社労士に最短合格!ゼロからでも目指せる勉強法

社労士は、受験資格がありますが、最短で知識がゼロの段階からでも合格を目指すことができます。
ただし、この道は簡単ではありません。
かなり険しい道が待っていますが、ゼロからでも最短合格が目指せる以上、チャレンジする価値も出てくるでしょう。

みんな最短で社労士に合格したい

社労士は、非常に広い試験範囲を持っている資格試験です。
驚くほど広い範囲を相手にしなければならないことから、初学者が合格するためには、800時間から1000時間の勉強時間が必要と言われてきました。
1日3時間ずつ勉強したとしても、1000時間カウントするためには1年かかってしまいます。
一年に一回しか試験がないため、これでもスケジュール的には何とかなりますが、休むことなく毎日3時間の勉強するのは事実上不可能です。

社労士試験ということで考えると、受験者の多くは社会人でしょう。
法学部の学生が受験をするといった内容とは少々違いがあるからです。
実務に非常に近い位置にある資格試験であり、難易度も高いことが知られています。
社会人が受験する以上、かけられる時間にも限りがありますし、最短で合格したりと思うのも当然のことです。

実際1日3時間もう勉強時間が必要と言って、クリアできる人はなかなかいません。
睡眠時間を8時間とし、仕事している時間も8時間とすると、残っている時間は8時間しかありません。
この時間の中から、通勤時間や食事の時間などを引いて考えると、3時間とるということがどれだけ厳しいことかが分かります。
なかなか確保できない勉強時間の中で、最短で合格するということは、それだけ効率的な勉強方法を考えなければいけないということです。

最短という言葉で見てしまうと意味を履き違えるかもしれませんが、効率的な勉強方法を見つけることは社労士にとって必須の条件です。
難易度も高く歯茎が入りの複雑に絡み合う中、長期にわたって勉強していけば受かるというわけではありません。
知識として理解しなければならず、暗記する必要性のある部分も出てきます。
こうした資格試験の性格からも、誰もが最短で合格したいと考えていくのです。

社労士に最短合格ために

社労士に最短で合格するために必要なことは、何よりもモチベーションを保つことです。
モチベーションを保ち勉強する気持ちを維持することは、社労士に合格するために何よりも必要な条件と言っていいでしょう。
最短で合格するためには、知識を詰め込み続ける覚悟が必要です。
どんな優れた方法であったとしても、知識がなければ最短合格することはできません。

知識を身につけるためには、繰り返し行なっていく必要が出てきます。
知識は問題を解いただけでは身につきません。
記憶として定着させるためには、単純な方法ですが繰り返してことが一番です。

ただ単純に繰り返しだけではなく、関連性のある記憶とともに繰り返していかなければいけません。
どこかで記憶を引き出してくれるトリガーができ上がれば、直後に思い出すことができなくても関連しながら引き出してことができるからです。

最短合格という意味では、どれくらいの期間で合格するのか目標を立てることも必要になります。
標準的な勉強時間から考えると、初学者として半年が最短合格の限界線と言ってもいいでしょう。
もともと範囲が広い資格試験のため、一通り勉強するだけでも相当な時間が必要です。
その上で対応力をつけていくことになるとすれば、やはり半年は必要になるでしょう。
記憶の定着ということでは、何度も繰り返すことになりますが、半年の間出来る限りの時間を作り勉強することができれば不可能ではありません。

ただし、注意しなければいけないのは、あくまでも社労士試験に合格するというだけの目的です。
それ以上の知識を身につけるというわけではありません。
社労士試験で勉強する事は、将来の業務に役立つと言われています。
他の資格試験とは違い、実際の業務にかなり近い部分を出題されるからです。
試験勉強が将来に役立つからこそ、長い時間をかけても勉強して価値があると言われています。

試験に合格するだけですので、最短時間でもカバーすることができますが、ここから先ほど力は常に続けていかなければいけません。
社労士が仕事として求められることは非常に多く、法改正も早く難解なことが多く見られます。
それほど多くの知識が必要となることを理解した上で、最短合格を目指していきましょう。

社労士に最短合格する勉強法

社労士試験で最短合格するためには、無駄なことを省き効率的な勉強方法を取るしかありません。
一年に一回しかない社労士試験ですので、遠回りをしてる余裕はないからです。

社労士に使われているテキストを全て覚えようと思った場合、1200時間かかると言われています。
1200時間になれば、1日5時間勉強しても半年ではとても追いつけません。
これだけの時間を毎日取れるという人もほとんどいないでしょう。

ここで考え直してみなければいけないのは、テキストを全て覚えればという条件です。
社労士は合格ラインを超えてしまえば、満点であろうがなかろうが合格です。
つまり、100点などを狙う必要性がありません。
合格ラインを超えるだけの知識があれば、それ以上の勉強は必要ないのです。

この勉強方法で重要になるのが、過去問を使うところです。
テキストを一通り読み、過去問に取り掛かります。
テキストを一通り読んだだけですので、過去問と向き合っても理解できないところが大半です。
その中で過去問を解いてみると、様々なことが見えてきます。

まず自分の知識の中でわかった問題とわからなかった問題を区別しましょう。
全くわからなかった問題は、これまでの知識と全く結びつかなかったことを意味します。
この問題は相当やらなければ理解することができません。
逆にわかった問題は、ある程度知識があったと言えるでしょう。
少しでもあれば理解できる範囲にあるとも考えられます。

過去問を解きチェックしたら、再びテキストに戻ります。
最初に解いた時よりも知識がついてきていることがわかるはずです。
過去問としてどんなところが出題されたのか考えながら、テキストを読み進めていくといいでしょう。
最初に読んだときよりも、そこを読まなければいけないのかおぼろげでも見えてくるはずです。
その時に気がついたことなどはテキストにどんどん書き込んでいきましょう。

またテキスト及び終わったら、過去問にトライします。
同じ年度の過去問でなくても構いませんので、どんどん解いてみましょう。
前回よりも多くの点で理解できることがわかるはずです。
ここでまたチェックしていくことが大切で、自分が身についてきた知識がどの辺なのかが見えてくるようになります。

この方法を繰り返してことにより、テキストに書き込まれている言葉の量がどんどん増えていくでしょう。
自分の知識もどんどんついていくのがわかるはずです。それも過去問に対応して知識が増えていくため、本試験に対応するような知識がついてきます。

もう一つ大事なポイントとして、社労士には過去問から出題されるような問題が多数存在つることです。
過去問を解いて練習することによって、頻出問題がどこなのかを理解することができます。
10年分程度繰り返してるうちに、だんだんと傾向が見えてくるようになり、自然と身についていくのです。
これが最短の勉強法で、基礎的な考え方となるでしょう。
過去問というところに鍵があるので、ひたすら繰り返していくことが大切です。

社労士に最短合格するつもりが大失敗

社労士最短で合格するつもりで勉強すると、いくつも落とし穴になることが発生してきます。
その中でも特に気をつけなければいけないのが、一生懸命勉強するつもりでテキストを呼び続けていた結果、過去問に全く手がついていなかったというのが挙げられます。
いくらテキストを読み続けたとしても、社労士の試験に合格できるとは限りません。
100点を取る必要などないのですから、テキストを全て覚える必要などないのです。
大きな遠回りをしてしまう失敗です。

過去問などよりも、現在の問題集が良いのではないかと思うのも大失敗のもとです。
頻出問題を抑えるためには、過去問の活用が一番効率的です。
新規の問題では、頻出問題の理解とは違った方向になってしまいます。
社労士としての力を作るのであれば新規の問題は有効性の高い資料ですが、最短で合格を目指すのであれば過去問以外の選択肢はありません。
合格するために必要な知識を身につけるという意味で、頻出問題が出る可能性の高い社労士では過去問一択となるのです。

過去問とテキストを繰り返す勉強方法は、必要となる基礎力もつけて行きます。
どんなところが理解できており、できていない場所はどこかをはっきりさせるのが特徴です。
基礎的な力としても、身についていないところを明確にすることができるので、反復して力をつけられます。
最短合格するつもりでテキストばかりやっていたり、過去問ばかり磨いていたりすると、自分の力が身についていない部分を見落としてしまうことになるでしょう。
これでは大きな失敗につながるのです。

大事なことですが、テキストも過去問も最新のものを使わなければいけません。
大失敗しやすいところですが、法改正の部分を見落としてしまうことがあげられます。
法律系の資格試験として、法改正は必ずついてくる部分です。
出題されやすいということでも法改正は抑えなければいけないので、最新のテキストを使い対応した過去問を解くことが必要となるでしょう。

まとめ

最短で社労士に合格するといっても、特別に難しいことをするわけではありません。
出題範囲が広い社労士ではありますが、頻出問題が出やすい傾向がある所をしっかりと抑えれば、合格までの効率化ができるのです。
効率化した結果が最短合格へつながる道となるので、社労士とテキストをうまく活用することがポイントとなるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。