ユーキャンの社労士講座の合格率が高い理由は?価格やデメリットまで解説

ユーキャンの社労士講座は、初学者でも合格率が高い通信講座です。ユーキャンの社労士講座の合格率が高い理由や、ユーキャンの社労士講座の独自の学習内容や費用・デメリットについてを解説します。

ユーキャンの社労士講座の合格率は?

社労士(社会保険労務士)は、難易度が高い国家資格の1つです。社労士の平均合格率は、6〜7%であり、年間4万人ほどの受験者のうち、2000〜3000人程度しか合格することができないという難関試験であると言われています。このような結果から、社労士の資格勉強は、効率良く学習しない限り、90%以上の確率で不合格になることが予測できます。社労士の合格率が低い理由としては、「試験範囲が非常に広い」ことや「長時間の勉強時間が必要」であるからです。

社労士の試験は、おもに労働法や保険に関する問題が多く、資格取得にはなんと700〜1000時間もの勉強時間が必要であると言われています。このようなことから、社労士の資格を取得するには、独学で勉強するのはかなりハードルが高いと言えるでしょう。そのため、社労士の資格取得を目指す人は、通信講座を受講することが多いです。社労士の通信講座の中でも、ユーキャンの社労士講座は、人気の講座です。なぜなら、ユーキャンの社労士講座の受講者の合格率が、非常に高いからです。

社労士試験の合格者のうち、10%もの人がユーキャンの社労士講座の受講者であるという実績があります。このように、社労士の通信講座は数多く存在することや、独学でチャレンジしている人を含めて考えると、ユーキャンの社労士講座は、驚異の合格率を誇る通信講座であると言えるでしょう。

ユーキャンの社労士講座の合格率が高い理由

ユーキャンの社労士講座の合格率が高いのは、独自の勉強カリキュラムや学習サポートがあるからです。ユーキャンの社労士講座は、受講者の84%が初学者であるため、初学者にもわかりやすいテキスト作成や、勉強カリキュラムが組まれています。そのため、ユーキャンの社労士講座は、初学者でも合格率が高いのが特徴です。このように、ユーキャンの社労士講座の合格率が高い一番の理由は、充実したテキスト内容や独自の勉強カリキュラムであるからです。

ユーキャンの社労士講座のテキストは、市販のテキストに比べ、とてもわかりやすいと高い評価を得ています。ユーキャンの社労士講座のテキストは、効率よく学ぶために要点をしぼって編集しているために、他のテキストに比べ薄く見やすい設計になっています。また、ユーキャンの社労士講座のテキストは、紙だけでなく、オンラインでも閲覧することが可能です。

他にも、ユーキャンの社労士講座のオンラインでは「学びオンラインプラス」という独自のeラーニングシステムがあります。ユーキャンの社労士講座の学びオンラインプラスでは、各学科の基礎知識の確認や復習をすることができる「基礎確認ドリル」というwebテストを受けることが可能です。このwebテストを受講することによって、自分の弱点や今後の学習しなければいけない点などを、再確認することができます。

このように、ユーキャンの社労士講座は、オンラインサービスを活用することにより、いつでもどこでも学習することが可能です。社労士の資格を取得するには、勉強量の確保は必須です。そのため、隙間時間を利用して多くの勉強量を確保することができるのも、ユーキャンの社労士講座の合格率が高い理由の1つであると言えるでしょう。

他にも、ユーキャンの社労士講座には、「科目別添削」や「総合課題添削」という、独自の添削指導があります。テキスト1冊ごとに1回の添削指導を受けることができ、科目別添削では合計10回、総合課題添削は最後の総仕上げとして1回の添削指導を受けることが可能です。このような独自の添削指導のサポートがあるのも、ユーキャンの社労士講座の合格率が高い理由です。

さらに、ユーキャンの社労士講座には、150名ものプロの社労講師が在籍しています。そのため、わからない部分があれば、いつでも質問をすることができるサポート体制も整っています。ユーキャンの社労士講座の質問サポートは、1日につき3問までという1日の制限はありますが、質問回数自体は無制限です。これに対し、他の通信講座では質問サポートの回数に制限があることが一般的です。

このように、ユーキャンの社労士講座は、講師の数が多く、無制限の質問サポート体制が整っているという点も、合格率が高い理由であると言えるでしょう。

ユーキャンの社労士講座は合格率が高いのに安い

ユーキャンの社労士講座は、勉強カリキュラムや万全のサポート体制など、充実した内容で合格率も高い通信講座です。そのため、講座費用も高いと思われがちですが、じつはユーキャンの社労士講座の講座費用は業界では最安値になります。ユーキャンの社労士講座は、79,800円であるのに対し、社労士の通信講座費用の相場は120,000円前後であると言われています。

そのため、他の社労士の通信講座と比較すると、ユーキャンの社労士講座はおよそ40,000円も安い価格になります。また、ユーキャンの社労士講座は、一般教育訓練給付制度の対象講座です。一般教育訓練給付制度とは、厚生労働大臣が指定する講座を受講し修了した場合、一定条件を満たしていれば受講料の20%が支給される制度になります。ユーキャンの社労士講座は、一般教育訓練給付制度の対象講座であるため、条件さえ満たしていれば20%の受講料を支給してもらうことが可能です。

このように、ユーキャンの社労士講座は合格率が高い上に、受講料も最安の通信講座です。そのため、初学者で最安の社労士通信講座を探しているという人には、ユーキャンの社労士講座がもっともおすすめであると言えるでしょう。

ユーキャンの社労士講座の合格率は高いがデメリットもある

ユーキャンの社労士講座は、合格率が高いので非常におすすめの講座ですが、デメリットもあります。ユーキャンの社労士講座は、1種類だけであることから、初学者以外には適さない講座です。なぜなら、ユーキャンの社労士講座は、初学者向けに勉強カリキュラムが構成されているため、すでに社労士試験を経験したことがある人には不要な部分が多いからです。

また、ユーキャンの社労士講座は、動画講義がガイダンス以外は存在しません。それに対し、他社の通信講座では、社労士の講師による動画講義がメインであることが多いです。動画講義は、テキストのみを使用して学習するよりも、視覚や聴覚からも同時に情報を吸収することができるため、非常に有効な学習方法であると言われています。そのため、テキスト学習が不向きな人にとっては、ユーキャンの社労士講座は学習しにくいため、おすすめはできません。

他にも、ユーキャンの社労士講座には、キャッシュバックの特典がないという点も他社と比較した場合、デメリットであると言えます。通信講座は高額な受講料であることが多いため、資格に合格した場合には合格特典として「キャッシュバック」(祝い金)を貰うことができます。中には、資格に合格すれば受講料が全額返金になる制度があるものもあります。これに対し、ユーキャンの社労士講座には、キャッシュバック制度は存在しません。

このように、ユーキャンの社労士講座は合格率が高い講座ではあるものの、デメリットも存在します。ユーキャンの社労士講座が安いのは、初学者にターゲットをしぼっている勉強カリキュラムであることと、メインの動画講義がないことが理由でもあります。そのため、このようなメリットとデメリットをきちんと把握した上で、ユーキャンの社労士講座を受講することをおすすめします。

ユーキャンの社労士講座の合格率と同じ通信講座は?

ユーキャンの社労士講座の合格率は、同じ社労士の通信講座の中でも高い合格率を誇ります。しかし、ユーキャンの社労士講座は、独自の勉強カリキュラムであるため、他の通信講座に含まれている動画講義がありません。そのため、動画講義がメインの通信講座の方が自分には合っているという人の場合には、「フォーサイトの社労士講座」がおすすめです。

フォーサイトの社労士講座は、ユーキャンの社労士講座と同じ価格の79,800円で、動画講義がメインの講座です。ユーキャンの社労士講座と同じ価格とクオリティであり、合格率も非常に高いのが特徴です。そのため、ユーキャンの社労士講座にはない動画講義が必要な人の場合には、合格率が同等であるフォーサイトの社労士講座が最適であると言えるでしょう。

まとめ

ユーキャンの社労士講座は、初学者向けの通信講座であるにも関わらず、合格率が高い驚異の通信講座です。さらに、ユーキャンの社労士講座は、勉強効率も高い独自のカリキュラムと、添削指導や無制限の質問サポートもついていながら、業界最安の通信講座になります。そのため、初学者で最安の通信講座を探しているという人には、ユーキャンの社労士講座がおすすめであると言えるでしょう。

しかし、ユーキャンの社労士講座は、合格率が高く、非常に人気のある通信講座ですが、メイン動画講義は存在しません。おもにテキストを使用した独学スタイルに近い学習方法になります。そのため、動画講義の方が学習しやすいという人には、ユーキャンの社労士講座は適していないでしょう。このように、ユーキャンの社労士講座は合格率が高く、とても効率的な通信講座ではありますが、向き不向きがあるためきちんと学習スタイルを把握した上で、受講することをおすすめします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。