FPは資格の中でも独学でも行ける!勉強方法を解説!

FPは資格の中でも、独学で目指す人が多いことでも知られています。
勉強方法を考えることが大切ですが、他にも押さえておかなければいけないポイントがあります。
高度なレベルでも独学をする人は非常に多いため、どのような勉強方法で乗り切ってきたのか知っておくと良いでしょう。

FP資格は独学でもできるのか

FPを目指す方法は色々ありますが、勉強方法の基本は独学という人が多い資格です。
FP3級の時代から見ていくと、基本は独学で取得する人が大半でしょう。
ここには難易度の問題が出てきます。

FP3級やFP2級の合格率を見ると、50%を超えるのは珍しくありません。
特にFP3級は60%を超える高確率を出す資格試験で、多くの人が合格して行きます。
自分一人で勉強したとしても、そこまで難しくないというのもあるでしょう。

テキストなどを読んでみると、非常に広い範囲が設定されていることがわかります。
これだけを見れば、とても独学で対応できないと思われがちですが、過去問や予想問題を解いてみると、そこまで難しいとは感じないのです。
実際にある程度知識がある人なら、一週間程度を勉強するだけでもうFP3級は合格できます。
初学だったとしても、2ヶ月程度で合格できると言われているのも、独学に向いているポイントと言えるでしょう。

FP2級でも同じようなことが見えてきます。
FP2級はFP3級の延長戦であり、試験範囲も法人を範囲に含んだ程度です。
もちろん、解答方法にも違いがあり、知識も深めなければいけません。
しかし、FP3級である程度知識をつけた人なら、FP2級も独学で対処できる範囲に入るのです。

FP3級やFP2級、AFPに関して言えば、資料が手に入りやすいというのも独学で合格を目指す大きなポイントです。
資格試験として、資料が手に入れば、勉強しやすくなります。
逆に言うと資料が手に入らなければ、教えてもらう人を探さなければいけません。
その点でFPは多くの書籍が販売されており、かなり手軽に手に入れることができます。
資料があるのですから独学でもある程度の知識を身に着けやすくなるのです。

FPを含め資格の独学で陥るジレンマがある

FP資格を独学で乗り切るためには、さまざまなポイントがありますが、何よりもモチベーションを保つというのが大切になってきます。
独学とはその名前の通り一人で勉強していかなければいけません。
たった一人で勉強を進めていくため、分からないことがあっても自分で全て調べる必要が出てきます。
調べて分からないところが出てくれば、疑問のまま残る可能性もゼロではありません。

自分で調べ答えを得なければならない状況は、間違って覚える可能性も出てきます。
間違って覚えてしまえば、本試験でも点数が取れませんし、他の知識に与える影響も出てくるのです。
ただ間違っているだけならまだしも、どうしても答えが見つからない状況が、自分の中で負担に感じてしまうのも出てきます。
こうなると、モチベーションが下がりやすくなり、勉強する方向性も意味も見失ってしまうかもしれません。
資格試験を独学で進める時の大きな問題で、FPだけに起きるわけではありませんが、なかなか教えてもらいにくい内容を保つため、余計に発生する可能性があるのです。

モチベーションが落ちたとしても、資格試験としてはそのままは勉強をすれば何とかなります。
しかし、一人ですので回復させる手段も乏しいのが問題なのです。
下がったものは回復させればいいわけですが、どんどんと悪循環にはまり、抜け出せない状況をもう出てきます。
全て自分自身でやらなければならないことが、重みに感じる日も出てくるでしょう。
これらの条件を全て乗り切らなければいけないのです。

資格試験を独学で乗り切るためには、あまり時間をかけないと言う必要も出てきます。
時間がかかればかかるほどモチベーションが下がる可能性もありますし、自分の知識をチェックする方法も乏しくなるからです。
本来は、自分の習得した知識の量は、常にチェックして行くべきところではありますが、独学だからこそ確認する手段があまりありません。
自分が忘れてしまっているかどうかも、自分で判断しなければならず、どうしても遅れてしまうのです。

これは勉強の手段にも現れますが、自分がやっている方法があっているかどうか、誰かに判断してもらえないのが得策です。
本当にそのままでいいのかどうか、間違った方向だった場合に、自分で気づき修正しなければいけません。
これが遅れてしまうと、資格試験の勉強としては致命的な状態が生まれるのです。

色々な問題が独学にはありますが、分かっていれば乗り越えられるところも出てきます。
どこで乗り越えていくか、どこで判断するのか、細かに自分を見つめなおすきっかけとしてマイルストーンを設定し、独学のジレンマに落ちないことが大切なのです。

FP資格が独学では難しいと感じたら

FPの資格の勉強をしていくうちに、独学で難しいと感じることも出てきます。
何も珍しいことではありません。
それほど難しいことを勉強している事実を理解してしまえば、対処方法は見えてくるものです。
しかし、一人ではその事実に気づくのも難しい場合があるでしょう。
そんな時には、一人で勉強するのを止める方法もあります。

独学をしながら一人で勉強するのを止める方法は、まずは図書館に行ってみるというのがいいでしょう。
図書館に行ってみると、学生だけではなく、多くの人が勉強しようと頑張っている姿が見られます。
人が頑張っている姿を見ているだけで、自分もやらなければいけないという感覚に陥るのです。
その中で自分が勉強していなければ、確実に浮いた姿になるでしょう。
その状況が、自分で変えていかなければいけないと感じるきっかけになるはずです。

環境を変えてみても変わらない場合には、通信教育を利用する方法もあります。
FPの通信講座は色々とあり、添削を受けたりできるようなシステムが整っているのです。
新たな刺激が出てきますし、Web講座なども利用できれば、一人で勉強している感覚から抜け出せるでしょう。
これだけでもモチベーションの変化が出てきます。

お金を払う必要があるので、そのぶん取り返さなければいけないと感じるポイントも重要です。
独学では、最小限の出費で抑えられる代わりに、やめても損失は大したことがありません。
しかし、通信教育を使えば、数万円はかかります。
この出品に対して費用対効果を得られるかどうか、自分で判断するようになるのです。
当然、FPの勉強を独学よりもやらなければ取り返せなくなるため、モチベーションを維持しやすくなります。

実際にモチベーションが維持できないのであれば、資格学校の講座も視野に入れてみると良いでしょう。
周りには同じようにFPの資格を取得しようとしている人達が集まります。
勉強も一人ではないと感じられるでしょう。
最終的に資格の勉強は一人でしか勉強も進められませんが、資格学校の講座は少なくても孤独感を感じることがないのです。

資金的にかなりかかるのは間違いないため、模試などを受けてみるというのもいいでしょう。
その雰囲気を感じるだけでも、独学でFPの資格を勉強をしているよりも、先が見えるようになります。
もうすぐ試験なんだと感じることができるだけでも、モチベーションがアップするでしょう。

FP資格の勉強を独学で達成するために

FPの資格を独学で乗り切るためには、まずはしっかりとしたスケジュールを立てます。
スケジュールに対して無理のないような勉強時間の割り振りをしていきますが、社会人ではできても2時間から3時間が限界です。
休みの日などにぶつけることになりますが、それでも無理をしないようにスケジュールを組みます。

スケジュールを組みながら、自分がどの程度の仕上がりなのかマイルストーンを置いていきましょう。
FPに関しては、過去問も大量に揃いますし、予想問題なども手に入ります。
一般の問題でも本試験形式のものを使えば、いつでもどの程度しやがったのか判断が可能です。
その状態を定期的に繰り返せば、自分がどこまで仕上がっているのかが判断できます。

過去問を基本として勉強している場合にも、普段やっていないような問題にチャレンジすると良いでしょう。
過去問をマイルストーンとするのではなく、一般の問題集をといて見るだけで気分が変わるのです。

独学の場合には、毎日一人で勉強をしていかなければいけません。
FPの資格でも時間をかけて勉強をしていきますが、一人で続けていけば苦しい日もでてきます。
モチベーションが上がらない日には、休みを取るという決断も大切です。
休みをとらなければ、どこかでパンクしてしまう状況も出てくるのは当たり前と言っていいでしょう。

一人では解決できない問題も出てくれば、そこで行き詰まってしまう場合も出てきます。
そんな時には、無理をせず、頭の切り替えをしてみるのも大切で。
現在はインターネットを使えばほとんどのことが調べられます。
FPの資格に関する内容も調べればいくらでも出てくる時代です。
疑問があるものは調べてみるという曲をつけておけば、行き詰まってしまいわからないと言って悩む時間も少なくなるでしょう。

まとめ

独学でFPの資格の勉強をしていると、色々と難しい日もでてきます。
一人で勉強していても、十分に合格できるという事実を思い出し、視点を変えながら続けていくのがポイントです。
発想や思考の転換をしなければいけない時も出てきますので、行き詰まった時には1回頭を休めてみるのも良いでしょう。

FP1級やCFPでも独学で合格してる人はいっぱい存在します。
やってできないような不可能と言われるレベルではないのですから、一人でもくじけず頑張っていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。