、非常におすすめな一冊です。

試験数週間前から過去問を活用した勉強を始めるケースが多く、試験勉強終盤で活用したい問題集だと言えるでしょう。
 

「みんなが欲しかった!」シリーズ

続いては「みんなが欲しかった!」シリーズ(FP2級の場合は「みんなが欲しかった! FPの教科書 2級・AFP」)です。

滝澤ななみさんが執筆しており、FPに関係した試験突破に必要な情報をまとめています。

他のテキストと大きく違うのは、滝澤さんがまとめたポイントが載っている点です。

過去問題や、改題だけでなく、解いていく上で必要な知識や考え方などを分かりやすくまとめてくれているので、初めてFP試験を受ける人に非常におすすめです。

多くの人が利用しており、売上No.1にも輝いているそうなので、まずは書店などで中を確認してみると良いでしょう。
 

「ユーキャンの資格試験」シリーズ

続いては「ユーキャンの資格試験」シリーズ(FP2級の場合は「FPの学校 2級・AFP」)です。

ユーキャンでは、さまざまな資格を取得するための講座が用意されており、名前は聞いたことがあるという人も多いでしょう。

認知度も高いため、FP2級の試験勉強を行う際にも、ユーキャンから出版されているテキストを使って勉強するという人も多いようです。

実際に買って利用した人の評価も非常に高く、イラストなども差し込まれており、取り掛かりやすいと大変人気です。

ぜひこちらも書店等で、まずは確認してみてください。
 

「スッキリわかる」シリーズ

最後に「スッキリわかる」シリーズ(FP2級の場合は「スッキリわかる FP技能士2級・AFP」)です。

スッキリわかるシリーズでは、テキスト+問題集と、過去+予想問題の2種類があります。

前者は、いわゆる「教科書」のような役割を果たしており、初めてFP2級を受験する人におすすめです。

後者は、過去問・予想問題など「問題」に特化しているので、テキスト等で基本的な解き方・考え方が定着して、演習を行う際におすすめです。

ぜひこちらも検討してみてください。

FP2級の過去問題が見れるアプリ

ここでは、FP2級の過去問題が見れるアプリをご紹介します。

スマホだけで閲覧できるアプリもあれば、Web上で確認できるアプリもあるので、使いやすい方を利用してみてください。
 

学科・実技に対応!FP2級過去問道場(クイズアプリ)

まずは「FP2級過去問道場(クイズアプリ)」です。

過去問道場は、Web上で提供されているFP試験に特化したクイズアプリです。学科試験、実技試験の両方の問題が揃っているので、PCなどで演習したいという人には非常におすすめです。

試験回や出題分野を指定することができるので、自分の苦手なところに特化した勉強を行うことができます。

また、アカウントを作成すると、問題データを保存したり、チェック付など、学習履歴を活用したサービスを受けることができます。
 

過去問ドットコム

続いて「過去問ドットコム」です。

過去問ドットコムでは、FP2級の問題を始めとした、いろいろな資格の過去問題を解くことができます。

過去問の出題方法も、全問すべて、分野別、ランダムに出題など、いろいろな方法を選択することができるため、自分に合った学習を行うことができます。

FP試験以外の資格問題も豊富に扱っているので、どんな問題があるのか、見てみるのも面白いでしょう。
 

FP2級 smart AI

続いて「FP2級 smart AI」です。これはスマホ専用のアプリになっており、資格対策に強いTACが提供しています。

全71問の問題は無料で解くことができ、追加で問題を購入することもできます。

また、正解率や、どの分野の正解率が低いなどのデータも自動で作ってくれるため、FP2級の試験スケジュールの見直しもしやすいでしょう。
 

「FP2級」受験対策【学科】Lite

最後に「『FP2級』受験対策【学科】Lite」です。こちらもスマホ専用のアプリです。

このアプリでは、無料で50問の問題を解くことができ、製品版を購入すると2,000問を超える問題を解くことができます。

分野別の正解率をさまざまなグラフで表示してくれるため、こちらも勉強スケジュールを見直すのに良いアプリだと言えるでしょう。

実際に利用した人の評判も良く、24万ダウンロードを突破しています。

アプリで学習しようと思ったら、ぜひ利用してみてください。

FP2級の過去問題を何度も解いて合格を勝ち取ろう!

FP2級の問題や解答・解説は、書籍やWebページなど、いろいろな形で閲覧することができます。

勉強方法も一様ではないため、自分なりの学習方法を編みだす必要があります。

ですが、何度も解いて、完璧に仕上げるという本質は変わりません。

FP2級の過去問題集を活用して勉強しようとしている人にとって、この記事が参考になれば幸いです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。