社労士の試験対策なら一問一答!おすすめのわけ

社労士試験には、一問一答の問題集などを含め、対策が取られてきました。
勉強方法としても、本当に多くの方法が考え出された中で、合格した人も多いでしょう。
その中で社労士の試験対策として、一問一答がなぜ大切なのか、おすすめの理由を考えてみる必要があります。

社労士に一問一答がおすすめの理由

社労士の試験は非常に難易度の高い試験であり、かなりの期間をかけて勉強していかなければいけません。
一般的に800時間から1000時間を超える勉強時間が必要とされており、初学で合格するのは至難の技です。
合格率を見ても、平均で6%前後と非常に低い数値を示しており、誰もが簡単に合格できるような難易度ではいません。
さまざまな方法で勉強してことになりますが、〇✖を使って答える一問一答の問題集がおすすめです。

大前提として、社労士試験では一問一答の出題はありません。
選択肢が択一式で出題されるので、 一問一答を繰り返して直接的な試験勉強にはならないのです。
それでもこの方法はおすすめなのです。

一問一答ということで、手軽に学習できるところもポイントになるでしょう。
問題を解いた後に、すぐに解説を読むことができます。
基本は〇✖ですので、その理由を考えなければいけません。
手軽ですので、隙間時間なのでも簡単に始めることができるでしょう。

解説というところを考えてみる必要もあります。
問題の理解度を深めるためには、一体なぜその答えが導けたのか、理由を考えなければいけません。
一問ずつ内容を確認し、その理由を理解してことによって、知識を深めることができるのです。

一問一答ということで、早く進めていくことができますが、ここにもポイントが隠れています。
さまざまな問題を解いているうちに、得意不得意の傾向が分析できるようになるのです。
一問一答を解いていると、社労士試験の分野の中で得意なのか不得意なのか、どちらにも当てはまらない状態なのかを判断できます。
この判断がとても重要で、分かっていない問題であれば繰り返していかなければいけないでしょう。
不得意な分野も繰り返すことによって、克服できるようになります。

得意なのであれば、その問題は自然と答えが出てくるのですから、二度とやる必要はありません。
いいところ、記憶が定着しているかどうか確認する程度で済むはずです。
この分類ができるようになると、勉強は一気に効率化していきます。

やらなくていいところが分かれば、やらなければいけないところに時間を割り振りできるからです。
無駄な時間を使わずに済むようになり、合格にどんどん近づいて行きます。
これが長い問題集を解いていると、なかなか把握できません。
一問一答だからこそを、素早く出来るのでおすすめです。

社労士の過去問を使った一問一答

資格試験において、過去問の重要性は、度々指摘されるポイントです。
新しい問題に着手することも重要ではありますが、過去に出題された問題を疎かにすることはできません。
これは社労士しても変わらない重要ポイントです。

社労士の過去問を解いていると、問題の重複に気がついてきます。
過去問の焼き直しとも言われますが、ある程度類似性が見られる問題が出題されるのです。
もちろん、全てではありませんし、一部にとどまるかもしれません。
しかし、出そうなところを抑えずにおいて点数が取れなければ、後悔してもしきれなくなるはずです。

ここでも一問一答が役立っています。
過去問を一問一答に置き換えている問題集では、効率的に分析が進められるでしょう。
傾向と対策がはっきりするので、迷うことなく勉強が進められます。
一体どこを勉強すればいいのかはっきりしないままは過去問を解いているより、一問一答として焦点を当てている方が判断しやすいからです。

過去問の一問一答の場合、出題の選択肢を一問ずつバラバラにして作り上げていくのが基本です。
答えが合っているか合っていないのか、そこを一つずつ判断できます。
解説を読んでみても、〇✖の判断であれば、見つけるのはそこまで難しくはないでしょう。
頻度もだんだんと見えてくるようになり、繰り返すうちに記憶に定着していきます。
重要な論点が自然に身についてくるのですから、過去問の一問一答は有効な勉強方法なのです。

過去問の一問一答の正答率も気にする必要があります。
社労士の場合は、絶対評価式試験ではなく、合格基準があとから決められる相対評価式試験になるのが重要です。
つまり、隣に社労士の勉強をしてる人がいれば、この人よりもいい点を取らなければ合格しません。
競争の中に身を置くことになるのです。

実際問題として、一問一答の正答率は、限りなく上げていかなければいけません。
間違った選択肢を選んでる段階で、競争には負けてしまうからです。
逆に捉えると、いかにミスを少なくするのかが合格のカギになるでしょう。
難易度が高く、誰も答えられない問題に正解できれば、それだけ合格に近づくからです。
一問一答を利用しているときに、この意識を強く持つことが大切です。

社労士の一問一答ならこれ


出る順社労士シリーズ 一問一答 LEC東京リーガルマインド

資格学校大手であるLEC東京リーガルマインドが出版している一問一答の問題集です。
社労士の本試験に合わせた構成で、科目別や項目別に構成してあります。
間違った答えだから解説がついているというわけではなく、正解にもしっかりと書かれているので安心です。
10年分の過去問に対応していますが、問題はサイズが小さく、持ち運びは楽でも使いにくいところでしょう。

よくわかる社労士合格するための過去10年本試験問題集 TAC

LEC東京リーガルマインドと双璧ともいわれているTACの社労士試験一問一答問題集です。
TACらしく、非常に細かなところまで解説がつけられています。
市販書では、圧倒的なボリュームを誇っています。
1冊でまとまっているタイプではなく、こちらも科目別に分かれて販売されているので、必要なところを選んで購入して利用できる内容です。

社労士過去問題10年網羅 山川靖樹

高い効率を求めて作られた過去問題の一問一答です
その高さで定評がある山川予備校のコンセプトを活かした、一問一答で最短で学習できるような作りになっています。
10年分の過去問が収録されていますが、要点を押さえてあり、3年5年サイクルといったかたちで出題に対して対応している問題集です。

問題集としての構成としては、スタンダードな形になっており、左側には問題、右は解説と分かりやすく作られています。
何度も繰り返してるうちに、社労士試験に対して高い対応力がついてくるのが特徴です。
別に発売されているテキストに対応しているので、併せて読めばさらに効率を高められるでしょう。
科目ごとに出版されているので、必要な科目に集中して勉強することができます。

ユーキャンの社労士 これだけ!一問一答集 ユーキャン

他の問題集は科目ごとに分かれており、普通の書籍がなければ全て対応することができませんでした。
このユーキャンの一問一答は、一冊にまとめられているのでコンパクトに収められています。
その分価格は高くなりますが、完結できるというところで利用しやすい一問一答です。
専門性も低いわけではなく、社労士の試験勉強に十分役立つ内容といえます。

一問一答にも負けない社労士の勉強法

社労士の勉強で一番頭を使うのは、効率化を進めるために最適な方法です。
勉強方法として時間を利用できるところも、メリットと言えるでしょう。

過去問の一問一答を利用すると、 問題の分析ができるようになります。
一問一答は細かく分けてあるところが特徴で、出題論点を把握が簡単です。
頻出問題を中心に展開されてくるため、傾向分析に強い力を発揮します。
反復して学習できるので効率の良い方法になります

過去問を比較していると、ほとんど変わらない形で出題されている問題が見つかるでしょう。
答えとしてもほぼ変わりません。
社労士の試験は範囲が広くはなりますが、科目同士の関連性も高く、こうした出題が出てくる可能性が高くなります。

一問一答の場合、社労士の出題に対して、効率がいい勉強方法になります。
論点別に勉強していくと、どこかで記憶の定着の確認が必要になりますが、一問一答であれば、簡単にで対応可能です。
一問一答を繰り返しているだけで、苦手なところがはっきりとします。
分野ではなく、個別の論点などでも苦手なことが見えてくるのです。
苦手が見えてくれば、これを何度も解きなおし、記憶としてしっかりと定着させれば、克服できるようになります。

社労士の勉強方法で大切なことは、反復学習です。
覚えければ池に事が大量にありますが、細かに反復学習していくのが、結果として効率のいい方法につながります。
遠回りに見えますが、一つひとつ丁寧に覚えていくことこそ確実性を高めた効率のいい方法となるのです。
そのために、社労士の一問一答を使い反復学習をしていきます。

一問一答ですので、正誤の判定がわかりやすいところも重要です。
知識があいまいな問題ほど、明確な正誤判定が必要となります。
はっきりと間違いだとわかれば、修正もできるようになるはずです。
勉強方法として単純なことであり、記憶しなければいけないことも、視覚的に判断できるでしょう。

そのためには、最低でも10年分の過去問に関する一問一答が必要です。
短い期間の過去問の一問一答では、対応できる範囲が狭くなり、分析も効きません。
新しい問題としての一問一答も大切ですが、社労士としては過去問が大きなカギを握るともいえるでしょう。

まとめ

社労士の勉強にとってとは常に有効な資料です。
社労士の試験肺の中で一問一答を使うことによって、論点を明確に抑えることがあります。
なかなか時間が取れない人でも、一問一答を使うことで、効率的に勉強することができるでしょう。
便利な問題集だから、こそできるだけ手元に置き、こまめに覚えていくのが大切です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。