FP3級の合格を目指す!勉強時間はどれぐらい?

FP3級に合格を目指すなら、しっかりと勉強時間を確保する必要が出てきます。
ただ闇雲に勉強しているのではなく、自分が合格できるようになるまで、どれぐらいの勉強時間が必要なのかも押さえておく必要があるでしょう。
できるだけ効率化した方法を取って、勉強時間を少なくするのも大切です。

FP3級の合格までには勉強時間は何時間?

FP3級の合格までにかかる時間は、人によって違いがあります。
それぞれこれまでやってきたことに違いがあるからですが、単純に比較ができないのです。

勉強時間を計る場合に基本となるのは、通信教育などの会社が基準としている時間です。
これまでの経験により割り出されたもので、平均値をつかんでいるため予測できると言えるでしょう。
そのため、全ての人に当てはまるわけではありません。
人によってはもっと短くて済む場合もあるので、自分の条件に当てはめてみて考えなければいけないのです。

FP3級に一般的な人が合格するまでの時間は、80時間から150時間と言われています。
かなりの幅がありますが、初学者の人には150時間と思って勉強時間を確保した方がいいでしょう。
一口に80時間から150時間と言っても、あまりピンとこないのが当然です。
これを1日に換算してみて、どれぐらいの時間が必要なのかを割り出していかなければいけません。

1日に勉強に充てられる時間は、社会人なら2時間から3時間が限界です。
仕事をしてる時間8月の時間も含めると、この程度しか時間は取れません。
学生であればもっと多くの時間を割けるはずです。
ここから計算すると、80時間は40日程度の換算ということになるでしょう。
150時間で75日ですので決して短い時間ではありません。

ここからわかるのは、FP3級に合格しようと思った場合には、2ヶ月の勉強時間は必要と考えて間違いありません。
FP3級は1年間に3回行われており、大体4か月おきに試験が実施されてきました。
この時間を考えると、前回の試験が終わってから受験を考えれば、勉強時間としては間に合うということになるでしょう。

それでも毎日2時間ずつ勉強時間が取れるわけではありません。
まとめて勉強できる時もありますし、勉強できないような日も出てくるのが当然です。
生活に対する影響も考え、FP3級の勉強時間は、余裕を持って取り組む必要があるのです。

FP3級の勉強時間を効率化する!

FP3級の勉強時間を確保するためには、色々と生活を犠牲にする部分が出てきます。
時間を上手に使うためにも、効率化していくことが求められるのです。

FP3級の勉強時間を効率化するために必要なことは、いったいどのような問題が出題されるのか理解することからスタートしていきます。
問題の傾向を知るためには、過去に出題された問題を上手に使う必要があるのです。
これはFP3級だけに当てはまるものではありません。
どんな資格試験でも、過去問を使った勉強方法は基本として使われてきました。
過去問には様々な情報が詰まっているからです。

FP3級の過去問を開いていると、最初のうちは解けない問題がいろいろと出てきます。
知識がないのですから当たり前です。
しかし、繰り返しているうちにどんどん答えが見えてくるようになるでしょう。
これが重要で、答えが見えてきている問題を、似たような出題傾向の場合があります。
これを頻出問題というのです。

頻出問題とは、全く同じではなくても、形などを変えて何度も出題されてきている問題のことです。
FP3級の範囲は広大で、非常に多くの知識を身につけなければなりませんが、試験問題としてみると同じような形が繰り返されてきました。
出題方法に限界があるという意味もありますが、ある程度の傾向があると考えるべきです。

この頻出問題は、かなりの数に及びます。
どんなところが出題されやすいのか、テキストを見ると重要ポイントと書かれているのが該当すると思っていいでしょう。
何度も出題されているからこそ、重要なポイントとして抑えているのです。

過去問を解いて、頻出問題を自分で身につける必要があります。
テキストの重要ポイントと言われても、そのままとけるわけではありません。
解答を導き出すためには、自分で何度も問題を解くしかないのです。
そのための資料として、過去問は大いに役立ってくれるでしょう。

過去問を使っていれば、試験に出やすい出題が見えてくるため、勉強時間も効率化ができます。
余計な遠回りを押せず、点数が取れるところを押さえていけるため、合格の道も早めに見えてくるのです。
もちろん、多くの知識を身につけ、ファイナンシャルプランナーとして役立てる事は大切ですが、まずは合格を目指さなければいけない以上、こうしたテクニックが使われてきました。
うまく活用できれば、合格を目指して勉強時間は大幅に短くできるのです。

FP3級の合格までの勉強時間に必要なテキスト

FP3級の合格を目指して勉強時間をうまく使うためにも、テキストが大事な役割を果たします。
テキストを選ぶポイントはいくつもありますが、重要なのは使い続けていけるかどうかです。
長く使い続けていくためには、自分に合った適当につけなければいけません。
自分に合っていないテキストを使い続けていても、勉強時間が無駄に過ぎていくだけだからです。

自分に合っているテキストを見つけるポイントとして、難解すぎず飽きずに使えるかどうかを見極めていく必要があります。
あまりに難しく書かれたテキストは、初めのうちに読むだけで嫌になってしまうものです。
知識が入る前に、拒否反応が出てしまえば、勉強時間がいくらあってもFP3級に合格できません。

そこで初めて勉強する時には、フルカラーでわかりやすく書かれており、イラストや図表が入っているものを選びます。
これだけでも情報を整理しやすくなり、必要な部分を暗記できるようになるでしょう。
暗記というのは何も全て覚えるわけではありません。
語句などしっかりと抑えることが、FP3級の合格には欠かせないのです。
だからこそ、記憶に残りやすいテキストが求められます。

FP3級の勉強には薄っぺらいテキストでも構いません。
これに過去問をプラスすれば十分に役立つテキストに変わるからです。
過去問を解いている間に疑問点があれば、テキストに戻るはずです。
その時に何がわからなかったのかテキストに書き込んで行きましょう。
書き込んでいる間に薄っぺらいテキストも、どんどん情報が蓄積されて自分だけのものに変わっていくのです。

情報を補完することができれば、自分の知識もどんどんと増えていきます。
この増えていく過程を繰り返している間に、FP3級合格レベルになるのです。
難しい繰り返しではなく、単純な方法ですが、これが効果的に働きます。
何も分厚いテキストを選ぶだけが、合格を目指す方法ではありません。

実際に分厚いテキストを目の前にしたら、やる気が出なくなってしまう人もいるはずです。
限られた時間の中で勉強を進めていくため、効率的な方法をとる意味でも、手に取りやすい作りのテキストを選択していきましょう。

FP3級勉強時間に活かすモチベーションの維持

FP3級の勉強時間ですが、だいたい2ヶ月はかかるというのが基本です。
早く仕上がってしまう人もいるのは間違いありません。
誰もが多くの知識を身につけてFP3級に望んでいるわけではなく、初めて資格試験にチャレンジするという人もいるでしょう。

FP3級は難易度の高い資格試験ではありません。
勉強時間から見ても、実はとても簡単な部類に入ります。
合格率も60%を超えてくるような資格試験で、多くの人が合格しています。
だからこそ、自分は落ちないように、しっかりと勉強時間を確保し、有効に使っていかなければいけません。

FP3級の勉強時間の使い方はいろいろとありますが、モチベーションを保つのが大切です。
難易度の高い試験とは違い、とにかく詰め込んで理解していかなければいけないと言ったものではありません。
やる気になって勉強を続けることが大切です。
そのためにはモチベーションを保ち、勉強時間に生かしていく必要があります。

モチベーションを保つ方法は色々とあります。
なんでも勉強時間を作ればいいというわけではなく、息抜きもしながら集中して勉強する必要があるでしょう。
一般的に集中が続く時間は30分程度といわれています。
仕事をしながらFP3級の合格を目指したりする人は、疲れも出てくる日もあるはずです。
そんな日は無理して勉強をするのではなく、休んで次の時間に備えるというのも必要となるでしょう。

資格試験の勉強は、基本的に長期間に及びます。
FP3級が難易度の低い試験であったとしても、何日間も勉強しなければ合格には至りません。
1日2日勉強したからといって合格できるような試験ではないからです。
FP3級に合格するために、休みの日を決めておきメリハリをつけた勉強時間を確保するというのも方法と言えるでしょう。

1日1時間程度に抑え、休みの日に集中して勉強するという方法もあります。
この方法であれば、普段はそこまで無理をする必要がなくなります。
こうした勉強の方法でも、FP3級の合格を目指すことも可能です。
抑えるところは抑え、無理をしないで続けていくことが最終的に合格につながると言えるでしょう。

まとめ

FP3級の勉強時間は、難易度的に見ても、そこまで長く取れなくても大丈夫です。
1年に3回あり、試験ごとに4ヶ月開くため、うまく調整しながら勉強していけば、FP3級の合格が見えてきます。
FP3級の場合には、ゆっくりでも継続して勉強をすることが大切ですので、無理をしたりせず合格を目指して頑張っていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。