FP試験には欠かせない!解答速報の活用

FP試験を受験した際には、解答が気になるのは当然です。
自分の出した答えが合っているかどうか速報を利用する方法があります。
単純に答え合わせをするだけではありません。
解答速報をうまく活用すると、様々なメリットが生まれてくるのです。

FPの解答速報とは

FPの解答速報とは、試験の直後に出されてくる情報と考えて間違いありません。
試験会場を出ると、大手資格学校がパンフレットと共に解答を配っている場合があります。
資格試験ではよく見られる光景の一つですが、最初の数問の回答が速報として乗せられているものを見たことがある人もいるでしょう。
これが解答速報の始まりです。

資格学校は様々な方法で問題を入手しようとしていきます。
できるだけ早く問題を入手し、最初の数問を解きすぐに印刷してビラとして作り上げているのです。
これを学校のパンフレットとともに配布している物を配っています。
中には夏場の試験となると速乾性のボディシートなどとともに配布しているものも見かけたことがあるでしょう。
資格学校とすればいかにして目を引くものを作るのかといった工夫の表れです。

このパンフレットを見ると、中には解答速報の案内が書かれているものもあります。
何時から行われるといった情報もありますし、有名講師の解説が付けられているといったものも見かけるはずです。
解答速報は、できるだけ早い段階で出されるのが基本となっています。
これはきんざいや日本FP協会から、当日の17時30分には模範解答が出されてしまうためです。
これらを利用するだけでも自分で採点ができますので、最低限利用しておきましょう。

資格学校の解答速報はこれとはまた別のものです。
きんざいや日本FP協会から出されている模範解答とは別に、独自で作られた解答になっています。
これらの解答速報は、解説付きで行われるのが特徴です。
きんざいや日本FP協会から出されているものは、解説などはなく、単純に解答が書かれているだけのものになるため採点しかできません。
自分がどこまで理解していたのかまで考えるのであれば、資格学校などが行なっている解答速報を利用する方がメリットがあるのです。

資格学校のFP解答速報

資格学校で行っているFP試験の解答速報は色々なものがあります。
有名資格学校であれば、ほぼをどこでもやっていると思って間違いありません。
問題はどこまで活用できるのかで、色々と調べて活用する必要があります。

資格学校のFPの解答速報が利用価値が高い理由の一つとして、この内容を受けて新たな受講者を募るという目的があるからです。
資格学校は、常に生徒の募集をしています。
しかし、費用がかかることからもう誰もが利用するというわけではありません。
特に高額のコースも出てくるため、しっかりと内容を伝えなければ利用者は増えていかないのです。

そのきっかけになるように作っているのが、FPも含めた解答速報です。
解答速報を見ると、どのような講師が在籍していて、どのような内容で展開していくのか一部が見えます。
自分に合った形のものもあるはずですし、相性が悪いと感じる場合もあるでしょう。
少なくてもまずは入り口として資格学校の存在を知ってもらうためにも、解答速報は重要なポジションとなるのです。

資格学校では解答速報にとても力を入れていきます。
実力のある講師が、今回の試験問題に対して明確な解説もつけているのは同じようなわけです。
解説を見た時にわかりづらいようなものであったら、その資格学校を利用する人はどんどん減ってしまいます。
逆に解説がわかりやすく使いやすいと感じたのなら、テキストや問題集を含めた売り上げに変化が出るでしょう。
それだけの宣伝効果を目的とした解答速報になっているのです。

利用者から見れば、内容が充実していくのであれば何ら問題はありません。
利用価値がどんどん向上するだけですので、うまく活用すればいいでしょう。
特に解答速報ということで、今後再度受験しようとしている人は、とても大きな意味を持ちます。
さらに高いレベルを目指して勉強していこうという人たちも、解答速報は利用するべきです。

解答速報の解説を理解することにより、全体的な理解度が高まっていきます。
高いレベルを目指して行く時にも、基礎の力を高めるために解答速報は役立ってくれるのです。
今回は残念な結果になりそうな時に再度受験しようという人たちは、解答速報の利用価値がさらに上がります。
どんなポイントが間違っていたのか確認するだけではなく、自分の勉強方法を修正するための大事な情報になるからです。
特に独学の場合には誰かに教わる機会はほとんどないため、こうした解答速報の解説をうまく利用してチャンスに繋げる必要があるでしょう。

公式のFP解答速報と心配

公式のFP解答速報は、金財も日本FP協会も、その日のうちに発表されます。
17時30分には発表されますが、ここには解説がありません。
それを踏まえた上で利用方法を考えていく必要があるでしょう。

まず公式のFPの解答速報の重要なポイントは、これが正式な点数となるという点にあります。
資格学校などが細かな解説をつけて解答速報を流したとしても、これは正式な回答ではありません。
中には資格学校によって解答速報で違う答えを出す場合があるのです。
つまり、見解が分かれるような答えが出る場合がゼロではありません。
悪問などと呼ばれることもありますが、正式な解答は公式のFP解答速報でしか得られないことを理解しておく必要があるでしょう。

正式な解答として利用できるということは、合格発表を待たずに結果を理解できるというところにつながります。
資格学校の解答速報では見解が異なる可能性が出てくるため、絶対的な信用おけるわけではありません。
公式のFP解答速報を利用して採点した場合、ほぼ誤差はないと考えられます。
特にこれから先のスケジュールを捉える上では、これが重要な意味を持つのです。

もしも、残念なことに不合格だった場合、再び受験したいと考えているのであれば、勉強をスタートする時間を考えなければいけません。
そのための時間はそうそう長くあるわけではないでしょう。
試験の間隔は4ヶ月ほどで、その間に勉強を進めていかなければいけません。
FP1級の学科試験のように、難易度が高くなれば、時間の確保はさらに難しくなります。

勉強という面ではできる限り早くスタートするのが有利になるのは、一度でも受験したことがある人は分かるでしょう。
時間が長くあればあるほど、自由に勉強ができます。
スケジュールも自分に合わせて組めるようになりますが、あくまでも時間があればです。
時間がなければ、勉強をもスケジュールも洗濯する余裕などなくなってしまうのです。

時間の余裕のある人にはそれだけのアドバンテージがあります。
資格試験において少しでも多くの時間を確保できた人の方が、合格しやすいのは当然だからです。
そのためにもいち早く結果を知る必要があるため、正式な解答につながる公式の解答速報を利用する価値があると言えるでしょう。

FP解答速報を受けて合格が見えた

FP試験の解答速報を受けて、合格だった場合にどのような行動をとるのか考える必要があるでしょう。
まだ正確に合格したというわけではありませんが、方向性によってさらなるスタートを切らなければいけません。
合格したと考えられる時には、次のステップを考えていきます。

次のステップにはいくつかありますが、新たな級を目指すなら勉強をスタートする必要があるでしょう。
さらに難易度が高くなるため、勉強時間を確保する必要があります。
失敗した時に似てはいますが、今の知識を基礎として新たな知識を身につけなければいけないため、忘れてしまう前に乗せていく必要があるのです。
これは大きなアドバンテージなのですから、うまく生かさなければいけません。

FP試験は必ず前の級がベースとなり、ステップアップしていきます。
試験範囲の基本は、どの級も変わらないからです。
この知識をうまく活かせば、高い能力を身につける時にも役立ちます。

ステップアップさせるよりも、現在の知識を生かすことも重要です。
FPの資格を活かすためには色々な仕事があります。
保険料会は有名で、最初の条件としてFPの資格の取得を進めるところは非常に多くなりました。
AFPが基本となってきますが、FP2級を取得するのと同じため、取得できたのであれば先が見えてきます。

それでもかなり長い時間をかけて勉強してきたはずです。
仕事としては資格試験の勉強内容だけでは足りない部分がたくさん出てくるでしょう。
今まで勉強してきたことはその基礎知識となり助けてくます。
力をつけるためには色々な方法がありますが、ここから先は仕事をしながら身につけていく内容が多くなるはずです。
実際の業務の中で身につけていくよう内容も色々とありますが、これまで勉強してきたものが必ず基礎となり力となっているのが分かるでしょう。

FPの世界には限界はありません。
常に新しい商品も生まれてきますので、どんどん勉強して吸収していく必要があります。
自分の知らなかった分野も色々と出てくるはずですので、積極的に行動していくと世界は驚くほど広がって行くはずです。
そのきっかけとして、FPの解答速報を利用していきましょう。

まとめ

FPの解答速報は、試験の答え合わせというだけではありません。
この時間をうまく活用し、これから先の行動を決めるきっかけとするべきです。
時間は誰に対しても有限であることを忘れてはいけません。
少しでも早くスタートを切れば、有利になることもたくさん出てきますので、後手に回らないようにするのが大切です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。