目指すなら抑えておきたい社労士試験の合格ライン予想

社労士試験には、合格ラインがあります。
様々な方法で予想されていきますが、毎年変動することになるため、一定ではありません。
勉強中にも合格ラインを予想していくことになりますが、試験後の過ごし方にも関わってくるため、どのようなものか理解しておく必要があるでしょう。

社労士の合格率と合格ライン予想

社労士の試験日は、毎年8月の第4週の日曜日と定められています。
日付ではなく曜日であることに注意が必要です。
その後合格発表は、11月の上旬あたりになります。
非常に長い時間を待たされることになるのが社労士試験の特徴で、その間は合格したかどうかの判別がつきません。
合格後に様々な変化が生まれ、準備もしていかなければなりませんが、11月の上旬まではっきりしたことがわからないのです。

そこで活用されてくるのが、合格ライン予想です。
社労士の講座を行っている資格学校などが発表するもので、どの程度の点数が合格ラインとなるのか予想していきます。
予想ですので実際と異なる点も出てきますが、大体の情報を掴むことによって、その後の準備もできるようになるでしょう。

合格後には、大きな費用が発生する場合もあります。
事務指定講習を受けなければいけなかったりすると、これだけでも大きな費用を負担しなければいけません。
社労士事務所を建てて個人事業主になるのであれば、開業準備資金の用意も必要です。
実際に事務所を立てるだけでは経営ができないため、様々な所に営業展開していくことも必要でしょう。
様々な準備が必要となるため、社労士試験にとって5日くらいの予想は大変重要なものになるのです。

合格ラインの予想が出来ると、合格率も見えてきます。
どのような難易度だったか分かるようになるでしょう。
これは今回受験した人だけではなく、来年以降受験する人達にとっても大きな情報です。

社労士の合格ラインは、前年の平均点から割り出されていきます。
今回難易度が高かったのかどうかは、次に受験する人たちにも大きな影響を与えるのです。
多くの人の準備に関わることになるので、合格ライン予想は社労士試験に関わる人々にとって、注目される情報と言えるでしょう。

社労士の合格ラインの基準点と予想

社労士の合格ラインは、毎年変動してきます、
一定の基準点が決められているわけではなく、前年の平均点と比較して、今回の難易度を割り出して合格ラインを設定するのです。
社労士独特の方法で、絶対評価試験とも言えませんし、相対評価ともそうそう違う仕組みを持っています。
それでも合格者数のコントロールもしていると考えられ、大量の有資格者を生み出さないための措置ともなるのです。

社労士の試験勉強する事を考えると、合格ラインが常に変動するとことは確かでも、ターゲットとする基準点を作らなければいけません。
基準点がはっきりしなければ、どれぐらいの点数を取ればいいのかが分からないからです。
社労士の試験でよく言われるのは、満点を取る必要はないというところになります。
満点を取ったところで、合格ラインを一点でも超えた人と違いはありません。
どちらも社労士試験に合格したという事実が残るだけです。

社労士の勉強方法としても、合格ラインを超えるように勉強するだけでいいでしょう。
その方が時間も有効に使えますし、現実的に広大な範囲をカバーする社労士の試験範囲をすべて覚えるのは困難だからです。
そこで一般的に合格ラインの予想とされるのが、総得点の7割となります。
数年の合格ラインを見てみると、7割得点していれば合格しているからです。

社労士試験の構造的に、そこまで大きな変動は考えられません。
明かに難しく点数が取れない問題や、悪門と呼ばれる問題も出題されます。
その時には、救済措置が取られ、点数を底上げすることもあるため、7割の得点という平均的な位置に落ち着きます。
このことからも、合格ラインの基準は7割で問題ないのです。

そのためには、問題の予想も必要になります。
すべての面をカバーできない以上、出題の予想も必要だからです。
資格学校各社は、合格ラインを超えるように、問題集なども作ります。
講義も同じようなターゲットを立てて行われますので、うまく活用するといいでしょう。
特に直前予想問題集や直前講義は精度の高い予想を立てています。
これらを利用することによって、より合格に近づくようになるのです。

これから受験するという人であれば、直前予想問題と合格ラインを比較してみることも必要です。
この予想の的中を見て、資格学校や書籍を選ぶこともできます。
予想の精度の高かったところが見つかれば、これも勉強の効率に影響するからです。

動画でも配信される社労士の合格ライン予想会

そもそも、社労士試験の合格ライン予想は、資格学校各社が独自の分析をして行なっています。
どのような観点から合格ラインを予想したのか、ここが大きなポイントになるでしょう。
資格学校格差の考え方も見えてきまし、予想の精度も分かります。
最近では動画で合格ラインの総会を行うところも増えてきているので、うまく利用する必要があります。

合格ラインの予想会は、早ければ8月末に実施されるのが基本です。
早ければ早いほどを視聴者を集めることができるため、各社分析を急ぎます。
もちろん合格ラインの予想会の精度も重要です。
有名な講師などが出席しながら動画で解説していくことになりますが、ある意味で資格学校の看板となる情報です。
次の年に入学者を募る場合にも大きなきっかけとなるため、かなり力を入れて作られてるといえるでしょう。

合格ラインの予想会を利用することによって、ある程度を結果が見えてきます。
各社見解が異なる場合もあるため、いくつかの予想会を利用すると判定がはっきりと見えてくるはずです。
その結果から、今後の行動の予定を決めることも大切です。
社労士の試験の日から、合格発表まで待っているのは非常に時間のロスになります、
やらなければいけないことは山ほど出てくるのですから、同窓会を上手に活用する必要があるでしょう。

もしも、不合格であることが見えてきたのであれば、合格ライン予想会の内容と制度から、利用するべき資格学校を見つけるのも方法です。
動画であれば生の声を聞けるので、考え方や自分との相性を判断できます。
これから受験する人であっても、覗いて見ると様々な情報を得られるはずです。
生徒の勧誘という意味も含めて動画は作られていきますので、利用する側からしても判断材料として活用しなければいけません。

社労士の合格ライン予想から発表までの過ごし方

社労士の試験を受験する人の特性は様々です。
目標とする地点もそれぞれ違いがあるでしょう。
それぞれの目標に合わせて行動をしていかなければいけませんが、合格発表までゆうちょに待つことができないのは誰でも同じです。
8月の末の試験から、11月の発表まであまりにも長い時間があります。
この時間を無為に過ごす必要はありません。

合格ライン予想が出たら、まずは自分の解答と照らし合わせてみます。
合格できていたかどうかはある程度予想が付くでしょう。
資格学校などでは、採点してくれるサービスもあります。
自分で答えがわかりにくくても、資格学校が代わって点数をつけてくれる便利な方法です。
このサービスを利用するのには、いろいろな意味がが出てきます。

採点のサービスを利用するということは、自分の答えがはっきりと認識できていないレベルとも言えます。
合格か不合格かギリギリのラインにいる場合もあるでしょう。
翌年の行動も考えなければいけなくなります。

再度、社労士にチャレンジするのであれば。勉強方法も検討する必要があるはずです。
独学で勉強していて太刀打ちできなかったのであれば、資格学校へ通学するなり、通信教育を選択するなり方法を考えなければいけません。
逆に資格学校に通っていて成果が上がらなかった時には、これまでの知識を利用して独学を選択する方法もあります。
仕事なので時間が取れないようであれば、1年先送りするという選択もあるはずです。
科目合格などがない社労士試験ですので、1年先延ばしにしてもマイナスなのは勉強という部分だけで他にデメリットがありません。

合格と考えられるのであれば、その後の準備を進める大事な時間にもなります。
確定していなければ困ることもありますが、準備をするのにマイナスはありません。

勤務社労士として活動するのであれば、会社に報告してこれからの行動計画を立てていくことになるでしょう。
発表したからいきなり計画を作るというのは、会社として許容できないことも出てくるからです。
早い段階から用意を進めていくことで、講習を受けたりする時間も確保できるでしょう。

独立開業するのであれば、根回しに大切な時間になってきます。
合格発表まで黙って待っているのではなく、名刺を作り開業する場所の確保など、やることは山のように出てきます。
その間の収入や費用の工面なども考えなければいけません。
開業するにあたって、取引先になってくれる企業を探すことも必要ですし、融資先との交渉もしなければいけないでしょう。
合格した後にはかなりの費用が発生してくるからです。

例えば現在働いている中で社労士試験を受験した場合、離職して独立という考えも出てきます。
離職するとしてもその状況もうまく活かしていくべきですので、合格発表までの時間は有効に活用しなければいけません。

まとめ

社労士試験から合格の発表まで、かなりやきもきするような時間を過ごすことになります。
社労士特有のシステムではありますが、合格ライン予想などをうまく使い、将来設計をすることが大切です。
時間は有限ですので無駄に使わないようにするためにも、各社の合格ライン予想を活用していきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。