社労士の合格には過去問!おすすめの理由

社労士合格するためには、様々な勉強方法が考えられてきました。
その中で重要でおすすめになるのは過去問です。
知識を身につけてからと言って始める人もいますが、これは大きな間違いと言っていいでしょう。
できるだけ早い段階から着手していかなければいけないのにも理由があります。

社労士には過去問がおすすめ

社労士の試験に合格するための勉強には、テキストを読み進めていく必要があります。
しかし、いくらテキストを読んでも、試験の問題は解くことができません。
理解度が深まるかもしれませんが、試験は試験です。
出題に対応できる能力を持たなければ、いくら知識があっても答えは出ないからです。

社労士の問題を理解したと思っていても。わかったつもりになっているレベルの時があります、
テキストを読んでいろいろ言葉が紡ぎ出されてくるようになっても。改めて試験として出題されると答えが出てこないことはよくあるからです。
こうした状態では、試験に合格することができません。
どこかで答えのポイントを理解していても。それが本当の意味につながっているかどうか明確にできていない状態なのです。
これをつなげていくために、社労士では過去問を利用していきます。

過去問には、答えの解説に問題の論点が載せられています。
試験の答えということを考えてみるとわかりますが、法律に対して概要を答えるのが試験の答えではありません。
あくまでも要点を答えることが必要となるのです。
この要点が載せられているのが過去問の解説で、問題とともに利用することで合格へ近づくことができるのです。
特に社労士では、論点を問われる問題が非常に多く、細かなところまで落とし込んで行かなければいけません。
社労士の試験範囲は広く問題も多いため、こうした論点を明確にすることが必要になります。
何か質問をされた時に、論点をアウトプットできるようになるまで仕上げてことが必要になりますが、これはテキスト読んでるだけではできないことです。
自分でパターン化し形を作り、いつでも答えが導き出せるようにするためには、過去問の利用が有効ででおすすめとと言えるでしょう。

本当の意味で理解したと言える状態になるまで、社労士では勉強を続けていかなきゃなりません。
そのためには長い時間もかかります。
少しでも効率化を進めるためには、過去問がおすすめなのです。

社労士の合格には欠かせない過去問のおすすめの使い方

社労士に合格するためには、過去問は必須の教材です。
理由はいくつもありますが、全ての過去問が有効というわけではありません。
うまく使うことによって、過去問は大変おすすめできるものに変わっていきます。

過去問は、これまで社労士試験に依頼された問題を利用して作られた問題集です。
問題として実績があるという言い方もできます。
社労士試験では、これまで何度も類似している問題が出題されてきました。
頻出問題と呼ぶことができますが、全く同じ形で出題されることはなくても、かたちを変えて出題されているのです。
つまり、過去問を覚えていなければ、損をするということになるでしょう。

おすすめなのは、過去10年は過去問にトライしていくことです。
これだけで、頻出問題になれて繰れば、それだけ得点やすくなるといえます。
過去問によって、多くの知識を得られるようになり、感覚的に出題方法に対応できるようになるのもおすすめです。

知識として定着させるためには間に余計な知識を持たず集中力を持って臨まなければいけません
答えを見つけるために別のものを別の本を開けていたりページを探していたりすると手間がかかります
手間がかかったぶんだけ覚えにくくなるため見開きでまとめてあったりと過去問は工夫されているのもおすすめポイントです。
ただ解くだけではなく練習として効果的に作られているので、過去問は試験勉強に役にたちます。

社労士の合格に過去問が欠かせないのは、頻出問題の傾向を掴まなければいけないからです。
過去問を解くのがオススメなのは、チャレンジしているうちに実力もつきますし、傾向もはっきりしてきます。
知識を身につけるだけではなく、問題を解く力を高めていくこともできるからです。

過去問を使うことによって、答えの導き方も身につきます。
試験問題を解いていくためには、慣れが必要です。
解いたことのない人には、どういった設問があるのか、その想像もつかないでしょう。
もちろん、答えを出すための方向性や考え方もわかるはずがありません。

自分で考え方や方向性を身に着けていかなければいけませんが、社労士の科目によっても求められることへの出し方が違います。
数を解いて自然と身に着けるのが近道になるため、実際に使われた過去問を利用するのが、社労士試験の合格に大きなチャンスをもたらしてくれるのです。

社労士試験でのおすすめ過去問の選び方

社労士の過去問を選ぶ場合には、見開きで問題と解説が並んでいるものがおすすめです。
見開きで構成していると問題を解いて、すぐに解答が読めます。
別のページを開けたり、答えの冊子を見たりする必要がないぶんだけ、いつでも利用することができる構成です。
問題に対する理解度を高めやすく、疑問を残さずに済むでしょう。
わからない問題を後回しにして、時間をかける必要などないからです。

見開きになると、どこでも利用しやすくなります。
いろいろとテキストや問題集を出さなくても、その場で答えまでわかるからです。
これで大幅に時間を短縮できますし、電車の中などの移動でも利用ができます。
隙間時間を有効に活用しないと、合格まで必要とされるレベルに、なかなか至ることができません。
これではいくら勉強しても効果も落ちてしまうことになるので、見開き一つで判断ができることが求められます。

どれぐらいの期間が収録されているかどうかも見なければいけません。
過去問にはいろいろなものがありますか、収録期間は最低でも5年、出来れば10年のものがいいでしょう。
10年間分の過去問にトライできると、かなり傾向分析がすすめられます。
逆に期間が短いと、傾向分析という面では役に立たなくなるのです。

テキストとリンクされているものも探しておくべきです。
過去問を勉強してるだけでは、本当にあってるかどうか判断が難しくなります。
わからなかったことがあった場合にテキストとリンクしていないと、いちいち探し出さなければなりません。
これだけでも時間がかかりますし、効率としても落ちてきます。

もしも、テキストとリンクされていない過去問を使っているのであれば、確認するたびにページ数を明記すると良いでしょう。
これだけで効率が大幅に変わってきますので、勉強のスピードを上げられます。
望む答えが載っていない可能性も出てきますので、自分で補完するような努力が必要です。

過去問は分析が進んでいるので、そこまで重要であったのかはっきりしています。
出版しているところがどのように分析するかでも違いがありますが、重要度に関して記載があるものを選ぶのがおすすめです。
重要度が書いてあると、問題が解けた時の張り合いができます。
難しい問題でも解けたと思うだけでも違いがあるでしょう。

試験の問題集として考えた場合に重要度の判断によって、間違えてはいけないような問題の判断がつきます。
難易度が低く絶対に覚えとかなければいけないような問題を取り逃がすと、合格はどんどん遠のいていってしまいます。
これでは勉強の意味がなくなるので、難易度がはっきりとわかるように指示されている過去問が適しているのです。
これによって頻出問題かどうかも判断しやすくなるでしょう。
出版社によって扱いはかなり異なる部分ですので、実際に手に取って読んでいて判断しなければいけません。

おすすめの社労士過去問

みんなが欲しかった!社労士の年度別過去問題集 5年分 TAC

資格学校大手のTACが出版している過去問です。
基本的な問題集でもあり、基礎知識をつけるのであれば適しています。
択一式と選択式の問題が収められており、本試験と同じ形で練習できるので、普段から使っておくと力のつくおすすめの問題集です。
社労士試験ということでもTACは高い実績を持っており、試験の研究にも余念がありません。

TACですのでテキストなどをもシリーズ化されており、同時に使うことができるようになっています。
他の教材も出版されていますし、当然法改正にも対応です。
一冊でできていますが、中身は労働関係科目と社会保険関係科目の2冊に分割されています。
解説もおすすめで、知識を深めることができるTACらしい過去問です。

収録年数が5年というところで少々少なめではありますが、資格の学校のTACだからできる全国の受験生のデータから正解率を導き出しています。
これは他にはないデータとなってくるので、この過去問を有効に活用できるおすすめのポイントです。

U-CANの社労士 過去&予想問題集

通信教育して高い知名度を誇るユーキャンが出版している過去問です。
ユーキャンの問題集の特徴は、一冊でまとめているところになるでしょう。
他の会社のものは何冊も分かれているものが目立ちますが。ユーキャンはこれだけで終わります。
過去問とオリジナル予想模試試験のセットになっているので、普段から使うというよりは仕上がり寸前の方が時期的に適している問題集です。

通信教育の大手として、独学に対応しやすい作りになっています。
おすすめのポイントとして解説と情報量が非常に多くに作られているので、独学でも深い知識を得られるでしょう。
科目ごとに出題傾向の分析なども進められているので、これを読むだけでも問題集としての価値があります。

まとめ

社労士試験として、過去問は欠かすことができない資料です。
一問一答も利用すると、さらに効率を上げられるでしょう。
社労士の勉強には時間がかかりますので、できるだけ効率的に進めるためにも、頻出問題が分析しやすい過去問を利用するのが合格への道となるのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。