FPに本気で合格するなら!資格学校の講座の利用

FP試験の勉強する方法は色々とありますが、最も効率のいい方法は資格学校によるFP試験対策講座を利用することです。
独学でも多くの人が合格してきましたが、誰もがこの方法が最善というわけではありません。
その人の条件によっては資格学校の試験対策講座の方が有効な場合もありますので検討してみると良いでしょう。

資格学校でおこなわれているFP講座の内容

資格学校で行われているFPの講座は、勉強する上で最も効率のいい方法として知られています。
最大の特徴は、専属の講師が好き講座を受けられるところにあります。
資格学校の講師は、FPの試験に関して高い知識と経験を持っており、これを伝授してもらえる大きなチャンスとなるのです。
独学ではわからないようなポイントも、FPの講座で受けられます。

分からないことがあってもその場で質問して解決できれば、わからないまま過ごすようなことがありません。
自分が間違っていて気が付いていないポイントも、資格学校の講座であれば早期に発見が出来るのです。
これだけでも、FP試験の合格に近づいていくのはすぐに分かるでしょう。

資格学校で行われているFP講座の内容は、体系的に進めていくというのが大事なポイントになっています。
独学や通信講座などで勉強すると、自分が理解できるポイントばかり進んでしまい、結果的に体系的な知識が身につかない状態が考えられるでしょう。
自分ではそうしていないと思っていても、断片的に覚えてしまったことが、後になってもつながらない状況が出てくるのです。
気がつけばまだまだ問題は小さいものの、その状況に気がつかないことの方が多く見られます。
講座で勉強していると、基礎的な部分からしっかりと学べるため、知識の取りこぼしもしないで済むのです。

試験対策として活用する方法もあり、自分たちでは気づかないようなポイントも学べます。
リアルタイムで勉強できるというメリットがあり、他の方法では教えてもらえないような試験のポイントも抑えられるのです。
資格学校だけが持っているような情報もありますので、講座で有効に活用できるのはFP試験の勉強にとって大きな意味が出てきます。
こうしたポイントがあるからこそ、FPの勉強方法としては最も効率がいいと言われているのです。

FP講座と独学の違い

FPの講座は、独学で学んでいく場合とよく比較されます。
独学とFP講座は両極端な関係で、全ての面において違いが出るからです。

独学の最大の特徴は、自分で必要なものを選び勉強するため、お金がかからない点にあります。
テキストや問題集の購入費用だけで済むため、非常に安価で済むのです。
FPの講座の場合は、色々な費用がかかります。
資格学校に入学するための費用も必要ですし、講座の費用が別にかかる場合もあるため注意しなければいけません。

テキスト代なども含め、コースによっては15万円以上かかる場合も出てくるのです。
特にFP1級のような高難易度のコースになると、通学する時間も含めて考えた場合に、もっと高額な費用が必要となります。

勉強という面で考えた時には、独学はあくまでも一人で勉強をしていかなければいけません。
誰も手助けしてくれることはなく、わからない場所も自分で調べて自分で解決します。
書籍の選び方にしても、自分で全て考え選択していく必要があるでしょう。
言い換えれば自己責任という言葉がぴったり合うのが独学の勉強方法です。

資格学校で行われているFPの講座の場合、常に講師が付いているのが違いです。
講師陣は経験豊富であり、FPの勉強をそれなら何が必要なのかをよく知っています。
そのポイントを押さえながら指導してくれるため、勉強する内容で迷わずに済むのです。
一人ではないという状況が、FP試験の勉強という面では非常に大きな力を発揮します。
いくら分からない場所があってもすぐに指導を受けられますし、気が付かないうちに間違っている部分も修正してもらえるのです。

独学ではテキストの選び方もう自分で考える必要がありますが、FP講座では適切なテキストや問題集を用意してあります。
過去の実績から何が必要なのかを分析してあるため、適切な資料を自然と手に入れられるのです。

どのように勉強していくのかスケジュールを上手く決められない人にとっても、資格学校を利用する価値は大きくなっていきます。
資格学校ではFPの試験を受験するにあたって、どのようなスケジュールを組まなければいけないのか熟知しているからです。
自分で管理できていなくても、自然と管理してもらえます。
強制的な流れとはなりますが、自分が思っている以上に明確なスケジュールの中で勉強ができますので、合格へと一直線で迎えるのです。
独学のように迷ってしまったり、迷っていることに気が付かないような状況は起きないと言えるでしょう。

FP講座にかかる費用はどれぐらい?

FPの資格学校による講座に必要な費用は、それぞれ違いがあります。
通学による講座の受講は非常に有効ですが、FP1級ともなると10万円以上かかるコースがほとんどです。
専門的な知識を必要とするという部分がありますが、何よりも受講者の数も少ないため、一講座あたりの費用がかかると考えれば分かりやすいでしょう。
その代わり、FPの講座を使えばそれだけ内容の濃い講義を受けられます。
このメリットは計り知れないものがあるのは確かです。

講座の種類によっても費用はかなり違いが出てきます。
FP1級ではCFPの入門講義を兼ねているものがあり、基礎を学べる機会として活用できる講座です。
元入門的な位置づけで1級の学科対策にしているものもあります。
内容によって費用にもかなり違いが出てくると考えておけば間違いありません。

ここまで上級の資格ではなく、2級や3級の場合にはもっと安価です。
FP3級の入門から始めるような資格講座の場合、10万円程度で受けられるものも沢山出てきました。
大手の資格学校でこの金額です。
もっと安価に収められるような資格学校も多くあります。

FP3級だけではもったいないと思う人には、FP2級と3級がセットになった講座を利用すると良いでしょう。
こちらの場合には進むのが早くはなりますが、費用対効果の高い講座となります。
金額的にもやはり10万円程度から見つけることができるでしょう。
注意しなければいけないのは入学費がかかる場合があり、これもセットで計算しなければいけません。

他にも通信講座を利用する方法があります。
資格学校では通信講座を数多く取り扱ってきており、これらを使って受講する方法はかなり便利な方法として利用されてきました。
FP試験の基本となるのはやはりこのを通信講座であり、どこの学校も内容がかなり充実しています。
通信講座でもWeb講座ができるコースであれば、学校に通って講座を受けるのとあまり変わらない状況が作れるのです。
近くに学校がなくてもこの方法なら効率的なFPの勉強ができるのは間違いありません。
費用的にも交通費などは抑えられるため、検討してみると良いでしょう。

FP講座を選ぶならこんなところで!

資格の学校TAC

日本の資格学校の最大手として知られているのがTACです。
早稲田セミナーを吸収合併し、各地に校舎をもつようになりました。
巨大グループに成長した背景には、それだけ安定した実績をあげてきたことが挙げられます。
様々な資格講座を行っており、通信でも高い実績を持つのが特徴です。
FPに関しても数多くの講座が設定されており、自分の状態に合わせて選択できます。

高い実績もあり教え方にも定評がありますが、ネックとなるのは費用です。
TACの費用は資格学校の中でもやはりトップクラスであり、かなり高額になるので知られています。
FPの講座でも10万円を超えるのは珍しくなく、20万円近くになってしまうでも出てくるほどです。
費用対効果の高い勉強ができる状態を考えれば、投資してみる価値はあるでしょう。
これだけ高い実績を持っているため、テキストや問題集なども高い人気があります。

LEC東京リーガルマインド

法律系の資格学校としてよく知られているのがLEC東京リーガルマインドです。
TACとともに日本の資格学校の双璧とも言われています。
組織としても非常に大きく、これまでも安定した実績をあげてきました。
FPの講座に関しても多くの実績があります。
非常に有名な学校の一つでもあり、安心して利用できるところはメリットと言えるでしょう。

ネックとなるのは、TACとあまり変わらないポイントです。
巨大な組織を抱えていることもあって、講座に関する費用はかなり高めとなっています。
安価な費用で上がる学校ではありませんので、自分の状態を考えて選択する必要があります。
通信講座も行っていますので、近くになければ利用を考えてみると良いでしょう。
ただし、こちらも安価とはいえません。

資格の学校の大原

TACとLEC東京リーガルマインドに次いで、知名度の高い資格学校として知られているのが大原です。
規模としては劣りますが、費用的な面を見るとかなり抑えられます。
あまりに費用が高くて利用できないと考えた人は大原を選択してみるのも方法です。

デメリットとなるのは、そこまで規模は大きくないため、近くに学校がないという可能性は否定できません。
実績としてもTACとLEC東京リーガルマインドには劣る面が出てきますので、自分で保管すると言った形も必要となります。

まとめ

FPの勉強をして合格を目指すためには、講座を利用するのは間違いない選択です。
自分だけでは合格へたどり着けないと感じた時には、資格学校の高い能力を利用する方がいいでしょう。
目標は合格するところにあるはずです。
誰でもこれは変わらない目標として設定されるものなのですから、費用の問題は出てきますが、効率の良い方法として考えてみると良いでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。