社労士試験におすすめの学校!費用などからも比較

社労士試験を受験することを考えている場合、資格学校を利用するのが一つの方法です。
さまざまな資格に対して専門的な講師がおり、これまでの経験からも効率の良い勉強方法を教えてくれます。
さまざまなメリットがあるので、社労士を目指すのであれば検討してみる価値があるでしょう。

合格を目指す!社労士の学校

社労士試験に合格するのは、並大抵の努力ではできないことです。
初学で合格しようと思った場合、800時間から1000時間もの期間が必要と言われています。
これだけの時間を確保することは容易なことではないはずです。

社労士を受験する人のほとんどが、現在も仕事をしておりそのスキマ時間で合格を目指す人が多い資格です。
社労士自体が専門性が高く、とりあえずといったところで受験したりするようなものではありません。
法学部の学生が、卒業記念にと受験するようなレベルでも内容でもないからです。

独学で合格する人もいますが、実際にはかなり少数になるでしょう。
色々な方法で勉強する事も出来ますし、教材も販売されていますが、この長い時間を乗り切るだけでも大変な苦労を伴います。
毎日3時間程度勉強したとしても、1年間かけていかなければいけません。
それだけ広い範囲を相手にするので、モチベーションの維持だけでも大変な問題を抱えるのです。

資格学校を使う理由の一つとして、勉強の効率化があります。
広大な範囲を相手にする以上、できるだけ効率的な方法によって進めていかなければいけません。
社労士試験自体が満点を目指すものではないのもポイントです。
合格することができるのなら、満点と違いがあるわけではありません。
どちらも単純に合格ということになるからです。

資格学校であれば、社労士試験に対してのデータが揃っています。
これまでの試験の分析によって、どのようなことを学べば合格できるのか認識しているのが大きなポイントです。

モチベーションの面から考えても、資格学校に在籍することによって、隣にいる人は同じ社労士を目指すライバルです。
相対評価式試験になるので、仲間というよりライバルになるので頑張っている姿を見ると自分もやらなければいけないという思いに駆られるでしょう。
これがモチベーションとなり勉強するきっかけにもつながるので、費用を支払っても社労士の講座を行っている学校に行く価値があるのです。

費用の面から社労士の学校を比較

社労士試験講座を行っている資格学校は色々とあります。
それぞれ様々な特色を生かしてきましたが、費用は何か基準があるわけではありません。
学校ごとで異なる基準を持っているので、自分に合ったところを選ぶ必要があります。
これは費用でも同じことが言えるので、十分に確認し比較しなければいけないでしょう。

社労士資格の学校を利用する手段としては、通信と通学の二つがあります。
通信を専門としてるところもありますが、 大手資格学校として知られているところは、両方の手段が選べます。
一般的に大手として分類するのであればTAC、LECと東京リーガルマインド、資格の大原になるでしょう。

この学校は、通学としても様々なコースを持っています。
一口に社労士試験と言っても、受ける人の属性はそれぞれ違いがあるはずです。
そこで自分のレベルなどに合わせてコースが選べるようになっています。
それぞれ名前などは違いますが、考え方は同じです。

資格学校の費用を見ると、基本的なコースで見た場合、LEC東京リーガルマインドの合格コースがWebフォローで225000円程度です。
TACでは、総合本科生で199000円、資格の大原の場合は社労士合格コースで175000円あたりとそれぞれかなりの幅があります。

価格帯で見てみると、TACが13万円から33万円あたりまで展開しています。
LEC東京リーガルマインドは、15万円台から36万円台とかなりの金額になるでしょう。
時期によっても違いがありますか、セミナーがセットになっているタイプはかなりの金額です。
価格帯としては安くなるのが、資格の大原で14万円から21万円程度に展開しています。

資格の学校を選ぶ場合は、費用金額だけでは単純に比較ができません。
LEC東京リーガルマインドは非常に高額なように目立ちます。
しかし、短期合格を目指すときに非常に力になる学校であり、驚くほどコースの設定が広がっているので、自分に合ったところを見つければ費用対効果が高まるでしょう。
これはTACにも言えることですが、高額だから自分に合ってるというわけではありません。
自分が通学できる時間なども考え選択していくと、適切なコースを見つけられるはずです。

平均的なところで費用を見ると、大体20万円というのが社労士講座の相場です。
ただし、講座の費用なのであって、学校に入学する費用が別途かかる場合もあります。
これは平均的な費用に含まれていないので、パンフレットなどで確認し比較する必要もあるでしょう。

社労士の学校の費用を節約するために

社労士の学校はかなりの費用がかかります。
この費用節約するのは、とても大切なことになるでしょう。
社労士は、合格してからも様々な費用が必要です。
登録だけではなく、開業となればさらに大きな費用を用意しなければいけなくなります。
受験する前の段階から出来る限り抑えることができれば、将来的な負担も軽くできるのです。

資格学校の費用体系は、かなり分かりにくい部分があります。
様々なコースが設定される中で、いったいいくらかかるのか把握するのが大変です。
その中で、キャンペーンなどの割引も多数行われているのでチェックしていかなければいけません。
キャンペーンを利用すると、驚くほど安くなるような社労士の学校もあります。

大手資格学校は受講者を募るために様々な方法をとっていますが、こうしたキャンペーンも競争が激しい一因です。
利用者から見ると大変便利なキャンペーンではありますが、社労士講座自体がかなりの金額になるので押さえていかなければいけないでしょう。

大手資格学校のなどで目立つキャンペーンとしては早割があります。
早期に申し込むことによって、費用を割り引いてくれるサービスです。
社労士試験の場合、かなり長いスパンで計画を立てることになります。
1年以上かけて受験する人も珍しくない中で、早割を利用するのは大きなメリットかあるでしょう。

TACやLEC東京リーガルマインドなどではかなり頻繁に行われている割引ですが、幅広い資格を扱っている資格の大原は、あまり行っていないので注意が必要です。
専門学校として多くの学生を抱えるというところも大原の特徴です。
他の2社とは少々違った事情があります。

資格学校が行なっている割引とは少々違いますが、支払いをクレジットカードなどで行いキャッシュレス還元を受ける方法も検討する価値があります。
元々高額なサービスとなるので、キャッシュレス還元の5%もかなり大きな金額になるからです。

費用を節約するという面では、再受講割引なども利用すると良いでしょう。
今回の社労士試験は落ちてしまっても、次回も頑張ろうという時には、再受講割引に早割を利用すればかなり抑えることもできるからです。

こんな社労士の学校がおすすめ

資格の学校のTAC

TACは、日本の資格学校の中でも最大手のひとつです。
国家資格を目指す人が数多く受講する学校で、社労士の他にも公認会計士や税理士、司法書士など多彩なコースを持っています。
公務員試験にも強みを発揮しますが、全体の中で見ても社労士は簿記に次いで人気が高い講座となりました。
日本全国に校舎を持つことでも知られていますが、早稲田セミナーを合併したため、一気に急増し日本最大規模となったのです。

高い合格率を持つことでも知られていますが、短期合格というよりもしっかり腰を全て学ぶというのがTACとも言われます。
これは模試などでも現れてきますが、基本問題を中心に習熟度を上げることを基本としているからです。
合格発表の前に早割を使って申し込もうというのは費用を抑えるために大切な方法になります。
TACでは、その後に合格だった時には、全額返金してくれる制度があるので安心です。

資格の大原

資格の大原という名前で有名になりましたが、正式名称はは学校法人大原学園です。
元々は簿記学校であり、ここから大きく展開してきました。
講義の満足度が高いことで知られている資格の大原ですが、各地に展開したことによってコースの数も増えています。
若い講師も多いので、単純に満足度だけで判断せずに自分に合っているかどうか考えてみる必要もある学校です。

社労士の講義としては、大手として最も安い費用で知られています。
大きな都市には校舎を持っているので近くに有れば通いやすい学校になるでしょう。
資格の大原でも合格返金制度を持っていますので、早期に申し込んでも安心です。

LEC東京リーガルマインド

名前からもわかるように法律系を中心として展開してきた学校です。
社労士のコースに様々なオプションをつけることができるシステムが特徴で、費用もかなりバラつきがあります。

再受講者用のコースが工藤プロジェクトですが、LEC東京リーガルマインドの専任講師が立ち上げているセミナーです。
単純に合格するだけではなく、その後に知識を活かすということがコンセプトにあります。
将来も見据えて学校に通うというなら、こうしたコースを利用すると良いでしょう。
ただし、費用はかなりのものになります。

まとめ

社労士の試験対策として資格学校に通うことは、非常に効率的な選択です。
多くの知識を活かせるだけではなく、勉強する環境を揃えているのが大きな違いとなって現れます。
それだけの費用も必要となるので、社労士合格後の費用も踏まえた上で選択すると良いでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。