クレアールで社労士に合格できる? 特徴やメリットデメリットを解説!

社労士の資格を取りたいなと調べてみて「クレアールの社労士講座の評判が良さそう! でも本当にいいのかな、自分に合っているかな」と気になっているという方は多いのではないでしょうか。
クレアールの社労士講座にはどんな特徴があり、どんな人に向いているのでしょうか。ここでは、クレアールで社労士試験の勉強をするメリットやデメリット、クレアールの社労士試験合格率や費用などについてご紹介していきたいと思います。

どんな特徴がある?クレアールの社労士講座とは

クレアールは資格の専門スクールです。公認会計士や税理士、司法書士など国家資格試験対策の講座を複数開講しています。もともと各地に校舎を展開する通学制のスクールでしたが早くからEラーニングに取り組みはじめ、現在は教育サービスをWeb通信講座に一本化しています。

社会保険労務士講座も、クレアールのWeb通信講座の一つです。クレアール社労士講座の大きな特徴として「非常識合格法」と「Vラーニングシステム」が挙げられます。

最小の労力と費用で合格を目指す「非常識合格法」

クレアールの最大の特徴は、独自の学習メソッド「非常識合格法」を提唱している点でしょう。「非常識」という言葉のインパクトが強いため、なんとなく「大丈夫なのかな……」という印象を受ける方もいるかもしれませんね。

しかしこの名称は「社労士合格には“長時間の学習”と“多大な費用”が不可欠だ」という一般的な常識を覆すという意味で名付けられたもの。つまり、できるだけ“短時間”“少ない労力”“少ない費用”で社労士資格を取得するための勉強法というわけです。

非常識合格法の具体的な戦略としては「過去問に重点を置いた学習」「合格に必要な得点範囲に集中した学習」「多角的な反復学習」の3つが掲げられています。

動画コンテンツで学べる「Vラーニングシステム」

クレアールの社労士講座は、動画での講義「Vラーニングシステム」によって学習を進めるのが基本となっています。PC、スマホ、タブレット端末などマルチデバイスに対応しているので、いつでもどこでも勉強することができます。わからないところを繰り返し視聴して勉強したり、倍速再生で視聴時間を短縮しつつ反復学習したりといったことも可能です。
講義10分から60分程度なので集中力が持続しやすく、重要なポイントをしっかりと頭に入れることができます。

クレアール社労士講座で学ぶメリットとデメリット

クレアール社労士講座のメリット

クレアールの社労士講座を受講することで期待できるメリットとして、主に以下のような点が挙げられます。

人気講師によるわかりやすい講義を受けられる

クレアールの社労士講座は、テレビなどで“年金博士”として有名な北村庄吾講師と、答練の指導に定評のある斎藤正美講師という、2人の人気講師がプロデュースしています。おふたりとも社労士試験の受験指導に長年携わってこられたベテラン講師で、その講義は初心者にも理解しやすくとてもためになると評判です。独学ではなくスクールや通信講座で社労士試験の勉強をしたい人にとって、教えてくれる講師の優秀さや、講義のわかりやすさは重要なポイントだと言えます。初心者にもわかりやすく学べて、重要ポイントをしっかりと印象付けられる講義は、クレアールで学ぶ大きなメリットの一つでしょう。

合格に必要なスキルを効率良く身に着けられる

学習効率が高い点もクレアール社労士講座のメリットです。先述のとおり、クレアールは少ない労力で最大の効果を狙う「非常識合格法」を提唱しています。このコンセプトに従って作成されたクレアールの講義やテキストは、社労士試験に合格するために必要な知識や回答スキルに特化して効率良く身に着けられるようになっているのです。

受講のコストパフォーマンスが高い

クレアールの提唱している「非常識合格法」は、社労士合格に対する労力を最小化することとともに、費用も最小化することをコンセプトとしています。このためクレアール社労士講座の受講料は、他スクールの社労士講座と比較して低めに設定されているコースが多いです。さらに、割引制度や返金制度、延長制度など費用面の負担を軽減する制度が豊富に用意されているという特徴もあります。コストパフォーマンスの高さもクレアールの魅力だと言えます。

クレアール社労士講座のデメリット

他のスクールと比較したクレアールの社労士講座のデメリットや残念な点として、主に以下のような意見が見られます。

臨場感や緊張感が少ない

クレアール社労士講座は、マルチデバイス対応の「Vラーニングシステム」によるWeb通信講座です。通学制スクールのように、学習者が教室に集まって講義を受けるスタイルとは異なります。
通学制スクールの場合、同じ目的を持つ人たちと同じ場で学ぶことで緊張感やモチベーションを高める効果が期待できたり、目の前で講師が講義を行う臨場感を味わえたりといった良さがあるもの。通信講座のみのクレアール社労士講座は、そうした緊張感や臨場感については、通学制のスクールより劣ると言えます。

疑問があるときに解決まで時間がかかる


社労士試験のために学ぶべき知識は幅広く、中には解説を読んだり聞いたりしただけでは理解しづらかったり、疑問な部分が残ったりする部分もあるでしょう。通学制のスクールの場合、講義でわからないことがあったときや、自分で学習を進めていく中で疑問が生じたときなど、すぐに講師に質問して教えてもらうことができます。
クレアールではわからない部分はメールで質問することができますが、質問内容によっては何度かやりとりしなければ解決できないケースなどもあって時間がかかります。

教材(テキスト)がシンプル

これは人によってメリットにもデメリットにも感じられる点だと思いますが、クレアールの提供しているテキストのシンプルさは賛否両論あります。
クレアールのテキストは、必要な内容が絞り込まれて分かりやすく作られている一方で、見た目は2色刷りのシンプルなものです。図やイラストなども少なめで、文章中心の構成となっています。
このテキストを使いやすく好ましいと感じるという声も多い一方で、フルカラーの美しいデザインや図表を多用したテキストが好きな人には物足りなさを感じられるようです。

クレアール受講者の社労士合格率はどのぐらい? 費用は?

ここまで、クレアール社労士講座の学習システムや教材などについて特徴やメリットデメリットを見てきました。実際のところ、この講座を受講した人の社労士試験への合格率は高いのでしょうか。また、学習にかかる費用については妥当と言えるのでしょうか。ここからは合格率や費用について確認していきましょう。

クレアール受講者の社労士合格率は高い?

社労士試験の受験者全体の合格率は年によってばらつきがありますが、4%~9%で平均すると6%前後です。

クレアールは通信講座のため、正確な合格率の算出が難しいという理由で公表されていません。ただし、クレアール社労士講座のいくつかのコースは厚生労働省の教育訓練給付制度の対象講座に指定されており、この対象講座を利用した人の合格率(資格取得状況)は、各講座の情報として厚生労働省の検索システムから確認することが可能です。

これによると、クレアールの社労士講座を受講した人の合格率は11%~20%(年度やコースにより異なります)となっており、受検者全体の合格率と比べてかなり高いことが分かります。教育訓練給付制度を利用する人は学習へ意欲が受験者の中でも高いと考えるため一概には言えませんが、少なくともこの制度を利用しているクレアール受講者の合格率は他スクールの社労士講座と比較しても高めだと言えます。

クレアール社労士講座の費用はお得?

クレアールは「理想の合格」の条件の一つとして「最小の労力」とともに「最小の費用」も掲げています。したがって、クレアールの受講料は近い内容の他スクールと比較すると低めに設定されています。

また、一発合格に自信がない方に向けた費用面でのサポートが心強い「セーフティコース」の存在も魅力です。本試験の初年度受験料をクレアールが負担してくれたり、初年度に合格した場合の未受講分返金制度があったりと、翌年の受験も視野に入れている人にとって安心のコースです。社労士試験は科目が多いため、ストレート合格に自信が持てないという人も多いと思います。そのような方にとって費用面の負担が軽くなるのはありがたいですよね。

セーフティコース利用者以外が活用できる割引制度や受講支援制度も数多く用意されているので、上手に活用すればかなりお得に受講することができるはずです。

クレアール社労士講座が向いている人・向いていない人

ここまでの情報を踏まえて、クレアール社労士講座がどんな人に向いているのかをまとめてみましょう。

【クレアール社労士講座が向いている人】
・働きながら社労士合格を目指している人
・独学だけでは不安だけど通学する都合がつかない人
・受講の費用をなるべく抑えたい人
・有名講師の講義で学びたい人
・合格のために効率よく要点を学びたい人

【クレアール社労士講座が向いていない人】
・通学で臨場感や緊張感を味わいながら学びたい人
・疑問点をその場ですぐに解決したい人
・イラストや図解の多いテキストを使いたい人

まとめ

クレアール社労士講座について、特徴やメリットデメリット、合格率などをご紹介しました。通信のみの講座という点で通学制のスクールとは異なる特徴も多く、メリットとデメリットどちらを大きく感じられるかは人によって異なると考えられます。

クレアールの受講を検討されている方は、クレアールのメリットとデメリットを理解して、ご自身が向いているかどうかをイメージしてみることをおすすめします。メリットの部分を大きく感じる方であれば、クレアールは社労士合格への頼もしい味方となってくれるはずです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。