FP試験に合格したいなら!解答をうまく利用!

FP試験に合格したいのなら、解答をうまく利用していかなければいけません。
本試験の解答でも、過去問や予想問題の解答でもうまく使っていくのが合格の近道といえるでしょう。
資格試験においては生命線とも言える解答の活用方法ですので、どのように利用するべきか理解しておかなければいけません。

FP試験勉強には欠かせない解答の内容

FP試験の勉強には、様々な方法が取られてきました。
テキストを使うというのは王道の方法ですが、これだけでは合格するのは難しいでしょう。
なぜ難しいのかといえば、あくまでもテキストだからです。
教科書には教科書の書き方しか載っておらず、試験でそのまま出題されるわけではありません。
試験での出題方法がテキストに載っているわけではないため、これだけでは合格できないのです。

そこで必要となるのが、過去問や問題集といった資料です。
過去問は問題集は、本試験で出題されるような形式で作られています。
特に過去問は、本試験で出題された実績のある問題であり、この理解が資格試験には絶対に欠かすことができません。

過去問を読んでいると、色々な問題が出題されていることに気がつくはずです。
その中には、似たような問題があること気が付くでしょう。
どんな資格試験の問題でも、ある程度似たような問題が出題されてきます。
FP試験でもこれは変わりません。
一般的にこのような類似問題を頻出問題と呼びます。

頻出問題とは、全く同じではなくても似たような内容が繰り返されている出題を指します。
毎回何問かは必ずこのような頻出問題が存在しているため、大事な得点源となるのです。
これを知らなければ、せっかくの点数を落としてしまうことになりかねません。
だから、こそ過去問を繰り返し何度も解いていくのです。

その時に大切なのは、絶対に落とさないようにするために理解するというプロセスにあります。
理解するために何が必要なのかといえば、その過去問に書かれている解答です。
ほとんどの過去問では、ただ解答が書かれているだけで終わることはないでしょう。
どうしてその解答に至ったのか、必ず解説文がついているからです。
この解説文をうまく利用することこそ、過去問を使うコツとでも間違いありません。

解説文の中には様々な内容が書かれているはずです。
これは解答を作った資格学校などの講師の答えを導き出す方向性とも言えます。
解説本を読んで理解できるようであれば、知識はかなり習得できている段階です。
もしも、全く分からないといった状況なら、まだまだ繰り返して勉強していかなければいけません。
この判断を、FP試験で実際に出題された過去問の解答文が教えてくれるのです。

FP試験のテキストや問題も解答を重視

解答はとても重要な意味があり、ここに書かれている解説文とともに、読んで理解しなければいけません。
細かなところまでチェックしながら、自分の疑問点がないかはっきりさせていくのです。
解答を見てたら自分の答えとあってるかどうかだけでは、勉強として不十分といっていいでしょう。
もう一歩先に、本当に必要な情報があるからです。

テキストや問題集に関しても、解答だけではなく解説文の内容を選んで選択していく必要があります。
解説文が頭に入らないようなテキストや問題集は、いくら使っていても結果として身につかないからです。
解説文は、著者の考え方が如実に表れてくれため、その本の性格もわかるようになります。
自分に向いているかどうかの判断も、解説文でわかるようになるでしょう。

実際に過去問は問題集を見て、自分に合っているかどうかの判断はつきません。
見やすいのか見にくいのかといった程度の判断しかつかないはずです。
ところが、最終的にFP試験の活用を考えた時に、解答とともに解説文がしっかりしていなければ意味がわからなくなります。
なぜそのような解答に導き出せたのか、解説文があるからこそ理解が出来るのです。

頻出問題に関しても変わりません。
頻出問題の理解を深めるためには、解説文があって初めて役立ちます。
解説文を読んだ時に、これが頻出問題であることに気が付く場合もあるはずです。
頻出問題であることを解説文に書かれているような問題集であれば、自分が気がつかずに点数を落としてしまうことがなくなります。

テキストでも変わりません。
しっかりとした解答と解説がのせられているからこそ、その先の理解にもつながっていくのです。
テキストや問題集を選ぶときには、かなりシビアな目線で探し出すといいでしょう。
これから先自分の指標となる大事な資料となるのですから、解答の内容が書かれた解説文が合わないようなものは選ぶべきではないのです。

FP試験の後に解答速報

FP試験の後には、解答速報を利用するのがポイントです。
FP試験が終わると誰でも結果が気になるでしょう。
その時に素早く利用できるのが解答速報の存在です。

FP試験の解答速報は、非常に素早くアップされていきます。
この解答速報を利用すると、これから先の方向性を考えられるようになります。
合格していれば、次のステップにうつるかどうか判断でき、早めに勉強のスタートもきれるはずです。

ステップアップする場合には、これまでよりも勉強の時間が長くなります。
FP3級からFP2級はそこまでではありませんが、FP2級からFP1級となると、相当な時間を要求されるからです。
勉強方法も考えなければならず、同じように資料を用意しても対応できるものではなくなります。
FP試験の後に解答速報を利用しておけば、少しでも早く始めることができるはずです。
用意が早く出来れば、それだけのアドバンテージが得られるのですから、この判断はとても意味が出てきます。

不合格だった場合にも、解答速報を早めに見ておけば、次の判断につながるでしょう。
再度受験するのであれば、自分が間違ったポイントを理解していかなければいけません。
自分の不得意なところが分かれば、すぐにでも対策ができるはずです。
この分析が重要な意味を持つため、解答速報を利用するのがポイントですが、資格学校の講座を活用するのも良いでしょう。

講座では、単純に解答を教えるだけではなく、いったいどのような知識を持ってこの問題を解かなければいけないのかといった論点まで受けられます。
しっかりとした答えの導き方ができなければ、改めて点数は取れません。
再度受験しようと思っている場合には、解答の解説を聞きながら、次回に行かせるようにするのが大切です。
間違った論点がはっきりとわかっていないままになると、再び不合格になる可能性も出てきます。

解答速報で理解度を高めておくのは、FP1級でも同じことです。
FP1級の場合には科目合格なども上手く使いながら受験していかなければいけません。
受験の費用もかなり高額になるため、1回の試験を有効活用する必要が出てきます。
解答速報などを解説を理解し身につけることができれば、勉強時間の効率化が少しでもできるようになるはずです。
この繰り返しこそが、FP1級に合格するための重要ポイントになるでしょう。

前回のFP試験解答をうまく活用

FP試験の解答は、多くの情報が詰まっていることを理解しなければいけません。
過去問を活用して勉強するという方法が資格試験では一般化していますが、それと同じように前回の予備試験の解答も活用するべきです。
特に時期によっては、この解答が大きな役割を果たします。

FP試験では様々なテキストや問題集を使っていくことになるのは誰もが同じです。
FP試験の基本として、年3回実施されているのが重要になってきます。
毎回過去問や予想問題を使って勉強をしていきますが、年3回に合わせてテキストや問題集が作られているわけではないのです。
テキストなどは1年に1回発売されるだけですので、自分が受験しようと思っている海の前回の過去問が収録されていない可能性があります。
この情報を忘れてはいけません。

解答速報などを集めておくのも重要で、テキストなどに出ていない情報をしっかりと集められれば、それだけ対策が出来るようになります。
後で集めようと思っても、期間限定になっていると、答えは分かっても解説が手に入らない可能性もあるでしょう。
実施している会社によっては、かなり長期間提示してくれているところもあります。
YouTubeなど、動画サイトにアップされている場合もありますので、これをうまく利用していくのも方法です。

前回の試験問題を手に入れ分析することにより、頻出問題の理解も進みます。
よく過去問で直近南海の問題をやるといいと言われることがありますが、手に入れたか校門では、実施された中でも一番近い試験問題が入っていない可能性があるのです。
これでは情報の精度が下がってしまうのは理解できるでしょう。

FP試験を受けるのであれば、できるだけ多くの問題を集めるのがポイントになります。
その中から、どんな問題が出題されやすいのか理解していかなければ、せっかくの頻出問題の点数を落としてしまうのです。
これでは合格が難しくなるのですから、級が上がれば上がるほど、前回の試験の問題の重要性が高まると考えなければいけません。
情報を集めたものが、資格試験では合格へと近づくのですから、FP試験を確実なものにするためにも収集する必要があるのです。

まとめ

FP試験の解答は、非常に重要なものになるのが誰にでも分かるはずです。
受験した人は、自分が合格しているかどうかも気になるのが当然といえます。
情報を収集し分析しながら勉強をしていくのが、効率化への第一条件です。
合格するためには時間を有効に使わなければいけないのですから、解答と合わせて解説をうまく理解して合格へと向かっていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。