FP試験合格!過去問解説を上手に使う!

FP試験に合格するためには、色々な勉強方法が考えられてきました。
その中の一つとして有効なのは、過去問と解説を上手に使う方法です。
この方法はFP試験だけではなく様々な資格試験に利用されてきました。
とても合理的な方法となるため、FPに合格したいのであれば使わない手はありません。

FPの過去問解説はとても大切

FPの試験において過去問の存在は、外して考えることはできません。
過去問とは一体何か、という分析から始めていく必要があるでしょう。

過去問とはその名前の通り、過去にFP試験で出題された試験問題のことを指しています。
出題された実績を持っている問題集であるところがポイントです。
使われた問題を集めてあるのが特徴ですが、これをうまく生かしていくのが資格試験の基本となる勉強方法と言えます。

過去に出題されたことがある問題ですので、FP試験にとっても知識が詰まっているのは間違いありません。
どの歳にどんな問題が出題されたのかという部分もありますが、出題範囲に対してどの程度まで問題が広がるのかもが見て取れます。
繰り返して練習しているうちに、勉強しなければいけない範囲が自然と身に付くのです。

FP試験の場合には、膨大な範囲を相手に勉強をしていかなければいけません。
これが時間がかかってしまう大きな理由の一つです。
勉強時間の効率化がFP合格のための最重要ポイントとなりますが、その鍵を握っているのは過去問と解説であると言って過言ではないでしょう。

出題範囲に対して、これまで出題された問題を分析すると、必ず傾向が見えてきます。
どのような傾向で出題されてきたのかがわかれば、勉強でも抑えなければいけないポイントがわかるのです。
その中には、出題頻度の高い問題があるのがわかります。
どんな資格試験であっても、必ず存在する頻出問題です。

滲出問題を抑えられるかどうかは、全体の点数の底上げにつながります。
底上げ出来るようになれば合格は必然的に近づいてくるのですから、過去問を使って勉強をしないと言うてはないのです。
これまで多くの人が活用し、FP試験に合格してきた理由と言っていいでしょう。

FPの過去問解説の見方

FPの過去問の重要ポイントは解説にもあります。
この解説が非常に重要な意味を持つのは、頻出問題などにつながるだけではありません。
過去問を解き続けている間に、問題の答えを見て合わせているだけでは、活用の半分もできていない状態です。
過去問を解き続けて慣れる必要はありますが、これは知識とは直結していません。
条件反射的に答えを導き出しているだけで、少しでも形を変えられれば対応できる能力が身についていないのです。

この問題を解決してくれるのが、過去問に添えられている解説です。
解説を読むと、その出題の中身が見えてきます。
どんな意図で出題されたのか、そこまで見えるようになれば、対応力がついてきた証拠です。
過去問の解説を読むと、頻出問題であるヒントが見えてきます。
これが意図の部分で、どのような目的と方向性で出題したのかがわかれば、頻出問題であったことが分かるのです。

頻出問題であったかどうかの判断は、出題の形が似ているかどうかだけではありません。
求められる答えが同じような方向であれば、これは頻出問題であり重要要点となります。
その判断をするためには、過去問の解説が重要な役割をしてくれるのです。

過去問の解説は、出版社で分析した筆者が書き添えていくものです。
筆者によっても解説が異なるため、よく読んで判断しなければいけません。
したがって、解説が曖昧な過去問は、勉強の役には立たないと判断することさえできるのです。
過去問がしっかりしていれば、それだけ多くの知識を身につけられ、FP試験に対する対応力も身につきます。

極論で見れば、過去問という形はどこも同じです。
過去に出題された問題を載せていけば、必然的に過去問となるからです。
問題集としてはここまでは何も変わりませんが、解説に関しては大きく違いがあります。
過去問を選ぶ場合には、必ず解説に注目し、読みやすいのか理解しやすいのかなど必要な条件を満たしているものを選ばなければいけません。
ここで失敗すれば、勉強していても知識が身につかないと思う必要があります。

解説も実際に色々とあります。
充実している問題集もあれば、答えだけに言及しているものもあるのは間違いありません。
これからFPの勉強していこうと言うのであれば、できるだけ充実したものを見つけなければいけないのです。
それほど重要なものだと認識し、勉強の中でも活用していくのが、合格を目指すポイントになります。

FP過去問解説には動画もある

過去問の解説に関して言えば、問題集だけに使われているわけではありません。
過去問を分析していれば、必然的に解説が出来上がるからです。
これをうまく利用し発表しているのが、資格学校などで作り上げている動画と言っていいでしょう。
こうした解説がついた動画は近年かなりの数になりました。

動画サイトが利用しやすくなった面もありますが、通信教育などでWeb講義が多くなり利用者が増えてきたのも一つの要因です。
過去問に関する動画サイトもいろいろとあり、うまく活用すると身につきやすくなります。

動画の特徴として、単純に問題を見ながら文章を読むのとの違いが挙げられます。
黒板を使って図解しながら解説しているような動画であれば、テキストを呼んでいるのと同じような感覚になるでしょう。
目からも耳からも情報が入るようになり、記憶にも定着しやすくなるのです。
そのぶん高いレベルの知識が身につくため、動画の過去問解説は重要な意味を持つようになりました。

動画を作るにあたって何でもできるわけではないため、ある程度FP試験の重要論点に絞る必要も出てきます。
このような論点は、言い換えれば過去問解説という形をとった頻出問題の分析ともいえるでしょう。
頻出問題を押さえておけば、試験での点数も必然的に伸びるため、過去問解説がわかりやすいかどうかが動画を見つける大きなポイントです。
うまく編集した動画が見つかれば、それだけでも点数は底上げできると考えて間違いありません。

過去問の解説動画には、過去問と銘打っていないものも利用できます。
その代表的なものとなるのが、試験解説です。
その回の試験の内容などを速報として作り上げた解説動画ですが、終わってしまった問題をターゲットにしているのですから過去問と変わりません。
素早く作り上げたという点で、動画として練られていない部分はありますが、全ての問題に対して解説をつけていくため有効な資料になるのは間違いないのです。

こうした動画をよく見ておくだけでも、かなりの内容が得られます。
早い段階で動画が消されてしまうようなところもありますが、長く残してある資格学校も存在しているためを押さえておかなければいけません。
無料で使えるようなものであれば、利用価値はさらに上がるでしょう。
登録などが必要なところもありますが、それだけの手をかけても見ておく価値はあるのです。

FPの過去問解説が充実しているテキスト

過去問の利用方法として、解説が重要な意味を果たすのは間違いありませんが、テキストでも同じような事があり得ます。
テキストでも過去問に関する内容に言及するのは当然です。
これまで実績のある問題に関して言及していなければ、ターゲットとする内容を把握してないのと変わりません。
過去問をターゲットにしてに作られたテキストは、解説も充実して作られる傾向があります。

特別に解説と銘打ってあるわけではありませんが、重要論点という形で解説がつけられます。
重要論点を理解するかどうかは、頻出問題を抑えるのと同じぐらいの意味をもつポイントです。
重要論点としている理由の一つが、これまで何度も過去問の中に登場してきている実績を見ています。
つまり、論点を明確にしているテキストは、過去問をしっかりと分析していると考えられるのです。

FPのテキストにはいろいろなものがあります。
初心者向けに作られており、まずは言葉のハードルを越えるのを目標としているものがあるでしょう。
初めて勉強をする時には、金融に関する用語はかなり分かりにくい内容です。
法律に関する内容も出てくるため、法文を読むための知識も必要となります。
これらを身につけるのを目的としているテキストの場合には、過去問はあまり重要視していません。

次に必要となってくるテキストが、論点を明確にし過去問などから解説を作り上げている資料です。
これらは上位になればなるほど重要な意味を持ちます。
FPの試験範囲は膨大であり、全てをテキストなどで網羅することは不可能です。
その中で合格点を取るために必要な底上げを考えれば、過去問などから重要論点を抜き出し解説していく必要があります。
頻出問題として出されている部分が分析できれば、上位にあたる試験であっても点数の底上げができるからです。

問題は読みやすいか読みにくいかといったところも挙げられます。
テキストを読んだ時に分かりにくいと感じれば、どんなに重要な解説を含んでいても意味がありません。
理解できないテキストでは宝の持ち腐れとなるのです。
手にした時に解説がわかりやすいかどうか、確認することは合格への大事なステップとなるでしょう。

まとめ

FPの過去問を活用するのは、合格に向けて大事な条件となります。
過去問の中には解説が必ず付いていますので、読んでみて自分に合っているかどうか判断しなければいけません。
解説の論点がしっかりしていないものは、いくら有名なものでも役には立たないと考えるべきです。
合格に向けて勉強する以上、時間を有効に使えるものを選んでいきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。