FPを目指す!メリットはここだ!

FPの存在は、一般的にも知られるようになってきました。
多くのメリットが存在するため、活用したいという人も増えてきたからです。
それだけの知名度を持つようにはなりましたが、これからFPを目指したいという人は、どれほどのメリットが生まれてくるのかを理解しておく必要があるでしょう。

FPになるメリットはどこにある

そもそもFPとは、ファイナンシャルプランナーの略です。
ファイナンシャルプランナーとは、顧客に対して相談を受けたことに対するアドバイスをする仕事になります。
主な顧客は個人となりますが、中には企業を相手にして働いているファイナンシャルプランナーも存在しています。

資産に関する情報の分析が基本で、そこから資金計画を立案するのが仕事です。
立案しただけではなく、どのような手法が求められるのかアドバイスをしていきます。

お金の話となりますが、非常に多くの分野があるでしょう。
不動産を始め、住宅ローンや税金も出てきます。
生活しているうちに老後や相続といった問題も出てくるのは、誰もが理解しているところでしょう。
これらの相談に対して的確なアドバイスをするのが、プロフェッショナルとしてのFPの仕事なのです。

FPになるメリットは、金融に関する多くの知識を身に付けられるとにあります。
個人の顧客が多いという点でも出てきますが、自分たちにも十分に応用できる内容なのです。

仕事としてのメリットも色々とあります。
FPであることを活かせる業種も増えてきているのが挙げられるでしょう。
以前は、FPが活躍できる場は保険業界ぐらいのものでした。
金融関係の企業では、他の資格が色々と存在し、FPである必要性は低かったからです。
資格としても統合されるようになり、FPに対する認知がだいぶ変わりました。

CFPの存在も大きな意味があるでしょう。
民間資格として、ファイナンシャルプランニング技能士の上に存在し、AFPを取得することが条件となっています。
実務期間も条件となっており、高いレベルの資格として知られるようになったのです。
CFPを取得するだけでも、非常に多くの勉強時間を必要とするため、その能力を担保されるだけの価値が出てきました。
対外的にも非常に重みのある資格に変わったのは、メリットと言っていいでしょう。

学生でFPを取得するメリットは

学生の間にFPを取得する人も増えました。
特に大学生が取得するのは大きなメリットがあります。
まずFPの取得までのプロセスが、学生では重要になるでしょう。

FPを取得するのは、受験資格は決められていないものの、非常に多くの時間が必要となります。
その時間を勉強に費やしたという事実が評価の対象です。
学生が勉強するのは当然ですが、努力したという事実を形にできるのが資格のメリットと言えます。

その中でFPの資格を取得するというのは、金融に関する知識を持ったという証明です。
興味があるという意思表示もできるでしょう。
就職を考えた場合には、これだけの能力を持ったと証明できるのが資格のメリットになるのですから、FPは強く効力を発揮してくれるのです。

問題はFPの中でも何を取得するのかという部分になります。
努力したという面では、難易度が高ければそれだけの証明になるのは間違いありません。
その点でFP3級は、あまりメリットが出てこないレベルです。
FP3級の合格率を見ると分かりますが、60%を超えるような資格試験では、そこまでアピールはできません。
簿記などを持ってる人にとっては、数日間勉強するだけでも取得できてしまうレベルとなるからです。

アピールしていくのであれば、最低でもFP2級以上が求められます。
FP2級の取得のためには、受験資格が必要です。
FP3級もそのうちのひとつになるため、準備として取得するのも方法のひとつです。
FP3級を経由したことをしっかりとアピールできれば、勉強してきたことを前面に出せるようになります。
学生生活の間に取得したのであれば、大きなメリットになるでしょう。

FPだけではなく、ダブルライセンスとして視聴する方法もあります。
FPを基本とし、簿記や販売士といった資格を付与することで、さらに強みを発揮できるのです。
大きなメリットともなりますが、この資格が必要でない業種だったとしても、努力したことは認められます。

特にダブルライセンスで意味が出てきますが、金融機関や保険会社などに就職したいと思うのであれば、しっかりと主張していくべきです。
視聴するためにも、どれぐらいの時間をかけて勉強をしたのか、どのような知識を持っているのかをはっきりと打ち出せるように準備しなければいけません。
そこまでして、初めて学生の間に取得した意味が出てくるでしょう。

サラリーマンとしてFPのメリット

サラリーマンとしてFPの資格を考えた場合、現在利用できるのか、将来利用するのかによってメリットが変わってきます。
現在利用できるという人であれば、仕事の幅を広げられる大事な資格になるでしょう。
多くの知識を身につけ、FPという看板をあげることができます。
名刺などに記載できれば、違いを打ち出せるからです。

会社としてもメリットがあるのなら、資格手当などを支給してくれるはずです。
その資格を利用して仕事にメリットを生み出すのですから、対価を支払うという形になります。
ただし、FP2級あたりでは1~2万円プラスされるのがいいところでしょう。
それほど大きな収入差になる資格ではありません。

これも考え方次第で、FPの資格を取って仕事の量が変われば、会社からの評価も変わります。
特にファイナンシャルプランナーとして活動をしている会社であれば、実績が伸びていくことで給料も大きく変わるはずです。
そのための資格として取得を目指すのであれば、大きなメリットが生まれてきます。

将来活用しようという理由で取得を目指す場合、どこを目指すのかによって違いが出てきます。
ファイナンシャルプランナーとして独立を考えているのであれば、FPの資格を取得していくのはメリットがあるはずです。
自分の看板として立ち上げられるため、できるだけ高いレベルの資格が必要となるでしょう。
FP3級ではとても看板にはなりません。
最低でもAFPとCFPといった看板が必要です。

独立する方向性によっても違いがあります。
保険会社として独立していこうと考えるのであれば、FPはかなり強みが出てくるでしょう。
ファイナンシャルプランナーという名称も浸透しつつありますので、資格取得が大事なポイントになります。

不動産業界のような形であれば、FPの資格だけではなく、宅建の取得なども考える必要があります。
一つの資格で差を打ち出すのではなく、宅建など不動産業界に影響の強い資格と共に活かしていかなければメリットが出てきません。
実際にFPと宅建は、勉強の内容としても近い位置にあるので、同時に取得するのは難しいわけではないでしょう。
将来的な独立という面では、時間をかけてでも用意していく必要があります。

他にも中小企業診断士や税理士といった資格も、FPと共に生かせます。
将来の準備としてみた場合には、自分の方向性を広げるという意味でも、複数の資格を取得して活用できるようにするべきです。

将来のFPのメリット

FBは資金計画に関するプロフェッショナルであり、多くの人が取得を目指してきました。
個人のクライアントを相手にするところが多く見られますが、生活に密着した部分が強く出てくるからです。
これからFPの取得を考えるのであれば、将来性があるかどうか判断していかなければいけません。
FPの取得には長い時間がかかり、勉強にも相当な努力が必要になるからです。

FPの存在は、ほとんどの企業デメリットが生まれてきます。
経理や人事の部署でも活用ができるからです。
ただし、FP3級ではほとんど役に立たないため、最低でもFP2級が求められます。

個人が対象となりやすい独立したFPの場合には、現在の資金運用の現場が将来性を見る大事な指標となるでしょう。
ライフプランニングに関する調査はいろいろとありますが、だいたい60%程度の人は経済状況に対して不安を抱えていると言われています。
この不安をどのように解消するのかといった場合に、ライフプランニングが重要な意味を持つと考える人が増えました。
ただし、自分で作るには相当な不安があるのが現状と言えます。

ライフプランニングを立てる上で、専門家の力を借りたいという人も増えました。
これがFPの大事な顧客層になっていきます。
実際にFPがライフプランニングができることを認知されるようになってきました。
知名度がどんどん上昇している状況です。
このことからも将来性に対するメリットは出てきていると考えられます。

FPとして独立する場合に、必要な物が少ないというのも将来的なメリットです。
活動する場は、ほとんどが顧客の御宅などになるでしょう。
事務所としても最小限のものがあれば済みます。
他に必要な機材といえば、移動する手段をどうするのかといったぐらいのものです。
つまり、独立する上で初期投資がほとんどかかりません。

リスクのプランニングをするのもFPの仕事ですが、自分の金融的なリスクを見てみる必要もあるでしょう。
独立するときにほとんどお金がかからないのは、大変リスクが少ないメリットがあるのです。
実際に独立した場合でも、一般的なサラリーマンの年収程度は稼げると考えられています。
それだけの顧客を確保しなければいけませんが、努力した分は利益につながるという仕事にもなるので、将来性は決して低くないと言えるのです。

まとめ

FPの資格を取得するメリットは様々なポイントが存在します。
その人によっても違いがありますが、学生の間に取得してもメリットは生まれてくるものです。
活用の仕方次第で資格が活かせるかどうか変わってきますが、今すぐに独立しなくても、将来的にその道を残せるのもメリットになるでしょう。

資格は重さのない鞄と言われています。
いくらとっても重くはなりませんので、将来のことも考え取得を目指してみると良いでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。