ファイナンシャルプランニング技能士とは?何に役立つ資格なのか?

ファイナンシャルプランニング技能士とは?

ファイナンシャル・プランニング技能士とは、日本のFP(ファイナンシャルプランナー)資格の1つで、国家資格になります。ファイナンシャルプランニング技能士は、職業能力開発促進法第47条第1項による、指定試験機関が実施する「FP技能検定」に合格した人のみが名乗ることができる資格です。指定試験機関とは、「特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)」と「一般社団法人金融財政事情研究会(きんざい)」の2つになります。

ファイナンシャルプランナーとは、顧客の資産に応じた貯蓄や投資(節約や税金、投資、住宅ローン、不動産、保険、教育、年金、相続など)のアドバイスやプランを立て、その計画の実行を援助する役割を担います。そのため、「ライフプランニングと資産計画」「リスク管理」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業継承」の6つの学科試験に合格しなければ、ファイナンシャルプランニング技能士の資格を取得することができません。

ファイナンシャルプランニング技能士には、更新制度がないため、一度取得すれば一生涯資格を保持し続けることが可能です。

ファイナンシャルプランニング技能士の種類

ファイナンシャルプランニング技能士には、1級から3級までの3つの等級があります。ファイナンシャルプランニング技能士の中で、もっとも難易度が低いのは3級で、1級が最上級になります。それぞれの学科試験と実技試験に合格することができれば、等級ごとに「◯級FP技能士」と名乗ることが可能です。また、ファイナンシャルプランニング技能士は、それぞれの等級により受験資格も異なるため、誰でも受験することができるわけではありません。

1級ファイナンシャルプランニング技能士の場合には、「学科試験・実技試験それぞれで受験資格がある」ため、まずはそれぞれの受験資格を満たす必要があります。1級ファイナンシャルプランニング技能士の学科試験の受験資格条件は、「2級ファイナンシャルプランニング技能士の資格取得かつ1年以上のFP実務経験者」「5年以上のFP実務経験者」「厚生労働省認定金融渉外技能審査2級取得かつ1年以上の実務経験者」のいずれか1つの条件を満たすことが必要です。

実技試験においては、「1級ファイナンシャルプランニング技能士の学科試験合格者」「日本FP協会のCFP認定者」「日本FP協会のCFP資格審査試験合格者」「FP養成コース(きんざい)修了かつ1年以上のFP業務経験者」のいずれか1つの条件を満たす必要があります。このように、1級ファイナンシャルプランニング技能士の場合には、FPの長期実務経験もしくは2級ファイナンシャルプランニング技能士または厚生労働省認定金融渉外技能審査2級の資格が必須であるため、初心者向けの資格ではありません。

2級ファイナンシャルプランニング技能士の場合には、「3級ファイナンシャルプランニング技能士の資格取得者」「AFP認定研修修了者」「2年以上のFP実務経験者」のいずれか1つを満たさなければ、受験することができません。そのため、2級ファイナンシャルプランニング技能士の受験資格を満たすためには、実務経験を積む時間もしくは資格取得・認定研修修了までに多くの時間を要することになります。

しかし、ファイナンシャルプランニング技能士3級(3級FP技能士)においては、「FP業務に従事している者、もしくは従事しようとしている者」が条件であるため、実務経験や資格がなくても受験することが可能です。そのため、未経験からファイナンシャルプランニング技能士を目指すと言う人は、3級ファイナンシャルプランニング技能士の取得を目指すことをおすすめします。

ただし、3級ファイナンシャルプランニング技能士は、転職や就職に有利な資格ではありません。3級ファイナンシャルプランニング技能士は、難易度が低く、専門性にやや欠けることから、履歴書にも書かない方が良いと言う意見もあるからです。そのため、仕事に活用したいという人の場合には、2級以上のファイナンシャルプランニング技能士を目指すことをおすすめします。

また、同じファイナンシャルプランナーの資格でも、ファイナンシャルプランニング技能士とは資格の種類が異なるものもあります。「AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)」や「CFP(サーティファイド・ファイナンシャル・プランナー)」は、日本の民間資格であるため、ファイナンシャルプランニング技能士とは形態が異なり、更新制度があることから、2年ごとに更新する必要があります。

ファイナンシャルプランニング技能士は何に役立つ?

ファイナンシャルプランニング技能士は、お金に関する資格であるということは理解できても、実際に何の役に立つのかがわからないという人も多いのではないでしょうか。ファイナンシャルプランニング技能士は、個人の生活から仕事まで、幅広く活かすことができる資格です。ファイナンシャルプランニング技能士は、顧客の貯蓄や投資、相続など、トータル的に資産設計を行うため、自分自身のライフプランニングにも役立てることができるからです。

また、専業主婦(専業主夫)の人にとっても、日々の家計に役立つ知識をたくさん得ることができるため、ファイナンシャルプランニング技能士の資格はおすすめです。ファイナンシャルプランニング技能士の資格の知識を持つことによって、税金対策や保険対策、ローン返済計画や相続問題など、あらゆるお金の問題を解決することが可能になります。このように、ファイナンシャルプランニング技能士は、税金や保険、不動産、年金、ローン、株・金融商品などについての知識を学ぶため、これらの知識を自分の生活のために活用することにより、人生設計を立てやすくなります。
また、仕事において役立てたいという場合には、おもに銀行、保険、証券、などの金融業界に職であれば、大いに活用することが可能です。他にも、不動産業界や税・会計業界、一般企業の経理部などであれば、ファイナンシャルプランニング技能士の知識を役立てることができます。そのため、金融業界や不動産業界、会計業界などへの就職や転職を考えている人の場合には、ファイナンシャルプランニング技能士の取得は大きなメリットであると言えるでしょう。ファイナンシャルプランニング技能士の資格を取得していることにより、即戦力として採用に有利に働く可能性が高いからです。

就職や転職のためにファイナンシャルプランニング技能士の資格を取得したい人の場合には、なるべく2級ファイナンシャルプランニング技能士の資格取得を目指すことをおすすめします。

ファイナンシャルプランニング技能士は独学でも取得可能

ファイナンシャルプランニング技能士は、AFPやCFPに比べ難易度が低く、受験要項も満たしやすいことから、独学でも取得することは可能です。とくに、3級ファイナンシャルプランニング技能士であれば、誰でも受験することができるため、初心者でも最短1ヶ月で取得することが可能です。3級ファイナンシャルプランニング技能士の勉強は、市販のテキストや過去問題集だけでも十分に合格することができます。

2級ファイナンシャルプランニング技能士の場合には、未経験であってもAFP認定研修さえ修了することができれば、受験することが可能です。そのため、2級ファイナンシャルプランニング技能士は、最短で3ヶ月ほどで取得することができる場合もあります。ただし、あくまでも期間は目安なので、すべての人が3ヶ月で取得できるとは限りません。ゼロから始めるという場合には、半年以上を目安にしておいた方が良いでしょう。

1級ファイナンシャルプランニング技能士においては、長期の実務経験もしくはAFP認定者などの資格が必要になるため、1年以上取得に期間が必要になります。ファイナンシャルプランニング技能士は等級が上がるにつれ、独学での難易度も高くなります。しかし、工夫をして勉強をすれば、1級ファイナンシャルプランニング技能士でも独学で資格取得をすることは可能でしょう。ただし、最短でファイナンシャルプランニング技能士の資格取得を目指したいという人の場合には、独学よりも通信講座を利用した方が効率的かつ合格する確率も高くなるのでおすすめです。

まとめ

ファイナンシャルプランニング技能士は、一度取得をすれば一生涯保持することができる、日本の国家資格の1つです。ファイナンシャルプランニング技能士は、お金に関するプロフェッショナルな資格であり、資格を取得することによって、自分のライフプランニングだけでなく、仕事においても役立てることが可能です。そのため、節約や節税、投資や相続など、将来設計をより詳しく立てていきたいと思っている人に最適な資格になります。

また、金融業界や不動産業界、会計業界などへの就職や転職を希望している人にとっても、ファイナンシャルプランニング技能士はとても役立つ資格です。ファイナンシャルプランニング技能士は、独学でも取得しやすいため、初心者にもおすすめの資格です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。