受けた人なら必ず気になる!FP試験結果とその後の選択

FP試験を受験した人は、必ず結果が気になるものです。
生活の中の時間を都合しながら勉強してきたのですから、その結果がどうなったのか誰でも気になって当然といえます。
問題は、この結果を知った後です。
これまでかけてきた時間をどのように活用するのか、価値があるものにできるかどうか、試験のその後にかかっていると言えるでしょう。

FP試験を受けたら知りたい結果

FPの試験を受けたら、まずは結果を知りたいというのは当然のことです。
それもいち早く知りたいと思うでしょう。
実際に試験会場を出ると、資格学校が解答速報を配ってるようなことさえ出てきます。
いったいどこからこの情報を仕入れたのだろうかと思うほど素早い対応で、印刷物として降られたりするのですから驚きです。

FP試験などを資格試験の結果速報が、なぜこんなに早いのかといえばしっかりと理由があります。
何も無条件で解答速報を作っているわけではありません。
解答速報を作っていくのは、本試験を分析しなければいけないという資格学校が持つ基本的な考え方があります。
この精度を高めなければ、資格学校として成り立たなくなるからです。
精度を高めることによって、多くの人が関心を抱き自分も利用しようかと考えるでしょう。

もう一つが、もっと直接的に資格講座へ誘導している事実です。
解答速報を見た時に、この学校であれば教わりたいと思うかもしれません。
下手なCMを流すよりも、解答速報で宣伝する方がはるかに効果的です。

現在では動画サイトもいろいろあり、自社で持っている動画も利用されやすくなりました。
このような状況を活かして公開分析会などをしているところもあるほどです。
実際に覗いてみると学校の雰囲気なども分かったりするため、有料講座へ誘導しやすくなるのです。
資格学校も営利企業ですので、このような経営努力を続けていると考えれば、解答速報も不思議ではなくなります。

こうしては営利企業に対する利益協力したくはないという人もいるでしょう。
登録することが条件で試験速報が見れるところもありますが、最近ではそういった登録をせずに利用できるところが増えました。
余計な広告宣伝がくると嫌だという人は、そういったところを利用すると良いでしょう。
最初から営利目的だということが分かっていれば、利用の方法も色々考えられるのです。

FP試験結果は大事な情報

FPの試験結果は、受験した人にとっては大事な情報であることは間違いありません。
これまでかけた時間や費用の負担が、結果という形で報われたかどうか判断できる瞬間だからです。

試験結果を知る方法としては、公開講座も行われています。
本試験分析会と呼ばれるような講座で、試験問題と自分が解答した写しを持って参加することになります。
合格していると予測できる人よりも、ぎりぎりか次も受験することを考えてる人の方が、公開講座はメリットがあるはずです。
今後その資格学校を利用するかどうか、公開講座に行ってみると雰囲気も講師の質問見えてきます。

公開講座でFP試験の結果を教える方法は、その場で解答の講義を受けるという意味があります。
完全に合格していると自信のある人であれば、この講義は必要ないでしょう。
ところが、ギリギリなのではないかと考えている人なら、講義を受けてみる価値があります。
今その講義が役に立つというわけではなく、もしも、落ちてしまって再度受験するというのであれば、講義を受ける価値が大いに出てくるのです。
資格学校の持っている情報の一端をこの場で理解できれば、大きな力になるのは間違いありません。

合格した人でも、ステップアップを考えているのであればいい機会です。
様々な情報を得ることができる状況にあるので、公開講座に参加してみるのはメリットになるでしょう。
周りにいる人たちも、同じように考えているかもしれません。
将来につながる関係性も構築できる可能性が出てきます。
なかなか横のつながりは作れるものではないので、今後のステップアップも一つとして利用を考えてみるのも方法です。

FPの試験結果から次を考える

FP試験の結果を受けて、その後どのような進路をたどるのかを考えるのはとても重要です。
FP試験に不合格だった時の事から考えてみると良いでしょう。
もう一度FP試験を受験するかどうか検討してみる必要が出てきます。
FPの試験を再受験するかどうかは、今回の結果がどうだったのかから分析しなければいけません。

今回あまり上手くいかなかったのであれば、何が問題だったのか分析しなければいけません。
うまくいかなかった部分が分かるのなら、修正はそこまで難しくないはずです。
修正がきくのであれば、次回は今回よりも良い結果が出る可能性が高まります。
どこまで分析を進められるのかが問題ですが、試験結果や解答速報などを分析してみると、自分が苦手だった部分などがはっきりとしてくるはずです。
ここから明確な対策を打てば、次回の試験に合格できる可能性は高くなります。

結果から自分の苦手なポイントなどははっきりしなかった場合は、かなり深刻な問題を抱えている可能性があります。
分析がうまくいかなかったのか、それとも苦手な部分が明確ではなかったのかという状態は、このままではかなり深刻な問題を抱えると言います。

自分でどこが弱点なのかはっきりしないのであれば、通信教育などを利用して対策を打つのも方法です。
資格学校に通って講座を受けるというのも対策になります。
一番の問題は、自分自身にはどこが苦手かが判断がつかないほど知識不足に陥っている可能性があるからです。
この状態を改善するためには、専門の講師などの力を借りるのが一番確実な方法と言えます。

苦手な範囲があまりにも大きく、対応しきれなかった場合、もっと長い勉強時間をとらなければいけません。
今回の結果から次回の試験まで約4ヶ月ほどあるはずです。
この時間をうまく活用し、さらに勉強をしていかなければ合格は難しいでしょう。
今後もあまり時間が取れないような人であれば、今回の結果から次回は諦めるというのも選択肢です。

その次のFP試験を目指して、勉強時間を確保するという方法もあります。
FP2級にもなると、勉強の時間がかなり長く必要です。
4ヶ月では厳しい状況も考えられるので、1回飛ばして次の試験に臨むというのは賢明な判断でしょう。

FP1級の場合も同様です。
非常に勉強の時間が必要な資金になるので、現在の状況を分析しながら、受験するかどうかを判断するべきです。
ただし、4ヶ月という時間でカバーできるような状態であるのなら、早めに受験したほうが忘れてしまう前に試験に臨めます。
うまく使えるかどうかは、今回の結果をよく分析して判断しなければいけません。

FP試験に合格した場合には、ステップアップを目指すかどうかの判断が必要になります。
FP試験の基本は、現在の級が次の級の受験資格になっているためです。
特にFP3級の場合には、社会ではあまり認知されないレベルになるため、FP2級を目指すのが一般的な流れとなります。

FP2級の場合には、FP1級の難易度はかなり跳ね上がるため、相当な準備をしなければいけません。
4ヶ月では到底準備ができないので、最低でも8ヶ月は見てチャレンジした方がいいでしょう。

FP試験結果速報はこんなところで

FP試験の結果速報は、多くの資格学校で行っています。
検討会なども行われているため、事前に目星をつけておくことが大切です。

資格の学校のTAC

様々な場所に校舎を持つTACでは、試験結果速報がかなり早く出てきます。
試験結果から分析された解説のPDFで配布しているので、ダウンロードしておけば後でゆっくり分も可能です。
ただし、請求期間が決まっているので、その間に手に入れる必要があります。

FP1級ではPDFではなく、専用のWeb動画が作られています。
難易度的な問題を考えても、動画で解説を聞きながらしっかりと分析する方がいいでしょう。
資格学校として今回の試験がどのような内容だったのか、評価もはっきりとさせることができます。

LEC東京リーガルマインド

TACとともに資格学校として有名なのが、LEC東京リーリーガルマインドです。
解答速報もありますが、インターネット上で自分の回答を入力すると合否判定してくれるシステムがあります。
LEC東京リーガルマインドに登録しなければいけませんが、分析結果もしっかりと吐き出してくれるので利用しやすいのは間違いありません。
非常に有名な資格学校でもあるので、登録に関してはそこまで心配しなくてもいいでしょう。

配点予想解答して、イベントをしているのもLEC東京リーガルマインドの特徴です。
実技試験も、きんざいと日本FP協会に合わせているので、どちらで受けていても心配ありません。
期間は限定せずにYouTubeで公開しているので、受験する前に一度利用してみるのも方法です。
その後、動画の内容が気に入ったのであれば、登録の判断に使うこともできます。

他にも資格の大原や東京ファイナンシャルプランナーズなどでも解答速報は行われています。
どちらも資格学校というより予備校として名前の知られている学校ですので、安心して利用できる教育機関の一つです。
基本として大手の解答速報を使っていれば、そこまで心配する必要はありません。

まとめ

FP試験の結果は、試験の結果はその後の流れにも大きな影響を与えます。
できるだけ早く知ることも必要なのは、その後の進路や勉強方法に関わってくるからです。
FPの資格は取得すれば終わりではありません。
その後どのような活用をするのかによっても道が変わってきますので、試験の結果をうまく利用しなければいけないでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。