CFPを様々な角度の難易度でランキング!

CFPはファイナンシャルプランナーの資格の中でも難易度は最上位に位置します。
どんな資格試験なのかランキングとして見てみると、難易度の違いも判断できるようになるでしょう。
国際的な資格として世界中で活用されてきたのがCFPですので、受験を考えているのであれば、様々な角度から検証してみる必要があります。

CFPを資格難易度でランキング

国際的な資格として、CFPは海外でも認知されています。
医師や弁護士と共に、知り合いに一人は有資格者がいるといいとまで言われるもので、高い難易度を誇りながらでも、頼りになる存在として認知されているのです。
日本でも国家資格としてファイナンシャルプランナー技能士がありますが、1級とCFPは同じように判断されています。

しかし、ファイナンシャルプランナー技能士は、難易度が高くなったとしても、日本の国家資格です。
CFPは民間資格ではありますが、国際資格として様々な地域で認知されているのが大きな違いといえるでしょう。
難易度も日本国内を資格試験として測るだけではなく、グローバルな視点で比較する必要も出てきます。
単純に狭い視野でランキングなどをしても、精度の低いものになるからです。

実際にファイナンシャルプランナーとして難易度を見てみると、ファイナンシャルプランナー技能士は3級から1級まで用意されています。
一番入門の3級の場合には受験資格も設定されておらず、誰でもスタートを切ることができる資格です。
入門なのは3級までであり、ここから難易度が変わっていきます。
2級以上は前の9が受験資格となるため、ランキングとしても上位資格として設定されているのです。

ここで比較するのがCFPとAFPの民間資格ですが、29より少し上に息するのがAFPです。
CFPはAFPを受験資格とするため、さらに高い難易度になることがわかります。
ファイナンシャルプランナー技能士1級は、2級を受験資格としていますが、CFPとほぼ同じような難易度設定を持っている状況です。
この辺りの関係が非常に混乱を招くところではありますが、高い難易度の資格であると考えなければいけません。
国内で活躍するだけであれば、ファイナンシャルプランナー1級でも十分ですが、国際的に通用するという面ではCFPに軍配が上がるでしょう。

問題はどちらの資格も、社会でははっきりと判断されにくい部分を持っています。
ファイナンシャルプランナーという仕事が何かと理解されにくい部分がある上、国家資格と民間資格でも国際資格の関係は非常に複雑です。
難易度の設定という面でも、非常にわかりにくいため、ランキングとしても認知されにくいのが現状と言えます。

CFPの難易度を金融系でランキング

資格の難易度として考える場合、色々な比較方法が出てきますが、その中でも金融系の資格と比較してみるのは現実的な方法です。
ファイナンシャルプランナーとして業務を見た場合、金融は大事な要素となります。

金融系の資格で比較すればいい、高い知識と倫理性を身につけていかなければいけない資格が証券アナリストです。
金融機関だけではなく、事業会社の投資部門なのでも活躍できる資格で、高い難易度でも知られています。
ランキングとして考えると、CFPと同等レベルといっていいでしょう。
やはりCFPと同じように、長い期間勉強成果なければ知識は得られません。
あまりの難易度の高さから、第1次レベル試験合格から履歴書に書けるのも特徴です。

CFPと同様にグローバルに認知された資格にCFAがあります。
非常に高いレベルの資格試験で、難易度もCFPを超えるレベルです。
ランキングとしてみてもトップクラスのレベルといっていいでしょう。
金融や投資分野で重要な知識を身につけなければ合格できず、それもグローバルに展開するため、MBAに匹敵する評価を受ける資格です。
あまりの難易度に、受験する人もそこまで多くはありませんが、チャレンジしてみる価値は十二分にあります。

金融系の資格のランキングとしてみれば、最も高い位置に位置すると言われているのがアクチュアリーです。
同じような業界で活躍している人以外には、あまり知られていない資格ではありますが、保険業界などでは高い注目を集めている資格になります。
保険や年金のプロフェッショナルであり、ファイナンシャルプランナーの上をいく資格です。
その知識は高度であり技能も求められるため、非常に高いレベルにし上がらなければ合格は不可能と言っていいでしょう。
最難関とも呼ばれている資格だからこそ、全国でもわずかに5000名を切る程度しか有資格者がいない状況です。

CFPをはるかに超えるレベルとして知られているアクセサリーですが、基本的には数字で判断しなければいけません。
計算が得意で数字を見ただけでも高い理解度を引き出せるような人でなければ合格は不可能です。
それほどの難易度を持っている金融系の資格です。

CFPの試験科目難易度ランキング

様々な試験と比較してみてCFPの難易度を測るのも大切ですが、資格試験として内部の科目でランキングしてみる必要もあるでしょう。
受験するにあたって、どのような勉強や対策をしたらいいのかが見えてくるからです。

CFPには6科目ありますが、その中で最もトップのランキングに位置するのが金融・資産運用設計です。
CFPの受験生の大半に壁となって存在する科目で、理解が難しい内容を持っています。
特に保険業界で働いている人にとっては、かなりの難易度になるでしょう。
逆に金融業界で働いている人にとっては、なじみのある言葉が出てきます。
非常に高い内臓を誇るだけに、合格するためには過去問を分析し、頻出問題は絶対に外すことができません。

次にランキングされるのが、ライフプランニング・リタイアメントプランニングです。
キャッシュフローを理解し作成することが大切で、確実に出来なければ合格できません。
毎年ほぼ同じように出題されているため、対策を講じていく必要があります。
数字に弱い人は特に対策しなければいけないでしょう。
コンプライアンスに関する出題は、勉強していれば素直に身につくはずです。

次のランキングは不動産運用設計です。
3番目の難易度となりますが、CFP受験者の中でも苦手とする人が多い科目と言えます。
不動産業界に勤めている人であれば対処しやすい部分があるものの、金融や保険業界の人にはさっぱり分からないといった内容が続きます。
この辺りがCFPの難しいところですが、ひたすら基礎的な能力を身につけ、知識を増やしていくのが一番の対処方法です。

どの業界でもある程度理解していかなければいけないのが、相続・事業継承です。
法律的な分野でも終わり、関係性を明確に理解しなければいけません。
出題傾向が似ていることでも知られており、徹底して過去問対策をしていけば、ある程度の点数が取れるとされています。
法改正もそこまで早くはない科目として、一度理解を深めれば、そこまで苦戦しない科目です。

難易度的には設定されているのが、タックスプランニングです。
保険や金融に関する仕事をしている人にとってわかりやすい内容でや、広い範囲をカバーしますが、そこまで難易度は高くありません。
出題される傾向がある程度決まっており、難しいのは頻繁に改正される所得控除や住宅ローン控除といったところです。
これ以外の部分はCFPの問題としても難易度の低い部類に入ります。

難易度として最もランキングが低いのがリスクと保険です。
CFPの科目の中でも最も簡単で、6科目のうち最初に合格すると言われています。
FPKから出されている問題集を使えば、簡単に理解できることでしょう。
テキストを読んでからではなく、いきなり問題集から始めても理解できるはずです。
それほどランキングとして低い位置になりますので、ここを落としているようではCFPに合格はできません。

CFPの難易度ランキングから見る現実

資格試験としてCFPの難易度を見た場合、様々な角度でランキングができますが、現実的にどの程度難しいものなのか自分に当てはめてみる必要があります。
ほとんどの人がファイナンシャルプランナーとして活動をしてきている中で受験することになりますが、科目としての難易度に負けているようでは合格できません。
幅広い内容を問われる科目が多い中でも、CFPの出題は滲出問題がかなり占めます。
過去問で徹底対策していくことにより、50%程度は頻出問題が占めていることが分かるはずです。

問題は自分が携わっていない分野の科目をどのように覚えるかにかかっています。
普段から携わっている分野であれば、知らない言葉が出てきたとしても、理解するのは難しいものではありません。
しかし、金融分野の人に不動産に関連する知識を細かく身につけろと言われても、そうそううまくはいかないでしょう。
これが社会人としてCFPを受験するときの難しさと言えます。

普段から行なっている仕事とリンクしやすい部分が多く、勉強時間もその中で作っていかなければいけません。
1日3時間前後は勉強に費やすことになりますが、自分たちと違った分野の勉強をするのは楽しい側面がある一方で、なかなか頭に入らないことも出てきます。
特に難易度の高い科目ともなると、理解するだけでいっぱいいっぱいになることもでてくるでしょう。
その中で、しっかりと過去問と向き合い、理解度を深めていくのがCFPに合格するためのポイントです。

まとめ

CFPは、日本で受験できる資格試験の中でも、ランキングとして高いレベルに位置するものの一つです。
非常に高い知識が求められ、経験もなければ登録まで至りません。
国際資格として世界的にも認められているため、チャレンジできる条件が揃っているのなら、頑張ってみる価値があるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。