待ち遠しいFPの合格発表日!それぞれ新たな出発の日

FP試験を受験すると合格発表日は、かなり待ち遠しいことでしょう。
ここから新たなスタートを切れるようになりますし、再び受験を考えるなど分岐点となってくるのです。
FP試験にとってとても大事な日となりますので、一体何時頃になるのか理解しておく必要があります。

FPの合格発表日はいつ?

FP試験は基本的に年3回行われています。
1月と5月そして9月に試験が行われていますが、それぞれに合格発表日が設定されているため、申し込みの段階から理解しておく必要があるでしょう。
合格発表日は、試験日から数えてだいたい6週間後に行われています。
それぞれの合格発表日はありますが、10時から金財や日本FP協会のホームページを使って発表されるため、チェックしておかなければいけません。
その際には受験番号で判別しますので、大切に保管しておき、合格発表日には手元に用意して照らし合わせます。

合格した場合には、FP試験の合格証書が届く事になりますが、合格発表日から一週間程度かかるのを理解しておきましょう。
普通郵便にて発送されますので、ポストにそのまま投函されます。
学科試験と実技試験に合格している場合には合格証書が郵送されてきますので、しっかりと中身の確認をすることが大切です。

合格発表日を境目に、様々な変化も生まれてくるはずです。
FP試験はそれほどの時間をかけて勉強をしていく資格でもあり、それが今後活かされるのも特徴と言えます。
単純に資格試験に合格したかどうかというよりも、現在の時間までどのように勉強してきたのかが今後問われていくのです。
合格発表日はそのひとつの線であり、ゴールになるべきラインではありません。
ある意味では新しいスタートラインなのであって、ここからまた次の目標へと進んで行かなければいけないのです。

合格発表日には、嬉しいか悲しいか感情だけではなく、改めて今後に関してのプランを立てていかなければいけません。
これまでにも勉強が正しかったかどうかも判断ができるでしょう。
反省をしながらどのように過ごすのか考える必要もありますし、どのような次のステップへうつるのか決断する気にもなるのです。

FPの試験勉強をしている時でも気がつくはずですが、時間は限られています。
多くの時間が残されているわけではありませんので、今後のステップに合わせて計画立てをしていかなければいけない大事な1日となるのです。

FP合格発表日と反省

FP試験の合格発表日は色々なことを考えなければいけません。
その内容は人それぞれで、時によっては反省も必要になります。
今後どのような道へ進むのか、どのようにFP試験の資格と勉強を活かすのかを考えなければいけない日だからです。

FP試験に時間をかけてきた人は、この日を境にまずはやってきたことの反省をしてみると良いでしょう。
そのきっかけにするには合格発表の日は、とても意味があるからです。
合格発表の日には、合格していたか不合格だったのかがはっきりします。
誰もが合格を目指して勉強をしてきたはずですが、不合格の人もいたはずです。

不合格だった人は、この先どうするかを考えなければいけません。
今までかけてきた勉強の時間をそのまま活用して、これから生かしていくという選択もあります。
ファイナンシャルプランナーの勉強は、お金に関する内容であり、生活にも密着している内容となるので、プラスになるのは間違いありません。

再度受験するという選択をするのも合格発表日の特徴です。
その前にある程度を結果の内容を知っているかもしれません。
しかし、合否が明確になるのは結果発表の日になるからです。

FP3級あたりであれば、これを起点に勉強を始めて行っても間に合うかもしれません。
FP2級以上の場合には、長い勉強時間が必要になるため、もっと早くからスタートしておく必要があります。
合格発表日には気を引き締めることが大切で、さらにもう一歩、勉強を進める日になるでしょう。

特にFP1級を受験して合格発表の日を待っていた人は、さらに勉強をするきっかけにしなければいけません。
仮に合格していたとしても、FP1級を目指してきた人にとってこれはゴールではないからです。
これまでやってきたことを反省しつつ、新たな知識を身に付けさらに上を目指して行く必要があります。
FP1級という難関にチャレンジしてきた人は、これから先、FPという知識と経験をもっと活用していくことになるでしょう。
そのための大事なきっかけとなる日なのですから、合格発表日をうまく活用する必要があるのです。

FP合格発表日と次のステップ

FP試験の合格発表日には、次のステップアップを考える大事なタイミングにもなります。
合格していた場合には、これから先の勉強方法も考えなければいけません。
ステップアップするとなれば、これまで以上に勉強の時間も確保しなければいけなくなるからです。

FP3級の時と比べると、FP2級は次の試験日までの4ヶ月間の間で勉強をして、ようやく合格できるかどうかのレベルとなります。
FP3級からトライするのであれば、合格発表日の前から勉強をスタートさせるぐらいの覚悟がなければいけません。
試験と試験の間隔は約4ヶ月ほどありますが、試験日から6週間後の合格発表日では、次の試験日まであまりにも時間がないためです。
試験が終わった後にはすぐにでもスタートできるぐらいの覚悟を持って臨む必要があるでしょう。

FP2級からFP1級を目指すのであれば、より一層の覚悟をしなければいけない日です。
勉強はもちろん必要ですが、今度は1年がかりでチャレンジしていかなければ合格は見えてきません。
難易度も跳ね上がりますし、勉強の方法も変わってきます。
テキストでも何でも手に入るFP2級とは、まるっきり違う世界が待っているからです。

FP1級の教材はほとんど数がありません。
出版社も力になりにくい素材のため、どうしても限られた数しか出版されていないのです。
この辺りを手に入れるようにも考えれば、合格発表の日は大きな転機になるでしょう。
テキストを揃えても、そこから膨大な時間を勉強に費やしていかなければいけません。

ほとんどの人が1年がかりで勉強して合格を目指していきます。
1年かかっても簡単に合格できるとは限らないのがFP1級です。
さらにCFPの取得まで待っていると考えれば、これから先も長い時間がかかるでしょう。
長期間の勉強は、スケジュールを組むだけでも大変です。
勉強したことも忘れないように注意しながら、コントロールしていかなければいけないからです。

FP1級やCFPの受験が終わり合格した人は、次のステップアップもう考えていかなければいけません。
社会に出てどのように資格を活かすのか、特にFPは机の上の学問ではなく、顧客に対するアドバイスをするのが大きな役割です。
その役割を考えれば、資格の取得はただのマイルストーンに過ぎません。
ここから先が本当のスタートであり、本当の勉強が待っていると言えます。

FP合格発表日から資格をどうやって生かしていくか

FPの資格を取得したら、合格発表日からどのように活かしていくのかを考える必要があります。
FPの資格を活かす方法は色々とあります。
会社の命令で資格の取得を目指してきた人もいるはずです。
FPの資格は、それほど社会に出て活用する幅のある資格ともいえるでしょう。

活用の仕方としてよく知られているのは、保険業界です。
CMなどでも、ファイナンシャルプランナーの存在を前面に打ち出しているところが増えました。
ファイナンシャルプランナーが知名度を得た一つのきっかけと言っても過言ではありません。

保険業界では、お客に対してライフプランなどの作成をしたりします。
どのような計画でお金を使うべきなのか、その中のリスクに対してどのように対処するべきかというのを分析するためです。
このような仕事をからもわかる通り、FPの資格は強力に作用してきます。
FPの資格所持者だからライフプランができるというわけではありませんが、多くの知識を身につけてきたからこそ活用できるチャンスがあるのです。

FPの知名度が上がってきたこともあり、相談を受ける仕事も増えてきました。
ライフプランを作成するのも一つですが、現在ある資産をどのように使うべきなのか、リスクも含めてアドバイスを送る仕事です。

合格発表日からFPの資格を取得できれば、名刺にも書き込めるようになります。
客先からの目線で見た場合、FPの資格所持者であれば安心して任せると考えられるでしょう。
だんだんとFPの知名度が高まってきており、浸透してきたからこそ、FPの肩書きが活きてくるのです。

特にFP1級や2級となれば、高いレベルにあることがどんどん知られてきました。
ファイナンシャルプランニング技能士が国家資格であるというところはまだまだ知られていない部分があるものの、FPという言葉が理解されつつあるのは大きなメリットです。
合格したからには、これまでの苦労をプラスに変えるために取得できた資格を前面に押し出して活用していかなければいけません。
その繰り返しが、自分たちが活躍できる場を作っていく大事なきっかけになっていくのです。

まとめ

FPの試験の合格の発表日は、悲喜交々な思いがあるでしょう。
嬉しいと感じる人もいますし、悔しくて次をどうしようかと悩む人も出てきます。
一つの線引きとして考えると、合格発表日は非常に大きな意味が出てくるでしょう。
その中で、次はどのような形をとっていくのか、判断し決断しなければいけない瞬間ともなります。
これから先、もっと大きな目的を持ち、資格の取得も検討できる大事なチャンスとなるのですから、この日を有効に生かすことが大切です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。