AFP認定研修の提案書の作成方法と注意するべき点

AFP認定研修の修了時には、顧客を想定した提案書の作成が課題となります。AFP認定研修の提案書とは、問題で出される想定顧客に対してプランを作成し、実際に使われる提案書の形を完成させなければいけません。AFP認定研修の提案書を作成するためには、提案書の作成方法や注意点するべき点などを事前におさえておくと良いでしょう。

AFP認定研修を修了するには提案書の作成が必須!

AFP認定研修とは、AFP資格を取得する上で必ず受講しなくてはいけない研修であり、AFP認定研修修了には提案書の作成が必須です。AFP認定研修修了時に、課題で出される顧客に対する提案書(ファイナンシャル・プラン)を作成し、基準点をクリアすることができなければ、不合格となります。

AFP認定研修の提案書の内容は、「顧客の希望にそったファイナンシャルプラン」を作成し、わかりやすくまとめていきます。ほとんどの場合、AFP認定研修の内容を理解していれば、提案書作成も問題なくクリアすることができるので安心して挑みましょう。

AFP認定研修の提案書作成手順

AFP認定研修の提案書を作成するには、まずはじめに出題された「課題内容をチェック」していきます。課題には提案書の作成手順も明記されているので、その順番に従って記載していくだけで簡単に提案書を作成することができます。

例としてチェックする内容は、「家族構成」「預金・月収などの金融資産」「住宅ローンや車のローンなどを含む借り入れ状況」「加入している保険の種類」などになります。出題された課題を見て、課題内の顧客の現状の改善点を見出し、提案書にまとめていきます。

課題の内容はそのときによりさまざまであるため、作成する提案書も内容により異なります。

課題内容をチェックし把握したら、「キャッシュフロー表」を作成します。キャッシュフローとは、「現金の流れ」という意味で、収入から支出を差し引いたときに、手元に残る残金(資金)の流れのことを指します。このキャッシュフロー表を作成することにより、現状の問題点の改善ポイントが浮かび上がるため、AFP認定研修の提案書作成においてはとても重要な部分になります。

実際のAFP認定研修修了試験においては、キャッシュフロー表が解答用紙についているため、そのまま数字を入力していくことで作成することが可能です。AFP認定研修修了試験では、このキャッシュフロー表を作成する時点で問題点を見つけ出し、改善するための提案書を作成していきます。AFP認定研修で作成する提案書は、さまざまな構成をもとに作成する必要があります。

AFP認定研修の提案書の構成は、表紙、目次、前書き、現在の状況、改善前の将来予測、現状の問題点、問題点に対する改善策、解決策導入後の効果、プランの注意点などになります。これらの構成を組み込んだ上で、AFP認定研修の提案書を作成していきます。AFP認定研修の提案書は内容も重要ですが、見やすく整っているかも合否に関わるポイントになるため、表なども適宜取り入れながら作成しましょう。

また、AFP認定研修の提案書作成においてもっとも重要なのは、「問題点に対する改善策の提案」です。提案書には、現状赤字になっている数値を改善し、顧客の希望が叶えられるプランを作成しなければいけません。AFP認定研修における提案書作成では、顧客の希望を叶えるために最低限必要なものだけを取り入れた改善策を提案することが最適です。

なぜなら、今回の提案書は、あくまでもAFP認定研修の修了において必要な課題であるため、完璧なプランを作成する必要はないからです。また、提案書における「解決策導入後のキャッシュフロー表」は、赤字がなくなれば完成です。数字のズレに敏感に反応してしまう人も多いですが、AFP認定研修における提案書作成は、提案書の構成や作成の流れを理解しているか合否を判断する上で重要なポイントになります。

そのため、AFP認定研修の提案書では、数値を細かくチェックすることはないので、完璧に数字のズレを修正する必要はありません。

そして提案書の最後には、今回作成した「プランの注意点」についてを記載していきます。AFP認定研修の提案書におけるプランの注意点は、「顧客へのファイナンシャルプランのアドバイス」「家族構成や経済状況の変化により、再度プランの見直しが必要になる点」「定期的なプランの見直し」などです。

AFP認定研修における提案書の作成は、実際に顧客に相談されたことを想定し、シミュレーションしたものを提出書として作成できるかを重要視しています。提案書作成における一連の流れをきちんと理解し、課題顧客の想定・シミュレーションすることにより、より良いAFP認定研修の提案書として作成することができます。AFP認定研修を無事修了させるためには、最後まで顧客の立場になり、提案書を作成をしていくことが大切です。

AFP提案書は日本FP協会の「提案書作成ツール」を参考に

AFP認定研修の提案書を作成するときには、日本FP協会がHP上で提供しているAFP認定研修受講者支援ツールの中にある「提案書作成ツール」を参考にしましょう。この提案書作成ツールは、日本FP協会がAFP認定研修の提案書に取り組んでいる受講者のために公開している無料のツールです。

提案書作成ツールのフォーマットに従って、文章や数値を入力していくことにより、AFP認定研修の提案書を完成させることがことができます。AFP認定研修受講者支援ツールの提案書作成ツールの使い方がわからない場合には、HPに使い方を説明する動画もあります。

15分程度の動画で提案書作成ツールの使い方を詳しく説明しているので、もしもAFP認定研修の提案書作成ツールの使い方がわからない場合には、必ず目を通すようにしましょう。

ただし、AFP認定研修受講者支援ツールの提案書作成ツールは、あくまでも解答見本であるため参考程度にとどめておくようにしてください。

また、AFPの各認定教育機関により提案書のフォームや提出方法が異なる場合があるため、受講している認定機関にきちんと確認をした上で、提案書作成ツールを利用することをおすすめします。

AFP認定研修の提案書の挨拶文の書き方

AFP認定研修の提案書のほとんどは、提案書作成ツールに従って作成をしていくことで完成させることができますが、挨拶文においては自分で文章を考える必要があります。
表紙と目次の後に続く「プラン作成にあたって」の挨拶文は、そのときどきの世の中の金銭事情なども交えながら作成することが重要であるため、つねに一定の形式ではありません。そのため、自分自身で顧客に合う内容を考えながら、挨拶文を作成していきます。

AFP認定研修の提案書の挨拶文には、とくに決まりはありませんが、「1ページの中で3つのまとまりくらい」におさえておくと良いでしょう。最後の挨拶文である「おわりに」は、「3〜5つ程度のまとまりを1ページ中におさめる」くらいが最適です。

AFP認定研修における最後の挨拶文の内容は、顧客に提案した内容を織り交ぜて、簡潔にまとめて書くと良いでしょう。そして、今後の対応や挨拶と感謝の意を述べて、AFP認定研修の提案書を締めくくり完成となります。

AFP認定研修の提案書作成時の注意点

AFP認定研修における提案書の作成では、いくつか注意する点があります。
AFP認定研修の提案書は課題であるため、実際に顧客と接して話を聞くことはできません。そのため、AFP認定研修における提案書を作成する際には、具体的に目の前にいない顧客を想像・想定し、顧客の立場になって考えて書くことが重要になります。

提案書作成時にAFP認定研修受講者支援ツールの提案書作成ツールを利用すれば、提案書のほとんどはフォーマットに従って入力するだけで、完成させることは可能です。しかし、プランの内容や説明文においては、自分自身で顧客を想像・想定し、考えて作成していかなければいけません。このように、AFP認定研修の提案書作成においては、自分の想像力も試されるので、普段から鍛えておくことも必要でしょう。

目の前にいることのない顧客を想像し、どこまで親身に寄り添い、顧客の状況を想定した上で将来の改善プランを作成できるかが勝負です。
その他にも、現在の世の中の事情なども交えた上で、将来の見通しを立てていかなければならないので、先見の眼を養うことも必要になります。

さらに、AFP認定研修の提案書を提出する際には、誤字や脱字がないかも必ずチェックするようにしましょう。AFP認定研修の提案書は、提案書の構成や作成の流れが理解できているかどうかが、もっとも合否に関わるポイントではあるものの、「顧客に提出することが前提」の資料になります。そのため、いくら内容が素晴らしい提案書であっても、誤字や脱字が多くある場合には、合否の判断に関わる可能性があります。

また、AFP認定研修の提案書においては、数値に関してはあまり細かくチェックはしないとはいえ、うっかり全く違う数値を書いてしまった場合には、AFP認定研修の合否判断に大きく関わる場合もあるため注意が必要です。

まとめ

AFP認定研修を修了するには、提案書の作成が必須です。AFP認定研修における提案書の作成は、実際に存在しない顧客を想像・想定して、プラン内容や文章を作成しなければいけません。そのため、想像力が乏しい人にとっては、提案書の作成は難しい場合があるでしょう。

そのような場合には、AFP認定研修受講者支援ツールの「提案書作成ツール」を参考にしながら、提案書を完成させましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。