ユーキャンの社労士講座で一発合格!安心の実績と高い合格率を解説

社労士資格試験は、難易度が高い国家試験の1つです。ユーキャンの社労士講座は、初学者でも一発合格を目指すことが可能です!ユーキャンの社労士講座の内容の特徴や費用についてを、詳しく解説します。

ユーキャンの社労士講座は合格率が高い!

ユーキャンの社労士講座は、なんと30年以上も開講実績のある通信講座です。ユーキャンの社労士講座の受講生の84%が初学者であり、2019年度においては社労士試験の合格者2,525名中228人がユーキャンの社労士講座の受講生でした。このことから、社労士試験の合格者の約11.1人に1人が、ユーキャンの社労士講座を受講した人であることがわかります。そのため、ユーキャンの社労士講座は、初学者でも十分に合格することが可能な講座であると言えます。

また、ユーキャンの社労士講座の受講者の中には、ユーキャンの社労士講座のおかげで一発合格できたという女性のコメントも掲載されています。初学者でもわかりやすく、バランスの取れたカリキュラムが用意されていることから、ユーキャンの社労士講座であれば、一発合格も可能なのです。さらに、ユーキャンの社労士講座には、プロの社労士講師たちが150名以上も在籍しています。

このように、ユーキャンの社労士講座は、30年以上の実績から初学者でも合格することができる独自のカリキュラムや、150名以上のプロの社労士講師がつねに在籍し、学習をサポートするなど社労士試験合格に向けての万全な体制が人気の通信講座です。

ユーキャンの社労士講座の特徴

ユーキャンの社労士講座は、受講中にわからない部分を質問できる「質問サービス」があるので、メールやPCにて気軽に質問することができます。他にも、ユーキャンの社労士講座の受講生専用サイト「学びオンラインプラス」では、webテストを受けることができ、スマホやPCにていつでもどこでも復習することが可能です。

また、ユーキャンの社労士講座では、学習期間の目安は7ヶ月と定められていますが、何らかの理由で学習が遅れてしまった場合には、翌年の9月末まで指導サポートを延長して受けることができます。このように、ユーキャンの社労士講座は、さまざまなツールやサポート体制が整っていることから、初学者でも一発合格を目指すことが可能な通信講座であると言えるでしょう。

さらに、ユーキャンの社労士講座では、有料のオプションコースも用意されています。ユーキャンの社労士講座は、通信講座だけでなく、スクーリング(通学)で講義を受けることが可能です。教室での講義だけでなく音声講義など、さまざまな講義が用意されているのも特徴です。ユーキャンの社労士講座のオプション講座には、「基礎完成講座」「速習&答練講座」「基礎完成講座+速習&答練講座」「直前必修講座」の4つの講座が用意されており、必要に応じて追加することができます。

他にも、ユーキャンの社労士講座では、HP上で自分が講座受講に適しているかどうかを診断できる「相性診断」ツールがあります。もしも、社労士の資格を取得するかどうかを迷っている人の場合には、はじめにこの相性診断を試してみることをおすすめします。社労士資格試験は難易度が高い国家試験でもあるため、受講後に自分に合わなかった場合には無駄な時間と費用となってしまうおそれがあります。無駄な時間と費用をかけないためにも、まずはユーキャンの社労士講座のHP上にて、社労士資格と自分の相性診断をすることからはじめてみましょう。

ユーキャンの社労士講座の合格までのスケジュール

社労士試験は、合格基準点以上を取ることができれば、誰でも合格することが可能な資格です。社労士試験の合格ラインは、各科目最低でも40%、全体では60〜70%以上の正解率が必要であると言われています。また、社労士には受験資格があり、「短大卒と同等以上の学歴」「学歴がない場合には、一定の実務経験がある」「行政書士資格保有者」のいずれかに該当していなければ、受験することができません。

社労士試験は毎年1回、8月の第4日曜日に実施されるため、5月末頃までに受験手続きを完了させる必要があります。ユーキャンの社労士講座の標準学習期間は7ヶ月であるため、試験月から逆算すると、1月〜2月までに受講を申し込んだ方が良いでしょう。ユーキャンの社労士講座は、どの科目から進めても良いように全体概要と重要項目を把握するための「科目別ガイダンス動画」があります。1科目30分の動画内容で、各科目のテキストに取り組む前に見ることにより、効率よく学習を進めることができます。

ユーキャンの社労士講座の次のステップは、それぞれの科目テキストの1章を読み終えた時点で、メインテキストに連動した「基本確認ドリル」を使用します。インプットした内容をアウトプットすることにより、学習した内容を定着させます。また、ユーキャンの社労士講座の受講者専用の学びオンラインプラスにて、webテストも同時に活用し復習をします。学びオンラインプラスでは、空いた時間を使って気軽に試験直前の最終確認をすることもできます。

基本確認ドリルのあとには、アウトプット中心の問題演習へと進みます。ユーキャンの社労士講座のテーマ別実践問題集を使用し、基礎知識の定着および実践力を養っていきます。ユーキャンの社労士講座では、テキスト1冊ごとに合計10回の「科目別添削」や、最終的な総仕上げの「総合課題添削」1回を受けることが可能です。この添削を受けることにより、自分の弱点に気付き、学習内容の軌道修正をすることができます。そして試験直前期には、過去6年分の試験問題をまとめた過去問題集を活用し、実際の問題徹底的に解く訓練をします。

このように、ユーキャンの社労士講座では、合格までの勉強カリキュラムがわかりやすく構成されているため、初学者でも自分のペースで学ぶことができます。もしも、ユーキャンの社労士講座の標準学習期間に満たない場合には、翌年まで延長指導サポートが受けられるため、いつからでも受講することが可能です。

ユーキャンの社労士講座の教材や費用

ユーキャンの社労士講座の費用は、一括払いで税込み79,800円です。分割払いの場合には、4,980円の16回(16ヶ月)払いで総額79,680円になります。教材は、メインテキストが10冊、副教材として基本確認ドリル、科目別ガイダンス動画、ガイドブック、過去問題集2冊、テーマ別実践問題集2冊、添削質問書類、スケジュール表がセットになっています。添削は総合課題添削を含めて11回、質問は1日3問まで可能です。

もしも、有料オプションをプラスする場合には、基礎完成講座は別途一括払い12,000円、速習&答練講座は別途一括払い42,000円(分割は3,550円の12回払いで総額42,600円)、基礎完成講座+速習&答練講座は別途一括払い49,000円(分割は4,130円の12回払いで総額49,560円)、直前必修講座は4講義セットは別途一括払い39,000円(3,980円の10回払いで総額39,800円)、講義別テーマの場合は法改正対策は別途一括払い12,200円、年金特訓は別途一括払い14,200円、厳選!横断まとめは別途一括払い12,200円、白書対策は別途一括払い11,200円の費用が必要になります。

ユーキャンの社労士講座の標準学習期間は7ヶ月で、受講開始日から試験月の8月までに標準学習期間に満たなかった場合には、翌年の9月まで延長指導サポートを受けることができます。また、メインテキスト10冊と問題集4冊は、紙とデジタル版の両方のテキストを利用することが可能です。法改正や試験情報の変更は途中であった場合には、追加で補教材が提供されます。

ユーキャンの社労士講座は、郵便局・ゆうちょ、コンビニエンスストア払い、クレジットカード払いの3つの支払い方法が選択でき、送料は無料で分割払いにも対応、8日以内であれば返品も可能です。また、ユーキャンの社労士講座は、一般教育訓練給付制度の対象講座であるため、必要条件を満たしていれば最大で20%が支給されます。

ユーキャンの社労士講座はこんな人におすすめ

ユーキャンの社労士講座は、転職やキャリアアップ、コンサルタント業を目指す人、在宅で働きたい人、独立開業を目指す人におすすめの講座です。社労士の資格取得を目指す人は、独立開業をしたいと考えている人が多いものの、近年ではアウトソーシングで仕事することも可能です。社労士は、近年人気の高い国家資格ですが、独学での学習で資格取得を目指すのは非常に困難であると言われています。

そのため、社労士の資格取得を目指す場合には、ユーキャンの社労士講座のように、弱点分野を作らないような勉強カリキュラムを組んだ学習法がもっとも適しています。ユーキャンの社労士講座では、初学者でも一発合格ができるような勉強カリキュラムと、過去30年間の実績があります。このようなことから、初学者で社労士の資格取得を目指す人に、ユーキャンの社労士講座はもっともおすすめの講座であると言えるでしょう。

まとめ

ユーキャンの社労士講座は、30年の実績を持つ安心の通信講座です。初学者でも一発合格ができるような独自の勉強カリキュラムを組んでおり、合格率が高い社労士講座であるため、ユーキャンの社労士講座は人気があります。

また、ユーキャンの社労士講座の受講者は、84%もの人が初学者です。そのため、初学者で社労士講座の選択に迷っている人の場合には、ユーキャンの社労士講座がおすすめであると言えるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。