FP資格を取得するとメリットがいっぱい!

FPの資格には、様々なメリットがあります。
魅力的な資格のひとつであり、日常生活に役立つ部分も持っているのが特徴です。
知名度が上がり知られてきた部分も多くなりましたが、どんなメリットがあるのか一度考えてみると、取得も視野に入れられるでしょう。

FPの資格をとるとどんなメリットがあるか

FPの資格とは、ファイナンシャルプランニング技能士と呼ばれる国家資格が相当します。
もう一つ民間で国際資格となっているAFPとCFPも同様に扱われてきました。
ファイナンシャルプランニング技能士は1級から3級まであり、多くの人を対象にしています。
難易度の設定もいろいろと作られているので、ステップアップしやすいところも特徴です。

FPの資格は、独占業務がありません。
国家資格の多くは、その資格を有したものしかできない仕事が設定されていたりします。
これを独占業務と呼びますが、FPには存在していないのです。
名称の独占ではあるため、だれでもファイナンシャルプランナーとして活動できますし、仕事は制限されませんが、ファイナンシャルプランニング技能士と名乗れません。
これがFPの仕事やメリットを考えるうえで大きなポイントになります。

独占業務は存在しませんが、自分の能力を高めることができます。
これが大きなポイントで、お金に関する知識を体系的な形で身につけられるのがFP資格の特徴です。
一般的な生活をしていると、お金に関する様々な問題が出てきます。
それらを解決するためには、多くの知識が必要になるのは間違いありません。

例えば保険にしても、どのようなものなのか、本当に必要なのか判断するのは容易ではないはずです。
その時にファイナンシャルプランナーに依頼して、ライフプランを立てて、必要な保険はどの程度なのか、掛け金などからも判断していくことが増えました。
その能力を身に付けられるのが、FPの資格であるといっていいでしょう。
これが大きなメリットとなります。

現在の日本の情報量は、世界でも有数の規模になるのは確かです。
インターネットを使い様々なことが調べられますが、全て断片的な情報なのが問題となります。
この情報をつなぎ合わせて判断しなければいけないものの、断片情報が多すぎて体系的に判断するのが難しいのです。
その中でFPの資格により、全体像を把握しながら判断ができるようになります。
これが独占業務がなくてもFPの資格のメリットであり強みであると言っていいでしょう。

FP資格が仕事でもメリットを

FPの資格はさまざまなメリットを生み出していきますが、実際の仕事においても色々とプラスされる能力が身につきます。
特に仕事の実践という意味では、FPの資格はかなり役立つ部分を持っているのは間違いありません。
勘違いされる部分もありますが、資格を取得したことによってデメリットになるものは何もないでしょう。
それだけの力を身につけた証明として資格があるのですから、持っていて損になるものはないのです。

仕事を見出すのは、様々なデータを読み判断する力が身につきます。
企業には多くのデータがあり、そこには眠っている情報もたくさん存在しています。
その中から必要な情報を抜き出し分析する能力は、FPの重要なポイントです。
これは単純に経営されている会社のデータだけではなく、会社四季報などから分析できます。
単純に分析するだけではなく、そこから活かす能力に関してもFPの資格で学び身につけていくのです。

簿記などの能力ほどではなくても、確定申告書の計算などもFPの資格の範囲に入ります。
源泉徴収票をどのように見るかなど、一般の生活でも重要なポイントはいくらでも出てくるでしょう。
こうした能力を活かし、ライフプランなどを立てられれば、顧客に対してさまざまなアドバイスができるようになるのです。
これを仕事で活かせるかどうかは、資格の有無ではありません。

FPが独占業務を持たない資格であっても、取得までの過程で多くの能力を身につけていきます。
FPの資格が仕事を取ってくれるのでも仕事をしてくれるのではなく、その能力を活かしていくことが最大のメリットです。

独立してFPの資格を活かす方法もあります。
どのような仕事の展開をするかによっても違いがありますが、適切なアドバイスを送るという意味ではFPの資格は役立つのは確かです。
特にファイナンシャルプランナーという存在が認知されるようになり、しっかりと資格を取得し看板として持っているのは、信用の違いが生まれます。

自分でお金の相談をする相手がどのような人がいいのか考えてみると良いでしょう。
よく知ってる人ならまだしも、初めて依頼するとなれば、その人の顔を見て判断するより、まずは資格を持って活動しているかどうかでスタートしていきます。
その資格を活かしているかどうかはその人次第ですが、第一関門として身を得られるかどうかが、FPの資格が持つメリットです。

FP資格を勉強するメリット

どんな資格であっても、取得するまでには相当な勉強を繰り返していかなければいけません。
勉強なくして資格の取得ができる理由がないからです。
何の知識もなく合格できるほど、FPも甘くはありません。
FPの資格を活かすメリットにもつながりますが、お金に関する内容を常に勉強していかなければ合格できないのです。
ここが資格を活かすためにも大きなポイントになるでしょう。

勉強するという意味では、社会に出てからどこかにゴールがあるわけではありません。
すでに上を目指して進めていかなければ、社会という荒波に飲み込まれてしまうかもしれないのです。
FPの勉強をするのは、単に資格を取得するだけではなく、自分にそれだけの能力を身につけるきっかけとしなければいけません。
もちろん、合格できれば看板として強みを発揮できます。
それ以上の知識を持たなければ、独占業務を持たないファイナンシャルプランナーとしては活躍できないのです。

勉強する事により、自分のモチベーションを高められるのもメリットです。
FPの勉強にはきりがありません。
法律も常に変わって行きますし、トレンドとなるようなお金に関する考え方や商品も変化が出てくるからです。
その情報に対して常にアップデートを繰り返し、お客様に返していかなければいけません。
能力を身につけるためには、日々の勉強しか方法がないのです。

FPの資格の勉強をするというのも同じで、常に新たな勉強を繰り返していかなければ上位の資格を目指すことができません。
CFPの資格のように、勉強をして取得しても業務で活かしていかなければ、更新ができない仕組みを持っています。
そのため、ファイナンシャルプランナーとして常に勉強と努力が欠かせないのです。

この能力は、必ず顧客にメリットとなって現れるでしょう。
勉強していることが報われる瞬間です。
自分自身のメリットを考えるだけでは、FPとしては不十分と言えます。
そのための勉強であり、努力を続けて行かなければ FPとして資格を活かしてはいけないのです。

FP資格が将来へのメリットを生み出す

FPの資格の勉強をして取得すること自体が、メリットを生み出していきます。
資格を取得する行為自体が、将来へつながる力になるのは間違いありません。
FP3級からスタートしたとしても、FP2級から上の範囲とそこまでの違いがないのが試験範囲の特徴です。
非常に広い試験範囲を持つため、ステップアップを考えていく限り、常に世界が広がっていきます。

広い範囲を勉強している間に様々な出会いもあるでしょう。
これまで知らなかった分野の内容を勉強したり、仕事で使ったりすると、興味がどんどん広がっていきます。
これまで知らなかった分野が明るく見えた瞬間に、新たな道も見えてくるのです。
これが転機となり、また違った将来が切り開かれるかもしれません。
チャレンジする精神を養うのもFPの近くのメリットです。

資格を取得する際にも、これから新しいことにチャレンジしてみたいという人は、FPにぴったりの素質を持っています。
学生でも社会人でも、将来につながる第一歩を踏み出したいと思った時に、FPの知識は必ず役に立ってくれるからです。
お金に関する知識は、営利を目的とする仕事である以上どこかで関係してきます。
その能力を高めていけるのですから、メリットがあるのは間違いないのです。

お金に関する知識を持つのはFPの特徴ですが、これがマネーリテラシーにつながる点も将来へのメリットになります。
マネーリテラシーとは、お金に対する運用能力を意味している言葉です。
日本人の欠点とも言われますが、効率よく資産を増やしていくためには、マネーリテラシーが欠かせません。
この能力を持つのが、FPの最大の武器と言ってもいいでしょう。
現代人には欠かせない能力と言い換えても問題ありません。

資産を効率よく増やすというのは、投資をするというだけではなく、安全に貯蓄していくというのもマネーリテラシーの一つです。
リスクを理解し、しっかりと貯蓄するというのも大切です。
将来に対して資産を効率的に運用できる能力は、とても意味が出てきます。
特に日本人は気に関する基本知識ね足りないと言われているのですから、将来に向けてFPの資格を活かせるのは大きなメリットになるのです。

まとめ

FPの資格を取得するメリットはそれぞれ違います。
資格自体にメリットもありますが、それ以上にどのように活かすのかというポイントが大切だからです。
活かし方も考え方も違いますが、勉強して身に付けた知識は決して裏切る事がありません。
社会を生きる上で、マネーリテラシーの重要性はどんどん高まっていきます。
その知識を将来に生かしていけるのですから、FPを取得していくメリットは十分にあると言えるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。