保険業務のスペシャリスト!FP資格とは

FP資格の保持者が多いファイナンシャルプランナーが、お金に関するスペシャリスト止めます。
FPの資格には1級から3級まで存在し、民間資格で国際資格でもあるAFPやCFPが存在しており各所で活躍している状況です。
日本では保険のスペシャリストとしてもファイナンシャルプランナーは知られるようになりました。

よく聞くようになったFP資格とは

FPの資格はだんだんと浸透してきており、テレビのCMなどでも名称が出てくるようになりました。
知名度が上がってきた理由は色々とありますが、何よりも保険業界で活躍する人が増えたのは大きな影響があったのは間違いありません。
テレビのCMなどでも伝わってくるファイナンシャルプランナーの活躍している状況は、ほとんどが保険業界だからです。

ファイナンシャルプランナーはお金のスペシャリストなのであって、保険業務はその中の一つです。
様々な運用がリスクに対する知識を持っており、仕組みを理解しています。
土地・不動産に関することや財産の管理、相続にまで知識が及ぶため、様々な相談を受けながら、適切なアドバイスを返すことができるのです。
ファイナンシャルプランナーは、保険業務だけを扱っているわけではなく、様々な知識を持って活躍しているプロだと言えるでしょう。
その知識の証明となるのが、FPの資格です。

FPの資格試験には、6つの試験科目が存在しています。
ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継の6つです。
その中でもリスク管理は、普段生活している中で起きるような問題に対してどのようなリスクマネジメントをするのか考えていかなければいけない科目になっています。
生命保険や損害保険の活用方法もこの中に含まれているのです。

リスクマネジメントは、非常に難しい内容を持っています。
リスクは全ての人にも同じように訪れるものではなく、それぞれ環境が異なるため、違いがあるのです。
個々の内容に対し、どのようなアプローチをして提案をするのか、その能力が問われると言えるでしょう。
こうした勉強をしてくるFP資格だからこそ、保険業界でも多くのファイナンシャルプランナーが活躍しているのです。

FP資格とはどこで活躍

FPの有資格者は、保険業界の他色々な場所で活躍しています。
有名なところでは、金融業界が挙げられます。
FPの資格がお金に関する知識を持ち、運用などに対してアドバイスを送ることに役立てられるのが基本です。
金融業界は、運用が基本となるため、顧客がどのような方法を選択すると価値が高まるのか、リスクが低いのかなどをアドバイスしていきます。

活躍する場所は色々とありますが、大きく分けると勤務型の企業型FPと独立系のFPに分かれます。
企業FPは、保険会社を含め金融機関や不動産会社などで活躍しているFPのことです。
企業に勤めながら、FPの資格を有効に生かしていると言っていいでしょう。

それに対して独立系のFPは、自分で事務所を構えています。
他の企業の営業をしていることもありますが、経営者であり、様々な商品引に対してFPの資格を活用しているのです。
商品の販売手数料の収入が基本となりますが、コンサルティング料や顧問料といった収入もあります。
仕事量に応じて収入が変化しやすいというのも、独立系FPの特徴です。

勤務型の企業系FPの場合には、その企業のカラーが色濃く出てきます。
保険会社であれば、自社の商品や取引できる内容がはっきりと出てくるのです。
他社の商品などは取り扱えないことがほとんどでしょう。

独立系FPの場合には、取引先によって扱える商品に広がりがあります。
なんでも扱えるわけではないものの、自己の判断によって選択肢が広がるところに違いがあるのです。
これは金融商品だけではなく、セミナーやコンサルティングといったことに関しても同様です。

FPの仕事としてみた場合にも違いがあり、勤務型の企業型FPは、ある程度仕事の内容が絞られてきます。
自分の担当している仕事に集中するといったところになるでしょう。
それに対し、独立系FPは経営者ですので、様々な仕事をこなしていかなければいけません。
顧客の相談に合わせて様々なアドバイスをしていきますが、他にも自社の経営に関することも必要です。
多くの仕事をしなければいけない反面、それだけの経験を積む機会が多いため、勤務型の企業系FPとは違った信頼関係も築けます。

FP資格とはだれでも取れる?

FPの資格は、上位になると受験資格がいろいろと出て行きます。
誰でも取得できるようなものではなくなり、経験や実績がないと取得ができません。

FPの資格は段階的に作られており、受験資格が存在しないFP3級があります。
FP3級は誰でも受験することが可能で、学歴などの縛りも存在しません。
難易度も非常に低く、70%近い合格率も見られる国家資格です。
誰でも合格できるというわけではありませんが、初めて勉強する人が受験するにはぴったりと言っていいでしょう。

問題はこのFP3級は資格として役立つかどうかです。
FP3級とは、ファイナンシャルプランナーのことを始めて勉強する人がターゲットであり、役に立つかどうかというレベルではありません。
FP3級の必要性は、FP2級へステップアップするためにあります。
試験範囲は個人が対象ですが、FP2級になると企業も範囲に入るのです。
しかし、根本的な試験範囲はFP3級が基本であり、この先もほとんど変わりません。

FP3級は、誰でも取得できるレベルとはいえ、一部の人は落ちているのも事実です。
全く勉強もせずに合格できるほど簡単というわけではなく、知識を身につけなければ誰でも取得できるほど甘いわけでもありません。
全くゼロの段階で合格できるほどのレベルではないのです。

FP3級に合格するためには、初学者で150時間程度は必要だと考えられています。
150時間といえば、1日3時間ずつ勉強しても1か月、無理なく2時間と設定して1か月半はかかるのです。
それも毎日勉強する時間を作って、この時間になるのですから、忙しい人にとってはかなりの負担になるでしょう。
知識がある人でも、試験の問題に合わせて答えられるようになるまで、1週間はみなければいけません。
ここから見ても分かる通りに、資格試験としては高いレベルではありませんが、誰でも無条件に合格できるわけではないのです。

FP2級になると、受験資格がいろいろと出てきます。
FP3級もその一つですが、AFPの講座を受講するといった方法もあります。
資格学校などでは通信教育でこの方法を推奨していたりもしますが、FP3級という基礎知識がないまま受験することになれば、FP2級の難易度が跳ね上がるのです。
もちろんAFP講座で多くの勉強はしますが、本試験とは異なります。

FP2級の場合には、きんざいから団体試験で受験する方法もありますが、やはり緊張感という意味では違いがあるでしょう。
自分で申し込み合格しようという意思があって、はじめて先が見えてきます。
つまり、合格しようという意志がなければ、FP2級でもFP3級でも、高確率がいくら高くても合格することはできないのです。
FP3級とはそれほどの意味があります。

FPとは食える資格なのか

FPとは、高い知識を持って活動するファイナンシャルプランナーのことです。
ファイナンシャルプランナーとして、FPの資格を取得したりしますが、必ずしも資格が必要というわけではありません。
FPの資格がなくても、ファイナンシャルプランナーとして活動は出来るのです。

しかし、顧客のお金を扱う仕事として、どのような形で信頼を得られるのか考えてみる必要があります。
保険のスペシャリストとして仕事を依頼しようと考えたとき、何を基準に依頼するのかがポイントです。
まずは保険会社かどうかで判断するでしょう。
保険会社ではないところに依頼しても、安心して保険が組めないからです。

次に担当者はどのような人かにいるはずです。
自分の保険を依頼して行くのに、担当者が誰だかわからないそれは安心できません。
お金をかけてリスクに対応をするのですから、担当者が不安のある人では意味がないのです。
もちろん、その保険会社の人かどうかは基本ですが、資格などを持って話してくれているかどうかを名刺などで判断するはずです。
FPの資格はここで役立つといっていいでしょう。

保険のスペシャリストとはどんな人なのか、判断できる要素はそこまで多くありません。
保険会社の中で四角があったとしても、それがどんなものなのか判断するのは容易ではないはずです。
そこで公的な資格としてFPの資格を持っていれば、少なからず安心感が出てきます。
信頼できるのは、それだけ知名度が高まってきた資格となったからです。

現在のFPの資格とは、形だけであるのは確かです。
独占業務を持たず、名称の独占といってもファイナンシャルプランニング技能士やAFP、CFPといった部分しかありません。
ファイナンシャルプランナーという名称ですが自由に使えるのです。
この状況の中で、しっかりと差別化を打ち出すためには、有資格者である必要があるでしょう。

資格が食べさせてくれる仕事も世の中にはあります。
しかし、FPとは、のものが食べさせてくれるのではなく、信頼性と運用する力を持って食べられる資格なのです。
保険のスペシャリストとして活躍するためにも、FPの資格と知識を活かして活動することが大切でしょう。

まとめ

保険業務のスペシャリストとしてFPは知られるようになりました。
資格を取得して、将来の糧にすることもできます。
独立開業を目指していくのも良いでしょう。
それだけの将来性を持つ資格ではあるものの、自分自身が資格をどのように活かすのかが重要になるのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。