知らないと大事に!FP試験の時間

FPの試験には、膨大な勉強時間が必要となります。
日々の生活の中でどのように確保していくのか、合格を目指してスケジュールを組んで行かなければいけません。
さらに本試験の時の勉強時間の割り当てなど、勉強だけではなく、多くのことを考えていかなければ合格できない試験なのです。

FP試験に合格するための勉強時間の確保

FP試験に合格するためには、常に勉強をして知識を積み重ねていかなければいけません。
そのために膨大な時間を必要とする場合も出てきます。
FP試験の級によって難易度は違いますが、相当な時間を確保しなければいけないのには変わりがありません。

FP試験に合格するためには、日々の生活の中で勉強時間を確保しなければいけません。
どれぐらいの時間が確保できるのかは、人によって違いがあります。
1日時間を持て余しているような人であれば、いくらでも勉強時間が確保できるでしょう。
しかし、これから資格取得をして活用するのを目指している人の場合、そこまで時間に余裕があるとは考えられません。
特に社会人でFP試験に望む人は、相当計算したスケジュールを立てなければ、時間が確保できないはずです。

1日の勉強時間は、頑張っても3時間程度しか取れません。
フルタイムで働いてると仮定した場合ですが、仕事の時間と通勤だけでも10時間近くは取られてしまうでしょう。
さらに、睡眠時間や食事の時間まで計算すれば、残る時間は4時間程度です。
もちろん、睡眠時間を削って勉強に充てるという方法は取れますが、長期にわたって勉強を続けていく必要が出てくるため、現実的には難しいと判断しなければいけません。

4時間確保できるとしても、実際にFP試験に合格するための勉強時間としては2時間から3時間が限界です。
家庭に戻ってきてからも様々な時間が必要になります。
この時間すら確保できない日が出てくるのは、生活していれば当然と言っていいでしょう。
どんな人もそこまで時間に余裕があるわけではないのです。

この時間の中から勉強時間を確保していくわけですが、休みの日などはもっと集中的に勉強する必要があるでしょう。
ここから考えられる時間は、一週間で15時間から20時間というところが限界です。
ひと月あたり、60時間から80時間確保できれば、かなり勉強しているほうだといえます。
FP試験の級の難易度によっても必要とされる時間は違いがあるものの、これをベースにどれぐらいの期間を当てなければいけないのか計算していく必要が出てきます。

級によっても違うFP試験の時間

FP試験の難易度によっても、必要な勉強時間は変わってきます。
FP3級は入門レベルとして設定されていますが、一般的な勉強時間は80時間から150時間と言われています。
一般的というのは、FP3級の試験範囲に該当する内容を始めて勉強するという人です。
特別な知識を持っているわけでもなく、これまでFP試験に関係するような仕事などについていなかった場合、これぐらいの時間が必要だという目安になります。

これらの時間を算出しているのは、ほとんどが通信教育会社です。
多くの実績を持っており、情報も分析できるだけの量があります。

FP2級は、FP3級と比べ難易度がかなり上がります。
受験資格も必要で、一定の知識を有していなければFP2級を受験することができません。
この前提条件の中で、合格レベルにまで至るには、150時間から300時間と考えられてきました。
かなりの時間の違いです。

FP1級になると、FP3級とFP2級の難易度の差と比較できないほど難しい試験に変わります。
FP1級に合格するためには、500時間から800時間の勉強が必要だと言われてきました。
ここまで来るとかなり膨大な時間が必要で、1年がかりの勉強となるでしょう。
計算してみるとわかりますが、1月に80時間ほど確保できたとしても、10ヶ月かかるでしょう。
それも毎日ですから、1年間見てやっとのレベルです。

FP試験は1年間に3回ありますが、これだけの勉強時間が必要となれば、受けるタイミングもある程度決まってきます。
FP3級であれば、余裕を持って取り組めますが、FP2級でギリギリのタイミングになってしまうでしょう。
FP1級となれば、相当余裕をもって取り組まなければいけなくなります。
一年かけて勉強しながらどのタイミングで受験するかを判断しなければいけません。
逆に再受験する場合には、4ヶ月に一度試験があるわけですから、勉強したことを忘れる前にチャレンジできるのです。

このような時間からスケジュールの割り出しをしていかなければいけません。
長丁場の勉強に繋がっていきますので、後から時間が足りなかったなど、失敗しないように設定することが大切です。

FP試験に合格するための勉強時間の割り当て

FP試験に合格するためには、勉強時間をしっかりと使っていかなければいけません。
FP3級の場合には、ひたすら問題を解いているだけでもいいでしょう。
基礎的な知識が身につけば、合格は目の前まで見えてきます。
実際に合格率が70%を超えるような国家資格の試験ですので、そこまで心配する必要はないからです。
それでも不合格者が30%ほどいるのは事実であり、そこに入らないように日々の努力が欠かせません。

勉強方法として考えていかなければいけないのは、初めのうちは知識を身につけることでいっぱいいっぱいになるはずです。
だんだんと慣れてくると惰性で勉強し始めるようになりますが、ここが危険な領域になります。
しっかりと気を引き締めて勉強に取り組まなければいけませんが、大事なことは合格するということです。
パーフェクトに答えを出すだけが資格試験ではありません。
満点を取ったとしても、もっと点数がギリギリでも、FP試験に合格したという事実には変わりがないからです。

全て応えられるような勉強は、確かに理想的です。
しかし、そんな時間の余裕があるわけではありません。
さらにFP3級ですら、テキストで全ての範囲をカバーできていないのです。
テキストに掲載されていない内容が出題される可能性は、十分にあります。

狙いとなるのは、FP試験に合格することです。
必要な情報を身につけ、試験になれなければいけません。
勉強の時間としても、後半は過去問をどんどんといて、本試験に慣れる必要が出てくるのです。
これが出来なければ合格はできません。

本試験に慣れるためには、本番と同じ様式で問題を解いていく必要があります。
時間設定も同じようにして、問題に取り組んでいくのが一番の近道です。
実際に出題された問題を相手にするのですから、合理的な時間の対策といっていいでしょう。
予想問題などを使って勉強する方法もありますが、難易度的に時間の使い方を覚えられるとは限りません。
あくまでも予想問題なのであり、本当に出題されたパターンではないからです。

試験の基本ですが、わからない問題は飛ばしてしまいます。
そこで時間を使うだけ無駄な努力となるからです。
目標とするのは合格ラインを超えることで、満点を取ることではありません。
答えのわかる問題をどんどんと進めていき、確実に点数を積み重ねる必要があります。
わからない問題を時間をかけるよりも、この方が合理的なのです。

FP試験の勉強時間を効率化する

FP試験の勉強時間は、非常に長くかかります。
膨大な時間を過ごすことになりますが、どうしても間延びしてしまったり忘れてしまうこともでてくるでしょう。
そこで重要なのは、勉強時間は常に合理的で効率化する方法をとらなければいけません。

効率化するポイントとしては、テキストで勉強しているよりも、過去問を中心にすることです。
過去問を中心にする理由は色々とありますが、何よりも出題実績があるというところがポイントになります。
出題実績があるということは、間違いなく問題として使われたという意味です。
過去問を繰り返して取れている間に、同じような形式の問題にあたることがあります。
それも頻繁に出てくるような問題がFP試験にはあり、これを頻出問題と呼んでいるのです。

資格試験ではよく使われる方法ですが、この頻出問題をうまく活用するために過去問が大切になります。
過去問を繰り返している間に情報が積み重なり、どのような頻出問題が出されていたのかがわかってくるからです。
出題実績のある過去問でなければこの情報は分かりません。

頻出問題がわかると、これを落とさないように勉強していくことになります。
他の部分よりも、頻出問題の範囲を抑えなければ、せっかくの点数を取りこぼしてしまうことになるからです。
勉強の時間という面でも、合理的かつ勉強時間を効率化できる方法と言えるでしょう。

FP試験の場合、どの級でも頻出問題が、かなり出てきます。
いくらは膨大な範囲を抱えていても、問題にできる部分はある程度限られてくるからです。
それでも範囲は広く、どのように勉強して覚えていくのか考えなければいけません。
頻出問題はその中でも大事な手がかりになるのは、勉強している間に誰でも理解できるようになります。
むざむざ落とす必要はない点数と言えますので、勉強時間を限りなく効率化できる大事なヒントとなるのです。

まとめ

FP試験に対する勉強や試験の時間の使い方は、どんどん繰り返して身につけていくのが一番です。
勉強時間の効率化のカギを握る過去問に関しても、繰り返して勉強していくと先が見えてきます。
試験の時間の使い方に関してもこれは変わりません。
FP試験に合格するためには、どれも繰り返し続けていくしかないのです。
時間の流れに飽きてしまうようなことも出てきますが、これに負けずにチャレンジ精神を持って取り組んでいけば合格が見えてくるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。