CFP合格を目指す!勉強時間はどれぐらい?

ファイナンシャルプランナーの資格の中でも最難関となる国際資格であるCFPの取得を目指すためには、相当な勉強時間を積み重ねていかなければいけません。
仕事をしながら取得を目指す人が大半になるため、どのぐらいの時間がかかるのか目安を持って取り組む必要が出てきます。
その人の仕事の背景や理解度によっても違いがありますが、ある程度の目安として計画を立てる時の参考としていくべきです。

CFPの合格までの勉強時間

CFPはFP技能士一級とともに、ファイナンシャルプランナーの資格の最高峰として位置づけられています。
国際資格として知られているCFPは、非常に高い知識と経験がなければ合格することができません。
受験資格としてもAFPの取得が必要で、合格後に登録するとしても、3年以上の実務経験がなければいけないのです。
これだけの条件を考えても、非常に高い難易度の資格で、勉強して取得するまでに時間がかかることが容易に予想できるでしょう。

CFPでは受験資格としてAFPの取得が必要になりますが、前提条件としてファイナンシャルプランナーの業務の経験者であるのが基本です。
AFPは実務経験2年が求められますが、研修によって受験資格を得ることもできます。
しかし、CFPの登録まで考える場合には、実務を経験していなければならない以上、ファイナンシャルプランナーとしての知識を身につけていると考えられるのです。
つまり、全く知識のない人が受験しているわけではないため、勉強時間に関しても考慮をしなければいけません。

資格に合格するまでの勉強時間の目安は、様々な考え方が存在します。
バックボーンがそれぞれ異なるため、単純に比較できないのは忘れてはいけません。
そこで一般的と言われている勉強時間は、1科目あたり80時間から100時間と言われています。
科目によって難易度も異なりますし、普段している仕事によっては覚えにくい科目もあるのは間違いありません。
その中で合格まで必要な知識量から割り出すと、この程度の時間が必要であることが分かるのです。

いろいろと調べていると、人によっては1日3時間程度の勉強時間で、一週間で完成させようという人もいます。
一週間として考えると、1日3時間の勉強時間を確保したとしても、20時間から30時間程度と予測できるでしょう。
これだけの時間で、合格できる人は相当な効率化ができるのか、バックボーンとして知識を持っているかのどちらかです。
誰でもこうした勉強時間で合格できるというわけではありませんので、余裕をもったスケジュールを取っていく必要があります。
誰もが毎日3時間の勉強時間も確保できるとは限らないからです。

CFPを目指すなら勉強時間の割り振りも

勉強時間を割り振って考えることも、CFPの合格には必須の条件と言っていいでしょう。
長い勉強時間の設定が必要となりますが、だらだらと勉強をしていても合格できません。
得意科目に時間を割く必要はないので、苦手科目を克服できるようにスケジュールしていく必要もあります。
このような時間の割り振りをはっきりさせることで、試験日までのスケジュール設計ができるようになるでしょう。

科目の難易度によって勉強時間の割り振りをするのも大切です。
どの科目も同じような難易度で構成されているわけではありません。
特に難易度が高いとされている金融資産運用設計と、ライフプランニング・リタイアメントプランニング、不動産運用設計の3科目に関しては、勉強もとても時間がかかります。
他の科目よりも重点的に時間を割り振れるようなスケジュールが必要となるでしょう。

特に金融資産運用設計と不動産運用設計の2科目は、計算問題が出てきます。
計算が苦手な人にとっては、鬼門と言えるような科目になるのです。
計算問題に関しては、過去問を利用しながら滲出問題を抑えるという方法が基本線です。
頻出問題となっている計算問題が分かれば、解き方の練習も出来るようになります。
解き方が身につくようになると、応用力もついていきますので、勉強時間の割り振りも過去問に集中させる必要があるのです。

ライフプランニング・リタイアメントプランニングでは、ライフプランを作る知識が問われてきます。
単純に作り上げる能力だけではなく、社会動向なども理解していなければ出来上がりません。
ライフプランという名前の通り、クライアントの人生を理解した上で設計していかなければいけないからです。
勉強する上では、クライアントは存在しないため、CFPとして自分をモデルとしながら勉強をしていくといいでしょう。
その上で、過去問を活用しながら、今までどのような問題が出題されてきたのか理解しながら進めていく必要があります。

この3科目にも共通していますが、CFPの試験には頻出問題が必ず存在しています。
資格試験の基本対策とも言えますが、CFPの場合には頻出問題の割合が50%を超えるとまで言われているのです。
これほどの出題がある以上、過去問を使って対策をしない手はありません。
勉強時間の割り振りとしても、普段の仕事の中で基礎知識があるなら、過去問を徹底して時本試験対策にする必要があるでしょう。

CFPの勉強時間効率化

CFPの試験問題対策をしていく上で、時間は無限にあるわけではありません。
有効に活用するためにも、勉強時間を効率化していく必要があります。
勉強時間の効率化には様々な方法がありますが、まず大切な事が、CFP試験を運用しているところはどこかです。

ファイナンシャルプランナーの資格は、きんざいと日本FP協会が入り混じり、非常に複雑な状態になってしまっています。
FP技能士は国家資格ですが、CFPは民間の国際資格として使われてきました。
この状況に、実施先が二つ絡み合ってくるため、分かりにくくなっているのです。
しかし、CFP試験を実施し運用をしているのは日本FP協会なのです。
これが勉強時間の効率化にとても重要な意味を持ちます。

日本FP協会では、公認のテキストを発売しています。
CFP試験審査試験問題集過去問も発売していますが、どちらも運営者が作っている点に注目しなければいけません。
元々CFPに使える参考書や問題集は数が少なく、決して読みやすいものがあるとは言えない状態です。
その中で公認のテキストとして発売されている以上、これを利用して行くことにより出題される問題の範囲を出ないで勉強ができます。

ここに日本FP協会の過去問をぶつけることで、確実に試験に対応した知識を身に付けられるのです。
このような対処方法は、資格試験の勉強時間の効率化として王道と言えるでしょう。

効率化という面を考えた時、様々な方法を取ってしまうと、繰り返しているだけで時間が奪われてしまいます。
ある程度を絞り込みつつ勉強をしていくことも、効率化では欠かせない選択となるのです。

ここで問題になるのは、過去問をどの程度繰り返していけばいいかという点になるでしょう。
永遠と繰り返す時間があればそれも方法です。
しかし、それほど時間の余裕も取れないのが、仕事をしている人の勉強時間と言えます。
最低でもやらなければいけないのは、CFP試験の直近4回分になるでしょう。
この程度の問題は、繰り返していかなければいけません。

注意しなければいけないのは、税制などの改正があった場合です。
過去問を使う場合には、現在の法律に対応しているかどうか、最新のものを利用するのが基本となります。
あまりに改正により答えが変わるようであれば、この問題は十分にチェックしておく必要があるでしょう。
ここまで理解できるようになると、勉強時間も効率化できているはずです。

CFPの勉強時間を集中するために

CFPの試験勉強をする上で大切なのは、限られた時間の中で集中することでしょう。
働きながら勉強をしていく必要がありますが、ファイナンシャルプランナーとして毎日の時間が自由にできるわけではありません。
毎日を忙しく過ごしながら、CFPの取得を目指している人も多いはずです。
それほどCFPという資格の位置が高い部分あります。

AFPの上位に位置するというだけでも、毎日活躍している人が目指していくことになるはずです。
その中での時間ですので、1日3時間勉強しようと思っても、確保するのは容易なことではありません。
だからこそ効率的に集中していく必要があります。

勉強時間に集中するためには、なんでも詰め込めばいいわけではありません。
まずは机に向かう習慣を作り出し、インプットとアウトプットをはっきりと分けます。
朝インプットをするなら、夜はアウトプットをするとメリハリをつけたりするのが良いでしょう。
過去問の解説を読み、夜過去問を解くという繰り返しをしていくと、だんだんと知識の定着が図れます。
いろいろなことに手を出すのではなく、決められた事に集中できるため、勉強時間の効率化にもつながるのです。

優先度もつけて勉強するのも必要です。
CFPの試験問題は非常に難易度の高い内容を持ちます。
何でも手を出していては、いつまでたっても覚えることができません。
テキストや問題集を解いているうちに、これは落とせない部分だと理解した場合には、チェックして優先度を高めるようにします。
逆に重要性が低いと感じたものは、優先度を下げて判断すると良いでしょう。

この段階はいくつか分けて作れますが、あまりに細かくすると、勉強をしているのか優先度をつけるためにしているのかがわからなくなります。
3段階程度で決めておき、勉強時間の中で悪くてみると良いでしょう。
これだけで、覚えなければいけないないように集中できるようになります。
わずかなコツではありますが、資格試験の勉強としては、集中していくために大切な方法です。

まとめ

CFPを受験する上で、勉強時間をどうするのかは非常に大きな問題になるでしょう。
働きながら勉強するのは簡単なことではありません。
学生と違い時間が自由に使えるわけではないのですから、計画をもって臨むと共に、効率化し集中できるような環境を構築するのが大切です。
だらだらとやっていても覚えられなくなりますので、メリハリをつけて臨むと良いでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。