FP資格をGet!仕事に活かす!

FPの資格をGetして、仕事に活かそうと思うのは建設的な考え方です。
資格には重さがありません。
いくら取ったところで重くなり動けなくなるような事態も起きないようですから、勉強してFPの取得を目指すのは有効です。
その上で仕事に活かす方法を考えてみると、さらに活用の幅が広がっていくでしょう。

FPの資格をとってどんな仕事につながる?

FPの資格は、かなり知られるようになってきました。
どんなことをする仕事なのか、以前は知らない人が大半を占めていたのです。

FPの資格を活かせる仕事には色々と形があります。
その一つとして社内FPと呼ばれる存在が注目を集めるようになりました。
社内FPとは、独立開業するのではなく、企業の中で資格を活かして働く方法です。
企業がその資格を認知し役立てられるような仕組みを作らなければ意味はありませんが、効果的な手法として取り入れるところが増えてきています。

社内FPの大きな仕事は、従業員向けのライフプランセミナーをはじめとする業務の他、細かな相談を受けるなどが挙げられます。
ある程度大きな企業でなければ対応できなそうに見えますが、中小企業でも重要性が高まってきているのは間違いありません。
相談を元にキャッシュフローを作成しながら、どのように活用していけばいいのかアドバイスを贈ります。
同じ従業員の立場として対処できるため、分かりやすく説明できるのは強みと言っていいでしょう。

ライフプランといってもいろいろな考え方があり、マイホームを建てたいというのもその一つです。
そのためにはどのようなお金の運用方法を考えるべきか、FPの資格を持っていると、わかりやすく説明でき、伝えやすくなっていくのです。

社内FPとしての活躍の方法もありますが、業務として活用する方法もあります。
保険業務が代表的ですが、お客様からの相談を受け、マイホームなどのプランニングをするのも仕事のひとつです。
住宅営業に欠かせない資格のひとつで、どのようなプランニングによってマイホームが実現できるのかお手伝いしていきます。
単純にマイホームだけではなく、資産としてどのように守っていくのかといった危機管理に関するアドバイスもFP資格の所有者が得意とするところです。
大きなリスクがいくつも起こる昨今では、重要な業務の一つとなってきました。

独立開業するのも一つの方法で、お金を始め保険や土地に関することなど、多くのアドバイスをすることができます。
単独でFPの資格を活かすだけではなく、ダブルライセンスで泡を広げる方法も考えられるでしょう。
非常に多くのお仕事に行かせるのがFPの資格の特徴なのです。

FP資格が重要な意味を持つ仕事

FPだからこそできる仕事も色々とあります。
基本となるのは、FPには国家資格ですが独占業務は存在していません。
FPでなければできない仕事は存在していませんが、FPの資格所持者だからこそできるアドバイスがあるのは間違いありません。
それだけの高い知識が必要となる資格ですので、能力をうまく活かしていけば仕事にも広がりを見せるのです。

お金に関する知識を持つFPの資格は、資産に関する情報分析が得意分野です。
生きている間には様々なライフイベントが発生していきますが、それに合わせて資金計画を立てたりするのがメインの仕事といってもいいでしょう。
そこで活かせる仕事は何かと判断してみるのが、重要な意味を持ちます。

最も意味が出てくるのは、保険業界であるのはよく知られています。
保険業界では本当に必要な保険商品はどれか、その人に合わせて選択していかなければいけません。
そのためライフプランを立てる能力の持つFP資格は、重要な役割を果たしてくれます。
これは、不動産業界でも同じような事が言えるでしょう。
キャッシュフローを立てたりして計算するのは、お金の出入りをしっかりと把握して無理のない運用方法を考えるためです。

銀行や証券会社、投資顧問といったところでも利用されてきてるのは、個人だけではなく企業のお金の出入りといったところまでFPの範囲が及ぶからです。
営業や経理などを中心に資格が活用されてきていますが、資格を取得しているだけではなく、その知識は経験を活用することが求められると言えるでしょう。

お金の動きという点では、プライバシーに直結する問題とも言えます。
人には知られたくないような内容も色々と含まれており、単純に話ができるとは限りません。
それでも正確な資料を作成するためには、少しでも多くの情報が必要です。
精度の高い情報で分析していく必要があるため、信頼関係を築かなければできない仕事とも言えます。

FPの資格を持っていることで、何も持たずに仕事をするよりも遥かに信用されやすくなるのは確かです。
FP自体が認知されるようになり、この信頼関係も築きやすくなりました。
それでも、FPの有資格者が個別に信頼関係を築けるように努力していくことが大切でしょう。

仕事とFP資格のステップアップ

仕事の内容によっては、様々な資格が必要になってきます。
FPもその中の一つであるのは間違いありません。
将来的なことを考えた場合、ステップアップを目指していくのも方法です。
FPには段階に合わせて資格が設定されておりステップアップを目指せるからです。

ステップアップを目指す上で、最終的な段階になるのはCFPであるのは間違いありません。
民間資格にはなりますが、国際資格であり世界中から認知されているという点では、CFPは非常に大きな価値を見出してくれるからです。

CFPの認知という点でもかなり変わってきました。
日本でも多くの人がCFPの存在を知り、価値観を認知されるようになってきています。
企業の中でもCFPの存在は大きなものとなり、他のFPの資格とは違いがあることを認識するようになったのです。
もちろん、国家資格であるFP1級の存在も大きなものではありますが、CFPの方が世界的な人気という面でもステップアップを考える上で強みがあるでしょう。

ステップアップをするというのは、何も資格の名称だけの問題ではありません。
ハイレベルの資格を目指すことは、多くの勉強をしなければいけなくなります。
現在持っている知識だけで、ハイレベルの資格が目指せるというほど甘いものではないからです。
勉強をしていくことにより、様々な知識を身につけますし、改めて理解する内容も出てきます。
このチャンスを得るのも、ステップアップの特徴です。

ステップアップは、状況によっては周囲にうまく認識されないことも出てきます。
ハイレベルの資格を取得し、ステップアップしたからといって、給料などに似合わないことも出てきます。
資格手当などが支給されない状況も考えられますし、独立している場合でもうまく認知されない可能性もゼロではありません。

ステップアップする上で大事なポイントは、自分でその資格や能力、努力を生かすことにあります。
様々な活動により、資格を取得した事がうまく働く場面が出てくるでしょう。
その努力を続けていかなければいけません。
結果として、自分の中でも周囲の認識でもステップアップした事の違いが発揮されていくのです。

FPでもこの事実は変わりません。
FPの中で資格の看板に変化が生まれてきますが、物理的な変化はこれだけです。
しかし、意識的な変化は大きな違いが生まれてくるのですから、仕事をする上でステップアップを目指すのは大切なことと言えるでしょう。

FP3級資格でも仕事に生かせるのか

FPの資格には3級から1級まであります。
民間資格のFPでもAFPとCFPがあり、難易度も異なります。
その中で入門となるのが、FP3級です。
FP3級からスタートする人も多い中、これで本当に仕事に活かせるのか不安になる人も多いでしょう。

FP3級の立ち位置から考えてみる必要があります。
入門として位置づけられているFP3級は、FP2級と同じような試験範囲を持っている試験です。
対象は個人の資産で、法人は試験範囲に含まれていません。
FPの仕事として考えれば個人の資産は重要な意味を持つため、ある程度の仕事の範囲をカバー出来てると言ってもいいでしょう。

問題はその試験の内容です。
非常に合格率の高い資格試験として知られており、国家資格としては飛び抜けた高確率である70%近い数字をたたき出しています。
ここまでの合格率となると、受験した人のほとんどが合格するといってもいいでしょう。
つまり、難易度が非常に低い資格試験だと言えます。

それもFP3級の場合、受験資格が存在していません。
誰でも受験できる資格試験として、これだけの合格率を持っているのは、価値としてみた時には高いものではなくなってしまいます。
例えばFP3級を取得して転職しようとした場合、人事などの担当者は難易度を理解しているでしょう。
誰でも取れる資格として判断すれば、価値があるとはとても言えません。

実務として考えてみた場合にもFP3級では疑問が残ります。
FP3級の知識は、かなり曖昧なレベルです。
試験でもマルバツ問題があり、知識がしっかりしていなくても答えられる可能性が高まります。
範囲としても2級と同じような酷い内容をもちますが、実際に出題されている内容は限定されているのです。
このレベルでは、仕事としては役に立つとは言えないのは間違いありません。

FP3級の使い方としては、ここからステップアップをめざす足がかりにすることです。
FP2級の受験資格にもなりますし、勉強したことは無駄になるわけではありません。
これから先の基礎知識として役立てるとすれば、FP3級の価値が出てくるのです。

まとめ

FPの資格は、様々なところで認知されるようになりました。
知られることで、仕事の内容にも大きな違いが生まれてきます。
資格を取得することにより、仕事の幅も広がるのは間違いありません。
自分の将来を考え取得するというのもFPの魅力となります。
活用できる場があるのなら、取得からステップアップを考えてみると良いでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。