FP合格!通信教育のユーキャンで!

FPを目指す上で勉強方法は色々とあります.
その中でも、通信教育で有名なユーキャンを活用し合格を目指す人も多くいるのです。
独学とは違ったメリットがあり、限られた時間の中でも取得を目指していけるため、利用を考えてみる価値があるでしょう。

FPとユーキャンの関係

ユーキャンは、通信教育でとても有名な企業です。
色々な資格や講座を展開しており、非常に多分野にわたって活躍しています。
その中でFPの講座も長きにわたって行われてきました。
ユーキャンとFPの関係は、実は日本FP協会の認定教育機関に指定されているのです。
つまり、主催団体のうちの一つである日本FP協会に近い位置にいると言えるでしょう。

日本FP協会の認定教育機関に指定されているということでも、どれぐらいの内容を持つのかが想像できます。
認定されるのは、それだけの能力がなければならないからです。
知名度だけではなく、実績もしっかりしているのは、このようなFPとの関係が続いてきたからといっていいでしょう。

この関係からもわかる通り、ユーキャンではきんざいの実技試験は対応していません。
きんざいで受験したいと考えているのであれば、ユーキャン以外のところを選ぶ必要があります。

ユーキャンの場合にはFP2級まで対応をしています。
FP3級からでも受験するコースがありますが、FP2級からスタートするのがユーキャンの使い方としてはおすすめです。
その理由は、日本FP協会の認定教育機関として、講座を受けられます。
この講座は、FP2級の受験資格ともなる内容を持っており、課題を提出して合格すれば受験資格を得られるのです。

FP2級の受験資格が得られれば、時間の短縮にもつながります。
勉強も効率化していけるようになります。
実際にユーキャンの95%の人が初学者であり、初めてFP試験の勉強をしているのです。
その人たちがFP2級からスタートできるのも、認定教育機関として口座が存在するからなのです。
基礎から学んで行けますし、実技試験に対する対応もしっかりとしているため、FP2級の合格もスムーズに目指していけるでしょう。

遠回りをせずにFP2級を目指したいという人は、ユーキャンを使う価値があるといえます。
特に働きながら取得を目指している場合には、通信教育のメリットも活かしながら勉強はできるからです。

FPは通信教育のユーキャンで大丈夫?

FPの通信教育を受ける上で、ユーキャンはとても知名度のある教育機関です。
認定指定教育機関というだけではなく、これまで多くの実績を積み上げてきています。
通信教育は色々とありますが、その中でも知名度を考えれば抜群の実績であるのは間違いありません。

実際にユーキャンはFP2級でも高い合格率を誇っており、教育訓練給付制度も利用できるようになっています。
この制度を利用すると学費の20%が支給されるため、利用する価値が一気に高まるでしょう。
もちろん、給付制度ですので該当しなければいけませんが、それでも大きな価値があるのは確かです。
こうしたサポートもしっかりしているのは、通信教育として重要なポイントになります。

FPの勉強をしている間に分からないことがあれば、メールでどんどんと聞くことができます。
回数に制限があるわけではなく、学習期間中であれば講師が丁寧に答えてくれるのは大きなメリットになるでしょう。
FP2級の標準的な学習期間は6ヶ月で設定されていますが、12ヶ月もあれはサポートしてくれるため、うまく活用すれば3回ぶんのお受験をサポートしてくれることになります。
忙しくてなかなか勉強ができない人にとっても、ユーキャンのシステムは便利なものになるはずです。

Webサービスなども充実しており、スマートフォンなので勉強できるのもメリットです。
どこにいても勉強できるのは、隙間時間の活用としても大きな意味が出てきます。
もちろん、パソコンでも対応しているので、家にいるときも勉強の効率化が図れる仕組みです。

ユーキャンのの大きな特徴としてあげられるのが、スケジュール管理にあります。
専用のスケジュールを作り上げられるようになっているので、合格までの期間をを効率的に過ごせるようになるのです。
もしも躓いてしまいうまくいかなくなった時でも、ユーキャンがサポートしてくれるので、最後までくじけずに合格を目指して行けます。

現在、通信教育に必要とされているようなシステムは、ユーキャンにもほとんど揃っています。
サポートの手厚さから考えれば、非常に大きなメリットとなるでしょう。
法改正や時事問題に関しても強い対応力を持っており、いち早く情報を届けてくれますので、独学ではできなかった勉強の質の向上が図れるのです。

FP合格へ高卒でもユーキャンでいい?

FP2級の合格を目指す上で、独学で勉強をしていくのは基本と言われてきました。
教材も色々と発売されているため、FP2級であれば独学でも対応できると考えられているからです。
しかし、独学には様々なデメリットが存在します。
一人で勉強している以上、どうにもならないことが出てくるのです。
特に高卒で、卒業してからなかなか勉強の機会がなかった人にとっては、ユーキャンのような通信教育が役に立ちます。

高卒でFP2級の勉強をしようと思うと、まずは受験資格を得なければいけません。
FP3級からスタートをしていきますが、ここから勉強につまずく可能性もあります。
勉強をしたくても、どのようにスケジュールを組んで行ったらいいのか迷う人も多いでしょう。
頑張って勉強したくてもなかなかうまくいかないことも出てきます。
通信教育ではこういったデメリットを排除することができるので。

FP2級の合格を目指す上で大事なポイントは、最後まで勉強をやり続けることにあります。
高難易度の資格試験というわけでもないため、とにかく勉強を続け最終的な目標までたどり着くことが大事なのです。
ところが、高卒であまり資格試験などの経験がないと、独学では途中でめげてしまう可能性が出てきます。
モチベーションの低下による弊害で、どのように気持ちを元に戻していけばいいのかがはっきりしないのです。
この状態が長く続くと、結果として受験することさえ止めてしまう場合が出てきます。

通信教育では、独学とは違い、講師がついています。
勉強している間に分からないことがあれば、ユーキャンの場合にはいつでもメールで問い合わせすることができるのです。
もちろん24時間で返事が返ってくるというわけではありませんが、疑問点をそのままにしないで済むのは、モチベーションの維持には欠かすことができません。
もしも、やる気が落ちてしまった時には、どのように回復したらいいのかも指導をしてくれます。

高卒であまり経験がない場合には、試験対策という面でも困ることが出てくるでしょう。
どのような対策をしていけばいいのか、ただ問題を解いているだけではわからない場合も出て行きます。
ユーキャンの通信教育であれば、しっかりとした添削指導を受けつつ、最新の対応方法も伝授してくれるのです。
なかなか合格が見えてこないような状況でも、合格まで目指していけるのは、通信教育の大きな特徴と言えるでしょう。

FPにかかるユーキャンの費用

通信教育を利用する上では、どうしても費用がかかります。
これは避けることができない事実です。
実際に通信教育には何社か存在し、FPの講座もを展開していますが、ユーキャンの費用は高い方に位置しています。
FP2級の通信講座としても、相場よりも高めなのは覚悟しなければいけません。

ですが、一度受講してしまえば12ヶ月間サポートを受けられる手厚さと、直前講座なども追加料金がかからない状況を考えれば、そこまで高いわけではありません。
追加の料金が多く設定されている通信教育の場合、最終的にはかなりの費用負担になっている場合があります。
それに比べ、ある程度金額が定まっているユーキャンでは、安心感に違いがあると言えるでしょう。

教材という面でも違いを見てみなければいけません。
ユーキャンは、FP用のテキストも用のテキストも一般で販売しています。
このテキストよりも、通信教育で使われているものは分かりやすい表現になっているのです。
図や表を使っているだけではなく、イラストも使いながら専門用語をわかりやすくしています。
初めて勉強をするときなどは、どうしてもつまづくポイントをよくわかっていると言えるでしょう。

テキストの総量的にみると、費用に見合うだけの量があるのは間違いありません。
単純に量が多いというだけではなく、合格に必要な知識はしっかりと身につくレベルです。
独学よりも勉強時間を短縮できるのも間違いなく、費用対効果に優れた方法と言えます。

通信講座として定期的な添削指導はとても重要な意味があります。
単に資料を郵送されてくるだけではなく、しっかりとしたサポートが待っているのです。
添削指導は科目ごとに1回ずつ、総合模試は2回となっているので、計8回の添削指導を受けられるのはユーキャンの大きな特徴となっています。
このあたりは、通信教育の大手として、長く活動をしてきた結果と言えるでしょう。
FP2級の合格を目指す上で、どの程度のサポートが必要になるのか、明確なデータを持っているからなのです。

まとめ

FPの試験の合格を目指す場合、独学ではつらいと感じた人は、ユーキャンの通信講座を検討してみるべきです。
様々な通信講座がありますが、その中でも高い実績を持っており、日本FP協会の認定指定教育機関になっているメリットも利用できます。
合格を目指す上で様々なメリットが活用できるので、 早期にFPの取得を目指したいという人も、ユーキャンの通信講座を検討してみるべきでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。