FP検定で抑えておく!試験の日程と勉強法

FP技能検定で重要になるのは、試験の日程です。
基本とも言えますが、試験の日程が分からなければ時間の逆算がつきません。
特にハイレベルな勉強をしなければいけない時には、勉強法や時間の確保、効率化が重要なカギを握ります。
そのためにも試験の日程を把握し、計画を立てていかなければいけないのです。

FP検定の日程は

FPの試験の日程は、の試験の日程は毎年ほぼ決められています。
イレギュラーな状況が起きた時には、中止になるようなケースもありますが、基本の日程は変わらないと思って問題はありません。

FPの試験の基本は、1年間に3回実施されています。
各級とも変わりませんが、FP1級だけが少々事情が異なり、日本FP協会の実技試験だけは年1回しか行われないことに注意しなければいけません。
これはFP試験の構造的な問題で、きんざいと日本FP協会で試験が行われているためです。

FP試験の試験日の日程は、1月、5月、9月に行われています。
FP1級の学科試験も同様に行われていますが、日本FP協会の実技試験は9月の実施されているのが特徴です。

試験日の日程を見ると分かりますが、基本として4ヶ月間開くように予定が組まれています。
FP3級あたりであれば、この4ヶ月間というのは非常に時間があるように見えるでしょう。
資格試験として考えると、年3回あるというのはかなり多い方に属します。
試験期間も4ヶ月あれば、再受験するのもそこまで難しくありません。
実際にFP2級あたりまでであれば、4ヶ月間のスパンはちょうどいい勉強時間が確保できるのです。

日程を考えると、申し込みの日も予定に組み込んでおかなければいけません。
申し込みの日程は、試験日から2ヶ月ほど遡った時期から始まります。
約1か月前には締め切られてしまうので、早めに申し込まなければいけないでしょう。
申し込みの時期には、勉強はある程度進んでいなければいけません。

合格発表の日程は、試験からだいたい1か月後に行われています。
1ヶ月後にはその先の予定も決めていかなければいけません。
ステップアップを考えているのであれば、日程的に早めにスタートする必要があるからです。
そのスケジュール管理をする上でも、4ヶ月というスパンは使いやすい長さと言えます。

FP検定の日程から勉強時間の逆算

FPの試験の日程から、勉強時間を逆算するのが大切です。
スケジュールは検定試験においてとても重要な意味があるため、しっかりとした管理をしなければいけません。

一般的に、FP試験に合格するための勉強時間は、ある程度を計算されています。
これは誰にでも当てはまるというわけではなく、バックボーンやこれまでの生活が影響してくるため、ある程度の予測として捉えておく必要があるのです。
このような勉強時間の目安は、通信教育会社などが初めて勉強する人なども含めて割り出した数値と考えればわかりやすいでしょう。

FP3級の場合は、80時間から150時間と言われています。
FP2級になると、150時間から300時間はかかるというのが基本です。
FP90になると、勉強の時間は桁違いに増えて、500時間から800時間かかるとまで言われています。
ここまでになると、簡単に計算できるような日程ではなく、1年かけて勉強しなければ合格まで達しないのが分かります。

問題になるのは、これらをどのように当てはめていくかです。
単純に時間を過ごすだけでは、FP試験には合格しません。
いかに効率的に勉強をするのかにかかっています。
初めのうちは知識を深めるような方法が向いているでしょう。

FP3級の場合には、まずは言葉の壁を取り除かなければいけません。
いろいろな専門用語が出てくる中で、これらを理解できる下地を作ることです。
言葉が理解できるようになれば、次に知識を深めてつけて行きます。
最終的には試験に対応した能力を身につけなければならないため、ひたすら過去問を繰り返すといった方法が必要です。

頻出問題覚えたりする必要もあるため、最終的な試験日程前まで繰り返していく必要があります。
最終的な試験日程直前まで繰り返す理由は、暗記しなければいけない部分を忘れてしまう可能性があるからです。
ギリギリまで繰り返していれば、記憶を維持しやすくなります。
これだけでもかなりのメリットが生まれてくるでしょう。

勉強には必ず順番があります。
スケジュールを組む場合にも検定の日程から逆算しながらメリットのある方法を考えていかなければいけません。
最終的に記憶の確認をするという作業も必要となるのを考慮し、スケジュールを作り上げていくことが大切です。

FPの検定日程と独学での勉強の問題

FPの試験は、基本的に独学で進められるケースが多く見られてきました
資格学校でも専用の講座はかなり少ないのが現状です。
試験日程から勉強の時間を割り出しスケジュールを構築していきますが、テキストなどでも注意しなければいけない問題があります。
独学の場合、圧倒的に情報が少なくなるため、最新の情報を手にしなければいけません。
特に法改正が多いと言うには注目しておく必要があるでしょう。

FP試験の場合、検定の日程にかかわらず、法改正された問題は出やすいと言われてきました。
実際に法改正からいきなりしたいされるといったことはありませんが、4月1日現在で法改正されたら、9月の試験あたりには出題される可能性が高いともなければいけません。
このような情報を掴んでいるかどうかは、合否に大きく関わってきます。

情報的にも相当気をつけておかなければいけません。
しかし、FP試験を受けようという人が、すべてこのような情報に敏感でいられるとは限らないでしょう。
これが独学の大きな問題となって立ちはだかるのです。

この問題をクリアするためには、最新のテキストを使うという方法が挙げられます。
テキストを新しくなると、法改正に合わせて作られるためです。
どんなテキストでも出版の時点でチェックされ、新しい法律に合わせた内容として書き換えられます。
新しい基準に沿った内容になれば、どんな新しい知識も間違って覚えることもなくなるはずです。
これは独特の鉄則と言ってもいいでしょう。

独学の場合どうしても費用を抑えようと考えます。
試験日程と相談しながら考えなければいけませんが、中古でテキストを購入するとこのような問題が起きるのです。
最新のテキストだからすべて対応しているというわけではありませんが、法律はいきなり変わるわけではありませんので、できるだけ新しいものを使えばリスクは下がります。
費用を抑えることは独学にとって大切な意味がありますが、間違った知識を身につけてしまえば意味がなくなるのは間違いありません。

これは問題集でも同じことが言えます。
過去問を使う上で法改正に合わせた内容になっていなければ、練習を続けたところで意味がありません。
頻出問題にしても同様です。
最新のものを用意すれば、それだけ分析も進んでいきますので、テキストの重要論点に関しても違いが出ると考えて間違いありません。

FP検定日程で本試験様式に慣れる

検定日程に合わせて様々な勉強をしていきますが、大事なのは試験に合格するという目標を達成することです。
試験の時の問題は、テキストのような形で出るわけではありません。
あくまでも試験の様式に合わせて出題されるのです。
これを忘れてはいけません。

検定日程に合わせて練習していく必要がありますが、本試験様式の問題を使わなければ行けませんが、その時に利用しやすいのが過去問です。
過去問を使うメリットはいくつもありますが、実際に出題された問題が集められているところに注目しなければいけません。

出題された実績のある問題を集められているのですから、本試験と変わらない内容になっています。
これを本試験と同じような時間設定で解く練習をするのです。
本試験に合わせた時間で解いているうちに、解き方にも慣れてきます。
FP2級などでは、試験時間を考えた時に余裕があるとは言えません。
1問あたりの時間はかなり短くなるため、効率よく問題に取り組んでいかなければいけないのです。

合格するためには60%以上の得点を取らなければいけないのがFP試験の特徴ですが、そのためには余計に時間のかかる問題は後回しにします。
60%以上正解できれば合格できるのですから、余計な問題に取り組む必要がありません。
このような練習も試験日程に合わせて進めていけば、だんだんと合格ライン到達していく状況が見えてくるのです。

早い段階からこのような取り組みをする方法もありますが、初めのうちは全く答えられないでしょう。
それでも繰り返していけば、だんだんと内容が分かって行きます。
頻出問題も見えるようになり、得点も少しずつ伸びていくのを感じられるでしょう。
最終的に試験の段階で完成していればいいのですから、盲目的に過去問に取り組むという方法も有効な勉強方法の一つなのです。
ただし、問題がわからずつまずいたままにしてしまうと、全く先に進めない状況が生まれますので注意しなければいけません。

最終的な目標はどのような勉強方法でも変わりません。
通信教育を使っても、最終的に合格できるかが勝負だからです。
そのためには日程から明確に管理していく必要があります。

まとめ

FPの検定日程ははっきりと決まっているため、勉強時間の逆算がしやすい特徴を持っています。
長い時間をかけて勉強をしていく人もかなり多くなる試験です。
短期間の勝負ではありませんので、スケジュール管理は失敗しないように組み立てていく必要があります。
長期にわたるとモチベーションの変化も出てくることを考慮しておくと良いでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。