CFP試験の日程や概要を詳しく解説

FP資格の中でも最上級の資格である「CFP」ですが、CFP資格を取得するには、CFP資格審査試験に合格しなければなりません。CFP資格審査試験は、6課目すべての試験に合格しなければ資格取得ができない難易度の高い試験です。CFP資格審査試験の日程や概要についてを詳しく解説します。

CFP資格審査試験の日程は毎年決まっている

CFPは、「Certified Financial Planner(サーティファイド・ファイナンシャル・プランナー)」の略語で、日本FP協会が認定するFP資格の1つです。CFPは、FP資格の中でも最上級の資格であるため難易度も高く、合格するにはFPの豊富な知識や経験が必要になります。また、CFPは日本の民間資格でありながら、国際的に認められたFP資格であるため、日本のみならず、海外においても活用することができます。

このように、CFPは「国際的に活躍できるFPの知識や能力がある」ということを認定するための資格であるため、CFPの資格認定を受けるためには4つの条件を満たすことが必須です。CFPの資格認定を受けるために必要な4つの条件は、「3年以上の実務経験があること」「CFPエントリー研修を修了していること」「CFP資格審査試験で6課目に合格していること」「すべての条件をクリアし約定書に署名をし、必要書類を提出すること」です。

CFPの資格認定を受けるために必須の条件のうち、もっとも重要なのが「CFP資格審査試験」です。CFP資格審査試験は、日本FP協会が実施しており、毎年試験日程や回数が決まっています。CFP資格審査試験は、年2回の開催日程で「第1回が6月」「第2回が11月」です。各回「1日目と2日目の2回ずつ」に分かれており、6月の1日目は「第1週目の日曜日」で2日目は「第2週目の日曜日」、11月の1日目は「第1週目の日曜日」で2日目は「第2週目の日曜日」という日程になっています。

CFP資格審査試験は、日程だけでなく時間割や試験内容までがすべてのスケジュールが固定で決まっています。CFP資格審査試験の第1週目の日曜日の日程は、「金融資産運用設計」「不動産運用設計」「ライフプランニング・リタイアメントプランニング」の3課目で、第2週目の日曜日の日程は、「リスクと保険」「タックスプランニング」「相続・事業継承設計」の3課目です。

このように、CFP資格審査試験は、前もって日程や時間割などが決まっていることから、試験勉強のスケジュールが立てやすいです。また、CFP資格審査試験の出願期間も、CFP資格審査試験日程に合わせて第1回目の6月は4月上旬から、第2回目の11月は9月上旬から開始されます。ただし、インターネットと書面では出願期間の日程が異なるため、注意が必要です。FPジャーナル4月号・9月号に、CFP資格審査試験の要項が記載されているため、試験を受ける場合には、必ず確認しておきましょう。

CFP資格審査試験のインターネットでの出願期間日程は、第1回目が6月上旬から5月上旬、第2回目が9月上旬から10月上旬です。書面での出願日程は、第1回目が4月上旬から中旬まで、第2回目が9月上旬から中旬までと、インターネットでの出願期間よりも短い期間になっています。そのため、CFP資格審査試験に書面にて出願をする場合には、なるべく早めに出願書を発送することをおすすめします。

CFP資格審査試験の2020年の日程

CFP資格審査試験の2020年の日程は、第1回目は「1日目6月14日(日)2日目6月21日(日)」、第2回目は「1日目11月8日(日)2日目11月15日(日)」になります。CFP資格審査試験の2020年の出願期間日程は、インターネットの場合は第1回目は4月8日(水)から5月11日(月)、第2回目は9月3日(木)から10月2日(金)まで、書面の場合には第1回目は4月8日(水)から4月21日(火)、第2回目は9月3日(木)から9月16日(水)までになります。

また、CFP資格審査試験の受験料は、出願期間内に支払う必要があります。受験料は出願方法により、支払い方法も異なるため注意するようにしましょう。CFP資格審査試験の出願をインターネットで行った場合は、「クレジットカード」「コンビニ」「銀行振込」の3つから選択することが可能です。書面で出願した場合には、「銀行振込」のみしか受験料の支払いができません。

もしも、CFP資格審査試験の出願期間内に受験料の支払いが確認できなかった場合には、受験することができないため、受験料の支払いはなるべく早めに済ませておくことをおすすめします。また、一度支払ったCFP資格審査試験の受験料は、返金手続きおよび、次回以降への充当も認められないため、確実に受験できる日程のみ、出願手続きを行うようにしましょう。

CFP資格審査試験の1課目の受験料は5,500円で、複数の課目を同時に受験することにより、割引が適用されます。2課目以上出願した場合には、1課目あたり10%の割引が適用され、最大で16%引きとなります。そのため、複数課目同時に出願した場合には、2課目合計で9,900円、3課目合計で14,300円、4課目合計で18,700円、5課目合計で23,100円、6課目合計で27,500円の金額で受験することができ、1課目単体で受験するよりも最大で5,500円も安く受けることが可能です。

CFP資格審査試験の受験票の発送日は、第1回目が6月1日(月)、第2回目が10月26日(月)です。結果通知の発送日は各課目ごとに第1回目は7月21日(火)から、第2回目は12月16日(水)になります。全6課目合格者の発表日は、第1回目7月27日(月)、第2回目12月18日(金)で、日本FP協会のHPにて合格者名を確認することが可能です。ただし、第1回目については、現在のコロナウイルスの影響により中止が決定しています。そのため、2020年のCFP資格審査試験は、第2回目のみの実施になります。

CFP資格審査試験の日程スケジュール(時間割)と注意事項

CFP資格審査試験は、すべての日程スケジュールが決まっています。CFP資格審査試験の1日目の日程スケジュールは、9時半から11時半までが「金融資産運用設計」、12時半から14時半までが「不動産運用設計」、15時半から17時半までが「ライフプランニング・リタイアメントプランニング」になります。

2日目は、9時半から11時半までが「リスクと保険」、12時半から14時半までが「タックスプランニング」、15時半から17時半までが「相続・事業継承設計」です。CFP資格審査試験の試験時間は、すべて同一で各課目120分間になります。1日目も2日目も時間割は同じです。CFP資格審査試験の試験科目の順番も、毎回同じで変わることはありません。CFP資格審査試験の実施地区は、札幌、仙台、宇都宮、東京、神奈川、新潟、金沢、静岡、名古屋、京都、大阪、広島、高松、福岡、熊本、那覇の16地区になります。

注意点は、同一都道府県内で受験地となる都市が変更になる場合がありますが、受験票以外の通知がないため、自分で確認をする必要があります。また、1日目と2日目の試験を異なる受験地区にて受験することはできません。CFP資格審査試験の試験会場が、同一地区内で複数ある場合でも、試験会場を自分で指定することはできません。自分の都合で同一地区内の他の会場に変更することはできないため、きちんと指定された会場にて試験を受けるようにしましょう。

CFP資格審査試験を受ける前に、試験問題配布・注意事項等の説明等があるため、日程スケジュールギリギリではなく、余裕を持って会場に行くことをおすすめします。各課目の試験開始時刻15分前までには必ず着席するように、日本FP協会のHPにもCFP資格審査試験当日についての注意事項が記載されているので、必ず事前に確認するようにしましょう。また、CFP資格審査試験では、遅刻者の入室は「各課目の試験開始30分前まで」しか認められず、試験終了時刻の延長もありません。

ただし、公共交通機関の遅延の場合には、遅延証明書があれば「試験開始後60分まで」は入室が認められます。また、CFP資格審査試験開始後60分後から試験終了時刻の10分前までは途中退室が認められます。もしも、途中退室をしたい場合には、必ず挙手をし、試験監督の指示に従うようにしましょう。

CFP資格審査試験の日程に合わせた勉強スケジュールを立てる

CFP資格審査試験は、毎年日程が決まっており、変更することはありません。そのため、CFP資格審査試験は勉強スケジュールを立てやすいので、試験日程から逆算して勉強を開始することをおすすめします。また、CFP資格審査試験の1課目あたりの標準勉強時間は「100時間程度」であると言われています。CFP資格審査試験は全部で6課目あるため、1回の試験において何課目受験するかにより、勉強に必要な時間が異なります。

そのため、CFP資格審査試験は「自分が受ける課目数×100時間」を目安にし、勉強スケジュールを立てて行きましょう。

まとめ

CFP資格審査試験の日程や時間割についてをまとめました。CFP資格審査試験は、年2回・6月と11月に、それぞれ2日間に分けて実施されます。CFP資格審査試験は、日程スケジュールのすべてが毎年同じであるため、事前に勉強スケジュールを立て、スケジュール通りに進行することができれば、合格しやすい試験であると言えるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。