FP3級に合格を目指すための試験日の過ごし方!

FP3級に合格するためには、試験日までにしっかりとした準備をしなければいけません。
試験日が一体いつかを把握しつつ、勉強のスケジュールも組み立てていく必要があるでしょう。
合格率の高い試験ではありますが、万全の体制を作り上げていくことが、合格するためには最も大切です。

FP3級の試験日はいつか

FP3級の試験は1年間に3回行われています。
1月と5月と9月が試験日に設定されてきました。
ただし、何らかの社会的な条件が重なった時には、試験自体がキャンセルされる場合がありますので、十分に注意しなければいけません。

FP3級の試験が年3回行われているという状況をもっと分析していかなければいけないでしょう。
勉強のスケジュールを考えるとしても、試験日がとても重要な意味を持つからです。

試験日ごとの間隔を見てみると、1年間のうち4か月ごとに試験が行われているのがわかります。
4か月ですから、大体120日のスパンがある状況です。
実際に120日と言うと結構長い時間だと思われがちですが、そこまで悠長に構えられるほどの時間はありません。
特にFP3級を初めて受験する人にとっては、短い時間になる可能性もあるのです。

FP3級の申し込みは、試験日の大体3か月前からスタートしています。
3か月前ですので、申し込んでから勉強を始めるよりも先に勉強をスタートしていくのが基本です。
勉強の時間も計画的に進めていかなければいけません。

試験日によっては、長い休みが間に入る場合もあります。
1月や9月の試験は、社会人でも長期の休みが入る時期が重なります。
お正月やお盆休みといった時期があたるので、この間に集中的に勉強するという方法も取れるでしょう。
逆に5月の試験は、長期的な休みが取りにくいため、勉強がしにくい試験日とも言えます。
学生の場合には、年度の切り替えがぶつかるため、長期の休みなどは気にせずに勉強ができるなら、十分ターゲットになる試験日です。

FP3級の場合、早い人なら50時間で仕上がることもあります。
初めての勉強となると、150時間から300時間は見ておく必要があると言われてきました。
これだけの時間を確保しようと思うと、4か月という時間はちょうどいい間隔ともなりますので、試験日からうまく逆算してスケジュールを立てるといいでしょう。

FP3級に合格するために試験日までどう勉強する?

FP3級に合格するためには、効率的に勉強を進めていく必要があります。
試験範囲を見ると分かりますが、FP3級の範囲は試験日までに全て網羅するのは不可能と言えるほど広い内容を持っています。
資格試験として大事な条件ですが、合格できてしまえばギリギリでも満点でも扱いは同じです。
どんなに広い試験範囲を全て勉強しようとしたとしても、合格できるギリギリのラインで勉強をしたのとあまり変わりがありません。

もちろん、今後ファイナンシャルプランナーとして活動していく上で、知識として役立つのは当然です。
そこまで考えて勉強をするのも方法ですが、まずはFP3級に合格できるように、試験日に合わせて進めていく必要があります。

非常に膨大な量になってしまう範囲ではありますが、試験でそこまで出されるわけではありません。
ある程度傾向が決まってきており、頻出問題も見えています。
これを落とさないことが合格への近道となるのです。

市販されているテキストなどでは、頻出問題が抑えられていることがよくあります。
ここは重要論点ですと書かれているのは、過去の問題から分析されて、よく出題されることが分かっているのです。
テキストを読んでいて初めてその理由に気がつくかもしれませんが、自分で過去問を繰り返してといていれば、自然と判断できるようになります。
頻出問題はFP3級では明らかに目立ってくるので、自分でも何度も解いていると気がつくのです。

特に頻出論点に関しては、FP3級では明らかに偏りが見られます。
ここを試験日までに集中的に勉強をすることで、合格への道が見えてくるのです。

試験日までには、過去問を数年間分、何度も繰り返して勉強していく必要があります。
過去問とテキストをいったりきたりすることになりますが、初めのうちはテキストを中心に、慣れてきたら過去問だけを集中的に繰り返していくという方法がいいでしょう。
とにかく過去問に慣れていくことで、点数の取れるようになっていきます。
本試験としてみた時にも、過去問に慣れていれば出題形式も理解できるようになるのです。

試験日に近付いたら、過去問も実際の本試験の時間と同じように計りながらトライしてみるのが大切です。
本試験の時間の中で答えることができなければ、合格は難しくなります。
時間配分も大切な要素となるので、必ず本試験と同じ様式で練習しなければいけません。
これがFP3級の試験勉強をする上での仕上がりと言えるでしょう。

FP3級の試験日当日はどうする

FP3級の試験を受けるにあたって、試験日当日は相当緊張するものです。
これまで何度も資格試験の受けてきた経験のある人であれば、そこまで緊張はないかもしれません。
ですが、ファイナンシャルプランニング技能士の入門資格として、FP3級配置しています。
初めて受験するという人も多いでしょう。
経験が少ないことから、緊張してしまいうまくいかないことも考えられるのです。

試験当日に、試験場に間違いなく到着出来るようにするところからスタートしなければいけません。
初めて行くような土地勘のない場所で行われるのなら、事前に一度行ってみる必要があります。
試験日に到着が遅れてしまうような事態は、絶対に避けなければいけないからです。
遅刻してしまえば、受験させてもらえない可能性も出てきます。
これでは絶対に合格できません。

実際に試験場に行ってみると、周りの雰囲気も分かります。
FP3級の試験は午前と午後に行われるため、間に昼食が挟まります。
周りを見て食事が取れるところがあるかどうか見つけておくといいでしょう。
もしも、見つからないようであれば、軽く食べられるものを持っていくのが大切だからです。

夏場などは、試験日に気温が上がることも予想されます。
水分が取れるかどうかも試験会場を見てみるとわかる場合がありますので、下見をしておくのが大切なのです。

試験日当日は、体調を崩さないようにしなければいけません。
いくらそれまで勉強をしたとしても、試験日に体調を崩してしまえば、力を発揮できない可能性が高まります。
実際にどんなに勉強をしたとしても、これでは合格できない可能性が高まってしまうのです。

ぎりぎりになっても勉強を続けるというのは大切ですが、睡眠時間を削ったりすれば、体調を崩す可能性が高まります。
頑張って勉強してきた人たちは、試験日直前にはもうを仕上がっているでしょう。
この段階で睡眠時間を削って勉強をしたとしても、結果は大方決まっている状態と言っても過言ではありません。
それならば、実力をしっかりと発揮できるように睡眠をとり体調を整える方が、FP3級の試験対策として重要なのです。

FP3級の試験日まで使うテキスト

みんなが欲しかった!FPの教科書3級 滝澤ななみ

FP3級のテキストは、本当に多くのところから発売されています。
その中でも、FP3級の定番と言われてきたのがこのみんなが欲しかったシリーズです。
試験日当日まで使えるテキストとして知られていますが、非常にわかりやすく誰でも理解できる内容が人気のポイントとなっています。
FP3級を初めてチャレンジする人でも、このテキストから始めていけば、試験日当日までに合格できるレベルに仕上がるでしょう。

みんなが欲しかったシリーズは、同時に問題集も発売されています。
FP3級の試験勉強の基本ですが、テキストと連動した問題集を使うことで、疑問点を把握しやすく調べやすいことで理解度を深めやすい作りになっているのです。
試験日当日まで問題集も使えますので、テキストに迷ったのであれば、この組み合わせを選ぶと良いでしょう。
それほど人気の定番シリーズです。

スッキリわかる FP技能士3級 TAC

こちらもFP3級のテキストとして定番化している資格学校のTACが出版している一冊です。
以前は表紙がもっとライトな作りでしたが、かなりしまったデザインに変わりました。
内容は以前と同様に、FP3級の合格を目指すために贅肉をそぎ落として必要なところをまとめた内容です。
FP3級の試験範囲は膨大ですので、全てをカバーするのではなく、頻出問題などを分析した結果で作られています。
寄り道をしないという点では、合格を目指す上で大切なテキストになるでしょう。

試験になる内容を網羅して特化している通り、中に書かれている問題も合格を目指すため最小限の知識で収められています。
シリーズとして一緒に販売されている過去+予想問題の方も同時に使うと、さらに精度を高められるようになっているのです。
特にこの予想問題は、本試験の予想となっているため、同じような時間の中で解けるかどうかを腕試しするにはぴったりです。
試験日の前に自分の実力をはかるためにも使ってみる価値があるでしょう。
資格学校のテキストとして、法改正にもしっかりと対応をしていますが、毎年新しいものが発売されていますので、最新のものを利用するのが大切です。

まとめ

FP3級の試験日は、単純に試験が行われる日というだけではなく、スケジュールを含め大事なポイントになってきます。
初めてチャレンジする人にとっては、試験日を起点として、合格できる準備をしていかなければいけません。
知識のある人でも、どの辺りから勉強しなければいけないのか、試験日から逆算する必要があります。
試験日当日の体調管理も重要になりますので、FP3級2合格するためにはうまく調節していくことが求められるのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。