CFPに絶対合格!勉強方法はこれ!

CFPにトライする以上、絶対に合格するという意気込みが大切です。
合格するためには様々な知識を身につけなければいけませんが、その中で勉強方法をどうするのかも検討していく必要があります。
効率的な勉強に繋げる為にも、どのような方法をとるべきか、難易度の高い試験だからこそ計画の中に盛り込んで行かなければいけません。

CFPに合格するなら勉強方法を考える

CFPに合格するのを目指すなら、知識が身につけられる勉強方法を考えなければけません。
CFPの受験資格から見ても、受験者の大半は働きながら勉強する必要に迫られます。
実務経験3年が登録要件になっているため、学生では受験するのが非常に厳しい条件となっているからです。
日頃忙しく時間を過ごし働いている中でで合格を目指さなければならない以上、効率的な勉強方法が重要な意味を持ちます。

CFPに合格するためには、それぞれのバックボーンによって違いがあるものの、19日あたり80時間から100時間かかると考えられています。
1日3時間の勉強時間を取れると仮定しても、1教科あたり1か月は必要と考えなければいけません。
6教科あるのですからストレート合格を目指すのなら、勉強時間として半年は必要になります。

基本的に日中は、CFPの勉強時間を取るのはほぼ不可能でしょう。
その中で1日3時間近く勉強時間を取るのは簡単ではありません。
8時間働き、通勤に往復で1時間使い、食事などの休憩で1時間取れば、これだけで10時間使われてしまいます。
睡眠時間も8時間とるようにし、入浴などの時間も考えると、さらに10時間は使うものなのです。

これもギリギリの計算ですが、これだけで4時間しか余っていません。
この4時間を活用しながら、3時間の勉強時間を確保するのは容易ではないのがわかるはずです。
仕事で少々残業をしたりすれば、あっという間に時間が失われてしまいます。
うまく活用する必要が出てくるのがわかるはずです。

勉強する時間ですが、朝と夜、時間を作れるはずです。
大量の時間をを撮るのではなく、わずかな時間でもうまく活用しなければいけません。
CFPの知識を身につけるのに、なんでも長時間必要というわけではないからです。

色々な考え方がありますが、記憶の定着という面では、夜インプットし朝アウトプットするというのが方法として考えられます。
夜寝ている間に記憶が定着しているかどうかを朝判断する方法です。

これを逆にして、朝通勤しながらテキストを読みインプットして、仕事が終わった夜にアウトプットしてみるというのも勉強方法として使えます。
仕事をしている間にもしっかりと知識として身についたかどうか、夜に判断できるからです。
夜に過去問を解き、最後に解説文を読んで知識にすれば、この段階でもインプットにつながります。
朝覚えているかどうか確認しながら、テキストを読み進めて繰り返していくというのも効率的なのがわかるはずです。

CFPの勉強方法で抑えておくポイント

CFPの勉強方法で抑えなければいけないのは、どんな内容でも全て重要なわけではない点です。
全ての内容を覚えて対処をするのは理想ですが、試験としての現実を考えれば無駄なことでしかありません。
CFPの試験でも合格さえできれば、満点でもギリギリでも変わりはないからです。
試験として必要な点数を取り合格できることが最優先事項と言えます。

そこで、覚えなければいけないことに、分類分けが必要となります。
あまりに細かく分類すると分類するだけで勉強時間が取られてしまいますので、重要と非重要、中間の三つに分けておけばいいでしょう。

過去問を解いている間に、どうしても理解できないことが出てくれば、これは重要な扱いです。
何度といても簡単に答えが導き出せるなら、この問題は重要ではありません。
非重要として押さえておきます。
そこまで理解できていないものが中間として判断するのです。
この3段階で分類すれば、繰り返し行っている間に自分の傾向が見えてきます。

傾向が見えてくる中で、頻出問題なのにも関わらず、解くことができない問題は必ず覚える必要が出てきます。
この問題を落としているようでは、CFPに合格できません。
点数を稼げる問題なのですから、勉強方法として確実に押さえる必要があります。
その判断も3段階で分ければ、客観的にはっきりさせられるはずです。

この判断をするためにも、過去問は何度も繰り返しといていく必要があります。
パーフェクトに答えられるようになれば、相当な力が付いているのは確かです。
CFPでは過去問が50%近くでてくるとも言われており、パーフェクトに堪えられるだけでも合格が見えてきます。
後は足りない分の点数を知識として蓄えるだけなので、効率的な勉強方法となるのです。

重要度の分類は、仕事で活用しているところも多いでしょう。
プライオリティを決める上で、何が優先事項なのかはっきりさせる必要があるからです。
最重要事項を後回しにするのは、ビジネスシーンでもあってはなりません。
勉強方法としても活用できるのですから、身につけるのはメリットがあるのです。

CFPの科目別勉強方法

CFPには6科目ありますが、それぞれ勉強方法が違います。
同じような勉強方法でやっていると、非効率な時間を過ごす状況が生まれるのです。
特に自分が普段の仕事としているような科目は、知識も経験も身についているため、優先順位を下げる必要があるでしょう。
普段から接している科目の勉強は時間もさほどかからないはずですので、覚えなければいけない部分が多い科目からスタートしていく必要があります。

注意しなければいけないのは、ストレート合格を目指すのか、時間をかけてバラバラに受験していくのかによって勉強方法が変わる点です。
効率よく覚える必要が出てきますが組み合わせによっても変わります。

難易度が高いことでも知られている金融資産運用設定は、問題として特殊な素材が出てきます。
経済の仕組みにも関する出題があり、知識がないと解けない可能性が高い科目です。
景気動向といった部分での情報収集も必要で、CFPに合格した後の仕上がりも想定して取材されていると言えます。
実務的な側面を持っているため、厄介な計算問題が多く出題される特徴があるのです。
苦手意識を持たないようにするのが大事な勉強方法で、過去問を中心にどんな試合があるのかに会議を進める必要があります。

ライフプランニング・リタイアメントプランニングは、仕事として行なっている人も多い内容です。
社会動向まで問われる科目であり、人間の人生に関わる設定をするため、自分に当てはめてみて勉強していくのがいいでしょう。
年金や高齢者雇用継続制度と言った部分にも波及していきます。
定型的な出題が多く目立つ科目で、過去問を活用するのが近道です。

不動産運用設計も苦手にする人が多い科目です。
計算が多いことでも知られており、金融資産運用設計と共に厄介な科目として認識されています。
不動産業界に縁があれば、理解するのはそこまで難しくありません。
しかし、保険業界や金融業界に勤めていると、知らない言葉が多く出てくる可能性があります。
宅建が基礎知識として役立ちますのでうまく活用する方法が、勉強方法として使われてきました。

保険料家にいる人が得意とする科目がリスクと保険です。
CFPを目指す人の中でも、得意とする人が多いでしょう。
保険の約款が分かれば問題ない科目ですが、違う業界の人から見ると難解な文章が並びます。
一体どこを読めばいいのか、その判断をする勉強方法が必要です。
過去問を解きながら、抑えなければいけないポイントを理解してしまえば、点数が取れる科目となります。

タックスプランニングは、ほぼ全て計算問題と考えて良いでしょう。
ボリューム自体は抑えられているため、順番に解いていくと時間が足りなくなるようなことはありません。
ただし、計算が苦手な人は克服しておく必要があります。
過去問を解いて慣れるようにするのが近道です。

相続・事業継承を設計は、相続における関係性を理解する必要があります。
家系図が出てきて、いったい誰がどのぐらい配分を受けられるのか計算するといった問題は基本です。
法律系の資格を持っている人なら、何度も勉強している内容ですが、関係性の整理ができるかどうかが重要になってきます。
自分を中心にどのような関係になっているかを理解してみるのが良いでしょう。

CFPの勉強方法と頼りになるテキスト

CFPの勉強方法は色々とありますが、頼りになるテキストは公式のものが一番です。
実際にCFPのテキストが数多く出版されているわけではありません。
数も少ない上に読みやすいといえるようなものもほとんどない状況です。
その中で公式のテキストは、そこから出題されることが分かっています。
公式のテキストを外れた出題は、CFPの試験問題として存在しません。

公式のテキストは日本FP協会から発売されていますので、合格を目指すのであれば必須の一冊となります。
同時に過去問も販売されているため、手に入れて勉強をすると良いでしょう。
過去問に関しては、他社のものも利用しながら、解説を理解するのも方法です。
どちらにせよ、公式のものが最大の頼りになるのは、資格試験の最上位ではよくあるパターンですので、手に入れて使っていく必要があります。

まとめ

CFPの勉強には長い時間がかかります。
知識を持っている人がトライしても長い時間が必要ですので、勉強広報も効率化できるように導いていく必要があるのです。
科目によっても違いがありますし、普段の仕事の内容でも理解できる範囲に違いが出てきます。
自分が持っている知識とともに判断し、効率のいい方法取ることがCFP合格の近道です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。