CFP合格へのポイント!不動産運用設計を攻略

CFPには試験があり、合格しなければ登録への道が開けてきません。
その試験の中でも難関と言われるのは不動産運用設計です。
不動産業界に勤めながらCFPを目指す人であればそうそう難しいわけではありませんが、金融や保険業界の人には非常にわかりにくいかも来てます。
この不動産運用設計が出来なければCFPに合格することができませんので、何としても攻略する必要があるのです。

CFPの不動産運用設計とは

CFP試験は6科目あり、その中でも難易度が高いことで知られているのが不動産運用設計です。
金融資産運用設計と並び、とにかく計算問題が目立つことから、苦手な人は相当な時間を取られてしまう科目です。

ファイナンシャルプランナーとして活動している人の中には、不動産に関して全くタッチしないことが出てきます。
保険商品や投資運用などが中心の場合、不動産にはほとんど馴染みがないことがあるからです。
そうなると、不動産運用設計は全くの素人と言ったことも少なくありません。
言葉自体もあまり聞いたことがないものが出てくる上に、鬼のような計算問題を解かなければいけないとなれば、苦手意識がつくのも致し方ないでしょう。

どうしても点数が下がりやすく、苦しむケースが目立ちます。
そこで、どのような時間配分で解答をするのか、どの出題は吸っていると覚悟してしまうのかをはっきりさせることが必要です。

不動産運用設計では、助言を行うための知識として、調査や法令、価格に影響する税制などの知識がなければいけません。
この知識を有効に活用し、計算して答えを求めていく問題が出てくるのです。
当然のことですが、基礎知識だけではなく応用力も求められます。
時事的な面での情報にも対応できる能力が必要です。
一つの視点ではなく、複数の視点から答えを導き出す能力がなければ苦戦してしまいます。

CFPにとって鬼門的な部分がありますが、不動産という科目の内容から考えた場合、他の資格等リンクする部分が出てきます。
実際に不動産を売買するようなイメージを持って取り組むことが必要で、この辺りを押さえていくと対策も立てやすく変わるのです。
もちろん、計算問題が出てきますので、問題を解きながら慣れていく必要もあります。
試験問題に対するアプローチの仕方などを、できるだけ繰り返し身につける必要があるでしょう。
過去問などで繰り返し解いていけば、やがて時間にもゆとりができるようになるのです。

CFP不動産運用設計と宅建の比較

CFPの不動産運用設計は、ほかの資格試験と近い部分を持ちます。
その代表格となるのが、宅地建物取引主任者である宅建です。
試験としての難易度に差があるものの、やるべき内容は非常に近いものがあります。
勉強しなければいけない内容も近いことから、宅建のテキストを利用する人も少なくありません。

宅建との共通点はいろいろとあります。
民法の債務不履行や代理、抵当権等に関する部分はもちろんですが、不動産登記法や借地借家法なども出題されます。
区分所有法や宅建業法、建築基準法、都市計画法などが重複している部分で、様々な部分で共通していることがわかるでしょう。
しかし、宅建よりもCFPの方が細かく取材される傾向があるため、掘り下げていかなければいけません。
それでもう基礎知識として捉えれば、宅建は十分に役立つ知識となるのです。

もう少し大まかに違いを見ていくと、宅建は何のために使われる資格なのか理解することが大切です。
不動産取引のために利用されていきますが、あくまでも従業者のための資格であり、業務に直結していきます。

CFPの役割を考えてみると、資産運用に対するアドバイスを送る知識として、不動産の分野を覚えていくことになります。
そのために必要な知識になるため、宅建とは方向性が異なる部分があるのです。
売買をする段階でどの程度の利益が上げられるのか、損失などの計算をしなければいけなくなります。
これらの問題が出てくるのがCFPの不動産運用設計で、宅建との違いと考えればいいでしょう。

勉強する上でもアプローチの仕方が違うというのは、気がつかなければいけません。
求めている答えが異なるのですから、アドバイスを送る立場として判断を誤ってはいけないのです。
ただし、宅建は重要な意味を持ち、スムーズに問題が解けないようでは、CFPの問題にも太刀打ちできません。
宅建の勉強をしながらCFPに生かすことができるとすれば、両方の資格取得を目指すというのも方法です。

CFPと宅建を活用しダブルライセンスで活かすという方法さえ考えられます。
同じような知識を身につけ、異なる運用方法ができるのですから、CFPを生かして独立する場合にもメリットが生まれるでしょう。
顧客に対する幅も持たせることができるため、活用しやすい資格となってくるのです。
特に高い計算能力を身に付けられると、仕事に着いた時もスムーズにこなすことができます。

CFPの不動産運用設計の攻略ポイント!

CFPの出題として不動産運用設計をどう攻略するか、しっかりと考えなければいけません。
宅建の問題の活用もその一つですが、CFPの問題として不動産運用設計も癖があるところを見逃してはいけないのです。

CFPの科目として注目しなければいけないのは、過去問との重複率の高さが挙げられます。
CFP全体に言えることですが、過去問の中から50%近く出題される場合もあり、過去問を利用せずに合格に到達できるとは言えません。
過去問をしっかりとといていれば、かなりの点数を取れるのです。
これだけでも合格に近づけるようになるでしょう。

不動産運用設計の場合も同様で、どのような計算問題が出てくるのか押さえておく必要があります。
計算問題の頻出問題が分かれば、解き方に迷う必要がなくなるのです。
その分だけ時間を節約できるようになり、スムーズに解答が作成できるようになるでしょう。
ここで時間が節約できると、他の問題に対する余裕も生まれて行きます。
頻出問題を抑えるだけでこれだけの違いが生まれてくるのです。

それでも苦手としている人は、資格学校の公開模試を利用する方法があります。
公開模試という名前はついていますが、予想問題でもあるのです。
本試験に対する予想問題ですので、これが解けないようでは、本番で困ることになります。
時間内に完璧にクリアできるように練習していけば、頻出問題と併せ合格点まで到達できるようになるでしょう。
それほど公開模試の内容は吟味されているのです。

計算問題が解けるようになっても、解く順番としては文章問題から先に行うべきです。
もしも、計算でつまずいてしまった時に、取り返しがつかない状況が生まれてしまいます。
文章問題であれば、読み解く力を練習していくだけで、スピードアップが図れるはずです。
過去問を繰り返してといている間に力もついていきますので、文章問題を繰り返していくのも大切といえます。

本試験の時には、焦りが出てしまうものです。
問題を解くだけでも苦しい時間が続きますので、余裕が持てるように過去問を使いシミュレートしてみると良いでしょう。

CFPの不動産運用設計を乗り切る参考書

CFP受験対策精選過去問題集 不動産運用設計 FPK研修センター

CFPに対応しているテキストや参考書はそれほど多くありません。
その中で誰もが利用していく過去問が、FPK研修センターから出ている問題集です。
これ以上選ぶものはないと言えるほどしっかりとした過去問題ですが、必ず最新のものを用意する必要があります。
参考書としてかなり値段が張りますが、これ一冊だけでも十分に対応できる力がつくので、費用対効果の高い一冊となるでしょう。

らくらく宅建塾 宅建学院

宅建のテキストも用意しておく必要があります。
その中でも必要な部分だけ抽出する必要が出てきますが、語呂合わせで覚えられるこの参考書は使い道が高い一冊です。
重要事項を語呂合わせで覚えることで、次の知識も詰め込みやすくなります。
語呂合わせで覚えた情報が、記憶の中から導き出されると、記憶を手繰るようにCFPの知識も引き出せるようになるのです。
記憶は関連付けておくことが大切で、たかが語呂合わせと思わずに、記憶の入り口として活用していくと、CFP試験にも役立ちます。

合格テキストFP技能士1級 TAC

資格学校として知られているTACが出版している参考書で、FP技能士1級に対応しています。
FP技能士1級ですのでCFPとは違いがありますが、資格の目指す先としては共通性があるのは間違いありません。
FP技能士1級の合格テキストは、十分に活用できるのです。
これは不動産運用設計に関しても変わらないポイントで、大事な参考書になってくれます。

CFPの参考書の多くは、読みやすいとは言えません。
過去問に関しても余計な贅肉がない代わりに、なかなか理解できないという人も多いでしょう。
資格学校が出している参考書は、理解しやすいように構成するのが基本です。
基礎知識として捉える場合にも、参考書として利用すると身に付きやすくなります。
その中でもTACは、有名資格学校であり企業としても高いレベルを保っているため、一度は利用しておくべき一冊です。

まとめ

CFPの試験科目の中でも、不動産運用設計は、とにかく計算しなければいけないところが厄介です。
いくら知識をつけたとしても、計算が不得意な人にとっては、なかなか点数が伸びない性格を持っています。
その反面、抑えなければいけないポイントもはっきりしていますので、過去問を解きながら頻出問題を落とさないようにすることが大切です。
問題に慣れていけば、必然的にスピードも上がってきますので、繰り返しチャレンジして対応できる力をつけていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。