試験の予定にもつながる!社労士の試験はいつ?

社労士試験を受けるためには、いつ試験が行われるのか認識した上で勉強していかなければいけません。
社労士試験の範囲は非常に広く、勉強にもとても時間がかかります。
覚えなければいけないことも驚くほど多いので、しっかりとした予定を立てて臨まなければ合格の道は見えてこないでしょう。

社労士の試験はいつ?

社労士は法律系国家資格として、1年に1回だけ試験が実施されます。
1年に1回というところが非常に重要で、様々な部分に影響を与えてくるでしょう。
毎年いつ行われるかは、受験案内の請求受付が始まる3月上旬にははっきりします。
例年試験日は8月の第4日曜日と定められていますが 試験要項の公示は4月の中旬です。
いつ試験が行われるかがわかると、申し込みの準備もしなければいけませんが、4月中旬の公示から5月末までが通常の申し込み期間になります。

これが一般的な社労士の試験の概要です。
いつもほぼ決まったスケジュールで流れてきますが、社会的に何らかのイレギュラーな条件が起きた場合には、変更される可能性もゼロではありません。
試験の勉強には長い時間を要することになるため、必ず確認して予定を立てる必要があります。

試験が終わると、結果発表が待ち遠しくなるでしょう。
社労士試験の場合には少々特殊な事情があります。
合格ラインの設定が 、通常の資格試験とは異なるため、合格発表は11月上旬です。
8月の第4日曜日に試験を受けて、発表までには2ヶ月以上かかることになるでしょう。
いつ発表されるのかかなりの時間を待つことにはなりますが、この間も社労士試験の結果に合わせて行動できる予定を考えていかなければいけません。

社労士試験の合格率は、平均でわずか6%程度しかありません。
非常に難関の試験と言えますので、いつ試験が行われるのかを考えつつ、合格後の費用なども含めて行動予定を立てると良いでしょう。
登録までにも独立開業にも費用がかかります。
社労士試験を受験するのは、将来性を踏まえてということが中心となるはずですので、細かな面も含め予定の構築をしていくのが大切です。

いつ試験かによって考える社労士の勉強

いつ試験かによって、社労士試験の勉強方法にも違いが出てきます。
資格試験の勉強はどのようなものでも大変です。
これまで知識として持っていなかった部分も身につけなければいけませんし、時間もかかります。
知らない分野にチャレンジしようと思えば、相当な勉強が必要になるでしょう。

試験という意味でも勉強方法が大切になってきます。
単純に知識を身につけるだけでは、試験には合格できないからです。

高校や大学の入試を思い浮かべてみると良いでしょう。
ただ勉強をしていただけでは、入試には合格できません。
問題の出題方法や、答えへ導くテクニックなどがあるからです。
これは資格試験でも変わりません、
ただ知識を身につけただけでは合格できないため、どのような試験が出題されるのか、答えを導くための考え方などはどんなものがあるのかを知る必要があるのです。

社労士の試験勉強として考えると、非常に広い範囲を相手にしなければいけません。
法律の国家資格の中でも、かなり広い範囲が相手です。
覚えなければいけない知識も多く、暗記だけでは対応できないことも出てきます。
記憶を定着させる必要が出てくるため、何度も繰り返し問題も解いていかなければいけません。

1年に1回しかない試験というのも問題です。
いつ試験かといえば8月の第4週になるわけですが、仮に1年間かけて勉強したとしても、最初にやったことは忘れてしまうかもしれません。
人間の記憶は勉強したからといって、必ず定着するわけではないからです。

記憶という引き出しに入ったとしても、引き出すための鍵を忘れてしまうかもしれません。
勉強したはずなのにと思っても、記憶が引き出せないことはよくあることです。
この状態を防がなければ、範囲の広い社労士試験には合格できないでしょう。
長い期間勉強していかなければいけないほどの量になるため、様々な角度から引き出しが開けられるようにする必要があります。
問題を見て答えが思い出せるのは当然ですが、他の言葉から記憶が引き出されることもあるはずです。

社労士のような範囲の広い試験勉強する場合には、様々な角度から記憶を結びつけていく必要があります。
記憶の紐付けと呼ばれることがありますが、多くの過去問を解き、知識と経験に変えていくことで、引き出せる鍵も増えていくのです。
様々な角度から問題にチャレンジすることで、対応力がついていき、記憶の引き出しも増えてきます。
長い時間かけて勉強し忘れないためにも、多くの過去問にもチャレンジしていく必要があるでしょう。

社労士試験対策として過去問はいつから?

社労士の試験対策は色々な方法が考えられてきました。
その中でも重要視されているのは、過去問の存在です。
勉強ということで考えると、テキストが重要視されるべきですが、試験ということで社労士を取られれば過去問が最も欠かせない資料になります。

社労士試験の出題構造から考えてみなければいけません。
社労士試験の問題の傾向を見ると、頻出問題があることが見えてきます。
いくら社労士の試験範囲が広いとはいえ、長い歴史を持つ試験としてどこかで出題がかぶってくるのは当然です。

社労士の場合、この傾向が強く、出題形式を変えて同じような問題が出されることがよく見られます。
頻出問題と呼ばれる傾向ですが、これは過去問を解いていけば必然的に分かるのです。
特に過去を10年あたりまでの過去問を解いていると、現在の出題につながるヒントが見えてきます。
頻出問題として抑えなければいけない内容が見えてくるのですから、やらなければ得点源を失うことになるでしょう。

いつから過去問をやるべきかといえば、いろいろな議論があるのは確かです。
考え方を変えなければいけないのは、社労士試験満点はいらないということです。
合格ラインを超えてしまえば、満点も同じ合格の扱いで、何も変わりません。
つまり、必要な点数が取れればいいわけですから、すべてを覚えておく必要などないのです。

ここから見えることとして、過去問への渡来はできるだけ早い方がいいということになるでしょう。
出題傾向をつかむことによって、試験の対応力がついてくるからです。
いつ始めるのかというより、スタートの段階から過去問を使って練習をしていく必要があります。

はじめに全く知識がない状態であれば、テキストを一読することが必要です。
この知識を元に、すぐに過去問を解いてみると自分の知識のレベルがわかります。
分かっていることと分からないことを整理し、改めてテキストを読んでみると、書かれてる意味もわかるようになるはずです。
読み終わったら、また過去問にトライしてみると、新たな発見が出てくるでしょう。
この繰り返しをしているうちに、どんどん記憶に定着していき、頻出問題もに出てくるようになるのです。

いつ過去問を始めるからよりも、過去問を使って勉強するという意識が社労士試験には必要といえます。
早い段階から用意をし、どんどん勉強していかなければいけません。

いつから社労士試験を考えるべきか

社労士試験は8月末の第4日曜日に実施されています。
毎年日にちは違いますが、時期としては変わりません。
この試験日から逆算し、いつから社労士試験を始めるのかを考えていかなければいけないでしょう。

勉強は早ければ早いほど、多くの情報に触れられます。
これは間違いないことですが、社労士試験ということで多くの人は社会人になるはずです。
いつでも勉強の時間が取れるわけではないため、計画性が必要となってきます。

一般的に、初学者が社労士試験に合格するために必要な勉強時間として、800時間から1000時間と言われるようになりました。
資格試験の講師の中には、1200時間必要としていることも珍しくありません。
かなり長い時間が必要になると言われていますが、1日何時間勉強できるかが分かれ目になってくるでしょう。

生活リズムは人によって違いがあり、同じ形に当てはめることはできません。
仮に、8時間働き、8時間睡眠をとり、通勤に往復1時間必要だとします。
これだけで17時間使うことになるでしょう。
1日24時間で残りは7時間しかありません。
食事を取ったり入浴したりする時間も必要ですし、精神的に休まる時間もなければ耐えられなくなります。

残りの時間から計算すると、勉強に取れる時間は、3時間から4時間というのが限界です。
それも毎日必要となれば、休む日も含めて考えて3時間が現実的な時間と言えます。
1日3時間勉強に取るとして、1000時間クリアしようと思うと334日必要です。
これだけでほぼ1年間であることがわかります。

1年間ということで考えると、試験日が8月末の第4日曜日なのですから、いつ始めるかといえば9月にはスタートしなければいけない計算です。
それでもあまり余裕はありません、
かなり効率の良い勉強をしていかなければいけませんし、休める時もわずかしかないはずです。
それほど難関の試験を受ける事実を覚悟しなければいけません。

準備としては、8月前からスタートしてもいいでしょう。
ただし、テキストなどの資料が発売されるのは、試験が実施された後からです。
いつ発売されるかは出版社の都合によっても変わってくるため、はっきりとした日時が出てきませんが、最新のテキストを用意して対応しなければいけません。
社労士には法改正も多く、最新の情報に対応したテキストや過去問を利用しなければいけないからです。
こうした資料を手に入れられた時が、ある日に本格的なスタートとなるでしょう。

まとめ

社労士試験は非常に難関の試験です。
試験範囲も広く、勉強方法も効率化していかなければいけません。
いつから始めるかというよりも、いつでもスタートができるように自分の環境も整備しチャレンジしていかなければ、合格には届かない試験なのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。