FP(ファイナンシャルプランナー)試験に最適なテキストは?おすすめをご紹介

FP試験に最適なテキスト選びって大変ですよね。そもそもどうやって勉強すればいいのか分からないですし、どのFPテキストも同じに見えてしまう気持ちよく分かります。FPは専門性が高いのでより難しく考えてしまいがちです。

そんなFP試験に受験することになったけれど、どんなテキストを選べばいいか分からないそこのあなたに教えたいテキストがあります。実際にFP試験合格者を多数出したテキストになりますよ。様々な事情で絶対合格したい方向けの内容となっています。

この記事ではFP試験に最適なテキストから選び方まで紹介していきますよ。テキストの情報を与えるだけでなく、具体的なテキストの扱い方まで網羅しています本当に効果あるのかと疑心暗鬼なあなたに納得していただけるおすすめの内容になっていますよ。

FPのテキストを買う時に気を付けるポイント

テキストと問題集ってどちらが優れているのかと迷ってしまうこと多いですよね。実はこの場合、迷う必要は全くないんです。なぜなら、テキストと問題集どちらも買うことが正解だからです。理由は、どちらか一方を選ぶと後々苦労する結果になるからですよ。
もし、テキストだけを買ったとしたら一体どうなるでしょう。FP試験のテキストは厚く、本が大好きで本があれば何もいらない方でも嫌になるくらいであるのが特徴です。
なぜなら面白い物語ではなく、専門的な用語を初心者にも分かりやすく説明した分厚い参考書だからですよ。一から読んだら何カ月もかかってしまうような代物です。
また、試験問題がどんな形で出題されるか、テキストだけでは理解しづらいですよ。つまり、テキストだけでは試験対策にならないのです。試験問題がどう出題されるかを知るためには問題集が重要になってきます。
また、問題集だけを買った場合は問題を解いていくことで出題の傾向が理解できるようになりますよ。問題集だけでは、問題の解説が不十分であることがあります。どう解いたらいいのか分からないなど疑問がいくつも湧いてくるのが問題集です。問題集だけでも試験対策とするのはおすすめできません。
しっかりと理解するためにはテキストが必要です。問題集で分からないところをテキストで補うという流れが王道となります。つまり、参考書を買う場合はどちらか1つではなく、テキストと問題集は一緒に買うようにしましょう。

FP試験に最適なテキストTop5

適切なFPのテキストが分からないというのは、FP試験を受ける上で悩みの一つになりやすいです。効果があるのかも疑問ですし、どれがいいのかも一からでは勉強時間が減ってしまいます。
そこでここからはFP試験に最適なテキストを紹介していきます。どのテキストを選べばいいのか分からない方や興味のある方はぜひ読んでみてください。

うかる!FP3級速攻問題集&テキストシリーズ

うかる!FP3級速攻問題集&テキストシリーズは、カラーで読みやすさが抜群で文字が大きいので心理的負担がほぼないことが特徴です。
問題グループごとに過去問があって便利注釈として間違えやすいポイントを指摘してくれています。ここが出やすいというポイントも書いてあるので、対策がしやすいです。

このシリーズは、かなり正統派・王道のテキストですよ。スタンダードな内容を収録しつつも、文字の大きさやカラーなどでわかりやすくまとめられています。
「まちがえやすいポイント」や「試験に出やすい問題」などが必要なタイミングで書かれていて、安心して勉強をすすめることができます。Amazonで過去版を含めて見ると、レビューの評価数こそ少ないものの、おおむね評価はいいようです。

みんな欲しかった!FPの教科書シリーズ

みんな欲しかった!FPの教科書シリーズは、評価がおおむねいい印象を受けるテキストです。しかし、レビューの中には★が1つのものも存在します。その理由を見ると、問題集の「問題」と「解説」が2冊に分かれていることが不満のようです。
電車の中など、スペースに制限がある場所では2冊に分かれているので勉強しづらいでしょう。ただし、テキスト・問題集のどちらもボリュームは多く、範囲もしっかりとカバーされています。
2冊にわかれているのを気にしなければ特に問題なく勉強はできますよ。多くの合格者を出したメジャーなテキストです。

スッキリわかるFP技能士シリーズ

スッキリわかる FP技能士シリーズの特徴は、資格受験の名門予備校であるTACが出版しているということです。名門予備校が合格させることを目標として作っているだけあって、コンセプトも「試験に出る内容だけに特化した、テキスト+問題集一体型の参考書」となっています。
「絶対読め!30秒レクチャー」で全体像をつかんでから学習に入ることができ、「ナナメ読み!学習のポイント」で、試験に必要な知識をたたき込めますよ。また法改正についてもしっかりカバーされています。
テキストとあわせて「スッキリとける 過去+予想問題」をつかうことで、さらに理解を深めることができますよ。「きんざい」と「日本FP協会」の試験に対応していることもあり、使いやすいです。

一発合格!FP技能士3級完全攻略シリーズ

完全攻略シリーズの特徴は、なんといってもマンガ・挿絵つきの構成です。これがあることで文字だらけの印象が一変します。
FP試験は覚えることがとても多いので、どうしても参考書・テキストは文字が詰め込まれがちです。そんな時にマンガや挿絵で分かりやすくしてくれるのはとても勉強しやすいですね。
問題集の構成としてはスタンダードなものですが、逆にいうと奇抜なものではないので「勉強を進めやすい」ともいえます。また、Amazonでも好評価なレビューが多いことから、総合的にかなりおすすめです。

史上最強のFP3級シリーズ

参考書といえば多くは白黒ですが、こちらのシリーズはカラーで構成されています。色を活かし切れず文字の量が多いという印象が強かったです。簡単に言うと、学生の時につかっていた教科書のようなイメージです。
テキストの最後には「30pほどの頻出問題集」が付いているのですが、これがうまくまとめられていて一見の価値ありです。買わないにしろ、本屋の立ち読みコーナーで見てもいいかもしれませんね。

FP試験に最適なテキストの活用方法

まず最初に、決してテキストを読み込もうとしてはいけません。なぜかというと要点を含めて「すべての説明が載っているから」です。これを真面目にすべてを覚えようとするとまず失敗します。

いずれファイナンシャルプランナーになるならまだしも、取り急ぎ資格を取ろうとしている人にとっては遠回りでしかありません。合格のための正しい進め方は問題集をやってからわからない部分だけテキストを見るという流れです。

失敗しないFP試験に最適なテキストを選ぶコツ

FP試験は、正しいテキスト選びさえできれば独学での合格も難しくありません。テキストの分かりやすさや取り組みすさは前提として、いつまでに合格したいのかなど自分の目的にあったテキストを選ぶのが大切です。
また、FP試験の勉強は基本的にテキストと問題集の2冊で行います。なのでテキストだけでなく問題集の使いやすさも考慮することが大切です。
テキストと問題集のシリーズは必ず統一しましょう。シリーズがバラバラだと「テキストと問題集でカバーしている範囲が違う」といった余計な問題が生じてしまいます。
その他にもFP初学習だと、テキストの内容を見てみてもそれが良いテキストなのかどうかの判断できません。その際、出版社の知名度はテキストの質を判断する良い指標となります。
大手資格予備校が出版しているものであれば、長年の指導ノウハウが反映された書籍であるので高品質なテキストであることが期待されます。
一方で個人が出しているようなものや資格試験に関わりのない出版社が作成したテキストは信頼度が落ちるので、よく調べてから購入しましょう。
テキストの口コミは購入者の満足度を見ることができるだけでなく、その内容からテキストの特徴を読み取ることもできます。

テキスト選びでFP試験の難易度が変わる

FP試験のテキストは数多く出ていますが、その質は高いものから低いものまでいろいろあります。合格により近づくためには、テキストの質が重要です。FP試験合格はテキストの質がどれくらい高いかでも変わってきます。
具体的にどういったものが質が高いかというと、進めやすい構成であることやまとまりがハッキリしているので理解しやすいことが言えます。極論をいえば、まとまりがなく文字ばかりのテキストでは、集中できません。
集中力をどれだけ高められるか、問題にどれだけ前向きに向き合えるかで合格率は変わってきます。合格するまでが正念場です。気を抜かずにここで紹介したテキストを見て考えます。そして、自分に向いているテキストがあったら買って試してみましょう。
百聞は一見に如かずというように実際自分で見てみた方があなたのためになりますよ。FPの知識も身につきますし、合格に行動すればするほど近づいていきます。行動する時は何が何でも合格してやるんだと食らいつくような気持ちで行動すると最適です。
口コミやランキングなどを活用しながら、自分の目的に合ったFP試験勉強のテキストを選びましょう。あなたが無事ファイナンシャルプランナーになれることを願っています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。