AFPの意味や資格とは?AFP資格を取っても意味がない理由を解説

AFPの意味や資格とは、どんなものなのでしょうか。一部の人からは、AFPは「取っても意味がない資格」であると言われることもあります。AFP資格を取得しようと考えている人にとっては、とても気になる部分であるため、AFP資格を取っても意味がない理由を詳しく解説していきます。

AFPの意味とは?

AFPとは、一般的に「AFP資格」のことを意味します。AFP資格とは、「アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー」の略称です。また、AFPの「アフィリエイテッド」とは「提携する」という意味の言葉で、AFPの業務内容にちなんで名付けられたものになります。

AFPは日本FP(ファイナンシャル・プランナーズ)協会が認定する民間資格であり、近年人気の高い資格の1つです。AFP資格取得(認定)には、AFP認定研修(基礎課程)を修了することや、2級FP技能検定に合格することが必須となるため、時間も労力もかかります。

また、AFPは2年ごとに更新をしなければならないため、AFP認定研修や入会金・年会費以外にも都度更新費用が必要になります。そのため、FP技能士と同じような資格であると考えている場合には、注意が必要です。

なぜなら、FP技能士はAFPとは異なる国家試験であり、更新制度のない資格だからです。
更新制度のないFP技能士は、一度資格を取得してしまえば、追加でかかる費用なしに一生涯保有することができる資格になります。

AFPとFP技能士は、名前や資格内容が似ていることから、混同して考えている人も多いため、きちんと内容を区別して認識しておくことが大事です。

AFP資格は取っても意味がないのか?

AFPは資格を取得するにあたり、費用や労力がかさむことから、一部の人たちから「取っても意味がない資格」であると言われているのも事実です。これには、AFP以外にも似た資格である「CFP」や「FP技能士」があることも原因の1つであると言えます。

なぜなら、似寄りの資格であるFP技能士は国家資格であり更新がありません。そのため、FP技能士はAFPよりも手軽で一生涯有効な資格であるため、比較してしまうとAFP資格は費用や労力がかかるだけで、意味がないものに感じてしまうのです。

また、CFPはAFPと同様に更新制度のある民間資格ですが、AFPが国内だけしか有効でないのに対し、CFPは海外でも有効な世界基準を満たす資格になります。CFPは資格取得をするには、とても難易度が高いものではありますが、資格を取得することにより得られる恩恵が多いことから、「AFPよりも意味がある」資格であると認識されています。

このようなことから、AFPはCFPと比較した場合にも「意味がない資格」であると感じてしまうことが多いのです。ただし、CFPを取得するには、AFP認定は必須です。そのため、CFP資格の取得を目的としたAFP認定は「意味がある」と言えるでしょう。

AFP資格を取っても意味がない理由

一部の人が言う「AFP資格を取っても意味がない」には、いくつかの理由があります。AFP資格を取っても意味がない理由としては、「転職や就職の際にあまり役に立たない」からです。

一般的に資格とは、「取得をすることにより転職や就職に有利になるもの」であると考えられています。しかし、AFPやFPの資格は、資格を取得したからといって、一概に転職や就職に有利になるものであるかといえば、そういうわけではありません。

ただし、一部の職種(金融関係・個人向け投資など)においては、AFP資格は有効で意味があるものとなる場合はあります。ですが、一般的にAFPは転職や就職自体に有効となるものではないことから、取っても意味のない資格であると思われてしまうことが多いのです。

また、じつはAFPやFPは、「他の国家資格に比べ難易度が低い」資格です。会計士や司法書士・不動産鑑定士のような、難易度が高い国家資格の合格率が1桁台なのに対し、2級FP技能士(AFPと同レベル)は40%前後とかなり高い合格率になります。

この理由は、AFPやFP資格の必要知識領域が、他の専門知識(社労士・証券・税理士・不動産および宅建など)の寄せ集めであるからです。そのため、AFPやFPはどうしても他の専門資格と比較して、浅く広くな知識となってしまうことから、「取っても意味がない資格」であると思われてしまうのです。

他にも、AFPやFP資格は、「会社の実務向きではない資格」であるため、意味がないものであると認識されてしまうことも多いです。AFPなどの実務に活かせない資格は、取得をしたところで年収が上がるなどの、目に見える効果を得ることができないために、「意味がない資格である」と言われてしまう傾向があるのです。

ただし、銀行などの金融商品を扱う機関においては、AFPやFPを取得することにより、昇進する可能性があるので、取得する意味があるという場合もあります。

さらに、AFPが「役に立たない・意味がない」と言われる一番の理由は、AFPを取得することにより、場合によっては「マイナスになってしまう」からです。一般的に資格を取得するのは、就職や転職に有利であることや、年収が上がる・昇進する可能性があるなどの、「何らかのプラスの意味がある」からが理由です。わざわざ時間や費用・労力を使ってまでも、取得することによりプラスの効果が見込めると思っているためです。

しかし、AFPに限っては、収入アップの見込が少ないにも関わらず、資格取得までに時間や費用がかかる上に、2年ごとの資格更新費用や毎年の年会費など、AFP資格を維持するためのさまざまな費用もかかってしまうのです。

そして、AFPやFPには、名乗っている業務を独占する資格がないのも、資格取得に意味がないと思われる大きな要因の1つです。通常の国家資格の場合には、「独占業務・専売特許」があるものが多いです。弁護士や税理士、公認会計士などは、その道のプロフェッショナルかつ、資格保有者でなければ仕事を請けることや、名称を名乗ること、業務を独占することはできません。

ところが、じつはAFPやFPには、このような独占業務はなく、ファイナンシャルプランナーという職種は、「必ず資格を取得しなければいけない」といった決まりはありません。したがって、ファイナンシャルプランナーの業務自体に関しても、AFPやFPが独占することはできないのです。

さらには、一応「FP技能士」に関しては、名称独占資格ではあるものの、職種のくくりである「ファイナンシャルプランナー」に関しては、AFPやFP資格がなくても名乗ることができます。つまり、「ファイナンシャルプランナーとして働くことに関しては、AFPやFPの資格がなくても働くことが可能」なのです。

このような現状であることから、わざわざ時間や労力をかけてまでAFPになる意味はない、と思う人の方が多いのでしょう。このように、AFP資格は取らなければ絶対に「ファイナンシャルプランナーとして働くことができないというものではない」ありません。そのため、「AFPは取っても意味がない資格である」と多くの人に言われているのでしょう。

AFP資格を取る意味がある人

AFP資格を取っても意味がないという人が多い一方で、AFP資格を取る意味がある人もいます。それは、すでに「社労保険労務士」や「行政書士」などの資格を所持している人です。社労保険労務士や行政書士の資格を持ち、すでに業務を行っている人の場合には、AFPを取得することによって、提案業務の幅が広がるからことから「取る意味がある」と言えます。

また、CFP取得を最終的な目標としている人に取っても、AFP取得は意味のあるものです。CFPを取得するには、AFP認定を受けることが最初のステップであるからです。AFP認定後にCFP資格の審査試験6科目を合格、CFPエントリー研修を修了したのちに、3年以上の実務経験を積むことにより、CFP試験を受験することが可能になります。

さらに、CFP試験合格後5年以内に登録申請をし、CFP認定をされることによって晴れてCFP認定者を名乗れるようになるのです。このような経緯がCFPになるためには必要なので、CFP取得を目標としている人の場合には、AFPは意味のある資格であると言えるでしょう。

他にも、「これから起業したい!」という人の場合には、AFP資格は取る意味があると言えます。AFPは生活設計や資産計画を立て、資金面の目標実現を提携する業務内容であるため、個人だけでなく「会社の資金管理にも役立つ資格」であるからです。そのため、AFPを取得する際に学ぶお金に関する知識は、自分が起業する際にも活用することができます。このようなことから、起業願望がある人にとってはAFP取得は大いに意味があり、実際に役立つスキルとなるでしょう。

起業したいと考えており、何らかのFP資格の取得を検討している人の場合には、AFP取得も選択肢の1つとして考えてみることをおすすめします。

まとめ

AFP資格は、費用や労力がかかる資格であるにも関わらず、活用できる期待値が低いことから、取る意味のない資格であると思われがちです。しかし、起業したいと思っている人やCFP取得を目標としている人、社労保険労務士や行政書士ですでに業務を行っている人などの場合には、大いに役立つ意味のある資格です。

AFP資格の取得を考えている人は、周囲の意見に左右されるのではなく、自分がどんな目的でAFPを取得するのかを、まずはじっくりと考えてみる必要があるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。